全国軟式野球ストロングリーグ

2009成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2009成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  BlackJack 2 - 3 戦乃勝 2009/9/20(日)9:00-11:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 戦乃勝石原投手、BlackJack小林投手の先発マウンド。BlackJackは初回1番小林選手の四球、2番渥實選手の死球で無死一塁二塁から三番久綱選手の送りバントを3塁に悪送球の間に先取点。なおも無死一塁三塁で一塁ランナー盗塁の間に三塁ランナーが返り2点目をあげる。戦乃勝は4回先頭の紅林大選手がセンターオーバーの2塁打からチャンスを作ると、7番荻野選手がサードゴロ内野安打で1点を返す。さらに六回一死2塁でまたもや荻野選手がセンターにタイムリー2塁打でようやく同点に追いつく。そして七回9番石川選手の内野安打、盗塁で無死2塁から一番渡邊光選手が決勝のレフトオーバーの2塁打でついに逆転。守っては3回から投げた堤選手が5回ロングリリーフで0点に抑えて、戦乃勝が3対2で勝利しました。
紅林和宏マネージャーコメント Black Jack さまグラウンド手配および審判の手配ありがとうございました。また対戦をお願いできればとおもいます。

 

 

  BlackJack 3 - 2 東京どうなんや 2009/8/9(日)11:00-13:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 『東京どうなんや』の先攻で始まる。1回は両チームとも無得点・・・2回表、『東京どうなんや』の打撃の片鱗を見せる。甘い球は見逃すことなく、低めに落とす球をもバット・コントロールでヒットにもって行き、2点先行!!その後、投手戦となり、得点を与えない両投手。このままでは終われない『BJ』の5回裏、ヒット、二塁、そして『東京どうなんや』のバッテリーミスで三盗&隙を突くホーム・スチール(かなり強引(^^ゞ)で1点を返す!!『BJ』は6回表の『東京どうなんや』の攻撃をしぶとくかわし6回裏の『BJ』の攻撃・・・ヒット&盗塁×2で1点を取り2-2の同点!!そして・・・あまり‘当たり’のない8番・・・ここしか打てない(^^ゞ球が来た!!フル・スウィングでレフト前のさよならヒット!!
堀田 康二渉 外コメント もの凄い湿気&高温の中、両チームの皆様・・・御苦労さまでした(^^ゞ・・・両チーム共、ゾンビ化(^^ゞした方を御見受けしましたが・・・その後、人間に戻れたのでしょうか(^^ゞ・・・心配でなりません(^_^メ)どうぞ、お体御大事に(-。-)y-゜゜゜

 

 

  BlackJack 2 - 3 Nippo 2009/8/2(日)9:00-11:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 BlackJack1回裏二死満塁のチャンスを作るも河内投手に三振に打ち取られ無得点。Nippoも2回表エラーで走者を出すも走塁死でチャンスを潰す。しかし3回表二死二塁の場面で2番田村選手がレフトオーバーの2塁打で1点を先制する。だがBlackJackもその裏四死球で二塁一塁の場面で5番石沢選手のセンター前安打で同点。その次の回にも中條選手の絶妙なスクイズで逆転。Nippo苦しい展開の中6回表に一死から能登屋選手、田村選手の連続本塁打で逆転する。その裏を河内投手が抑え時間により6回で試合終了となり、Nippo勝利。
鈴木 雅嗣G Mコメント 時間ぎりぎりの中ありがとうございました。

 

 

  BlackJack 2 - 9 戦乃勝 2009/7/26(日)11:00-13:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 戦乃勝堤投手、BlackJack中島投手の先発マウンド。戦乃勝は初回ワイルドピッチ、犠牲フライ、タイムリーヒットで3点をあげると、BlackJackもその裏ワイルドピッチで1点を返す。2回表1番渡邊光選手のレフトオーバーのタイムリー二塁打に続き紅林大選手がライトオーバーの2点本塁打で追加点。投げては堤投手、石原投手がBlackJackの反撃を2点で抑えて、戦乃勝が9対2で勝利しました。
紅林和宏マネージャーコメント BlackJackさん暑い中試合おつかれさまでした。グラウンドの確保&審判のご手配ありがとうございました。また対戦をお願いします。

 

 

  BlackJack 4 - 4 2009/7/12(日)9:00-11:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 双方の投手が序盤に制球に苦しみ失点するも、後半立ち直り相手に得点を与えず・・・そのまま時間切れとなる。
堀田 康二渉 外コメント

 

 

  BlackJack 7 - 0 2009/6/21(日)13:00-15:00 二子玉川運動施設野球場A面

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に活動体制なくBlackJack不戦勝
堀田 康二渉 外コメント

 

 

  BlackJack 1 - 5 荒川RED MAX 2009/6/14(日)10:00-12:00 多摩川緑地野球場4面

 

 

ゲーム内容 BlackJack、REDMAXの両投手とも四球が少なく、2回まではお互い0点の締まった試合。しかし、珍しく、REDMAXのクリーンアップが機能して、3回裏、5回裏にそれぞれ2点、3点を取る。一方のBlackJackも、センターオーバーの本塁打で5回に1点を取るものの、反撃及ばず。
松山航主 将コメント グラウンド、審判のアレンジありがとうございました。また是非、対戦お願い致します!

 

 

  BlackJack 7 - 5 東京KOREANS 2009/5/10(日)11:00-15:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 相手はフル・スウィングの‘打’のチーム、対する我々は‘守’のチーム・・・コーナーを丹念に突くも相手の好打で先取される。しかし最終回、我々は粘りっこく相手投手から四球を選び逆転勝利!!
堀田 康二渉 外コメント 爽やかなチームと対戦出来てとても嬉しく思っております(^_-)-☆

 

 

  BlackJack 4 - 3 StingRays 2009/3/29(日)11:00-13:00 世田谷公園

 

 

ゲーム内容 StingRays鷹木投手、BLACJACK高山投手の先発マウンド。1回表、StingRaysは高山投手の立ち上がりが不安定なところを突き、BLACKJACKの守備の乱れとスクイズや鷹木投手のタイムリーなどから3点を先制。2回裏、BLACJACKは石沢選手のヒット、半田選手の絶妙なセーフティーバントにより二死一二塁から高山投手が中前テキサスヒットで1点の反撃。3回裏、BLACJACKは澤田選手、堀田選手の連続長打により1点差に詰め寄り、続く澤選手の犠飛により同点に追いつく。5回表、StingRaysは一死満塁のチャンスから石井選手のレフトへの飛球によりタッチアップで勝ち越しかと思われたが、澤選手から小林選手、半田捕手へのスムーズなリレーにより本塁タッチアウトとなり勝ち越せず。最終回の6回裏、BLACKJACKは代わった佐藤投手から四球を足がかりに二死一二塁から久綱選手の左前安打へのサヨナラ安打により劇的な幕切れとなった。試合はStingRays優勢であったが、数少ないチャンスをうまく活かしたBLACJACKがストロングカップ初勝利となった。
堀田 康二渉 外コメント 須澤様、StingRaysの皆様、対戦ありがとうございました。おかげさまで緊張感のある良い試合ができました。また是非対戦の程お願い致します。

 

 

  BlackJack 7 - 0 東京どうなんや ----- -----

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に東京どうなんや活動体制なくBlackJack不戦勝
堀田 康二渉 外コメント

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.