スペシャルコラム 

 

 

〜 白球論 〜

 

(財)全日本軟式野球連盟:東京都1部大会でクラブチーム旋風を巻き起こす清瀬ビクトリーのチーム作り。

第16回「 チーム作り 」

清瀬ビクトリー  監 督 寺田 昌義

 

 

の度、名誉ある白球論というコラムを依頼されまして、
大変恐縮でございます。

達の主戦場は東京都軟式野球連盟1部での活動で対戦相手のほとんどが企業チームになります。
活動意義は「打倒企業野球」になりますので、チーム作りも打倒企業に必要なことが、メインになりますことをご了承ください。

寺田監督率いる清瀬ビクトリーは、東京都大会の最高峰1部で奮闘する

 

   

 

式野球で「楽しむ」という言葉ほど、曖昧でいろんな答えがあるものはありません。人によってはどれも正解で、どれも不正解なのが軟式野球の不思議なところであります。我がビクトリーは勝つということに拘って活動していますが、私が一番勝つために必要だと思っていることは「楽しむ」ことだと思います。ただ 、この「楽しむ」という言葉は奥が深く、ビクトリーにとっての「楽しむ」とはゲームを通じて自分の理想のプレーを追いかけることが楽しいことであって、辛い練習もみんなで明るく取り組むことが「楽しむ野球」であります。

 

達の対戦相手のほとんどが企業チームなので、予選を勝ち上がることは容易ではなく、それこそチームの気持ちを一つに集約してぶつからなければ、とてもじゃないですが勝負になりません。 よく企業チームとクラブチームの違いを聞かれますが、一番の違いは意識であって、何でここまで意識が違うのかといえば、会社あっての野球部ですから、会社と働いている従業員に感謝をして野球に取り組んでいる点が挙げられます。

 

ず、試合前のアップを比較してみます。どうみても彼らの方がメニューが確立されているし、息も合っていますし、戦う前の準備からして違うのではないでしょうか… そして技術的な違いです。例えば、送りバント一つとっても我々は送るので精一杯で、転がしたはいいが、投手の正面を突いて送れないケースがあったりします。その点、企業はしっかりとライン際を狙ってきます。ほとんどの選手に脚がありますから、一つ間違えると内野安打になってしまうケースもあるのです。

んな違いを選手にわかってもらい、ビクトリーは入部と同時に野球に必要なアップを徹底的に身体に叩き込んでいただいた上で、練習に取り組んでもらいます。
大切なのは難しいサインプレーを練習して低い確率で成功させるよりも、基本的なことをしっかりと出来るようになることのほうが重要だからです。
我がビクトリーにとっての打倒企業野球とは集合時間からアップまでが前哨戦で、これらの戦いにも負けるわけにはいかないのです。

に戦力です。
投手は制球力の高い投手でないと戦えません。1試合2四球がボーダーラインになります。厳しいようですが、1点勝負の緊迫した試合展開で、勝敗を分けるのが一つの四球です。ましてや試合展開が大きく動くのは終盤になります。 企業は7,8,9回の得点力がとても高くて、ここでの四球は敗戦を意味するといっても過言ではありません。9回を戦い抜くためには頼りになるエースの他にベンチに投げたくて投げたくてウズウズしている投手が必要になります。

線ですが、脚のある選手が揃っているに越したことはありませんが、スイングスピードも併せ持った選手でないと相手投手の球を打ち返すことは出来ないでしょう。打撃は水物ですが、相手守備陣が恐れるくらい振れる選手を揃えないとなりません。

ィフェンスに関しましてはフェンスの無い河川敷での試合もありますから、外野手はポテンヒットは諦めて、深めの守備体系になります。とにかく前の突っ込みに強いことが要求されます。
逆に内野手はセーフティーを警戒した前気味の守備体系になりますから、ショート、セカンドは後ろへの守備範囲の広さが要求されます。

かし言うのは簡単ですが、走・攻・守と三拍子揃った選手など、そんなにいませんから、何か一つでも特徴があれば貴重な戦力になります。例えば、脚に自信を持った選手や転がすことを得意としている選手などが、ベンチに控えていたなら必ず役に立つ時が来ます。
スペシャリストを駒として持つことは物凄く心強いものです。
   

して試合後のケアですが、個人に任せると、ほとんどの選手がやらなかったり、いい加減にやってしまうのではないでしょうか… 試合後のケアはとても大切なことですから、ストレッチなどクールダウンはチーム全員でやると良いと思います。限られた時間の中でチームを強くしなければならないわけですから、試合後に選手全員で飲みに行ったり食事をすることはとても貴重な時間であり、ここで首脳陣と選手の考えを確認してシンクロすることができれば必ず試合で表れるはずです。

悲願の東京都1部制覇には、究極のチーム結束が求められる。

 

た我がチームでは常に選手募集をしております。
これはチームを作ることで最もみなさんが苦労されていることと思いますが、強豪企業と戦うチームを作ろうと考えたなら、ある程度の補強は絶えずやっていかなければなりません。

いろいろとお話しましたが、企業チームに勝つためには他と同じようなことをやっていてはダメだと思います。取り組むことに失敗はないのですから、他とは違う突拍子もないことを考え付くのも必要かと思います。

達が、企業のシードチームを倒したり出来るのも優秀なヘッドコーチ、スコアラー、マネージャーとスタッフに恵まれたことが一番だと思います。 それとチーム作りでの注意点ですが、毎年うれしいことに若くて勢いのあるチームが必ず出てきます。でもそれは一時の強さでしかないような気がしてなりません。
 
ームを作る上で大切な事とは、一時の強いチームを作るのではなく次世代に受け継がれていくチームを是非、作っていただけたらと思います。負けられない試合が続き、投手を連投させたり、故障をしているのに起用したりして、短い野球人生で終わった選手をたくさん見てきました。軟式野球は生涯現役が可能なスポーツです。選手は健康のため、ストレス発散のために自分に合ったチームで楽しく長くプレーすることが一番だと思います。

がビクトリーは5年前に若手中心のAチームと40歳以上のBチームの二つに分かれて活動しており、両チームとも東京都大会に出場しております。メンバーが40歳を越えても生涯現役を続けられる環境を整えてきました。こうした環境が出来たのも創部40年という長い歴史の中で先輩達が築き上げたものですから、この歴史を消すことのない様、しっかりと意思を受け継ぎ大好きな野球を楽しく続けたいと思っています。

 

 

 

 

 

清瀬ビクトリー 監 督 寺田 昌義

 

 

→ →

  大会参加申込み 、各種キャンペーンは「部室」 から

 

 

→ →

 チームIDを持っていない場合はまず「チ-ム登録(無料)

 


大会に関するお問い合わせ: ストロングリーグ本部事務局


STRONG LEAGUEへ戻る

 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.