全国軟式野球ストロングリーグ

2007成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2007成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  GENUINE 2 - 0 世田谷ペンギンズ 2007/8/26(日)9:00-11:00 稲城市若葉台公園グラウンド

 

 

初回:高尾選手の二塁打 初回:富井選手のヒット 初回:田中選手のタイムリー2点二塁打 2被安打無四球完封の鈴木投手 ゲーム内容 GENUINE対世田谷ペンギンズ戦は初回、GENUINE田中選手のタイムリー二塁打を含む3本のヒットで2点を先制すると、その2点を最後まで守り切り、2-0でGENUINEの勝利。先攻の世田谷ペンギンズは谷口投手、後攻のGENUINEは鈴木投手の先発で試合開始。後攻のGENUINEは1回裏、先頭の高尾選手の二塁打、3番の富井選手のセンター前ヒットなどで先制のチャンスを作ると、ここで5番田中選手がレフトに2点タイムリー二塁打を放ち、2点を先制する。更にGENUINEは2回に先頭の7番山村選手がレフトへの二塁打、4回にも先頭の鈴木選手のヒットを含む3本のヒットで追加点のチャンスを作るも、後続が谷口投手に抑えられ、追加点を奪えず。一方世田谷ペンギンズは5回一死から6番笹選手が初ヒット、6回にも一死から1番清瀬選手がヒットを放ち、得点のチャンスを作るも、後続が鈴木投手に抑えられ、無得点。7回も三者凡退に打ち取られ、結果2-0でGENUINEの勝利。
鈴木圭介マネージャーコメント 非常に暑い中の対戦、有難うございました。以前から対戦をしたかったので、今回対戦が実現し、また我々が何とか勝つことが出来て、非常に嬉しく思っております。今後ともよろしくお願いします。

 

 

  SILK ROAD 3 - 0 世田谷ペンギンズ 2007/7/1(日)17:00-19:00 中田中央公園

 

 

ゲーム内容 シルクロードは2回裏、ヒットとエラーで一死二三塁とし内野ゴロの間に1点先制。4回にもエラーとヒットで二死満塁とし1番山田のライトへの二塁打で2点を加えた。投げては、遠藤、寄松、南と3人で継ぎ2安打完封した。
野々大輔広 報コメント 世田谷ペンギンズの皆様、遠い所までありがとうございました。

 

 

  世田谷ペンギンズ 14 - 2 ANDS 2007/6/17(日)19:00-21:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 初回両チーム無得点で静かなスタートだったが、2回裏世田谷ペンギンズは制球を乱したANDS清水投手に対し清瀬選手の3ランを含む打者一巡の攻撃で7点を先制、2回以降も攻撃の手をゆるめず小刻みに得点し14得点を奪った。対するANDSも終盤粘りを見せ得点するも世田谷ペンギンズ伊藤(淳)投手に要所を抑えられ反撃も2点で終わった。
川久保繁樹G Mコメント ANDS様遠征ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  ジャイアンツクラブ 4 - 4 世田谷ペンギンズ 2007/5/13(日)15:00-17:00 愛川町中津第一号公園A面

 

 

ゲーム内容 ジャイアンツクラブ秋葉投手、世田谷ペンギンズ山田投手の両先発で試合開始。1回表、ペンギンズは3本のヒットで2点を先制。ジャイアンツクラブは押し出しと2番古座野の走者一掃の2塁打で4点を取り逆転。5回表、ペンギンズは3番土屋選手のタイムリーで1点。その打球をジャイアンツ守備陣の中継がもたつく間に土屋選手まで一気にホームを陥れ同点に追いつく。最終回になる6回裏、ジャイアンツクラブは2死満塁1ストライク3ボールまでペンギンズを追い詰めるがペンギンズ2番手谷口投手が踏ん張りラストバッターは見逃し三振。4対4の同点のまま時間切れで試合終了。
秋葉邦晴さんコメント ペンギンズ 川久保様。遠い所お越し頂きまして有難うございました。貴チーム様と試合をすることが出来て本当に嬉しかったです。貴チーム様と同じステージで試合が出来るよう私どもも精進していきますので今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

  世田谷ペンギンズ 1 - 5 WINGS 2007/4/15(日)12:00-14:00 調布市民球場

 

 

ゲーム内容 世田谷ペンギンズは2回裏、センターオーバーの3塁打で出塁。2アウト後WINGSバッテリーのパスボールにより先取点。対するWINGSは4回表、ヒットと世田谷ペンギンズの守備の乱れをつき一挙5点を奪い試合の主導権を握る。以降は両チームエースが好投。7回の攻守を終え5−1で試合終了。
阿保 友和監 督コメント グラウンド、審判手配などありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

 

 

  世田谷ペンギンズ 1 - 4 ARUYO東海 2007/4/8(日)19:00-21:00 都立大井ふ頭中央海浜公園

 

 

ゲーム内容 投手戦で始まった試合はARUYO東海3回表9番阿部選手の四球から2死満塁のチャンスを作ると5番篠田選手のレフト前ヒットで2点先制。さらに5回表3番杉山選手の四球と4番古川選手とのエンドランで作った無死2塁3塁のチャンスに6番大鹿選手のライト前ヒットで4対0と追加点を奪うと、投げては、岡部投手、足立投手のリレーで世田谷ペンギンズ打線を2安打1失点に抑え4対1でARUYO東海の勝利。
茂手木 祐介主 将コメント グラウンド、審判手配ありがとうございました。緊迫する試合ありがとうございました。

 

 

  東京富沢クラブ 2 - 2 世田谷ペンギンズ 2007/3/18(日)9:00-11:00 多摩川緑地4号面

 

 

ゲーム内容 寒風吹きすさむ中始まったこの試合。先発はペンギンズ伊藤(淳)投手、富沢クラブは青木投手。先制したのは富沢クラブ。1回裏、先頭の多田選手が二塁打で出塁すると、野選とエンドランで1点先制。二死後、五番五十嵐選手のタイムリーでさらに1点を加える。ペンギンズは二回以降再三スコアリングポジションにランナーを進めるもなかなか得点できなかったが、5回表、四球とエラーでランナーを出すとエンドランとエラーで同点に。ペンギンズ伊藤投手は2回以降、一人もランナーを許さない完璧なピッチング。一方、富沢クラブ青木投手も6、7回もピンチを迎えながら、何とかしのぎきり結局2対2の同点で試合終了。
篠原寛渉 外コメント 世田谷ペンギンズ様 寒い中、対戦どうも有難うございました。

 

 

  世田谷ペンギンズ 7 - 0 軍団 ----- -----

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に軍団活動体制なく世田谷ペンギンズ不戦勝
川久保繁樹G Mコメント また対戦しましょう。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.