全国軟式野球ストロングリーグ

通算成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

通算成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  Y.Sクラブ 1 - 6 RED HILL 2013/6/9(日)17:30-19:30 草加工業団地グラウンド

 

 

ゲーム内容 先攻YSの先発は伊藤投手、後攻RHの先発は野口で試合開始。一回表YSの攻撃は二死から3番片岡選手がライト前ヒットを放つも得点にならず。一回裏RHの攻撃は1番神崎選手がレフトへの二塁打、2番菊岡選手が送り、3番島袋選手がセンター前ヒット、4番石川選手が三塁打、5番平城選手がレフトへの二塁打、6番山口選手もヒット、7番平岩選手が倒れ、8番福島選手がセンター前ヒットでこの回5点先制。五回表YSの攻撃は6番伊与田選手がセンター前ヒットで出塁、その後四球で満塁とし9番手塚選手がセンターへの犠飛で1点を返す。五回裏RHの攻撃は四球と進塁打で二死二塁とし、5番平城選手がレフト前ヒットで1点追加。RH野口投手が4回、その後陣内投手が3回を投げRHの勝利。
平城 正雄渉 外コメント 宮代様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

  Y.Sクラブ 3 - 5 RUSH 2013/1/27(日)12:00-14:00 明治神宮野球場

 

 

ゲーム内容 RUSHは初回、先頭が安打で出塁しその走者を犠打で2塁に送る手堅い野球を見せる。3番が四球を選び、1死2塁1塁。ここで、2塁走者が圧巻の盗塁!そして4番のタイムリーで1点先制。続く5番が内野飛球で2死3塁1塁。ここで1塁ランナーがおとりの飛び出しをし3塁ランナーが生還、2点目を奪取。ワイルドピッチもあり、2死3塁。6番DH宮島がダメ押しのタイムリーで3点目を奪って初回だったが試合がほぼ決定的かと思っていた。先発した妙見に関してはRUSH加入後、負けなしであり、防御率はなんと0.30であるからだ。が、しかしストロングリーグ界ナンバー1のチーム、いや日本軟式界のトップチームはそんな簡単に終わるチームではなかった。喜びもつかの間の3回、四球2つで出たランナーを4番宮代選手が超驚きのレフトスタンドに消えていく100m弾で同点スリーラン。目を疑って、夢かと思った。軟式であれだけ飛ぶとは考えられない。これが軟式界のトップに君臨するチームの4番の実力?!恐ろしかった。RUSH選手一同、関西では見れなかった恐怖を感じた。しかし、まだ同点。なんとか気持ちを取り戻して初心に返ろうと円陣を組む。6回裏、RUSHの攻撃。1死から3番山崎がセンター前に運ぶ。1死1塁から4番が四球で1死3塁2塁を演出する。ここでYS捕手が3塁へ悪送球の間に2人帰り、2点を奪取。最終回も妙見が3人で抑え、7回をYS打線をHRだけの1安打に抑え勝利投手になった。不敗神話はまだ続く。
本岡大造監 督コメント 本日はありがとうございました。また関東のチーム様とジャパンカップファイナルで対戦させていただけるようチームを作って行きたいと思います。

 

 

  Y.Sクラブ 2 - 0 RED SOX 2012/12/9(日)13:00-15:00 滝が原野球場 6面

 

 

ゲーム内容 先発投手はYS大井、REDSOX曽根。YSは4回、1死13塁の好機を三振ゲッツーで潰してしまう。YSは6回、先頭の山田が右中間2塁打で出塁。1死後、3番片岡が会心の一撃、打球はライトをはるかに越え、先制の本塁打、2点を先制する。YS先発の大井は、レッドソックス打線を完封し、2ー0で試合終了。YSが2年振りにジャパンカップファイナルステージ進出を決めた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント REDSOXの皆様、対戦ありがとうございました。また来シーズンもよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2012/12/9(日)9:15-11:15 滝が原野球場 6面

 

 

ゲーム内容 先発投手はYS内田、アスレチックス角野。YSは2回、先頭の4番宮代が中越3塁打を放つ。しかし次打者の遊ゴロで憤死となり先制機を逸する。YSは4回、先頭の片岡が内野安打で出塁。1死12塁となって、4番宮代がライトへ鋭い当たり、ドライブがかかった打球はワンバウンドでライトの頭上を越えて本塁打となり、YSが3点を先制。アスレチックスは直後の4回、1死から4番岡田がレフト前安打で出塁、2死2塁となって6番大塚の打球は右中間へ、ライトのダイビングも及ばず、アスレチックスが1点を返す。しかし直後の5回YSは、8番伊与田が四球で出塁すると、2つの犠打と四球で2死13塁のチャンス。ここで3番小野寺が左中間に会心の2塁打を放ち2者が生還、5ー1とリードを広げる。YS先発の内田は、567回を無安打に抑えて試合終了となった。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント アスレチックス倶楽部の皆様、対戦ありがとうございました。来シーズンもお互い切磋琢磨でストロングリーグを盛り上げて行ければと思います。

 

 

  Y.Sクラブ 3 - 0 T-Five 2012/9/22(土)9:00-11:00 北野球場

 

 

ゲーム内容 北野球場でおこなわれた決勝戦は昨年と同一カード。Y.Sクラブ片岡投手とT-Five広沢投手の先発マウンドでプレイボール。Y.Sクラブは、宮代選手が四球で出塁すると盗塁を決め小野寺選手が右方向へ運び1点を先制する。その後、横田選手のタイムリー。終盤には代わった末次投手から伊藤投手が転がし3点目。片岡投手の完封でY.Sクラブが優勝を飾った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 対戦ありがとうございました。またお願いします。

 

 

  RED BURNING 4 - 7 Y.Sクラブ 2012/7/7(土)9:00-11:30 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブが効果的に7得点を挙げ優位に試合をすすめる。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント

 

 

  東京バンバータ 5 - 4 Y.Sクラブ 2012/6/24(日)12:00-14:00 夢の島総合運動場野球場7面

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ小関投手、東京バンバータ草野投手の先発で試合開始。1回表のY.Sの攻撃は2番大久保選手の死球で一死一塁とすると、3番片岡選手のライト柵越えによる本塁打で2点を先制する。さらに4番の平井選手のレフト前ヒットと盗塁で二死二塁とすると6番由良選手の右中間への適時二塁打で1点を加点して、初回に3点を先制する。バンバータも2回裏に先頭の4番長尾選手が失策により出塁すると、5番山崎選手の犠打とワイルドピッチで一死三塁のチャンス。ここで6番黒坂選手の内野ゴロの間に1点を返し2点差とする。3回の裏のバンバータの攻撃は、先頭の8番勝田選手が死球で出塁すると、一死後、1番広岡選手・2番高橋選手の連続ヒットで一死満塁のチャンス。ここで3番大塚選手が値千金のセンターオーバーの満塁本塁打を放ち5対3と逆転する。6回の表Y.Sの攻撃は、4回から草野選手からバトンを受け継いだ平山選手を攻めたて、一死から5番宮代選手のセンター前と四球により一死一二塁のチャンス。ここで7番横田選手が、レフト前ヒットを放ち二塁ランナーが生還し1点を返すも、バンバータ大塚選手(遊撃手)が黒坂選手(左翼手)からの返球をカットすると、一塁走者が二・三塁間で狭殺、さらには打者走者も宮崎選手(右翼手)の好カバーにより、二塁でアウトとなり2重殺でチェンジとなる。最終回のY.Sの攻撃は、エラーで出塁した走者を二死三塁と攻めるも最後は平山投手が内野フライに打ち取りゲームセット。東京バンバータがなんとか5対4で1点差勝利する。
広崎 伸渉 外コメント 日程調整ありがとうございました。次回も宜しくお願いします。

 

 

  T-Five 1 - 0 Y.Sクラブ 2011/12/11(日)9:30-11:30 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 T-Five郷野投手、Y.Sクラブ小関投手の先発で始まった試合、互いにランナーを出しながらも息詰まる投手戦。均衡を破ったのは5回裏T-Fiveの攻撃、0アウトから6番伊藤の2塁打でチャンスを作ると、8番貴船がセンターへのタイムリーヒットで1点先制。最終回も抑えの末次がしっかりと抑えて、最後まで1点を守りきったT-Fiveの勝利。
小宮監 督コメント Y.Sクラブの皆さま、今年は2度の対戦ありがとうございました。また対戦させてください。今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

  Revival 1 - 5 Y.Sクラブ 2011/12/4(日)11:30-13:30 滝が原球場2面

 

 

ゲーム内容 初回、1点を先取されたY.Sクラブであったがすぐさまその裏、2点を奪い逆転に成功。中盤にも加点し5-1とする。投げては先発の大井投手が走者を背負いながらも粘りのピッチングを披露し最後は飯塚投手につないで逆転勝ちを収める。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ありがとうございました。

 

 

  東京ドナルドダック 0 - 3 Y.Sクラブ 2011/10/30(日)9:00-11:00 北野公園野球場

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ伊藤投手、東京ドナルドダック茂木投手の先発マウンド。初回静かな立ち上がりを見せるとすぐさま大井投手へ継投したY.Sクラブ。先取点を奪うと、快刀乱麻のピッチングを披露する。中盤には平井選手の柵越え本塁打が飛び出し3-0。Y.Sクラブがノーヒットノーランリレーで優勝を飾った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 東京ドナルドダックの皆様、対戦ありがとうございました。また宜しくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 11 - 1 T-Five 2011/10/29(土)9:00-11:00 北野公園野球場

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブは飯塚投手がテンポの良い投球。先取点を奪い、序盤から得点を重ねる。代わった郷野投手からも得点を奪い計11点の猛攻。中盤から小関投手にスイッチしたY.Sクラブ。小宮選手に柵越え弾を浴びるが11-1で逃げ切り勝ち。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント T-Fiveの皆様、ありがとうございました。次回対戦の際はまた宜しくお願いします。

 

 

  清瀬ビクトリー 1 - 4 Y.Sクラブ 2011/10/2(日)13:00-17:00 秋が瀬パイロット球場

 

 

ゲーム内容 初回にビクトリー先制。しかしワイエスが3回に先頭バッターが安打で出塁したのをきに小刻みに点数を重ねる。結局4対1でY.Sクラブの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 寺田様今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  RED BURNING 0 - 3 Y.Sクラブ 2011/9/23(金)13:00-16:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 YSが小刻みに点をかさね、勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ありがとうございました

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 0 オール マックス 2011/8/28(日)11:00-13:00 都立砧公園野球場

 

 

ゲーム内容 オールマックス中村、YSクラブ片岡の先発左腕対決。YSは1回裏無死一三塁のチャンスに3番由良の技ありの内野ゴロ、4番小野寺の安打で2点を先取する。YSは3回にも3番由良の二塁打から失策を機に1点を追加する。YSは5回、一死満塁から7番加賀谷の適時打で2点をダメ押し。オールマックスは7回に6番小濱が本塁打を放ち一矢報いるも、そこで時間切れとなり、大会規定により、6イニング5−0でYSクラブが勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント オールマックス廣田様小林様 雨天による1週中止を挟み、都度ご連絡ご対応ありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 13 - 2 六いむインディアンス 2011/8/28(日)17:00-19:00 大井埠頭中央海浜

 

 

ゲーム内容 六いむインディアンス村上、YSクラブ伊藤の先発で試合開始。1回表六いむは4番嶋中の適時打で2点を先制。しかしYSは1回5点、2回4点、3回4点と、六いむの4投手を攻略し大量得点。4回裏にも7番三浦の本塁打で3点をダメ押し16得点とするが、直後に時間切れで試合終了。大会規定により3イニング13−2でYSが勝利した。2回からリリーフしたYS飯塚が、エアロック初戦から3試合3勝目となった。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 六いむインディアンス指田監督様、雨天中止を1週挟みながらご連絡ご対応いただきありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 7 - 0 大宮フェニックス 2011/7/3(日)17:00-19:00 平和島公園野球場

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に大宮フェニックス活動体制なくY.Sクラブ不戦勝
Y.Sクラブ受付渉 外コメント

 

 

  ZEALエレファンツ 0 - 1 Y.Sクラブ 2011/6/19(日)18:00-20:00 江戸川区臨海公園球戯場

 

 

ゲーム内容 ZEALエレファンツ大山投手、YSクラブ飯塚投手が好投。両チーム無得点のまま迎えた最終回の攻防。YSクラブは一死三塁から内野ゴロの間に1点を先制。ZEALエレファンツも、その裏無死三塁のチャンスを迎えるが、後続が倒れゲームセット。飯塚投手の完封で、YSクラブが1−0で勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ZEALエレファンツの皆様、グラウンド・審判の手配も含めまして、大変お世話になりました。またよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 1 東京 Dragon Balls 2011/6/5(日)19:00-21:00 天王洲

 

 

ゲーム内容 TDB倉永、YS飯塚の先発で試合開始。(3回裏YS)片岡の左越2塁打から2死3塁のチャンスに、小野寺が中越2塁打でYS1点を先制。(4回表TDB)小山の左越2塁打から2死3塁のチャンスに、横山が左安打でTDB同点に追い付く。(4回裏YS)1死23塁、飯塚の右安打などで3点を勝ち越す。(6回裏YS)無死12塁、平井の左安打で1点を追加。5−1でYSの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 東京ドラゴンボールズの皆様、ありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 1 - 0 DKK大阪 2011/2/6(日)8:00-10:00 明治神宮野球場

 

 

準決勝、決勝で好投の大井投手(MVP) 今年もここ一番で打線が機能した ゲーム内容 Y.Sクラブ対DKK大阪の試合はYS大井投手、DKK馬場投手の先発で開始された。初回は両チームとも先発投手が素晴らしいピッチングで0点に抑える。3回Y.Sクラブに動きが出た。先頭の8番が死球で出塁。9番がきっちり送り1アウト2塁。1番が簡単に追い込まれたが、追い込んだ後、バッテリーミスがあり1アウト3塁のチャンスを迎える。ここで1番はショートの頭を抜けるタイムリーを放ちY.Sクラブが先制をする。一方、Y.S大井投手は危なげない内容でゼロの山を築く。最終回、初めて先頭を出しピンチを迎えるが、後続をきっちり抑え1安打完封で見事Y.Sクラブが勝利する。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント DKK大阪様、今年もありがとうございました。今年も接戦の中楽しい試合ができうれしく思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 11 - 1 メガパワーズ 2011/2/6(日)12:00-14:00 明治神宮野球場

 

 

2連覇を飾ったY.Sクラブ この日引退の沖選手胴上げ 熱戦に幕、Y.Sクラブが2連覇 ゲーム内容 Y.S大井投手の連投で幕をあける。Y.Sクラブは初回から打線が動く。先頭が死球で出塁し盗塁を決め、1アウト3塁。ここで3番片岡がタイムリーを放ち先制する。大井投手は連投の疲れも見せず、3回まで完璧な投球を見せる。しかし4回に1死後、9番に四球を与え1番にライト戦にヒットを打たれ1.3塁のピンチを迎える。2番はここでしっかりと内野ゴロを放ち同点に追いつく。しかしここからまたしてもY.S劇場が始まる。先頭の高橋が絶妙のセーフティーバントを決め、出塁する。すかさず盗塁を決め、2塁。8番がしっかりと送って、9番大桃を迎える。ここで大桃選手はきっちりとエンドランを決め勝ち越しに成功する。ここからY.S打線が火を噴き着実に点を重ね、終わってみれば11対1の圧勝。2年連続でジャパンカップを制した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント メガパワーズ様ありがとうございました。是非とも来年も宜しくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 7 - 0 GENUINE ----- -----

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にGENUINE活動体制なくY.Sクラブ不戦勝
Y.Sクラブ受付渉 外コメント

 

 

  新英電興 0 - 1 Y.Sクラブ 2010/12/12(日)12:30-14:30 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ大井投手、新英電興佐藤投手の先発マウンド。息詰まる投手戦が展開される。先攻を選んだY.Sクラブであったが、新英電興:佐藤投手の巧みなピッチングの前に連続三振など初回無得点。一方の新英電興も大井投手を攻め立て、スコアリングポジションに走者を進めるも、セカンド由良選手のダイビングキャッチからの執念のスローイングなど相手好守に阻まれ得点を奪えず。中盤、走者三塁のチャンスをつかんだY.Sクラブであったが沖選手が倒れ無得点。その後も両投手が好投、Y.Sクラブは佐藤投手にスイッチすると無安打ピッチングを展開し守備でリズムを作り出す。迎えた最終回、Y.Sクラブは足を生かし由良選手を三塁へ置き、沖選手。これをきっちり三塁前に転がしエンドランで待望の先取点。その裏を佐藤投手が締め白熱戦に終止符。Y.Sクラブが1-0で勝利を飾った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 新英電興の皆様ありがとうございました。全国大会でも代表チームとして精一杯やってきます。

 

 

  Y.Sクラブ 10 - 0 スナイパーズ 2010/12/5(日)9:15-11:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブは初回に幸先よく先制点、2回に3点、3回に7点を加え11得点の猛攻。投げては先発の伊藤投手が要所を締める好投で完封勝利。規定によりコールドゲームとなった。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 対戦ありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/12/5(日)13:15-15:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ大井投手、アスレチックス倶楽部篠崎投手の先発マウンド。先攻のアスレチックス倶楽部は、立ち上がり制球の定まらない大井選手を攻め2つの四球から走者を進め、捕手けん制悪送球を誘い1点を先制する。1点を追うY.Sクラブも走者をためると、相手投手が小フライを弾く間に1点を返し同点に追いつく。Y.Sクラブは二番手の投手が好投し相手打線を寄せ付けない。守備で徐々にリズムをつかむと中盤、タイムリーなどで4点を奪ったY.Sクラブが5-1で勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 対戦ありがとうございました。また宜しくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 2 - 1 淵野辺オリオンズクラブ 2010/11/7(日)13:30-15:30 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 先発は大井でなんとか要所を抑え1失点。得点は初回に片岡のライトオーバーのソロホームランと、最終回に高橋の内野安打からワンナウト3塁のチャンスで大桃の内野ゴロで2点目。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 対戦ありがとうございました。またお願いします。

 

 

  EAST WEST 3 - 4 Y.Sクラブ 2010/10/24(日)14:00-16:00 上井草グランドD面

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ対イーストウエストの試合は4対3でY.Sクラブの勝利。試合は序盤はランナーをだすものの両チーム得点できず。3回裏、1アウト後、イーストウエストが2塁打後にYSのエラーも絡み先制する。4回にもタイムリーで3点目をあげる。しかしここからYSが反撃する。死球、四球でチャンスつかみ、ダブルスチールも決めノーアウト2,3塁。小野寺のタイムリーで1点。1アウト後、大桃のタイムリーで2点目。その後押し出し死球後、大久保の内野ゴロの間に4点目が入り逆転。その後はYSは佐藤→大井→飯塚の投手リレーでなんとか踏ん張り逃げ切った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント イーストウエスト様ありがとうございました。ジャパンカップでまたやりましょう。

 

 

  GENUINE 1 - 2 Y.Sクラブ 2010/10/3(日)19:00-21:00 大井中央海浜公園

 

 

ゲーム内容 YS対GENUINEは2対1でYSの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント GENUINE様誠に有難う御座います。緊迫したゲームでとても楽しかったです。また是非ともよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/9/19(日)18:00-20:00 夢の島

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ先発大井投手が好投。打っては計8安打の5得点を挙げたY.Sクラブが5-0で勝利を飾った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 岡野監督様、メンバーの皆様、ありがとうございました。また対戦の際は宜しくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 12 - 1 BUZZ 2010/8/22(日)13:30-15:30 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対バズの試合はYSクラブ先発の大井投手が熱戦の主役。立ち上がり先攻のYSは四球と盗塁でチャンスが出来たが後が続かず残塁に終わる。BUZZはワンナウト後に2番打者が右中間に3塁打を放つ。その後ツーアウト、1、3塁で5番がセンター前に落とし先制点を奪う。しかしYSクラブが3回に怒涛の攻撃を見せる。簡単にツーアウトになり、2番、大久保選手がセフティーバンドを決め、ツーアウト1塁。3番、片岡選手はライト前に弾き返しツーアウト1、3塁。4番、平井選手がレフト前に落とし2点が入り逆転。なおも小野寺選手のタイムリー、加賀谷選手が死球、高橋選手四球、大桃選手は、押しだし死球。伊与田四球、などで大量の9点をあげ試合を決める。5回にも加賀谷選手のヒットを皮切りに3点を追加し、5回コールドの12対1で勝利。YSクラブが見事SS大会を連覇した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント BUZZの皆様、ありがとうございました。また対戦の機会がありましたら宜しくお願いします。

 

 

  湘南ヤンキース 4 - 7 Y.Sクラブ 2010/8/15(日)14:00-16:00 相模原球場

 

 

ゲーム内容 Y,Sクラブ対湘南ヤンキースの試合はY,Sクラブが初回から得点を重ね、追いすがる湘南ヤンキースを振り切り勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 湘南ヤンキース様ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 7 - 0 全力ルパン 2010/8/8(日)9:00-11:00 滝が原野球場

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に全力ルパン活動体制なくY.Sクラブ不戦勝
Y.Sクラブ受付渉 外コメント また機会がありましたら宜しくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 9 - 3 Barock 2010/8/8(日)13:00-15:00 滝が原球場

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ片岡投手、Barock箕輪投手、ジャパンカップ全国優勝経験を誇る投手同士の投げ合いで幕を開けた。ゲームは初回、Y.Sクラブが相手失策から二死二三塁のチャンスを作るが無得点。2回、Barockは安打とけん制悪送球などから無死三一塁のチャンスを作ると野村選手がしぶとくライト線へ運び1点を先制。なおも福田選手のタイムリーで2-0とする。2点を追うY.Sクラブは3回、二死から大久保選手のセンター前ヒット、片岡選手が四球を選び、平井選手が3ラン本塁打を放ち逆転。4回にはヒットで出た宮代選手が盗塁、内野ゴロの間にスチールを決め4-2とする。Barockも野村選手が本塁打を放ち4-3と1点差に詰め寄る。しかしY.Sクラブは平井選手がまたもセンターに運ぶと、一気に本塁へ生還。その後、Barockも坂本投手らに継投するが、大桃選手のタイムリーなどで得点を重ねたY.Sクラブが突き放し9-3で勝利。片岡投手、完投。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント Barockの皆様、ありがとうございました。またリーグ戦などでも対戦の機会があるかと思いますので宜しくお願いします。

 

 

  クローン 3 - 9 Y.Sクラブ 2010/8/1(日)8:30-10:30 滝が原野球場

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブは序盤から打線がつながりをみせ確実に得点を重ねていく。長打に足を絡ませ試合の主導権を握る。クローンも最終回猛反撃に出るが届かずY.Sクラブが逃げ切り勝ち。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ご対戦ありがとうございました。また機会がありましたらお願いします。

 

 

  Barock 0 - 0 Y.Sクラブ 2010/7/25(日)10:10-12:10 トゥイニー・ヨコハマ

 

 

ゲーム内容 先行・YSクラブ、後攻・Barockで試合開始。Barockは2回に無死満塁のチャンスを作るも、ランナーの飛び出し等があり無得点に終わる。その後は、両チーム良い所がなく0対0のまま時間切れでゲームセット。
小暮 友朗渉 外コメント YSクラブ・由良様。選手の皆様。対戦ありがとうございます。また今後とも、よろしくお願い致します。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 0 ルーキーズ 2010/7/18(日)19:00-21:00 大井海浜公園

 

 

ゲーム内容 先取点を奪ったY.Sクラブは着実に得点を重ね5点を奪う。投げては投手陣が要所を締めY.Sクラブが5-0完封勝利を飾った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 4 - 0 東京富沢クラブ 2010/7/18(日)17:00-19:00 大井海浜公園

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブは効率的に得点を重ね4点を奪う。投げては投手陣が要所を締めY.Sクラブが4-0で勝利を飾った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 7 - 1 西三田貴族 2010/7/4(日)19:00-21:00 南埠頭グランド

 

 

ゲーム内容 初回に西三田貴族が先制。Y.Sは3回に小野寺の左中間のヒットの間に中継が乱れ同点。4回にも加賀谷のヒットを足がかりに市川のレフトオーバーのタイムリー、宮代のライト前タイムリーなどで追加点。5回にも追加点をあげ、時間切れで5回で終了。7対1でY.Sクラブの勝利
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ありがとうございました。

 

 

  天晴-appare- 0 - 4 Y.Sクラブ 2010/6/6(日)17:00-19:00 浮間公園

 

 

ゲーム内容 片岡選手の盗塁の際の暴投により先制。加賀谷選手のタイムリーで2点目。片岡選手のツーランで4点目が入り、投げては伊藤投手が危なげなく完封勝利、
Y.Sクラブ受付渉 外コメント あっぱれ山本様、ありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 11 - 3 CHUYANS 2010/5/30(日)19:00-21:00 天王洲

 

 

ゲーム内容 YSクラブが勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ありがとうございます

 

 

  軍団 4 - 1 Y.Sクラブ 2010/5/2(日)19:00-21:00 品川南ふ頭公園

 

 

ゲーム内容 軍団山田投手、Y.Sクラブ伊藤投手の先発で試合開始。初回山田投手は三者凡退で抑える。その裏の軍団の攻撃は、一死から2番池田、3番町田が四球を選ぶと4番荻野が右中間フェンス直撃の二塁打で1点先制。続く5番佐藤がライト前に落とすヒットで1点追加。さらに6番平林の内野ゴロの処理をもたつく間に、ランナー返り3点目。続く7番西は倒れるも、8番箱守のレフトフェンス直撃打で4点目とする。3回表のY.Sクラブの攻撃は、二死一三塁から一塁ランナー盗塁の間に三塁ランナーがホームに返り、1点を返し4-1。二回以降伊藤投手の前に軍団打線は沈黙するも、山田投手は粘りのピッチングで7回を被安打3、2奪三振、2四球、失点1の投球でY.S打線を抑えた。4-1で軍団の勝利。
箱守渉 外コメント 対戦ありがとうございました。またよろしくお願いします。

 

 

  T-Five 2 - 2 Y.Sクラブ 2010/3/14(日)10:00-12:00 夢の島グラウンド(11面)

 

 

ゲーム内容 T-Five郷野投手、Y.Sクラブ伊藤投手の先発マウンド。郷野投手は初回、先攻のY.Sクラブを三者凡退に討ち取り無難な立ち上がりを見せる。その裏、T-Fiveは先頭打者が死球で出塁、すぐさま送るとフィルダーズチョイスとなり無死一二塁。さらに送って、ノーヒットで一死二三塁の形を作る。エンドランを決めそこねたが二死からタイムリーで先制、さらに相手バッテリーのミスをついて2点目。その後は、郷野投手が快刀乱麻のピッチングを披露しY.Sクラブに得点のチャンスを許さない。一方、Y.Sクラブも先発伊藤投手が2回以降立ち直り、走者を背負いながらも切り抜け、ゲームはゼロ行進のまま終盤へ。迎えた最終回、2点を追うY.Sクラブはしぶとく食らいつき走者をためると、片岡選手が右中間にタイムリーを放ち1点差、さらに一死三塁から平井選手がエンドランを決め土壇場で2-2同点に追いつく。勝ちのなくなったY.Sクラブはその裏、2番手の飯塚投手が走者を背負いながら粘投し2-2のままゲームセット。T-Fiveが初防衛戦に勝利した。結果的に、両投手の立ち上がりに明暗。最終回こそ、Y.Sクラブの"速攻"を浴び同点に追いつかれたが、終始、郷野投手の好投が光った一戦であった。
小宮監 督コメント どうもありがとうございました。再戦の際はまたお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 3 - 0 DKK大阪 2010/1/24(日)8:00-10:00 明治神宮野球場

 

 

ゲーム内容 ジャパンカップ準決勝、Y.Sクラブ対DKK大阪の試合はY.S片岡投手、DKK馬場投手の両先発で試合が開始された。先行のY.Sは初回、2回とランナーを出すものの要所を押さえられ得点できず。しかし3回に動いた。ワンナウト後、2番、大久保選手が四球で出塁する。3番片岡選手の打席で盗塁を決め、ワンナウト2塁。そして、次の投球でWPをし一気に大久保選手がホームインしY.Sクラブが先制する。5回には先頭の1番市川選手が四球、2番大久保選手、犠打でワンナウト2塁。3番片岡選手はライト前にタイムリーを放ち2点目を奪う。4番宮台選手もレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち3点目を奪う。一方、DKK打線はY.S片岡投手の前に5回までノーヒットピッチングを展開される。6回に初ヒットを放つがここも片岡投手が踏ん張り得点を許さず。Y.Sは最終回を飯塚投手が3人で締めY.Sクラブが3対0で勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント DKK大阪の皆様、ご対戦ありがとうございました。またの機会にお手合わせお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 9 - 5 武磨 2010/1/24(日)12:00-14:00 明治神宮野球場

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ対ブーマの試合は、Y.S高橋投手、ブーマ箕輪投手の先発マウンド。初回Y.Sは先頭の市川選手がライト前ヒットを放ちノーアウト1塁。すかさず盗塁を決め、ノーアウト2塁。しかしここからブーマ箕輪投手が、大久保、片岡を連続三振を奪い、4番宮代はヒットを放つが、5番平井を抑え得点を許さない。ブーマは初回、先頭の山田選手が四球で出塁。2番相沢選手が犠打を決めワンナウト2塁。3番千葉選手も四球を選び、4番細尾選手を迎える。2球目を右中間に運びブーマが先制点を奪う。しかしY.S高橋投手も何とか踏ん張り後続を断ち1点に抑える。2回Y.Sは先頭の小野寺選手がレフトオーバーの2塁打を放ち、ノーアウト2塁のチャンスを作る。続く高橋選手が送れずワンナウト2塁。8番由良選手はしぶとくライト前ヒットを放ちワンナウト1,3塁。9番伊与田選手の初球の1塁ランナーが盗塁しワンナウト2,3塁。伊与田選手はセカンドゴロで小野寺選手が本塁でタッチアウト。二死1,3塁。ここで1番市川選手の初球に伊与田選手が盗塁を試みる際に3塁ランナーの由良選手が飛び出し、万事休すかと思われたがここで箕輪選手が暴投し由良選手が生還、Y.Sクラブが同点に追いつく。3回にもY.Sは先頭の大久保選手が内野安打で出塁。続く片岡選手もレフト前ヒットで続き、ノーアウト1,2塁。4番宮代選手、5番平井選手が倒れ、二死1,2塁。ここで5番小野寺選手が2球目をセンター前にヒットを放ち逆転する。2、3回とY.S高橋投手はブーマ打線を完璧に抑え、試合は序盤はY.Sクラブが主導権を奪う。しかし4回ブーマの攻撃は3番千葉選手が四球で出塁する。4番細尾選手はここでも右中間にヒットを放ち、無死一三塁。ここで6番清瀬選手は倒れ一死一三塁。6番佐古選手は一塁ゴロの間に三塁走者が生還し同点に追いつく。試合は中盤の5回に動いた。ブーマは一死後、9番三輪選手が四球。1番山田選手がヒットを放ちワンナウト1.2塁。ここで2番相沢選手がセンター前ヒットを放ち、ついにブーマが逆転する。続く3番千葉選手はショートゴロで3塁ランナーが憤死。二死二三塁。ここでサードランナーが飛び出したが、Y.S宮代選手がエラーし追加点を奪う。さらに4番細尾選手のライトフライもライト大桃選手がエラーし5点目が入る。ここで誰もがブーマの連覇かと思われたが、ここからY.Sクラブが底力を見せ付ける。ブーマは6回から箕輪投手から白木投手にスイッチされた。Y.Sは6番小野寺選手からの打順でY.Sの猛打が爆発。小野寺選手が四球、高橋選手が死球、由良選手も四球で無死満塁。ここで9番伊与田選手が起死回生の右中間にタイムリー2塁打は放ち、4-5。1番市川選手は敬遠で無死満塁で2番大久保選手。大久保選手は初球をセンター前にはじき返し2点タイムリーヒットを放ち6-5で逆転する。一死後、5番平井選手がエンドランを決め、7-5と追加点をあげる。7回表にも二死二三塁で大久保選手が2点タイムリーヒットを放ち、9-5とリードを広げる。そして最終回ブーマも意地をみせ、1打同点のチャンスを作るが、5回途中からリリーフしたY.S片岡投手が踏ん張り、見事Y.Sクラブが勝利。ジャパンカップ制した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ブーマの皆様、ありがとうございました。今後も宜しくお願いします。私達はストロングのファイナルで白熱した決勝戦を戦い優勝することができとてもうれしく思います。本当にありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 2 - 0 Blue Impulse 2009/12/13(日)10:00-12:30 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対ブルーインパルスはYS片岡投手、インパルス葛岡投手の投げ合いで始まった。初回は両投手とも完璧な立ち上がりで初回を終えた。最初にチャンスを迎えたのはYSクラブ。2回、二死から小野寺のレフトオーバーの二塁打でチャンスを作る。続く、平井選手は四球、大桃選手は死球で二死満塁のチャンス。しかし9番、伊与田投手はサードゴロに倒れ無得点に終わる。しかし3回、先頭の市川選手が左中間に二塁打を放つ。大久保選手の犠打が相手エラーを誘い、その間に市川選手が先制のホームを踏む。大久保選手は盗塁を決め無死二塁。片岡選手がバントヒットをきめチャンスを広げる。一死後、5番高橋選手がきっちりヒットエンドランを決め、2点目をあげる。その後は得点が奪えず。しかしこの日先発の片岡投手は2点の援護で充分といってもいい投球内容を披露した。MAX136キロのストレートを軸に7回を1安打2四死球4奪三振の完封勝利。YSクラブが見事2-0で勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント BlueImpulseの皆様、ありがとうございました。次回、また対戦の際はどうか宜しくお願いします。

 

 

  0 - 1 Y.Sクラブ 2009/12/6(日)13:15-15:15 滝が原野球場5面

 

 

ゲーム内容 初回に先頭の市川選手が四球で出塁、パスボール、犠打進塁、パスボールでYSが先制点をあげる。2回以降は点が奪えず、膠着が続く。お互いチャンスを作るが後、一本がでず。結局、初回の一点が試合決め、1対0でYSクラブの勝利。飯塚投手が7回3安打、3四球で見事、完封勝利をあげた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント グランフレールの皆様、ありがとうございました。引き締まった試合をさせていただきました。これからも宜しくお願いします。

 

 

  稲葉ベースボール倶楽部 3 - 5 Y.Sクラブ 2009/12/6(日)11:15-13:15 滝が原野球場5面

 

 

ゲーム内容 初回、YSクラブは先頭の市川選手がライトオーバーのホームランを放つ。2回には由良選手がエンドランを決め2点目。その後は高橋選手が右中間の2塁打で4点目。稲葉も追い上げ、4回に1点、6回に2点ておいすがるも、最終回に片岡選手が右中間にホームランを放ち、5点目で勝負あり。5対3でYSクラブが勝利する。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 稲葉BC様、貴重な対戦の機会をありがとうございます。次回もご対戦いただく際には宜しくお願いいたします。

 

 

  GROUND 魂 BREAKS 1 - 3 Y.Sクラブ 2009/11/29(日)14:00-16:00 大田区多摩川緑地7号

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブが幸先良く先制点を奪う。その後も投打噛み合ったY.SクラブがGROUND 魂 BREAKSの追撃をかわし3-1で勝利する。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント GROUND 魂 BREAKS様、対戦をありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

 

 

  稲葉ベースボール倶楽部 1 - 0 Y.Sクラブ 2009/11/15(日)13:00-15:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 YSクラブのストロングリーグ三冠、稲葉ベースボール倶楽部の初優勝がかかった決勝戦は、先攻YSクラブ先頭打者市川選手のあわやホームランかという大飛球で幕を開けた。先頭打者をレフト石川選手の好捕で抑えた稲葉ベースボール倶楽部は結局初回を3人で締めた。その裏、稲葉ベースボール倶楽部の攻撃は、1番石川選手が粘ってフルカウントから四球を選ぶと、牽制悪送球を誘い一死三塁のチャンスを作る。続く3番西室選手はYSクラブのエース八筬選手のキレのあるシュートで三振にきってとられるも、4番糸魚川選手がカウント2-2からの5球目をセンターに弾き返し、稲葉ベースボール倶楽部が1点を先制した。その後、YSクラブは3回と6回に四球でランナーを出すも、好投手斎藤投手の巧みな牽制によりチャンスを失う。一方の稲葉ベースボール倶楽部も2回は好投手の前に付け入る隙無く三者凡退。3回は先頭の9番斎藤選手のレフト前で無死1塁のチャンスを迎えるも、1番石川選手の三遊間をYSクラブのショート市川がダイビングキャッチで封じる。5回も先頭の6番キャプテン嶋口選手の死球で得たチャンスに、ヒットエンドランで果敢に攻めるもキャッチャー宮代の強肩の前に三振ゲッツー。YSクラブも得点圏への進塁を許さない。6回、稲葉ベースボール倶楽部は2アウトから2番吉田選手が内野安打で出塁。続く3番西室選手が四球を選び、2アウト1・2塁と初回以来のチャンスを作り、迎えるのは初回先制タイムリーを放った4番糸魚川選手。ここでまたしても八筬投手のボールを捕えたが、ショート頭上への痛烈なライナーを、この試合数々の好守で稲葉ベースボール倶楽部を封じてきた名手石川がジャンピングキャッチ。YSクラブも追加点を許さない。1点差で迎えた最終回、YSクラブ最後の攻撃は先頭打者が倒れた後、4番宮代選手のサードゴロにキャプテン嶋口選手が下がって捌き、出塁を許す。つけいりたいYSクラブは勝負をしかけ二盗。1アウト2塁と一打同点のチャンスをつくる。しかし続く5番向山選手のセンターへ抜けようかという当たりをショート吉田選手が好捕。最後は6番小野寺選手の大飛球をセンター西室選手がおさえゲームセット。好投手斎藤選手と強打YSクラブ打線は、結局散発2安打に抑えた斎藤投手に軍配。初回のチャンスをものにした稲葉ベースボール倶楽部が、昨年に続きYSクラブに勝利。初優勝を飾った。エース斎藤投手は決勝トーナメント3試合に登板し、わずか2失点と、抜群の安定感で大会最優秀選手に輝いた。
嶋口一平主 将コメント Y.Sクラブの皆様、決勝戦に相応しい白熱した試合をありがとうございました。次回も宜しくお願いします。

 

 

  武磨 0 - 3 Y.Sクラブ 2009/11/1(日)17:00-19:00 天王洲野球場

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ対ブーマの試合はY.Sクラブ八筬投手、ブーマ箕輪投手の先発で開始された。まず、Y.Sクラブ先発の八筬投手は立ち上がりは3人で片付けるも、見方のエラーもあり2、3、4回と毎回ランナーを出すものの要所をしめ、得点を許さない。一方ブーマ箕輪投手は序盤は完璧な立ち上がりを見せ、5回まで内野安打1本に抑える。しかし6回に試合は動く。先頭の伊与田選手が四球で出塁し、なおもパスボールでノーアウト2塁のチャンスを作る。1番市川選手はセンターフライに倒れワンナウト。2番大久保選手は追い込まれながらも、しぶとく内野安打を放ち、ワンナウト1、3塁のチャンスを作る。ここで、3番片岡選手を迎える。片岡選手はライトオーバーの2塁打を放ち、Y・Sクラブが待望の先制点をあげる。なおもワンナウト2、3塁で4番宮代選手。追い込まれたが、死球で出塁しさらに満塁のチャンスが広がる。5番平井選手はエンドランをきっちり決め、2点目をあげる。さらに7回には、またもや先頭の高橋選手に四球を与える。盗塁、三振でワンナウト2塁で、9番伊与田選手はレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち、3点目をあげる。そしてブーマ打線は後半は好投手、八筬の前に完璧に抑えられ、5回には三者連続三振を奪う。結局、Y・Sクラブ八筬はブーマ打線を3安打、1四球、7奪三振の完封勝利。3-0で見事Y.Sクラブがエアロック大会優勝を飾った。MVPには片岡選手が選ばれた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 対戦をありがとうございました。また宜しくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 4 - 1 ジョルターヘッズ 2009/10/25(日)19:00-21:00 天王洲グランド

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対ジョルダーヘッズの試合は、YS高橋、ジョルダー池中の両投手で開始された。試合は初回から動いた。YSの攻撃は簡単に2死になったが3番片岡、内野安打、4番宮代、四球、5番向山、レフト前ヒットで満塁のチャンスを作る。6番高橋は四球をえらびYSが先制点を奪う。YSクラブはその後も毎回ランナーを出すものの、後一本がでず得点できず。しかし6回に1死3塁のチャンスで7番由良が右中間にタイムリーを放ち追加点を奪う。さらに伊与田の内野ゴロ、市川のセンターオーバーで4点目を奪う。一方ジョルダーの攻撃はYS高橋の前に全くなにも出来なく7回1死まで完全試合。しかし高橋は1死後、死球、セカンドエラー、ファーストエラーで1点を失う。さらにそこから連打をくらい、2死満塁のピンチを迎える。しかし最後は三振を奪い、YSクラブが勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ジョルダーヘッズ様ありがとうございました。久々の対戦楽しかったです。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  HOLLYWOOD 0 - 3 Y.Sクラブ 2009/10/4(日)17:00-19:00 大井ふ頭中央海浜公園

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対ハリウッドの試合が始まった。YSクラブは2回表にツーアウトから小野寺のレフト前ヒット、相手エラーから先制点を奪う。その後はハリウッド投手陣に抑え込まれ得点できず。しかし7回表にワンナウトから向山が内野安打で出塁続く小野寺がセンターオーバーのタイムリーツーベースを放ちさらに中継ミスもかさなり小野寺も生還し、追加点をあげる。投げては、YS市川投手が7回を被安打2、死四球4、奪三振5の文句なしの完封勝利をあげる。試合は3対0でYSクラブの勝利
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ハリウッド前原様、いつもお世話になりましてありがとうございます。今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 8 - 0 ヤングマン 2009/10/4(日)19:00-21:00 大井海浜公園

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対ヤングマンの一戦はYS飯塚、ヤングマン小関の先発で開始された。最初にチャンスを迎えたのは1回表ヤングマンの攻撃、先頭の渡辺がセンター前ヒット、スチール成功で早くも作る。しかし、YS飯塚は後続をきっちり抑えヤングマンは無得点に終わる。2回表にもヤングマンはワンナウト1、3塁のチャンスを作るも後続が倒れ無得点に終わる。そして試合が動いた。簡単にツーアウトになり、1番市川が四球、2番大久保死球で3番片岡を迎える。片岡の初球にダブルスチールを決め2、3塁。片岡はショートにボテボテのゴロが相手選手を誘い、先制点をあげる。4番宮代は深い位置のショートゴロでまたもエラーを誘い2点の追加。5番向山はレフトオーバーのタイムリースリーベース。6番小野寺はレフト前ヒットでこの回、5点を奪う。5回には3番片岡が右中間にホームランを放つツーアウト後には途中出場の大桃がサード強襲ヒット、盗塁で2進。同じく途中出場の沖がタイムリーファースト内野安打、さらに途中出場の阿部がセンター前にしぶとく落とし、1、3塁。9番伊与田がレフト前タイムリーでこの回3点目が入る。一方、YS先発の飯塚は2回以降は立ち直り危なげなくヤングマン打線抑え、4安打、4死四球、6奪三振の完封。8対0でYSクラブの勝利
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ヤングマン様ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします

 

 

  Y.Sクラブ 1 - 0 ROJO・AGURA 2009/9/13(日)17:00-19:00 天王洲グランド

 

 

ゲーム内容 Y・Sクラブ対ロジョーアグーラーの試合は、YS飯塚、ロジョ須田の両投手で開始された。初回から両チームともチャンスをつくるも、あと一本がでずに得点できず。YS飯塚は毎回のランナーをだすものの、要所を抑え、7回3安打7奪三振の快投をする。一方、ロジョ須田も初回以降は危なげないピッチングをする。しかし最終回、先頭の向山がライト前で出塁するとすかさず盗塁を決める。そして小野寺がきっちり送りバントを決めたと思いきや、相手捕手がまさかの悪送球をし向山が生還し、YSクラブがサヨナラ勝ち
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ロジョーアグーラー様ありがとうございました。またの機会よろしくお願いします。

 

 

  淵野辺オリオンズクラブ 5 - 11 Y.Sクラブ 2009/9/6(日)9:00-11:00 北野球場

 

 

中盤まで完璧な投球を披露した片岡投手(Y.Sクラブ) ゲーム内容 YSクラブ対淵野辺オリオンズの対戦は、YS片岡、淵野辺高岡の投げあいで開始された。YSクラブの2回の攻撃は先頭の向山がセンターオーバーの2塁打を放ち、小野寺の犠打で1死3塁のチャンスを作る。その後、2死1、3塁で伊与田がライト前ヒットで先制点を奪う。4回にも高橋がレフトにソロホームランを放ち追加点を奪う。投げては片岡投手が5回までノーヒットに抑えいたが突如、6回に3四球を与えノーヒットのままマウンドをおりる。マウンドは高橋に変わり2死になりさらに投手がかわり、八筬にかわり連続四球でノーヒットで同点に追いつかれる。試合はそのまま延長サドンデスにはいり、YSの攻撃はファーストエラー、四球、センター前ヒット、レフト前ヒット、三振、四球、とどめは市川の満塁本塁打で9点をあげる。その後、淵野辺に3点とられるもゲームセット、11対5でY・Sクラブの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ありがとうございます

 

 

  Y.Sクラブ 10 - 0 すがクラブ 2009/9/6(日)13:45-16:00 北野球場

 

 

初出場初優勝を喜び合うY.Sクラブ ゲーム内容 Y・Sクラブ対すがクラブのSS大会決勝戦はYS八筬、すが高橋の投げあいで開始された。初回からYS打線が爆発した。エラーと四球のランナーを片岡がライトオーバーの2点タイムリーを放つ。2死後、高橋がレフト前に2点タイムリーを放つ。3回には由良のタイムリー、相手エラー、片岡のタイムリーでさらに追加点を加える。4回には高橋がこの日2本目の本塁打放つ。投げては八筬がすがクラブ打線を3安打完封。10対0で6回コールドでY・Sクラブの勝利。見事、SS大会優勝。MVPには高橋選手が選ばれました
Y.Sクラブ受付渉 外コメント すがクラブ様、誠にありがとうごさいました。今後ともお付き合いよろしくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 2 - 1 SKYLARKS 2009/8/30(日)13:00-15:00 天王洲グラウンド

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対スカイラークスの対戦はYS飯塚、スカイ富田の先発で試合が開始された。YSクラブは初回、2回とチャンスをつくるも得点にはならず。しかし3回、先頭の市川選手がレフトに特大のホームランを放ちYSが先制する。試合は膠着したまま、6回のスカイラークスの攻撃でワンナウト後にバンドヒットで出塁する。エンドラン失敗に終わったが、二番がレフト前ヒット放つ。3番がレフトへの二塁打を放ち同点に追い付く。その裏のYSの攻撃は先頭の高橋がヒットで出塁し盗塁を決め、小野寺の送りバントがピッチャーの悪送球になり勝ち越しに成功。そのあと、飯塚投手がきっちりと抑え2対1でYSクラブの勝利。飯塚投手は7回4安打1失点にまとめた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 本日は誠にありがとうございました。今後ともお付き合いの方よろしくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 8 - 0 美少年 2009/8/16(日)12:00-14:00 滝が原球場7面

 

 

打線つながり大量得点のY.Sクラブ ゲーム内容 Y.Sクラブは高橋投手が先発。初回、いきなり先頭の市川選手が右中間にホームランを放つ。その後、Y.Sクラブ打線は着実に得点を重ね8得点。高橋投手がひとりで投げ抜き8-0で勝利を飾った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 美少年様、対戦ありがとうございました。次回また対戦の際は宜しくお願い致します。

 

 

  BODYCRAFT 1 - 9 Y.Sクラブ 2009/8/16(日)9:00-11:00 滝が原球場6面

 

 

逆転に成功したY.Sクラブナイン ゲーム内容 Y.Sクラブ先発は片岡投手。初回、BODY CRAFT打線につかまる。いきなりの3連打を浴び、1点を奪われる。4回まで苦しい展開が続いたY.Sクラブであったが、反撃は5回。一死から高橋選手が相手エラーにより出塁し一死二塁とする。ここで由良選手が放ったボテボテの打球が相手チームのエラーを誘い1-1同点に追い付く。さらに6回、二死、二三塁のチャンスを作ったY.Sクラブは、小野寺選手がレフトに特大ホームランを放ち勝ち越しに成功。最終回にも得点を重ね、9-1でY.Sクラブが勝利。最後は飯塚投手がピシャリと締めた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント BODYCRAFTの皆様、対戦をありがとうございました。また機会があると思いますのでその時は宜しくお願い致します。

 

 

  GENUINE 1 - 13 Y.Sクラブ 2009/8/16(日)14:00-16:00 川崎市 小田球場

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブは、加賀谷投手の先発。序盤にチャンスを作り、打線がつながりをみせる。GENUINEから先取点を奪い得点を加算する。中盤から飯塚投手、市川投手へリレーし13-1で勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント GENUINEの皆様、日程の調整と対戦についてありがとうございました。また機会がありましたらぜひ宜しくお願い致します。

 

 

  Y.Sクラブ 4 - 0 ムールガンボ 2009/7/19(日)16:00-18:00 夢の島

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対ムールガンボの試合は、YS高橋、ムール酒井の先発で開始された。両チームとも三回まで無得点に終わる。4回にYSクラブはツーアウトから平井、高橋、小野寺の3連打で2点を先制する。5回にも大桃、市川、大久保の長短打で2点を追加する。投げてはYSクラブ先発の高橋は危なげなく7回を1安打9奪三振の解答でYSクラブの勝利
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ムールガンボ様ありがとうございます。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 1 マミーズ 2009/7/19(日)19:00-21:00 夢の島グランド

 

 

ゲーム内容 YSクラブが小刻みに点をとり5対1でYSクラブの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント

 

 

  Y.Sクラブ 1 - 0 東京バンバータ 2009/7/12(日)19:00-21:00 夢の島グランド

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対東京バンバータの一戦はYS片岡、バンバータ廣島の両投手で開始された。YSクラブは初回、2回ともチャンスを作るが得点できず。しかし、4回ワンナウト後大久保選手がセンター前ヒットで出塁。その後パスボールのでワンナウト2塁、3番、相原がボテボテのピッチャーゴロ。しかしピッチャーが1塁に悪送球でYSクラブが先制する。その後もお互いランナーをだすが得点できず。最終回、バンバータの先頭の廣島選手が三塁打を放つも後続を6回途中から登板の飯塚投手がピシャリと抑え、1対0でYSクラブの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 東京バンバータ様ありがとうございます。今後ともお付き合いありましたらよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 10 - 2 2009/6/7(日)19:00-21:00 夢の島グランド

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対グランフレール試合は、YS片岡、グラン伊藤両投手の先発で試合が行われた。まず、初回両チームとも先頭バッターが出塁するも得点にはならず。2回、グランの攻撃、ワンナウト後5番、棒葉選手がライトオーバーのホームランを放ち先制する。しかし、すかさず2回の裏YSは5番向山選手がレフトオーバーのホームランを放ち同点とする。そして4回の裏に再び5番向山選手がレフト前ヒット放ち出塁する。盗塁、WPでノーアウト3塁ぼチャンスをつくる。6番小野寺選手は四球をえらび、無死1,3塁のチャンスで7番由良選手がレフト前タイムリーを放ち2点目。また、1死後9番伊与田選手の内野ゴロの間に追加点を奪う。また、6回には3番片岡選手から1つの死球をはさみ、5連打放ち、6点を奪う。投げては片岡投手が6回4安打2失点、加賀谷投手が1回を無安打、無失点で10対2でYSクラブが勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント グランフレール様誠にありがとうございました。今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 9 - 1 相模ランバーズ 2009/5/24(日)19:00-21:00 夢の島グランド

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対相模ランバースの一戦は、YS片岡、ランバース千葉の先発で試合が開始された。初回YSの攻撃は四球やヒットなどで、2死満塁からランバースのエラーで2点を先制。3回には2死3塁からYS沖選手がタイムリー。4回には片岡選手がツーランホームラン。5回には市川選手、スリーランホームラン、片岡選手の2打席連続のツーランホームランで9対0。投げては片岡投手は4回を2安打無失点。飯塚投手が2回を2安打1失点。9対1でYSクラブの勝利
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 相模ランバース様、遠い所にわざわざありがとうございます。また、機会がありましたらよろしくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 4 - 0 リバーナイン 2009/4/12(日)17:00-19:00 大井海浜公園

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対リバーナインの対決は、4対0でYSクラブの勝利。打線はYS、平井選手がホームラン、タイムリーヒットを放つ活躍し、投げては片岡投手が6回1安打、加賀谷投手も1回を無失点に抑え大勝。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント リバーナイン様、有難うございました。

 

 

  Y.Sクラブ 7 - 0 東京レイダース ----- -----

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に東京レイダース活動体制なくY.Sクラブ不戦勝
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 今回は日程が折り合わず申し訳ありませんでした。次の機会でまた対戦のほうをお願いします。

 

 

  稲葉ベースボール倶楽部 3 - 2 Y.Sクラブ 2008/10/19(土)11:00-13:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 稲葉BCは初回、一死2塁で、4番のセンター越え2塁打で1点を先制。続く2回にも4番の2ランホームランが飛び出し序盤に3点をリード。YSクラブは3回以降踏ん張り、2点を奪い1点差まで詰め寄るも稲葉BCが逃げ切り準決勝進出を決めた。
嶋口一平主 将コメント 由良様対戦有難うございました。また、機会がございましたら宜しくお願いいたします。

 

 

  新磯MESH 0 - 4 Y.Sクラブ 2008/10/5(日)17:00-19:00 厚木市営玉川球場

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対新磯MESHの一戦は、YS、佐野投手、新磯、中山投手の先発で開始された。初回の新磯MESHの攻撃は先頭がセカンド内野安打を放ち、2アウト3塁のチャンスを迎えるが、4番南山をセンターフライに抑える。一方、YSクラブは3回にチャンスを迎えた。1アウト後に、9番、伊与田がセンター前ヒットを放つ。続く、片岡茂の時に盗塁を決め、相手野手がもたつく間に1アウト3塁のチャンスを迎える。ここで片岡茂選手はしぶとくショートゴロを打ち先制点をあげる。4回には大久保選手のタイムリー、片岡将の犠飛。さらに7回には伊与田選手の内野ゴロで計4点目を奪う。投げてはYS、佐野投手が5回を1安打7奪三振、片岡茂投手が2回を無安打に押さえ、完封リレーで4対0でYSクラブの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 新磯MESHの石岡様、誠にありがとう御座いました。日程調整などこちらのご都合にも快く対応していただき有難う御座います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  AJPBC 1 - 3 Y.Sクラブ 2008/9/7(日)17:00-19:00 大泉中央公園

 

 

ゲーム内容 AJPBCが本塁打で1点を先制する。Y.Sクラブも1点を返し1-1同点とすると5回に2点をあげ3-1。時間切れで規定により試合終了。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 市川様、グラウンド整備などご協力をしてくださって対戦ありがとうございました。また対戦をさせていただく機会がありましたら宜しくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ - 東京富沢クラブ 2008/8/24(日)9:00-11:00 大井海浜公園

 

 

ゲーム内容 試合当日、開始予定時刻までに両チーム人数揃わず規定により両チーム不戦敗
Y.Sクラブ受付渉 外コメント

 

 

  東京レイダース 2 - 7 Y.Sクラブ 2008/7/27(日)16:00-18:00 二子玉川健保G

 

 

ゲーム内容 雷が鳴り響く中、YSクラブ由良、東京レイダース吉澤投手の先発で試合開始。初回YSクラブは、先頭バッターの市川選手がレフト線に二塁打を放つが後続が倒れ得点ならず。その裏東京レイダースは、先頭の河瀬選手がフォワボールで出塁するとYSクラブ内野陣の二つエラーで一点を先制する。二回表YSクラブは、六番、阿部選手がデッドボールで出塁すると、すかさず盗塁し七番伊代田選手の内野ゴロを相手チームがエラーし同点とする。三回表、突如、河瀬投手が制球を乱し、ノーアウト満塁で四番小野寺選手にデッドボール五番平井選手に右中間の二点タイムリー七番伊代田選手の左中間タイムリーと一挙五点を献上されてしまう。その後、YSクラブは、四回に一点を追加しその裏から飯塚投手をマウンドへ。五回裏二本のヒットを浴び一点を奪わるが後続を抑えて試合終了。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 東京レイダース様 グランド、審判の手配ありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 4 - 2 HOLLYWOOD 2008/7/20(日)19:00-21:00 夢の島球場

 

 

ゲーム内容 試合はYS由良、ハリウッド中川の両投手の先発で開始された。両投手とも立ち上がりからナイスピッチングで4回まで無失点に抑えられる。試合が動いたのは5回裏、YSの攻撃でツーアウトから9番、伊与田がセンター前ヒットで出塁しすかさず盗塁を決めチャンスで、1番、市川は追い込まれたがレフトオーバーの本塁打を放ち2点を先制する。その後にも、相手のミスによる1点、途中出場の大桃のタイムリーで4得点目。投げては、由良投手が6回2失点。最後は片岡投手がしめ、4対2でYSクラブの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ハリウッド様ありがとうございました。日程から試合前からお気遣いありがとうございます。また、今後ともよろしくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 3 - 0 東京YMCA 2008/5/4(日)17:00-19:00 夢の島球場

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対東京YMCAの試合は、YS片岡、東京、葉山の投げ合いで開始された。YSクラブ初回、2回、4回とも先頭をだしチャンスを作るが後1本が出ずに無得点に終わる。一方、東京も2回、6回にチャンスを作るもYSの堅守に阻まれる。試合が動いたのは6回、1死後、1番高橋選手が、サードのエラーで出塁する。2番大久保は四球で、1死1,2塁のチャンスをむかえる。ここでYSクラブは3番由良をむかえ、初球にダブルスチールをかけ成功し、続く2球目をレフト前にはこび2点を先制する。1塁ランナーを代走の大桃に代えすかさず盗塁を決める。2死3塁後、相手バッテリーがもたつく間に大桃の好走塁でホームインし3点目をあげる。投げては、YS片岡が危なげなく、2安打10奪三振の完封で3対0でYSクラブが勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 東京YMCA様ありがとう御座いました。今後とも機会がありましたらよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 10 - 0 GYOSEI 2008/4/27(日)19:00-21:00 夢の島

 

 

ゲーム内容 序盤からYSクラブが小刻み点をとり、投げては、YS片岡投手が危なげなく4回を無失点。引き継いだ由良投手も無失点に抑え11対0でYSクラブの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント GYOSEI様ありがとう御座いました。また、今後とも機会がありましたらよろしくお願いいたします。

 

 

  CROSS ROAD 0 - 11 Y.Sクラブ 2008/4/20(日)17:00-19:00 江東区夢の島野球場8面

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対クロスロードの試合は、YS八筬、クロス山田の両投手の投げあいで開始した。初回の両チーム攻撃は、両投手の完璧な投球で無安打終わった。2回のYSの攻撃は簡単に2死をとられ、バッターは6番高橋選手。初球にセーフティーバントを決め、平井選手の打席の初球にスチールし相手がもたつく間に3塁までおとしいれ、平井選手追い込まれながらも三遊間の深いあたりの内野安打はなち、1点を先制する。つぎの八筬選手もセンターオーバーの3塁打を放ち追加点を奪う。そのあともYSは、下位打線が奮起しクロスロードの好投手、山田選手から小刻みに点をとり、終わってみれば2桁安打の11得点を奪う。投げては、八筬、飯塚のリレーで1安打のみ。11対0でYSクラブの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント クロスロード様、ありがとう御座いました。

 

 

  ARUYO東海 3 - 0 Y.Sクラブ 2007/10/14(日)8:00-10:00 大宮健保グラウンド

 

 

ゲーム内容 ARUYO東海大鹿投手、YSクラブ片岡投手の先発マウンド。ARUYO東海1回裏1番宮代選手、2番石栗選で作った1死一塁三塁のチャンスに4番岡部選手のライト前ヒットで幸先よく1点を先制。さらに4回裏ARUYO東海7番古川選手の3塁打で無死三塁のチャンスを作ると9番篠田選手のセンター前ヒットで2対0とする。さらに6回裏5番杉山選手の四球から6番大鹿選手の二塁打で3対0とし、投げては大鹿投手が被安打2の好投でARUYO東海が3対0で勝利。
茂手木 祐介主 将コメント 朝早くからお疲れ様でした

 

 

  Ambitious 0 - 4 Y.Sクラブ 2007/9/16(日)19:00-21:00 夢の島野球場12面

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対Ambitiousの試合は、YS片岡投手、Ambitious長谷川投手の投げあいで開始された。試合は3回にYSクラブが四球とヒットでチャンスを作り、相手のミスで先制点を奪う。3回以降点数をかさね、投げては先発片岡投手が、Ambitious打線を5回3安打6奪三振、高橋投手が1回無安打1奪三振で見事、4対0でYSクラブが勝利した
Y.Sクラブ受付渉 外コメント Ambitious様大変ありがとうございました。グランドの方も確保して頂き、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

 

 

  Yamada Company 2 - 1 Y.Sクラブ 2007/9/1(土)17:00-19:00 天王洲野球場

 

 

ゲーム内容 エアロックカップ'07土曜準決勝、今夏の東京都大会2部優勝のYS.クラブと06年ストロング特別部優勝のYamada Companyの一戦。初回、YS.クラブは効率的な攻撃をしかけ、内野ゴロの間に1点を先制。その後、両チームとも無得点のまま試合は進み、1−0で迎えた5回、YS.クラブは左腕片岡投手を投入。なんとか意地を見せたいYamada Companyは、6番福島、7番山田がラッキーな連続ヒットでチャンスを作ると、その後2死満塁となり、ここで2番斉藤がショート後方へ落ちるタイムリーを放ち、2-1と逆転に成功。投げてはYamada Company先発の岡田がコントロールに苦しみながらもYS.クラブ打線を内野安打1本に押させ、2-1でYamada Companyが勝利。忘れられかけていた元特別部王者が、ジャパンカップ出場に向けて望みを繋いだ。
山田 征史朗さんコメント YS.クラブ様、ありがとうございました。また対戦できることを楽しみにしております。

 

 

  Y.Sクラブ 12 - 2 五反田タイファイターズ 2007/8/5(日)16:00-18:00 多摩川

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対五反田タイファイターズの試合は、YSクラブが小刻みに点数を重ね12対2で勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 五反田様、ありがとう御座いました。

 

 

  Y.Sクラブ 10 - 3 東京メトロポリタンズ 2007/8/5(日)10:00-12:00 多摩川

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対東京メトロポリタンズの試合は、YSが小刻みに点数を重ね、10対3で勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 東京メトロポリタンズ様ありがとう御座いました。

 

 

  Y.Sクラブ 4 - 3 クローン 2007/7/29(日)10:00-12:00 多摩川緑地グランド

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ対クローンの一戦は、YS加賀谷投手、クローン中島投手の先発で開始された。1回表、クローンの攻撃は先頭の森山がセンター前ヒットで出塁する。続く2番は死球、3番河原はきっちり送りバントを決め、チャンスを迎える。ここで、4番神のときに初球エンドランを決められ先制される。一方、YSの攻撃は3回に動き出す。ワンナウト後、1番大久保が内野安打で出塁する。盗塁を決め、一死二塁のチャンスを迎える。ここで、2番高橋はキャッチャーフライに倒れ、3番小野寺は2球目を左中間を破る二塁打を放ち、YSが同点に追いつく。先発加賀谷も毎回ランナーを出す苦しい展開だが、4回を初めて三人で終わらせ、なみに乗るかと思われたが5回にクローンにつかまる。一死後、連続四球で一死一二塁を迎える。ここで4番神が左中間を抜ける2点タイムリー二塁打を放つ。6回表を終わり、3対1でクローンがリードする。しかしYSがここから吹き返す。一死後、4番野路が四球を選び、続く5番平井選手はショートゴロだが相手ショートがここで痛恨のエラー。そして、6番阿部選手がセンターオーバーのタイムリー三塁打を放ち動転とする。そして、7回裏のYSの攻撃は先頭の大久保が死球、なおも盗塁を決め、2番高橋がきっちり送りバントを決めた。ここでクローンは満塁策をとり、5番平井と勝負になった。そして、初球に内野に高く上がり内野安打になり、4対3でY.Sクラブがサヨナラ勝ちした。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント クローン様、対戦ありがとう御座いました。また、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  Ambitious 3 - 3 Y.Sクラブ 2007/7/29(日)19:00-21:00 夢の島野球場11面

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ、Ambitious両チーム先発投手の素晴らしいピッチングで4回までゼロ行進が続く。試合が動いたのは5回裏、Y.Sクラブの攻撃。ランナーを2人おいて由良選手がライト前へタイムリーヒットを放ち2点を奪い均衡を破る。6回表Ambitiousの攻撃。小野選手のレフトオーバーのランニングホームランが飛び出し1点を返す。その後4番吉田選手のセンターオーバーのスリーベースヒットを皮切りに永谷(正)選手のタイムリーヒットで同点、ワイルドピッチも絡み逆転に成功。その裏、Y.Sクラブは内野ゴロ悪送球で1点を返しすかさず同点に。6回終了時間切れ引き分け。
河瀬達也主 将コメント Y.Sクラブの皆様、本日は対戦頂き本当にありがとうございました。高松宮杯での活躍をお祈り申し上げます。これを機会に、今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  Y.Sクラブ 1 - 0 JSC 2007/6/30(土)16:00-18:00 ガス橋録地

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ高橋投手、JSC久津間投手の投げあいで試合開始された。初回にYSクラブは相手のミスをつき先制する。その後は両投手のすばらしい投手戦で試合が進み、辛くもY.Sクラブが逃げ切った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント JSC様、こちらのご都合を快く快諾していただきありがとう御座います。またぜひよろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 3 - 0 マグナム 2007/5/27(日)17:00-19:00 大井海浜公園

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対マグナムの一戦は、YS片岡投手、マグナム笹谷投手の先発で開始された。初回のマグナムの攻撃は2番中村選手が死球で出塁するも、後続が打ち取られ、無得点に終わる。一方、YSクラブの初回の攻撃は2番、由良選手が右中間に2塁打を放つ。続く、3番片岡選手は四球、4番野路選手はショートエラーで出塁し、5番佐藤選手のセカンドゴロの間にYSクラブが先制する。3回にも小野寺選手のタイムリー、4回には大久保選手の内野ゴロで得点を重ねた。先発片岡投手は全く危なげない内容で、1安打10奪三振の完封。3対0でYSクラブが勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント マグナム様対戦ありがとう御座いました。また、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  BIG DIPPER 2 - 6 Y.Sクラブ 2007/4/30(祝)8:00-9:55 京セラドーム大阪

 

 

ゲーム内容 YSクラブ:加賀谷投手、BIG DIPPER一条投手の先発で試合は始まった。YSクラブは足を絡めた攻撃とタイムリーなどで2回に4点、4回に2点を奪い6-0とリード。投げては加賀谷投手が終盤、見方のエラーなどで2点を失ったものの4回を2安打6奪三振のナイスピッチングで完投。6-2でYSクラブが勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント BIG DIPPER様ありがとうございます。京セラドームでたいへん引き締まった熱い試合をすることができて感謝しています。また対戦させてください。宜しくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 1 - 0 JR東海関西フェニックス 2007/4/30(祝)11:50-13:45 京セラドーム大阪

 

 

ゲーム内容 YSクラブ高橋投手、Falcon喜多投手の先発で試合は始まった。両チームの投手が素晴らしい投手戦を展開し4回まで両チームともわずかヒットを一本ずつに終わる。しかし5回に試合は動いた。簡単にツーアウトをとったが7番由良選手に四球を与える。続く、高橋選手がライト前ヒット放ち二死ながらチャンスを迎える。9番稲垣選手の3球目にダブルスチールが成功し二塁、三塁になる。ここでも、稲垣選手が粘り四球になり、二死満塁の大チャンスを迎える。片岡選手に対しても制球が定まらず、押し出しの至急を与える。続く、二番大久保選手の初球にホームスチールをしたが判定はアウト、結局一点に終わる。しかし今日のYSクラブ先発、高橋投手には一点で充分であった。6回、7回を完璧に押さえ、一安打完封。見事YSクラブが勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント Falcon様ありがとうございました。途中エキサイトしましたがすみません、素晴らしい投手戦ができ大変光栄でした。次回は東京ラウンドで対戦したく思います。これからも宜しくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 6 - 0 アド毎広 2007/4/30(祝)19:30-21:20 京セラドーム大阪

 

 

ゲーム内容 決勝戦はYSクラブ片岡投手、アド毎広田中投手の先発マウンドで試合開始。初回からYSクラブが田中投手に手こずりながらも捕らえ、小刻みに点数を重ね6点を奪う。アド毎広は代わった松永投手が好投し反撃開始するが片岡投手の前に無得点。6-0でYSクラブが逃げ切り勝利を収めSS2007優勝。大会MVPにはこの日2試合目でナイスピッチングのYSクラブ高橋投手、決勝戦でダイビングキャッチでピンチを救ったアド毎広:江草選手がそれぞれ選ばれた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 名誉ある「SS2007」(関西)京セラドーム杯を優勝できて嬉しく思います。関係者の皆様、すばらしいステージをご用意していただきありがとうございました。行ってはじめて、遠征の価値に気づきましたし、チームがいっそう団結してきました。対戦していただいた皆様に感謝します。決勝で対戦していただいたアド毎広様、対戦ありがとうございました。皆様、是非また再戦いたしましょう。

 

 

  Y.Sクラブ 4 - 1 SKYLARKS 2007/4/29(日)14:00-16:00 ガス橋緑地

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ片岡投手、スカイラークス小山投手の先発で試合は開始された。初回スカイラークスの攻撃は片岡投手の立ち上がりを攻め先制点をあげる。一方、Y.Sクラブは小山投手を攻め、すぐ逆転をした。二回のも2点を追加し、そのまま試合終了。4対1でY.Sクラブの勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント スカイラークス様、対戦ありがとう御座いました。またの機会よろしくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 7 - 0 石毛商事 2007/4/28(土)12:00-14:00 ガス橋グランド

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ高橋投手、石毛商事羽村投手の先発で試合は開始した。Y.Sクラブは2回、3回、5回、6回と小刻みに点を加え7対0でY.Sクラブが勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 石毛商事様、日程調整も都合をつけて頂きありがとう御座いました。今後もよろしくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 0 松濤スカイスクレイパー 2007/3/18(日)17:00-19:00 大井海浜公園

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ、片岡投手、松涛スカイスクレパー、中川投手の先発で試合は開始された。Y.Sクラブは2回、4回に2点ずつ、さらに6回にも1点を追加し、5対0でY.Sクラブが勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 松涛スカイスクレパー様ありがとう御座いました。

 

 

  RED HILL 1 - 0 Y.Sクラブ 2006/12/17(日)10:00-12:00 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 先行YSクラブの先発は片岡投手、後攻REDHILLの先発は松沢投手で試合開始。1回表YSクラブの攻撃は1番向山選手がセンター前に落ちるヒットで一気に二塁まで陥れ、2番由良選手が送り一死三塁とする。3番片岡選手がサードゴロの間に三塁走者がホームに突っ込みタッチアウト、4番平井選手はショートゴロに倒れREDHILLピンチを凌ぐ。1回ウラREDHILLの攻撃は1番八木選手が一塁線へのゴロを打ち片岡投手の悪送球を誘い出塁、その後パスボールもあり二塁まで進む。2番古舘選手がレフト前ヒットを放ち八木選手がホームイン、3番片岡選手にもヒットが出るが後続が倒れ1点止まり。2回以降YSクラブの片岡投手は四球を出すものの要所を抑え得点を許さない。REDHILL松沢投手も2回を無難に抑え3回から石川投手に繋ぐ。しかし石川投手は6回にアクシデントに見舞われ降板、小松投手が急遽マウンドへ。小松投手はピンチを招くこともなく抑え1-0でREDHILLの勝利。神宮への切符を手にした。
平城 正雄渉 外コメント 斉藤オーナー、前田監督、YSクラブの皆様ありがとうございました。素晴らしい投手陣でした。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

  Y.Sクラブ 2 - 0 FIGHT CLUB 2006/12/3(日)10:00-12:00 滝が原球場(4面)

 

 

ゲーム内容 ジャパンカップ2回戦、FIGHT CLUB対YSクラブの対戦は、FIGHT CLUB手塚投手、YSクラブ片岡投手の先発で始まった。1回表、FIGHT CLUBの攻撃は1番三振、2番ピッチャーゴロ、3番三振の三者凡退に倒れた。続くYSクラブも1番サードゴロ、2番サードライナー、3番ファーストフライに抑えられた。早くも投手戦の模様がただよってきたが2回裏、YSクラブの攻撃で試合が動いた。一死後、5番佐藤選手がレフト線に二塁打を放つ。一死二塁のチャンスに6番片岡選手。追い込まれながらもセカンドの頭上をこえる、適時打を放ち先制する。なおもYSクラブはチャンスが続く。タイムリーを放った片岡選手は相手野手の悪送球も有り二塁に進み、7番小野寺選手を迎える。ここで小野寺選手はしぶとくライト前に運び、一死一三塁のチャンスを作り、バッターは8番神林選手。ピッチャーゴロになったが、FIGHT CLUB手塚投手は三塁ランナーを警戒しすぎてしまい一塁に悪送球して一死満塁のピンチを迎えた。しかしここからFIGHT CLUB豪腕、手塚投手が本領を発揮する。9番稲垣選手を三振。1番に戻り、向山選手を三振に抑えピンチを脱した。3回表、FIGHT CLUBの攻撃もチャンスを迎える。一死後、YSクラブ野手のエラーで一死二塁のチャンスを作り、9番西選手を迎える。西選手が四球で出塁し一死一二塁のチャンス。ここで、YSクラブ女房役、小野寺捕手が魅せた。二塁走者のリードが大きいと見るや、小野寺捕手は素早くセカンドに送球、完璧な球で二塁走者はアウト。これで楽になった片岡投手は雄叫びをあげながら、1番武原選手を三振に仕留めピンチを脱した。そして4回裏、またもやYSクラブの攻撃に火がついた。一死後、6番片岡選手がショートへの内野安打で出塁。続く7番小野寺選手はライト前にポトリと落ちるヒットを放ち一死一三塁のチャンスを迎える。8番神林選手はここでヒットエンドラン決め、待望の追加点をあげる。YSクラブ片岡投手は5回まできっちり投げ、0安打、2四球、6奪三振のほぼ完璧な内容で、由良選手に交代した。交代した由良投手は危なげない内容で6、7回を投げ、終わってみれば、ノーヒットノーランリレーのおまけまでついて、2対0でYSクラブが勝利を収めた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント FIGHT CLUBの皆様、寒い中ありがとう御座いました。今後も機会がありましたら宜しくお願いいたします。

 

 

  Hustle Japan 0 - 7 Y.Sクラブ 2006/11/26(日)10:00-12:00 滝が原球場(6面)

 

 

ゲーム内容 ジャパンカップ1回戦、HustleJapan対YSクラブの試合はHustle久保薗投手、YS鈴江投手の投げ合いで開始した。1回表、HustleJapanの攻撃を1番ピッチャーゴロ、2番三振、3番サードゴロと鈴江投手は完璧な内容で初回の守りを終えた。i一方、YSクラブは先頭の片岡選手が四球を選び、2番稲垣選手も連続四球で無死一二塁のチャンスを迎えた。ここで3番由良選手は追い込まれながらも進塁打を打ち、一死二三塁で4番平井選手を迎える。しかし、Hustle久保薗投手も負けじと気合の投球で4番5番を打ち取り何とか無失点できりぬけた。試合が動いたのは3回裏、YSクラブの攻撃で先頭バッター9番大久保選手がショートの深い位置に内野安打を放ち、それにエラーも重なり無死二塁のチャンスを迎える。ここで1番片岡選手、ツーストライクに追い込まれるが、しぶとく進塁打を放ち一死三塁とした。2番稲垣選手はきっちりエンドランを決め待望の先制点を奪取した。その後、両チームともチャンスはあるものの、後1本が出ず苦しい攻撃になっていた。試合も終盤にさしかかった6回裏のYSクラブの攻撃でついに猛打が爆発した。先頭の3番由良選手がライト前にポトリと落ちるヒットを放ち、それを4番平井選手がきっちり送り、一死二塁。ここでHustleJapanは鎌田投手に交代。5番佐藤選手の初球にワイルドピッチでランナーが三塁に。そこで佐藤選手は弾丸のファースト強襲ヒットを放ち、YSクラブに待望の追加点が入った。まだまだ、攻撃の手を緩めないYSクラブは6番高橋選手の打席で佐藤選手が盗塁を決め、一死二塁。高橋選手は四球を選び、走者は一二塁。7番小野寺選手がライト前に適時打を放ち3点目。ここでHustleJapanは投手をもう一度久保薗投手に交代。一死一三塁で8番代打の加賀谷選手。加賀谷選手のピッチャーフライを久保薗投手がはじいたが、ランナーは動けずにいた為ファーストでアウトになり二死。9番大久保選手は四球を選び、二死満塁で1番片岡選手を迎える。片岡選手は2球目を左中間にもっていき走者一掃のタイムリーツーベースを放ち、5点目。さらに2番代打、神林選手。神林選手は追い込まれながらもしぶとくセンター前にはじき返し、6点目。3番由良選手のサードゴロで、YSクラブの長い攻撃が終わった。そして最終回7回表。6回まで2安打6奪三振で完璧な内容で抑えていた、鈴江投手に代わり由良投手。4番吉田選手を三球三振、5番米山選手をサードゴロ、6番唐桶選手も追い込んでいたがフォークボールが抜けて死球。7番東恩納選手をピッチャーゴロにしとめゲームセット。7対0でYSクラブが勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント HustleJapanの皆様、ありがとうございました。

 

 

  ALIVE 1 - 3 Y.Sクラブ 2006/11/12(日)10:00-12:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 いよいよ迎えた1部ファイナル、ALIVE対YSクラブの1戦はALIVE清水投手、YSクラブ片岡投手の先発マウンドで幕をきった。YSクラブ片岡投手は全く危なげない立ち上がりで序盤をとおした。一方、ALIVE清水投手もランナーはだすものの要所を締め、得点を与えず決勝戦に相応しい投手戦となった。試合が動いたのは5回裏、YSクラブの攻撃。先頭の9番大久保選手、内野安打に相手の守備のミスも重なり無死二塁のチャンスを作る。ここで1番由良選手がバントをし、これが絶妙な所に転がり内野安打。無死一三塁にチャンスを広げる。2番稲垣選手は三振に倒れ一死。3番高橋選手の打席に敬遠の四球。一死満塁で打席を迎えたのは4番平井選手。YSクラブはエンドランを仕掛けたが、空振りをし三塁走者はタッチアウト。しかし、ここで終わらないのがYSクラブ。平井選手がしぶとくセカンド後方にヒットを放ち1点を先制する。なおも、二死二三塁で5番佐藤選手がライト前に2点適時打を放ち、この回3点を奪う。ALIVEは片岡投手の前に6回まで無安打で手も足も出ず。しかし、7回表に最後の意地をみせた。一死後、5番伊藤選手がレフト前ヒットを放ち、ノーヒットノーランを打ち砕いた。YSクラブのバッテリーミスもあり、一死二塁のチャンスで6番清水選手がレフト前に適時打を放つ。YSクラブはたまらず投手を鈴江投手に交代。鈴江投手は後続の打者を連続三振にとりゲームセット。3対1でYSクラブの勝利となった。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント ALIVEのみなさんありがとうございました。ならびにストロング会長の高橋様、素晴らしい会場を手配していただきありがとうございます。ジャパンカップではALIVE様はじめ、1部代表としてがんばりますので、ぜひ応援よろしくお願いします!

 

 

  Y.Sクラブ 2 - 1 GAINS 2006/10/15(日)19:00-21:00 天王洲公園野球場B面

 

 

ゲーム内容 1部ファイナルをかけた、準決勝の一戦は、YSクラブ片岡投手、GAINS竹内投手の先発マウンド。まず、チャンスを迎えたのはYSクラブ、1回裏の攻撃。一死後、2番由良が四球で出塁したが、3番高橋のショートゴロで二塁フォースアウト。4番平井の初球パスボール間に走者は二塁へ。平井はカウント追い込まれながら三遊間を抜けるレフト前ヒットを放ち二塁走者の高橋がホームイン。1点を先制をした。ホームでの送球がもたつく間に平井は二塁に進んだ。尚もチャンスで5番佐藤は、初球をライト前に運び2点目が入った。早くも2点の援護をもらった、YSクラブ片岡は4回まで毎回の三振をとり全く危なげなく、GAINS打線を抑えこんだ。一方、YSクラブも2回以降、GAINS竹内投手の前にチャンスを作れずにいた。そして、ついにGAINS打線が動き始めた。5回表の攻撃は4番山本から始まった。簡単に追い込んだ片岡投手だが4番山本もまけじと粘り8球目をセンター前に弾き返し、センターの処理がもたつく間に二塁まで進んだ。一死後、6番平本は当たりそこねのピッチャーゴロだったが飛んだコースがよく内野安打。一死一三塁のチャンスを迎えた。ここで、7番竹内は初球を打ちセカンドゴロ、しかしセカンドが弾きもたつく間に三塁走者がホームイン。一塁はアウトになり、二死二塁。だが、YSクラブ片岡投手は久々の失点にも落ち着いており、二塁ランナーを牽制で刺し、難無くピンチを乗り切った。続く6回のGAINSの攻撃もピンチを迎えたがバックの守りにも助けられ何とか無失点に抑えた。最終回のYSクラブの攻撃は2番由良からの攻撃。カウントツースリーから2球ファールで粘り8球目を見逃し四球を選ぶ。3番高橋は送りバンドを難無く決め一死二塁で迎えたのは、先制タイムリーを放った4番平井。そこで、またしても初球にパスボールをし走者は三塁に。だが、GAINS竹内投手は渾身の投球で4番平井、5番佐藤を連続三振にしとめた。そして、最終回GAINSの攻撃は3番遠藤から始まった。3番遠藤をピッチャーゴロ、4番山本を三振、5番松倉を三振に仕留め、ゲームセット。YS片岡は被安打2、10奪三振の好投。一方、GAINS竹内も被安打2、9奪三振の好投ではあったが、YSクラブがワンチャンスで集中打を放ち、準決勝の一戦を2-1で制した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント GAINS様ありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。

 

 

  Y.Sクラブ 1 - 0 雲雀 2006/10/8(日)17:00-19:00 稲城市若葉台公園野球場

 

 

ゲーム内容 息詰まる投手戦、ミスが勝負を左右した。雲雀は大和投手、YSクラブは片岡投手の先発マウンド。立ち上がりから両チームの投手が素晴らしいピッチングをし、3回まででヒットは両チームで僅か一本。試合が動いたのは4回の裏YSクラブの攻撃、先頭バッター由良が死球で出塁。三番、高橋の打席のパスボールで二塁に進み無死二塁。高橋はファースト後方のフライを打ち、これをセカンドがエラー、無死一、三塁で4番佐藤を迎える。ここでまたもやバッテリーミスのパスボールで三塁走者が本塁をめざすもタッチアウト。一死二塁となり、ここで二塁走者が三盗を狙い、完全にアウトのタイミングであったがサードがまさかの落球。4番佐藤はきっちりレフトに犠牲フライを打ち、待望の先取点を奪う。その後、両投手の息詰まる投手戦が繰り広げられ、チャンスがでず最終回、雲雀の攻撃。先頭バッターが死球で出塁し一死後、一塁走者が盗塁し一死二塁のチャンスを迎える。しかし、YS片岡投手が最後の力を振り絞り連続三振で試合終了。試合は1-0でYSクラブが勝利した。YSクラブ、先発投手の片岡は毎回の13奪三振でノーヒットノーランの快挙をなし遂げた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 雲雀さん、わざわざ遠方からありがとうございました。凄く緊迫した試合ができよかったです。また機会がありましたら、よろしくお願いします。

 

 

  雷電 0 - 3 Y.Sクラブ 2006/9/24(日)12:00-14:00 さいたま市大宮健保 文具40面

 

 

ゲーム内容 ドミニカデビルレイズ佐藤投手、Y・Sクラブ片岡投手で試合開始。1回表Y・Sクラブは、一死一三塁の好機を潰す。その後、佐藤投手は、7回をヒット3本、三振7個を取り0点に抑える。一方、片岡投手も7回をヒット2本、三振11個取りこちらも0点でサドンデスに突入。8回表Y・Sクラブは、相手のエラーなどで3点を取り試合を決めた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 素晴らしい投手戦でしたね。また対戦しましょう。

 

 

  チューリッヒ・ダイレクト 0 - 7 Y.Sクラブ 2006/8/27(日)19:00-21:00 陵南公園

 

 

ゲーム内容 1回表YSクラブは、平井選手の2点本塁打で先制。3回表、平井、佐藤選手の連続2塁打などで4点を追加。YSクラブ、由良投手は、5回をヒット1本、0点に抑える好投で試合を決めた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント チューリッヒ・ダイレクト様グラウンド、審判の手配ありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 11 - 0 横浜ニューウイングス 2006/8/13(日)19:00-21:00 東調布公園野球場

 

 

ゲーム内容 横浜ニューウイングス宇内投手、Y・Sクラブ由良投手の先発で試合開始。2回表一死三塁で7番鈴江選手のライト前ヒットで1点先制。その後も3、5、6回に点を重ねて11点投げては、由良、片岡投手が完封リレーで試合終了。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 2度の雨天中止でようやく試合が出来ましたね。横浜ニューウイングス様お疲れ様でした。

 

 

  チョコボールズ関東 0 - 8 Y.Sクラブ 2006/8/6(日)14:00-16:00 とんび池球場

 

 

ゲーム内容 初回稲垣選手の2ランなど4点を先制。その後も点を重ねて8点を奪う。投げては、稲垣、飯塚投手が完封リレーで試合を決めた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント チョコボールズ関東様暑い中お疲れ様でした。

 

 

  2 - 1 Y.Sクラブ 2006/7/2(日)17:00-19:00 砧公園

 

 

ゲーム内容 初回は両チーム投手のすばらしい立ち上がりで無得点に抑えられた。そして2回表F.Jaguarの攻撃。ランナーを一塁においてツーランホームランで先制。その次の回Y.Sクラブは三塁打のあとタッチアップで一点を返したがその後は投手戦となり、お互いチャンスを作りながらもそのまま試合が決まった。
コメント 突然の組み合わせで時間がない中どうもありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

 

 

  T.A.C.アストロズ 0 - 5 Y.Sクラブ 2006/5/3(祝)17:00-19:00 上井草スポ−ツセンタ−

 

 

ゲーム内容 初回YSクラブ稲垣選手の本塁打などで2点先制。3回3本のヒットで2点追加。3回裏アストロズ1アウト満塁も点が入らず。YSクラブ投手陣は、由良ー加賀谷ー稲垣選手の完封リレーで試合を決めた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 試合後半は、暗くてボールが見えない中、審判、アストロズの皆さんご苦労様でした。

 

 

  FORZA 0 - 11 Y.Sクラブ 2006/4/29(祝)10:00-12:00 六郷橋緑地

 

 

ゲーム内容 1回表、3本の長短打でYSクラブが3点先制。その後も打線が繋がり6回までに11点を挙げた。投げては、渡辺、飯塚投手の完封リレーで試合を決めた。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント FORZA 坂本様 グランド、審判の手配ありがとうございました。

 

 

  Y.Sクラブ 7 - 0 イクターボ ----- -----

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にイクターボ活動体制なくY.Sクラブ不戦勝
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 試合が行なわれず残念でした。

 

 

  Y.Sクラブ 0 - 4 T-Five 2003/3/23(日)18:30-20:30 大師球場

 

 

ゲーム内容 緊迫した投手戦を制したのは花道。
小宮監 督コメント 投手戦でとても緊迫した試合で楽しかったです。今後も宜しくお願い致します。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.