全国軟式野球ストロングリーグ

2009成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2009成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  世田谷ペンギンズ 0 - 1 美少年 2009/8/16(日)9:00-11:00 滝が原球場7面

 

 

1点を争う好ゲームは延長サドンデスにもつれ込んだ ゲーム内容 美少年熊田投手、世田谷ペンギンズ林投手の先発マウンド。両投手の緊迫した投手戦となりました。5回裏美少年一死満塁のチャンスも林投手の気迫のこもった投球で0点に抑える。6回表、世田谷ペンギンズ一死三塁のチャンスも熊田投手の気迫のこもった投球で0点に抑える。試合はそのまま0-0で7回終了。延長戦に突入。世田谷ペンギンズ8回表スクイズエンドランを仕掛けるも空振りで三塁ランナーアウト。結果0点に抑える。美少年8回裏、スクイズエンドラン成功により1-0でサヨナラ勝ちで勝利。
菊井 敏幸監 督コメント 世田谷ペンギンズ様ありがとうございました。緊迫した投手戦で締まった試合になりました。勉強になる試合でした。またの対戦を御願いします。

 

 

  世田谷ペンギンズ 7 - 0 Yamada Company 2009/5/17(日)17:00-19:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にYamada Company 活動体制なく世田谷ペンギンズ不戦勝
川久保繁樹G Mコメント 今回は残念でした。またの機会によろしお願いします。

 

 

  登録抹消チーム様 5 7 - 1 世田谷ペンギンズ 2009/5/17(日)13:30-15:30 東京電力総合グランド

 

 

ゲーム内容 世田谷ペンギンズ土屋投手、東京電力東京武井投手の先発マウンド。東京電力東京は1回裏の攻撃、四球・死球でためた走者をタイムリー、スクイズを含めて一挙7点を先制。世田谷ペンギンズも4回に1点を返すも、東京電力東京は伊関投手、神田投手の継投でその後を抑え、7対1で勝利。
メッセージは届きませんさんコメント 対戦ありがとうございました。是非また対戦お願いします。

 

 

  ARUYO東海 1 - 2 世田谷ペンギンズ 2009/4/19(日)17:00-19:00 府中第一球場

 

 

ゲーム内容 世田谷ペンギンズは3回表積田選手のヒットを足がかりに一死二三塁のチャンスを作ると土屋選手、米谷選手のタイムリーで2点を先制。ARUYO東海は、世田谷ペンギンズ土屋投手に要所を抑えられていたが4回裏阿部選手、大鹿選手のヒットで一死二三塁のチャンスにダブルプレー崩れで1点を返す。最終回にも二死三塁の同点のチャンスを作るが世田谷ペンギンズ谷口投手が抑えて2-1で世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹G Mコメント ARUYO東海のみなさん、対戦ありがとうございました。引き締まった良いゲームでした。茂手木様いつもグラウンドの手配ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  SKYLARKS 6 - 3 世田谷ペンギンズ 2009/4/5(日)16:00-18:00 夢の島公園3号面

 

 

ゲーム内容 SKYLARKS小山投手、ペンギンス積田投手の両先発で試合開始。ペンギンズは1回表尻無浜選手の柵越えHRで1点先制する。しかし、その裏SKYLARKSは先頭白石選手がヒットで出塁すると、きっちり送り、今敷選手のタイムリーで追いつく。2回表ペンギンズはエラーがらみで1点を勝ち越すが、SKYLARKSはその裏、仮屋選手の3ランで逆転する。4回裏にもSKYLARKSはヒットを重ね2点を追加。ペンギンズは6回表、1点を返すも、6−3でSKYLARKSの勝利。
ご利用停止(メッセージは届きません)さんコメント 川久保様をはじめ、ペンギンズの皆様、対戦ありがとうございました。また対戦をお願いします。

 

 

  ROUTEES 3 - 0 世田谷ペンギンズ 2009/3/22(日)13:00-15:00 大井ふ頭中央海浜公園

 

 

ゲーム内容 強風・雨の悪天候の中、レイダース・川本投手、ペンギンズ・谷口投手で試合開始。レイダース一回裏に一死一・三塁のチャンスも谷口投手が踏ん張り無得点。川本投手も三回まで完璧な内容。レイダースは三回裏、ラッキーな出塁等があり一死一・二塁からセイフティーバントがピッチャー前に転がり三塁封殺かと思いきや悪送球になり、ラッキーな先制点が入る。ペンギンズも四回表に二死ながらも一・二塁のチャンスを迎えるが、川本投手が踏ん張り得点ならず。レイダース五回裏、一死三塁のチャンスを迎え、三番・高橋選手がキッチリ犠飛で追加点。更にエラー等から二死ながら満塁のチャンスを掴むとホームスチールで得点。ペンギンズ六回表、二死一塁から三番・井街選手が左中間を破る二塁打で二・三塁とチャンスを広げる。しかし、ここも川本投手が踏ん張り無得点に抑える。最終回もペンギンズが粘りを見せるもレイダースが逃げ切り試合終了。川本投手は毎回の12奪三振の力投でペンギンズを完封、3−0でレイダースが勝利した。
中川 将世渉 外コメント 川久保様、ペンギンズの皆様、悪天候の中ありがとうございました。連盟も含め今後ともよろしくお願いいたします。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.