全国軟式野球ストロングリーグ

2013成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2013成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  東京バンバータ 4 - 5 青木製作所Snugs 2013/6/23(日)16:00-18:00 東京都薬業健康保険組合グランドA面

 

 

ゲーム内容 先攻の東京バンバータは草野投手、後攻のSnugsは有川(竜)投手の先発マウンドで試合はスタート。立ち上がり二回まではお互い無得点。先制したのはSnugs、3回裏に先頭が三塁打で出塁すると、1番横田選手が左越え二点本塁打を放ち2−0とする。東京バンバータもすぐ4回表に犠牲フライで1点を返し2−1。ここで東京バンバータは河田投手にスイッチするが、Snugsの勢いは止まらず4回裏の攻撃、死球で出たランナーが相手のミスで進塁し、無死三塁から4番千葉選手の内野ゴロの間に1点追加。更に5番小畑選手が内野安打で出塁すると、6番川村選手がセンターへ二点タイムリーを放ち、5−1と突き放す。東京バンバータは毎回ランナーを出すも、有川(竜)投手の粘りのピッチングにあと一本が出せないでいたが、最終回に猛反撃を仕掛ける。無死一三塁のチャンスに2番高橋選手の二点タイムリー二塁打と4番本池選手のタイムリー二塁打などで一点差に詰め寄るが、最後はSnugs有川(竜)投手が何とか踏ん張り、5−4でSnugsが勝利を手にした。
有川竜也G Mコメント 長尾様、チームの皆様、この度は対戦有難うございました。また、審判と球場の手配も誠に有難うございます。また是非胸を貸して頂きたいと思います。今後とも宜しくお願いします。

 

 

  東京バンバータ 12 - 0 相模KOT’S 2013/4/28(日)13:00-15:00 大宮健保グランド38番

 

 

ゲーム内容 東京バンバータ河田投手、相模KOT’S吉田投手の先発マウンド。先行の相模KOT’Sを3人で打ち取ると、後攻東京バンバータは1回裏、二死から3番八木が死球で出塁すると4番梅田のライト前ヒットと盗塁で二死二三塁の好機を作り、5番長尾のレフトへのヒットで2点を先制。さらに2回は先頭の7番本池のセンターへの二塁打と相手エラーから好機を作り、2番渡辺のライト前、3番八木の右中間三塁打、4番梅田のレフト前の3連打が飛び出しこの回打者一巡の猛攻で5点を追加。中盤は、相模KOT’S2番手の泉投手とバンバータ河田投手の好投で両者無得点のまま終盤へ。6回裏相模KOT’S3番手の阿部投手から東京バンバータは相手のエラーと安打で得点を重ね、5番長尾のレフトへの2点本塁打で5点を追加し試合を決めた。投げては河田投手が、最終回に見方のエラーが重なり無死一三塁としたが無得点に抑え、1安打6奪三振の完封で東京バンバータが12-0で勝利。
広崎 伸渉 外コメント 遠いところ、ありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願いします。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.