全国軟式野球ストロングリーグ

2010成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2010成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 4 - 1 T-Five 2010/10/23(日)13:00-15:00 北本総合公園野球場

 

 

ゲーム内容 T-FIVE郷野投手、アスレチックス倶楽部篠崎投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は、郷野投手に二死まで完璧に抑えられていたところ、6番増村選手がレフト前に強烈な安打で初出塁。続く7番菅原選手のところでヒットエンドランを敢行し、投手後方に高く弾む打球となり、内野安打で二死一塁三塁となる。さらに盗塁で二死ながら二塁三塁の場面で、8番篠崎選手がファールで粘った挙句ライト線に安打を放ち、アスレチックス倶楽部が2点を先制する。3回裏のアスレは、一死後に2番上原選手がライト前安打で出塁し、盗塁と失策が重なり三塁まで進む。二死三塁で4番羽田選手の打席のところでパスボールが出て1点を加点。5回表のT-FIVEの攻撃は一死から7番井戸選手が振り逃げで出塁して、盗塁などで二死三塁のチャンス。ここで9番別府選手が左中間に大飛球を放ち、アスレのレフト菅原選手がダイビングキャッチをするものの落球して二塁打となり、T-FIVEが1点を返して反撃の狼煙を上げる。しかし、5回裏のアスレは一死後に9番松本選手がレフト前安打、1番渡辺選手が四球を選んで一死一塁二塁のチャンス。2番上原選手のところで、重盗を仕掛けたところパスボールとなり、二塁から松本選手が一挙に本塁まで突入して1点を加点。6回表のT-FIVEは、この回先頭の2番亀井選手がレフト前安打で出塁してプレッシャーをかけてクリーンアップを迎えるチャンス。ここはアスレ篠崎投手が踏ん張って後続を抑える。このまま最終回も3人で抑えて、アスレチックス倶楽部が4対1で勝利する。アスレチックス倶楽部は大会4連覇を達成し、大会MVPは投げては7回被安打2の1失点完投と打っては先制2点タイムリー安打を放った篠崎選手が選出された。
岡野 勇士監 督コメント T-FIVEさんとの試合は いつも緊迫した紙一重の試合で、どちらが勝ってもおかしくない試合だと思ってます。対戦する機会が続くと思いますが、宜しくお願いいたします。

 

 

  蒼天 0 - 2 T-Five 2010/7/31(土)17:00-19:00 麻布運動場

 

 

ゲーム内容 緊迫した試合の中で、郷野の柵越えの一発が試合を決めた!!
小宮監 督コメント グラウンド・審判の手配ありがとうございました

 

 

  武磨 0 - 3 T-Five 2010/6/19(土)17:00-19:00 天王洲球場

 

 

ゲーム内容 白熱した投手戦の末、細かく点を重ねたT-Fiveが勝利を飾った。
小宮監 督コメント グラウンド・審判の手配ありがとうございました

 

 

  T-Five 5 - 0 SHKB 2010/5/15(土)17:00-19:00 東調布公園

 

 

ゲーム内容 両チームともテンポのよい投手戦で非常にスムーズな試合展開。5点を奪ったT-Fiveが勝利を飾る。
小宮監 督コメント 急遽の日程調整に合わせて頂き誠にありがとうございました。

 

 

  T-Five 2 - 2 Y.Sクラブ 2010/3/14(日)10:00-12:00 夢の島グラウンド(11面)

 

 

ゲーム内容 T-Five郷野投手、Y.Sクラブ伊藤投手の先発マウンド。郷野投手は初回、先攻のY.Sクラブを三者凡退に討ち取り無難な立ち上がりを見せる。その裏、T-Fiveは先頭打者が死球で出塁、すぐさま送るとフィルダーズチョイスとなり無死一二塁。さらに送って、ノーヒットで一死二三塁の形を作る。エンドランを決めそこねたが二死からタイムリーで先制、さらに相手バッテリーのミスをついて2点目。その後は、郷野投手が快刀乱麻のピッチングを披露しY.Sクラブに得点のチャンスを許さない。一方、Y.Sクラブも先発伊藤投手が2回以降立ち直り、走者を背負いながらも切り抜け、ゲームはゼロ行進のまま終盤へ。迎えた最終回、2点を追うY.Sクラブはしぶとく食らいつき走者をためると、片岡選手が右中間にタイムリーを放ち1点差、さらに一死三塁から平井選手がエンドランを決め土壇場で2-2同点に追いつく。勝ちのなくなったY.Sクラブはその裏、2番手の飯塚投手が走者を背負いながら粘投し2-2のままゲームセット。T-Fiveが初防衛戦に勝利した。結果的に、両投手の立ち上がりに明暗。最終回こそ、Y.Sクラブの"速攻"を浴び同点に追いつかれたが、終始、郷野投手の好投が光った一戦であった。
小宮監 督コメント どうもありがとうございました。再戦の際はまたお願いいたします。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.