全国軟式野球ストロングリーグ

2005成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2005成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  世田谷ペンギンズ 3 - 4 CLIPPERS 2005/12/4(日)12:30-14:30 滝が原球場

 

 

ゲーム内容 クリッパーズ市田投手、世田谷ペンギンズ林投手の先発マウンド。先制したのは世田谷ペンギンズ。2回裏、死球で出た加藤選手を進塁打できっちりと送り、一死三塁にすると、ここで6番伊藤選手がきっちりとエンドランを決め1点を先制。このまま両投手が踏ん張りその後は0行進。5回、1点を追うクリッパーズは、四球で出塁した磯選手が、世田谷ペンギンズの守備の乱れでホームに生還し、1-1同点に追いつく。世田谷ペンギンズもすぐさまその裏、突如乱れた市田投手の3四死球で一死満塁とすると投手ゴロ。しかし処理を焦ったクリッパーズ市田投手がホームへ悪送球し、世田谷ペンギンズがラッキーな2点を奪い勝ち越し。2点を追うクリッパーズは、6回に相手エラーによる1点を追加し3-2とし、ゲームは最終回へ。あとのないクリッパーズの最後の攻撃、先頭の西河選手が四球で出塁し、一死後に田平選手がしぶとくレフト前に運び、進塁打で二死二三塁。このチャンスに河原選手のサードゴロが守備陣の乱れを誘い二者が生還し4-3土壇場で逆転。1点をリードしたクリッパーズはその裏、磯投手をマウンドに送る。無死一二塁のピンチを背負うが後続をきりゲームセット。クリッパーズが4-3で接戦を制した。
田平憲治G Mコメント 両チームの皆さん、寒い中の試合となりましたが、お疲れ様でした。目標としていた世田谷ペンギンズさんを破る事ができて、内容はともかく本当に嬉しいの一言です。次の試合も頑張りたいと思います。対戦本当にありがとうございました。

 

 

  世田谷ペンギンズ 0 - 2 三陽商会 2005/11/19(土)10:00-12:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 三陽商会:篠原投手、世田谷ペンギンズ:伊藤(淳)投手の先発マウンド。三陽商会は初回、先頭:平川選手がヒットで出塁、続く本間選手がセンター前に運び一三塁と先制のチャンスをつかみ積極的に仕掛けるが世田谷ペンギンズの攻守に阻まれ無得点。三陽商会篠原投手はその裏、無難なピッチングで3人で打ち取り上々の立ち上がり。2回、両チームチャンスを作るが無得点。迎えた3回、三陽商会はまたも平川選手がライト前ヒットで出塁すると、二死から初回三振の3番石原選手が思い切って振り抜き右中間へ運び1点を先制。さらに6回にも2番穂満選手のセンター前ヒットから、3番石原選手が右中間へのタイムリー三塁打で2点目を奪い三陽商会が2-0とリードする。投げては篠原投手、被安打1、9奪三振の力投で世田谷ペンギンズを完封。三陽商会が初出場初優勝を飾った。世田谷ペンギンズ伊藤(淳)投手も8奪三振の好投引き締まった投手戦となったが、この日は三陽商会のセンター返しに徹する忠実な打撃と積極的な走塁が光った。2つのエンドラン失敗も終始攻め続けた三陽に軍配。
須藤 勝哉主 将コメント 本日はお疲れ様でした。ありがとうございました。ペンギンズ様に勝利し優勝することができ光栄です。目標としていたジャパンカップ出場でそこでも活躍できるよう代表チームとして頑張ります。

 

 

  JSC 4 - 5 世田谷ペンギンズ 2005/11/13(日)12:30-14:30 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 世田谷ペンギンズ林投手、JSC内田投手の先発で試合開始。初回JSC福永選手が失策と盗塁で無死二塁とするが後続が続かず、その裏世田谷ペンギンズも青木選手が失策と送りバントで出塁するがこちらも後続が続かず、両チームチャンスを作りながら無得点で終わった。先制したのはJSC、3回福永選手がセンターオーバー二塁打で出塁、さらに連続四死球で二死ながら満塁のチャンスを作りプレッシャーをかけると、ここで世田谷ペンギンズ林投手はワイルドピッチで決勝T初失点を喫してしまった。その後4,5,6回と両チーム投手を中心に野手陣が巧手を連発して、得点与えず試合が進んだ。そして最終回世田谷ペンギンズは、表JSC二死二三塁の攻撃を無得点に凌ぐと、その裏これまでJSC内田投手にノーヒットに抑えられいたが、先頭蔵本選手がライト前ヒットで出塁、さらに盗塁で無死二塁と同点のチャンス作る、しかし続く二者が凡退しあと一人というところで、井街選手の思いっきり振りぬいた打球は左中間を抜く二塁打で土壇場で同点に追いつき、特別延長に突入した。一死満塁から始まる特別延長、先攻JSCは3番三浦選手は倒れるが、続く冨岡選手は四球を選び1点、さらに吉田選手のセンター前ヒットで2点を追加して、4−1とした。その裏粘る世田谷ペンギンズは3番蔵本選手が四球で1点、続く加藤選手のレフト前ヒットで同点に追いついた。さらに伊藤(淳)選手のライト犠牲フライで逆転サヨナラで世田谷ペンギンズの優勝。
川久保繁樹G Mコメント JSCさまお疲れ様でした。エアロックカップ以来今年2度目の対戦になりましたが、あれからJSCさんは「SS2005」「ストロングカップ決勝T」で強豪チームと対戦してきて、もともと力のあるチームですがさらにチーム力がアップしたなという印象を持ちました。次回も互角に戦えるよう私どももさらにアップしていきたいと思います。ストロングリーグ高橋会長、役員のみなさま、審判のみなさま本当にお疲れ様でした。みなさんのおかげであのような白熱した決勝戦を行うことが出来ましたこと感謝いたします。これからもよろしくお願いいたします。

 

 

  世田谷ペンギンズ 5 - 0 松濤スカイスクレイパー 2005/10/30(日)19:00-21:00 都立舎人公園(足立区)

 

 

ゲーム内容 世田谷ペンギンズ林投手、松濤スカイスクレイパー中川投手の先発で試合開始。1回表世田谷ペンギンズは先頭青木選手が左中間を抜く三塁打と井街選手のタイムリー。さらに盗塁、悪送球で三塁まで進み、ワイルドピッチで2−0と先制した。3回にも青木選手の内野安打と悪送球で二塁に出塁、ここから送りバントと内野ゴロで1点をもぎ取り3−0とし、流れは大きく世田谷ペンギンズへ傾いたが、続く加藤選手の放ったセンターオーバーの大飛球を松濤スカイスクレイパーセンター高橋選手がファインプレーで傾いた流れを防いだ。松濤スカイスクレイパーの攻撃は1回二死三塁、2回二死一三塁、3回二死一二塁と毎回ランナーを出し、世田谷ペンギンズに襲い掛かるが後1本が出ず、得点することができなかった。松濤スカイスクレイパーの攻撃を凌いだ世田谷ペンギンズは最終回パスボールと内野送球エラーなど松濤スカイスクレイパー守備陣の乱れをついて2点を追加、その裏松濤スカイスクレイパーの攻撃は二死から四球、成毛選手のセンター前ヒットと土壇場で粘りを見せたが、最後も世田谷ペンギンズ林投手が踏ん張って3試合連続完封で決勝進出を決めた。
川久保繁樹G Mコメント 松濤スカイスクレイパーさま、お疲れ様でした。好投手中川投手を攻略したことと、松濤スカイスクレイパーのねばりある攻撃陣を凌げたのは大きな自信となりました。この試合は流れが常に移動し、お互いその流れを相手に渡さないよう引っ張りあっていたようなゲームでした。今回は運良く少ないチャンスをものにできた私どもが勝利しましたが、結果はどちらに転んでもおかしくなかったと思います。皆さんの力を証明できるよう良い結果を残したいと思います。最後に度重なる雨天のための日程調整にも柔軟にご対応いただけたこと本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  世田谷ペンギンズ 3 - 0 RED HILL 2005/10/23(日)19:00-21:00 浮間公園(板橋区)

 

 

ゲーム内容 REDHILL石川投手、世田谷ペンギンズ林投手の先発で試合開始。3回まで両投手好投で0−0で迎えた4回、先行REDHILLは二死ながら二三塁のチャンスを無得点で終わると、その裏世田谷ペンギンズは半田選手がヒットで出塁し盗塁をしかけると、これを二塁に悪送球しさらにセンターも後逸し、1−0と先制した。その後REDHILLの強力打線は逆転すべく襲い掛かるが得点できず、6回裏には半田選手と加藤選手のタイムリーで貴重な追加点を奪った。世田谷ペンギンズは無失策の守備陣と林投手の三塁を踏ませない好投で、決勝T2試合連続完封勝利。
川久保繁樹G Mコメント REDHILL様ナイスゲームでした。両軍選手全員の気持ちのこもった暑い試合、本当に楽しく良い試合をさせていただきました。今日の試合に応える結果を残したいと思います。本日はありがとうございました。

 

 

  世田谷ペンギンズ 2 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/9/18(土)19:00-21:00 舎人公園

 

 

ゲーム内容 ストロングカップ決勝T1回戦。アスレチック倶楽部松本投手、世田谷ペンギンズ林投手の先発で試合開始。1回表アスレチック倶楽部は吹留選手のヒットなどで二死二三塁のチャンスを作るが林投手に三振に討ち取られ無得点に終わると、その裏世田谷ペンギンズは二死から井街選手が死球で出塁、さらに加藤選手レフト前ヒットで三塁を突くとこれをアスレッチクはサードに悪送球して1点を先制。2回は二死三塁のチャンスを逃したが、3回左中間二塁打で出塁した青木選手を二つの内野ゴロでホームに帰し2−0とした。5回までペンギンズ林投手に抑えられていたアスレチックの反撃は6回先頭町田選手がレフトオーバーの二塁打、さらに池田選手のヒットで無死二三塁としたが、後続がサードフライと三振、さらに飛び出した三塁走者を牽制で刺しダブルプレーでチャンスを潰した。最終回の攻撃もペンギンズ林の渾身の投球で三者凡退で締めて、10奪三振完封で世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹G Mコメント アスレチック倶楽部様お疲れ様でした、ナイスゲームでした。貴チームとの対戦は本当に楽しみでしたし、非常に勉強にもなります。今後も切磋琢磨してまた対戦できるのを楽しみにしております。ありがとうございました。

 

 

  T-Five 2 - 2 世田谷ペンギンズ 2005/9/10(土)17:00-19:00 砧総合運動場

 

 

ゲーム内容 世田谷連盟同士の対戦となったエアロック準決勝は、1回表世田谷ペンギンズ1番青木選手がセンター前ヒットで出塁するが盗塁失敗で先制のチャンスを潰すと、その裏T-FIVEは2四死球と失策で1死二三塁から井戸選手のスクイズエンドランで1点を先制した。2回にも雲田選手のライト前ヒットと小宮選手のレフトオーバーの二塁打で2−0とし試合の主導権を握った。世田谷ペンギンズの反撃は3回表半田選手がレフト前ヒットで出塁さらに盗塁と進塁打で2死三塁から青木選手のヒットで1点、さらに土屋選手のセンターオーバーの二塁打で同点に追いついた。その後はT-FIVE郷野、世田谷ペンギンズ伊藤(淳)両投手を中心に両チーム堅い守備で得点をa与えず2−2で終了。抽選で世田谷ペンギンズの勝利。ジャンケン勝負も9人目で決着という最後まで緊迫の勝負となった。
川久保繁樹G Mコメント T-FIVEのみなさん、すばらしい試合本当にありがとうございました。あなた方の野球に対する姿勢と勝に執着する魂はすばらしいと思います。できればジャンケンとかではなくきっちりとした試合で勝敗を決めたかったですね。今後も連盟で対戦機会があると思うので、今度はきっちりと勝負を決めましょう。郷野様、井戸様グランド、審判の手配等ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 

 

  東京メトロポリタンズ 4 - 10 世田谷ペンギンズ 2005/8/28(日)15:00-17:00 猿江恩賜公園野球場

 

 

ゲーム内容 先攻世田谷ペンギンズは初回いきなり四球、盗塁、送りバント、内野ゴロとノーヒットで1点を先制。2回には一死満塁から土屋選手の三塁打、さらに連続四球と小坂選手の三塁打など打者13人で9点を奪い10−0とした。しかしあきらめない東京メトロポリタンズは3回打者一巡の猛攻で3点を奪い、4回にも1点を奪い反撃するが追いつけず、世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹G Mコメント 東京メトロポリタンズ三浦様、グランド、審判の手配等ありがとうございました。また新規格ボールの使用についてもご配慮いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 

 

  世田谷ペンギンズ 3 - 4 マグナム 2005/8/21(日)8:00-10:00 二子玉川健保(世田谷区)

 

 

ゲーム内容 ストロングカップ特別部Fブロック1位をかけた一戦。相手は世田谷区1部制覇の経験を持つ昨年度のストロングカップ特別部覇者の世田谷ペンギンズ。この試合は両チームとも決勝トーナメント進出が決定していることもあり、新規格球を使用して行われた。先発投手はマグナムが笹谷投手。世田谷ペンギンズが林投手。お互いの気迫が伝わってくる試合は開始早々から動く。マグナムは初回2アウト2・3塁のチャンスを作りチャンスに強い5番福士選手を迎えるも内野ゴロに打ち取られ先制のチャンスを逃す。続いて試合が動いたのは3回表。この回先頭の9番笹谷選手がセンターオーバーのツーベースヒットで出塁。続く1番米満選手の3塁前送りバントの処理で悪送球が絡み思わぬ形でマグナムが先取点をあげる。続く2番浦選手が送りバントをきっちり決め1アウト2塁にチャンスを広げる。ここで3番塚本選手がセンターへタイムリーヒットを放ち2点目。まだまだ攻撃の手を緩めないマグナムは4番山岸選手が四球でつなぐと初回はチャンスで凡退した5番福士選手にもタイムリーヒットが飛び出し3点目。さらに6番中園選手の打席でペンギンズ内野陣にエラーが出て3回表マグナムは4点を先取。追う展開となった世田谷ペンギンズはマグナム先発笹谷投手の前に5回までノーヒットに抑えられる。ようやく6回に内野安打で出たランナーを3塁まで進めるがここはマグナムが守り切り4-0で7回裏の攻撃を迎える。最終回。ここから昨年度覇者の意地がブロック優勝に王手をかけたマグナムに見えない重圧をかけていく。この回先頭の3番伊藤(淳)選手が内野安打で出塁しすかさず盗塁。4番加藤選手の打席でバッテリエラーが出てノーアウト3塁。この場面で4番加藤選手がセンターに犠牲フライを打ちあげ1点を返し4-1。さらに昨年度覇者の追い上げは続く。続く5番米谷選手を内野ゴロに打ち取るもマグナムにエラーが飛び出し1アウト1塁。迎えた6番大石選手が放った打球はレフトの頭上を越える柵越えの2ランホームラン。これで試合は4-3。一気呵成にたたみ掛ける世田谷ペンギンズ。マグナム笹谷投手は続く打者を打ち取り2アウトとするも粘る世田谷ペンギンズは2アウトから8番半田選手がレフト線へツーベースヒットを放ち、俊足を生かし三盗を決め2アウト3塁とマグナムは一打同点のピンチを迎える。しかし、ストロングカップ通算防御率1点台のマグナムエース笹谷投手が世田谷ペンギンズベンチからのプレッシャーにも負けず、粘りの投球でこのピンチを凌ぎ昨年度王者を倒しマグナムがブロック優勝を決めた。
塚本幸治監 督コメント 世田谷ペンギンズ川久保様。この度はグランド・審判の手配いただきありがとうございました。最後はペンギンズさんの勝利への執念をなんとか跳ね除けることが出来ました。次は決勝トーナメントで再戦しましょう。ありがとございました。

 

 

  JSC 0 - 2 世田谷ペンギンズ 2005/8/13(土)17:00-19:00 厚木玉川球場

 

 

ゲーム内容 両チーム投手の好投で0−0で迎えた、4回表世田谷ペンギンズは二死から加藤選手がセンター前ヒット、米谷選手の本塁打で2点を先制。JSCは4回福永選手がチーム初安打を放ち反撃するが後続が続かず、5回にもエラーを足がかりに二死満塁のチャンスを作るも世田谷ペンギンズ守備陣の踏ん張りに得点を奪えず、世田谷ペンギンズは6回から好投の積田投手に代え、林投手を送り2点差を逃げ切り1安打完封リレーで勝利。JSC久津間投手は粘り強いすばらしい投球であったが、4回1球の失投での敗戦となった。
川久保繁樹G Mコメント 対戦ありがとうございました。すばらしい球場を手配していただき、試合も僅差の勝負になり大変充実した1日を過ごせました。ありがとうございました。ストロングリーグの方でもぜひともブロック代表に進出していただきもう一度対戦できるように私どももがんばります。

 

 

  世田谷ペンギンズ 3 - 2 オリコム 2005/7/23(土)17:00-19:00 世田谷公園(世田谷区)

 

 

ゲーム内容 初回世田谷ペンギンズが2四球と盗塁、内野ゴロで1−0と先制。2回表オリコムは下位打線の4連続安打で2−1と逆転するが、ペンギンズはすぐさま四球と盗塁、さらにワイルドピッチで2−2の同点にした。3回表オリコムは一死一二塁のチャンスを潰すと、その裏ペンギンズは2死満塁から押し出しの四球を選び3−2と逆転。その後オリコムはペンギンズの攻撃を守備陣が踏ん張り追加点を許さず、逆転のチャンスをうかがうが、ペンギンズも積田投手を中心に堅い守備で1点差を守りきった。
川久保繁樹G Mコメント 両チーム堅い守りで緊迫した良い試合でした。また対戦お願いいたします。

 

 

  クラウディーズ 1 - 2 世田谷ペンギンズ 2005/7/10(日)12:00-14:00 新木場球場

 

 

ゲーム内容 1回表世田谷ペンギンズは一死満塁から内野エラーで1点を先制。その裏クラウディーズは近藤選手のタイムリー二塁打ですぐさま同点に追いついた。3回ペンギンズは青木選手がヒットと盗塁、さらに内野ゴロの間にホームをつき2−1と勝ち越した。その後は両チーム再三チャンスを作るも得点を奪えず、最終回クラウディーズは一死一二塁と逆転サヨナラのチャンスを掴むが、ペンギンズはダブルプレーでしのぎ2−1で世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹G Mコメント 1点差勝負、楽しかったです(本当はどきどきでした)。グランド、審判の手配等ありがとうございました。また対戦お願いします。

 

 

  世田谷ペンギンズ 3 - 0 登録抹消チーム 2005/7/2(土)14:00-16:00 二子玉川健保グラウンド

 

 

ゲーム内容 1回裏世田谷ペンギンズは先頭土屋選手が内野エラーと送りバントで二塁まで進み、三盗をすると捕手が三塁へ悪送球しノーヒットで1点を先制。その後両投手を中心に守備陣ががんばり1−0で迎えた6回、武田ジェッツは1、2番連続ヒットでチャンスを掴むがペンギンズ林投手が踏ん張り無得点に抑えると、その裏ペンギンズは伊藤(崇)選手のタイムリー二塁打と内野エラーで2点を追加して3−0。7回表武田ジェッツ驚異の粘りで、先頭佐々木選手がレフトオーバー二塁打、矢追選手ヒットで1点目、香川選手は三塁打で2点目、さらにエラーで同点、そして志垣選手のヒットで3−4と逆転するが、ここで時間切れにより試合終了。規定により、6回裏終了時スコア3−0で世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹G Mコメント 私の不手際によりご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。試合結果につきましては快くご理解ご了承いただき大変感謝しております。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  チョコボールズ関東 0 - 5 世田谷ペンギンズ 2005/5/28(土)15:00-18:00 三ッ池公園

 

 

ゲーム内容 初回世田谷ペンギンズは四球、内野安打、犠牲フライなど1安打で2点を先制。2回にもノーヒットで1点追加とチョコボールズ関東の立ち上がりを攻めた。その後膠着状態になるが世田谷ペンギンズは6、7回に追加点を奪い5−0とし、伊藤(淳)投手、林投手のリレーでチョコボールズ関東打線を1安打無失点に抑え、世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹G Mコメント 緊張感のあるいい試合でした。またの対戦よろしくお願いします。

 

 

  世田谷ペンギンズ 9 - 0 オールジャパン 2005/5/3(祝)17:00-19:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 初回世田谷ペンギンズはオールジャパンの立ち上がりを攻め、無死満塁のチャンスから伊藤(崇)選手のヒットで1−0と先制。3回にも満塁から大石選手の右中間二塁打で3−0。一方オールジャパンは世田谷ペンギンズ先発林投手の好投の前に得点を奪えず、4回に一死満塁のチャンスを作るも走塁ミスで無得点に終わると、その裏世田谷ペンギンズは打者一巡の猛攻で4点を奪い7−0とし、5回にも2点を追加したところで時間切れで試合終了。
川久保繁樹G Mコメント GW中にもかかわらず、調整していただきありがとうございました。またの対戦よろしくお願いいたします。

 

 

  Ambitious 3 - 6 世田谷ペンギンズ 2005/4/29(祝)17:00-19:00 江東区潮見野球場

 

 

ゲーム内容 Ambitousは世田谷ペンギンズの立ち上がりを攻めいきなり3−0と試合の主導権を握った。世田谷ペンギンズは3回に動き林投手に交代し、三者凡退に打ち取り流れを止めると、4回それまで好投していたAmbitous木内投手は先頭打者を四球で出し、さらに味方守備の乱れもあって無死満塁、世田谷ペンギンズはこのチャンスに犠牲フライで1点、続く小坂選手はセフティーバントをするとこれを悪送球しボールは外野フェンスまで到達し打った小坂選手までホームにかえり逆転した。世田谷ペンギンズは5、6回にも1点づつ追加し、林投手は4回7三振の好リリーフで世田谷ペンギンズが勝利。
川久保繁樹G Mコメント 1プレーでこれほど試合の流れが一変してしまうのかということを改めて思い知りました。前半の流れで行けばAmbitiousさんの大勝ムードでしたが、いや〜何があるかわかりませんね。また対戦よろしくお願いします。

 

 

  世田谷ペンギンズ 6 - 5 JOYTHULL 2005/4/23(土)15:00-17:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 世田谷ペンギンズは初回いきなり一死満塁のチャンスに送球エラーで2点を先制。その後両チーム1点づつを奪い3-1。そして5回。まずJoythullが下位打線の連続ヒットでチャンスを作ると野選、相手エラーなどで3点を奪い逆転に成功するが、その裏世田谷ペンギンズはすかさずエンドランで同点、さらに満塁から外野犠牲フライで再逆転した。最終回1点を追うJoythullはまたもや下位打線がチャンスを作ると1番石橋選手がセンタオーバーの三塁打を放ち同点にしたが、その裏世田谷ペンギンズは1死から土屋選手がヒット、井街選手死球で一二塁としここでダブルスチールを敢行、これを捕手が悪送球してサヨナラで世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹G Mコメント Joythllさんの若さと熱気でペースに引き込まれないよう必死に踏ん張りました。またよろしくお願いします。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.