全国軟式野球ストロングリーグ

2009成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2009成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 1 T-Five 2009/10/31(土)9:00-11:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 T・FIVE大野投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。先制したのはアスレ。2回表に二死から6番大塚選手が左翼フェンスオーバーのソロ本塁打で1点を先制する。3回表にもアスレは、この回から代わった末次投手を攻めて、二死満塁から4番羽田選手の押し出し死球で1点を追加する。5回表のアスレは二死から3番渡辺選手の四球と4番羽田選手のライト前安打で二死一塁三塁とチャンスを作る。ここで5番長沢選手がセンター前にタイムリー安打を放ち、1点を追加する。T・FIVEも5回裏に反撃開始。先頭の4番小宮選手がセンター前安打で出塁すると、一死後に6番大野選手も四球で出塁して一塁二塁とする。7番小島選手のショートゴロの間に二死ながら一塁三塁とし、8番代打坂口選手のところでパスボールとなり1点を返す。アスレも6回と7回とスコアーリングポジションにランナーを進めるも追加点が奪えずに最終回のT・FIVEの攻撃に入る。7回裏のT・FIVEは先頭の4番小宮選手が四球で出塁してプレッシャーをかける。しかしアスレ松本投手は苦しみながらも、後続を3人で斬って アスレチックス倶楽部が3対1でなんとか勝利する。
岡野 勇士監 督コメント T・FIVEさん どちらが勝ってもおかしくない緊張感のある良い試合だったと思います。T・FIVEさんの気持ちを背負ってジャパンカップに挑みます。ありがとうございました!

 

 

  T-Five 3 - 1 ARUYO東海 2009/8/30(日)9:00-11:00 舎人公園野球場

 

 

ゲーム内容 T-Five 小宮投手、ARUYO東海 宮島投手の先発で試合開始。T-Fiveは初回、1番雲田選手が四球で出塁し、2番郷野選手がレフト前ヒットで続く。3番小宮選手が初球をきっちり送り、1死2塁3塁のチャンスに4番山崎選手がゴロを打ちをその間に先制する。5回裏のARUYO東海の攻撃は8番佐川選手が2塁打で出塁し、1番川口選手がエンドランを決め同点に追いつく。6回表のT-Fiveの攻撃は小島選手がヒットで出塁し盗塁を決め、続く大野選手が左中間にタイムリーを放ち勝ち越し、7回表も四球やヒットで1点を追加する。接戦の中、3対1でT-Fiveが勝利した。
小宮監 督コメント

 

 

  清瀬ビクトリー 1 - 2 T-Five 2009/8/23(日)13:45-15:45 八王子公園野球場

 

 

ゲーム内容 T−Five 小宮投手、清瀬ビクトリー 牧野投手の先発で試合開始。試合が動いたのは3回裏、先頭の雲田選手が 内野安打で出塁すると2番末次選手が犠打を決め、2死後、4番山崎選手がタイムリーを放ち 先制する。続く4回裏は、2死から8番井戸選手の2塁打でチャンス作るも追加点奪えず。 以降清瀬ビクトリーの継投の前に追加点奪えないなか、T−Fiveは5回表から末次投手に継投。見事な投手戦となる。 そんな中、8回表清瀬ビクトリーの攻撃、先頭の相蘇選手がエラーで出塁し、さらに四球でチャンスを広げ、8番 平選手のエンドランが決まり同点となる。その裏のT−Fiveの攻撃は山崎・木下両選手のこの日2本目のヒットでチャンスを作るも後続倒れ勝ち越せず、試合は1死満塁から始まる延長戦に突入。10回表の清瀬ビクトリーの攻撃を、バッテリーの 好判断でエンドランを阻止し見事0点に抑える。10回裏のT−Fiveの攻撃は3番 小宮選手が初球を見事に エンドランを決め、3塁ランナー 小島選手がサヨナラのホームを踏み、2−1でT−Fiveが接戦を制した。(広報担当 井戸)
小宮監 督コメント 苦しい試合でしたが初代チャンピオンになれて嬉しいです。 10回防衛できるように頑張ります。(末次)

 

 

  T-Five 4 - 0 GENUINE 2009/7/18(土)14:00-16:00 ガス橋

 

 

ゲーム内容 初回からエラーと安打にてチャンスを創るものの相手投手に抑えられ、無得点。続く2回は、2アウト1・2塁からライトポテンヒットで先制し、続く3回は、クリンナップの本塁打などで3点を追加し、先発大野投手も安定したピッチングで5回0点、継投した投手も0点で完封リレー
小宮監 督コメント いろいろ有難う御座いました。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.