全国軟式野球ストロングリーグ

2018成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2018成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  中央Mariners 10 - 4 大東京信用組合 2018/7/21(土)10:00-12:00 夢の島野球場10面

 

 

ゲーム内容 大東京信用組合が初回にタイムリーなどで2点先制する。Marinersは二回に池亀選手のタイムリーで逆転に成功する。その後も高梨選手のツーランホームランなどで追加点を入れる。最終回、大東京信用組合も意地を見せ2点返すが三瀬投手が最後のバッターを三振に切り試合終了。
首藤 太一G Mコメント 暑い中、対戦ありがとうございました。また対戦する機会がありましたらよろしくお願いします。

 

 

  中央Mariners 0 - 4 Elite 2018/7/14(土)10:00-12:00 夢の島野球場8面

 

 

ゲーム内容 Eliteは初回、ワイルドピッチの間に1点を先制。2回表に二死二三塁からライト前安打で2点を追加。その後は両チーム投手の力投により0点のまま試合が進む。最終回の6回表、Eliteが1点を追加。その裏の攻撃で中央Marinersも満塁のチャンスをつくるもあと1本が出ずゲームセット。
金山達哉渉 外コメント 対戦ありがとうございました。

 

 

  Hustle Japan 9 - 3 中央Mariners 2018/6/23(土)10:00-12:00 江東区夢の島野球場

 

 

ゲーム内容 序盤からHustle Japanが加点していき4-0とリードする。中盤にMarinersも内野Eや安打などで3点を返し接戦な展開。終盤に長短打などで追加点を奪ったHustle Japanが勝利した。
東恩納 寛樹監 督コメント いつも対戦頂きありがとうございます。(数えてみたら24回目の対戦でした)今後も切磋琢磨しながら胸をお借りできれば幸いでございます。

 

 

  中央Mariners 5 - 10 RED BURNING 2018/6/2(土)12:00-14:00 夢の島野球場8面

 

 

ゲーム内容 REDBURNINGは初回、エラーで出た走者を2本の長打で3点を先制する。2回に2点を返されるも、一点差で迎えた5回に本塁打で1点追加も、その裏本塁打と二本の安打で逆転を許してしまう。最終回となる6回代わった投手を攻め立て、一死満塁から本塁打、二死一塁から本塁打で計6点を挙げ試合を決める。最後は二死満塁まで攻められたが、最後の打者を打ち取り試合終了、10-5で勝利しました。
清家清志G Mコメント グラウンド、審判などの手配ありがとうございました。また機会がありましたら、宜しくお願いします。

 

 

  東京アーネストシャルズ 9 - 3 中央Mariners 2018/6/2(土)9:00-11:00 大井ふ頭海浜公園A

 

 

ゲーム内容 先攻は東京アーネストシャルズ。1回表、2番打者が二塁打で出塁し、四死球で満塁とし、暴投の間に先制する。1回裏、中央Marinersは1番打者が安打で出塁し、得点圏にランナーを進めるが無失点。初回を終え、ストライクゾーンが狭く投手が苦しむと予想された展開に。2回表に大きく試合が動く。先頭打者が内野安打で出塁し、その後簡単に二死となるも、1番打者が打った瞬間に確信した大井ふ頭B面のセンターフェンスを超える特大の2点本塁打を放つ。さらにたたみかけ、この回5点を追加する。しかし2回裏、7番打者の右翼への特大の柵越え本塁打で1点を返す。3回表にも一点を追加する。4回裏、変わった東京アーネストシャルズの2番手から連打で1点を返す。5回表にも2点を追加。最終回となった5回裏に1番打者の右翼への柵越え本塁打で1点を返すも反撃はここまで。東京アーネストシャルズが9-3で勝利した。
黒田貴大G Mコメント 中央Marinersの皆様、ご対戦くださりありがとうございました。本日はたまたま2回に試合が動き少し点差が開きましたが、個々の実力は中央Mariners様の方が確実に上で、各打者がかなりバットが振れており、ビッグイニングを作られたらいつ逆転されるか分からないと感じておりました。活動範囲も近いですし、またぜひ練習試合等でご対戦よろしくお願いいたします。

 

 

  中央Mariners 11 - 5 東京ライオンズ 2018/5/12(土)12:00-14:00 亀戸野球場A面

 

 

ゲーム内容 1回は両投手、三者凡退で抑え投手戦が予想された。しかし2回表にマリナーズ長谷川投手が四球でランナーを出し守備の乱れから1点を先制される。3回には先頭山本選手が二塁打を放ち3番植松選手がタイムリーヒットで2-0と引き離す。3回裏、先頭川上選手が技ありのライト前ヒットで出塁すると流れが一気にマリナーズへと傾く。エラーと四球で同点になり、5番遊佐選手のタイムリーヒットで2点追加し2-4と逆転する。マリナーズは勝ち越した所で継投。川瀬投手が登板。しかし、二死で四球で出したランナーを山本選手に三塁打を打たれ2点返され同点にされる。さらに5回表、東京ライオンズは四球で出塁したランナーを植松選手が返し逆転する。5回裏、マリナーズ首藤選手がセンターオーバーの二塁打で無死二塁になり4番長谷川選手が左中間へ三塁打を放ち再度同点にする。続く、遊佐選手も左中間へ運び逆転に成功する。ここから打線も繋がりそのまま時間切れにより試合終了。
首藤 太一G Mコメント 対戦ありがとうございました。終始緊張感のあるシーソーゲームでした。また是非対戦宜しくお願いします。

 

 

  BJ's 8 - 8 中央Mariners 2018/4/7(土)10:00-12:00 夢の島総合運動場4面

 

 

ゲーム内容 初回マリナーズ首藤選手のホームランでマリナーズが先制。その裏BJsは1番2番の連打でチャンスを作り、5点を取り逆転。最終回マリナーズは2点ビハインドを追い付く。BJsはその裏無得点に終わり、引き分け。
諏訪 俊渉 外コメント マリナーズ様対戦ありがとうございました。また公式戦でも練習試合でも対戦機会頂ければと存じます。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.