全国軟式野球ストロングリーグ

通算成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

通算成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  MKY88 2 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2016/7/31(日)12:15-14:15 大宮健保グラウンド28面

 

 

ゲーム内容 MKY88高橋投手、グリーンセレモニーアスレチックス松本投手の先発マウンド。試合が動いたのは3回表、MKY88は先頭の中島選手が四球で出塁すると、1番増田選手の3塁打で1点を先制する。5回表にも7番石塚選手が3塁打を放つと守備が乱れた間に一気に還り1点を追加した。高橋投手は序盤にピンチを迎えるも得点を与えず、試合はMKY88が2-0で勝利。
石塚将大G Mコメント グラウンド手配ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 2 サンヒットB.B.C 2016/7/24(日)11:00-15:00 滝が原野球場4面

 

 

ゲーム内容 サンヒットBBCが2回表に打線が繋がり1点を先制。GCアスレチックスも1.2.3回とスコアリングボジションに走者を進めるが得点ならず。すると5回表にサンヒットBBC・杉村が一死から二塁打でチャンスを作り、二死後岩浅のタイムリーで1点を追加。GCアスレチックスの反撃を凌ぎ、サンヒットBBCが2-0で完封勝利した。
落水 剛渉 外コメント GCアスレチックスの皆様。対戦することが出来て大変嬉しかったです。また胸を貸して頂けるよう活動して参りますので今後共宜しくお願いします。

 

 

  プリンズ 0 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2016/7/24(日)9:00-11:00 滝が原野球場4面

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス松本投手、プリンズ菊池(理)投手の先発で試合開始。1回表のプリンズは一死から内野安打とフィルダースチョイスで一塁二塁のチャンスを作る。しかし後続が倒れて無得点に終わる。その後は息詰まる投手戦が続く。4回表のGCアスレは、川島選手が内野安打で出塁。続く有馬選手の内野ゴロで二塁ホースアウト後に一塁への送球が逸れて、有馬選手が二塁へ進む。ここで岡田選手にセンター前安打が飛び出して、GCアスレチックが1点を先制する。その後は両チーム三人で終わる攻撃が続き、結局GCアスレ松本投手が2安打完封で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント プリンズの皆様対戦ありがとうございました。久しぶりの対戦を楽しみにしておりました。4回のワンチャンスのみで、完全に抑え込まれました。チーム力はプリンズさんが上です。今後も切磋琢磨の程宜しくお願い致します。

 

 

  スタイガー 0 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2016/7/10(日)8:00-10:00 江戸川河川敷

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス篠崎投手、スタイガー亀山投手の先発で試合開始。3回表のスタイガーは先頭の小畑選手がファースト後方に落ちるフライで出塁すると、犠打で送り、さらにアスレの失策もあって二死一塁三塁のチャンスを作る。ここはセカンドフライとなってチェンジ。6回表のスタイガーは、先頭の山本選手がセンター前安打で出塁して、盗塁を敢行するが、ここは盗塁死となってチャンスを潰える。GCアスレ打線も増村選手の安打1本に抑えられる投手戦で、7回終了も両軍スコアレスで決着がつかずに延長戦に突入。8回表のスタイガーは、二死から亀山選手がセンター前安打で出塁するも、後続が倒れて無得点。8回裏のアスレは、先頭の久保川選手が三塁失策で出塁。続く五十嵐選手は送れずに、一死一塁で篠崎選手が打席に入る。ここでバスターを強振するとレフト左を深々と破る三塁打を放ち、一塁から久保川選手がホームインして、GCアスレチックスがサヨナラ勝ちする。
岡野 勇士監 督コメント スタイガー小西様、選手の皆様対戦ありがとうございました。7回までは打線が完全に抑えられ、また内容も押されておりました。あの一打はたまたまです。また対戦する機会がございましたら宜しくお願い申し上げます。

 

 

  津嶋倶楽部 1 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2016/5/22(日)9:00-12:00 習志野市営秋津球場

 

 

ゲーム内容 津嶋倶楽部平間投手、GCアスレチックス兎澤投手の先発で試合開始。2回裏にGCアスレチックスが一死三塁から送球ミスで1点を先制する。4回表の津嶋倶楽部は、遊失策と死球で無死一塁二塁のチャンス。ここはダブルプレイで無得点に終わる。GCアスレチックスは4回裏に二死満塁、5回裏には無死満塁のチャンスを作るが、拙攻で無得点に終わる。すると、6回表の津嶋倶楽部は連打で一死一塁三塁のチャンスを作ると、一塁ランナーが牽制で挟まれている間に、三塁ランナーがホームインして同点に追いつく。すかさずGCアスレチックも6回裏に増村選手の二塁打と兎澤選手の三塁打、さらに篠崎選手にもタイムリー安打が出て3得点する。最終回をGCアスレチックス兎澤投手が3人で抑えてゲームセット。GCアスレチックスが4対1で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 津嶋倶楽部の西村様をはじめ選手の皆様、この度は素晴らしい球場を用意していただいての対戦ありがとうございました。最後まで緊張感のある紙一重の試合だったと思います。また対戦する機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 0 Naughty 2015/11/29(日)9:00-12:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス先発は松本投手、Naughty先発は柳田投手と先週と同じ先発で試合開始。2回裏のGCアスレは、二死二塁三塁から1番齋藤選手が左中間への2点タイムリー安打を放って先制する。3回にも5番山島選手の二塁打と6番渋谷選手の内野安打で無死一塁三塁となると、7番増村選手のスクイズで1点、さらに9番松本選手のタイムリー安打と1番齋藤選手の2点タイムリー三塁打で、この回4点を加点する。GCアスレ松本投手は5回被安打1本でゲームを作ると、6回から兎澤投手にリリーフ。6回裏のGCアスレは、二死二塁から4番岡田選手にタイムリー二塁打が出て1点を追加。兎澤投手は7回表を三人で抑えて、GCアスレチックスが勝利する。
岡野 勇士監 督コメント Naughtyの皆様並び齋藤様、この度は遠征での再戦ありがとうございました。今回の試合はたまたまで、Naughtyさんが実力者であるのには変わりません。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  Naughty 1 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2015/11/22(日)10:00-12:00 夢の島グランド7面

 

 

ゲーム内容 両チームの好投手が力投し1-1の引き分けで後日再試合。
齋藤 竣亮G Mコメント 岡野様、対戦ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 1 小野建ライオンズ 2015/11/1(日)13:15-15:15 滝が原野球場7面

 

 

ゲーム内容 小野建ライオンズの先攻でプレイボール。先制は小野建ライオンズ、3回表に2本のヒットに相手のエラーもありラッキーな形で1点を先制。今回はこの1点が試合を決めた…小野建ライオンズは先発/山崎が3安打で完封。GCアスレチックス/兎澤投手も4安打と試合を作ったものの、1つのミスが試合を決める結果となった。
脇 悠之渉 外コメント 岡野監督、選手の皆様、有難う御座いました。今回、初顔合わせでしたが、緊迫した良い経験をさせて頂きました。今後もこういった舞台で対戦できるよう頑張りたいと思います。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 4 - 0 品川OBクラブ 2015/11/1(日)9:15-11:15 滝が原野球場7面

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス松本投手。品川OBクラブ中村投手の先発で試合開始。両チームの出来が良く3回までスコアレスの投手戦。4回表のGCアスレチックスは一死から川島選手と山島選手の連打で二塁三塁とすると、岡田選手の遊ゴロの間に1点を先制する。6回にもGCアスレは、川島選手と山島選手の連打で2点を加点。7回にも久保川選手の二塁打から高橋選手の内野安打で一塁三塁のチャンスを作ると、渋谷選手の内野ゴロの間に1点を加点する。GCアスレ松本投手は被安打2本に抑える投球で完封ピッチング。GCアスレチックスが4対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 中村様をはじめ、品川OBクラブの皆様。この度は対戦ありがとうございました。初対戦でしたが、マナーも良く元気もあって素晴らしいチーム様でした。また機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 

  東京バンバータ 0 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2015/10/18(日)11:30-14:00 大宮健保グラウンド11面

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス兎澤投手、東京バンバータ藤本投手の先発で試合開始。1回表の東京バンバータは先頭の広ア選手がいきなり内野安打で出塁するが、牽制死となって無得点に終わる。1回裏のGCアスレチックスは一死から川島選手の内野安打と送球暴投で二塁へ進む。しかし後続が倒れて無得点に終わる。その後は投手戦となって中盤に進む。東京バンバータ藤本投手は6回被安打2本とまとめて、7回から亀谷投手に継投。GCアスレチックス兎澤投手も8回被安打1本にまとめて、9回から松本投手に継投に入る。両軍9回で決着がつかずに延長10回サドンデスに突入。10回表の東京バンバータは4番長尾選手から始まる好打順も遊ゴロと三振で無得点に終わる。10回裏のGCアスレチックスは6番久保川選手から始まる打順。ここで3球目が久保川選手の頭部に当たる死球となり、GCアスレチックスが押し出しでサヨナラ勝ちとなる。
岡野 勇士監 督コメント 東京バンバータの皆様、この度は対戦ありがとうございました。決勝戦にふさわしい緊張感MAXの良い試合だったと思います。まだまだ実力的にはバンバータさんの方が上ですが、今後も切磋琢磨させていただければと思います。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 1 - 0 GT横浜ライオンズ 2015/10/10(土)11:00-14:00 東京薬業健保グランド

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス兎澤投手、GT横浜ライオンズ横溝投手の先発で試合開始。投手戦の中、3回裏のGCアスレは一死から9番安富選手の内野安打と1番高橋選手の死球で一塁二塁のチャンス。二死となるが、3番山島選手がレフト前にタイムリー安打を放ち1点を先制する。GCアスレ兎澤投手は6回までパーフェクトピッチング。最終回も二死まで完全投球で進むが、ここでレフト前に安打を打たれる。しかし、後続を抑えてゲームセット。GCアスレチックスがワンチャンスをものにして1対0で逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント 細野様ならびGT横浜ライオンズの皆様、遠方まで来ていただきましてありがとうございました。また対戦の機会があると思いますが、今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  PKM. 1 - 21 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2015/9/12(土)8:00-10:00 豊島総合運動場A面

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス兎澤投手、PKM小西投手の先発で試合開始。1回裏のGCアスレチックスは、二死一塁から4番渋谷選手の三塁打で1点を先制。GCアスレは2回裏にも3点を加点すると、3回裏にも中野選手の本塁打等打者14人の攻撃で10点を加点。4回表のPKMは、この回から代わったGCアスレチックス高橋投手から四球とワイルドピッチで二死二塁を作ると、5番大浦選手が右中間に二塁打を放って1点を返す。4回裏のGCアスレは、大塚選手と増村選手のも本塁打が飛び出し、打者11人の攻撃で7点を追加する。5回表のPKMは二つの四球でランナーをためるが、あと1本が出ずにここで時間となりゲームセット。GCアスレチックスが3回戦に進む。
岡野 勇士監 督コメント PKMの皆様、対戦ありがとうございます。またグランドと審判の手配もありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 4 青木製作所Snugs 2015/8/23(日)10:00-12:00 荒川総合運動公園野球場A面

 

 

ゲーム内容 先攻GCアスレチックスは松本投手、後攻Snugsは有川(竜)投手の両エースのマウンドで試合はスタート。3回までは両投手がしっかりと抑える上々の立ち上がりで投手戦が予想される。しかし4回裏のSnugsの攻撃、先頭の2番川村が右中間を破る二塁打で出塁すると、3番山口(大)の送りバントが野選で無死一、三塁となりチャンスが広がる。しかし4番、5番が打ち取られ流れが止められかけるが、6番千葉が四球を選び二死満塁とする。ここで回ってきたのが、準決勝でサヨナラ打を放っている7番藤井。カウント2-3から松本投手の甘く入った変化球を振り抜き、なんと値千金の満塁本塁打。四点の援護をもらった有川(竜)投手は、6回までアスレチックス打線を1安打で抑える好投を見せるが、7回表のアスレチックスの攻撃、1番大塚が中前打で出塁し、続く2番川島が左前打で無死一二塁とチャンスメイク。しかし、その後の打者が打ち取られ、スコア4-0で試合終了。Snugsの有川(竜)投手は三塁を踏ませないピッチングで、被安打3、四球1の完封勝利。
村上隼人G Mコメント 岡野監督、チームの皆様、この度は対戦ありがとうございます。素晴らしいチームとこのような決勝戦という舞台で対戦させて頂けたことを本当に嬉しく思います。また熱い試合が出来るように精進して参りますので、今後ともよろしくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 0 TABOO 2015/8/23(日)13:00-17:00 荒川総合運動公園

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス角野投手、TABOO日名田投手の先発で試合開始。両投手の出来が良く、中盤まで0行進で進む。5回裏のGCアスレチックスは先頭の5番中野選手のライト前へのポテン安打と、6番渋谷選手のセンター前安打、さらに7番山島選手が死球となり無死満塁となる。ここで久保川選手がセンター前に2点タイムリー安打で先制する。さらに安藤選手の進塁打で一死二塁三塁とすると、1番大塚選手がエンドランを決めて1点を追加する。6回表のTABOOは2個の四球で二死一塁二塁。最終回も二死一塁二塁を作り長打で同点の場面を作るが、後1本が出ずに無得点に終わりゲームセット。GCアスレチックスがワンチャンスの差で逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント TABOO永富様、選手の皆様対戦ありがとうございました。一度のチャンスでの運の差でけでした。是非ストロングカップの方頑張ってください。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 0 豊島オーガビッツ 2015/8/9(日)8:00-12:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に豊島オーガビッツ活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント また対戦機会がございましたら、宜しくお願い申し上げます。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 10 - 1 サイレンス 2015/8/2(日)9:00-11:00 滝が原球場7面

 

 

ゲーム内容 サイレンス深田投手、GCアスレチックス角野投手の先発で試合開始。1回裏のGCアスレチックスは先頭の大塚選手がセンター前安打で出塁して、川島選手の進塁打で二塁へ進むと、3番齋藤選手の二塁打で1点を先制する。サイレンスも3回に二死一塁二塁、4回にも無死一塁二塁とチャンスを作るが無得点に終わる。5回表のGCアスレチックスは、二死満塁から2番川島選手の二塁打で2得点、さらに三番齋藤選手の左中間を破るランニングホームランで3点を加点。6回裏のサイレンスは二死三塁から8番齋藤選手のレフト前安打で1点を返す。7回表のGCアスレチックスは一死満塁から4番岡田選手の右中間への満塁ホームランで4得点。GCアスレチックスは最終回をリリーフの兎澤選手がしっかりと抑えてゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント サイレンスの皆様、猛暑の中対戦ありがとうございました。中盤は内容で押されておりましたし、苦しい試合でした。また対戦の機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 1 59’s 2015/8/2(日)13:30-15:30 滝が原球場7面

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス松本投手、59`s森投手の先発で試合開始。1回裏のGCアスレチックスは1番大塚選手のセンター前安打と2番川島選手の内野安打で一塁二塁とすると、3番齋藤選手のレフト前安打で1点を先制。さらに5番中野選手の二塁打で1点を加点する。4回表の59`sは3番森選手が三塁打で出塁すると5番吉田選手のサードゴロの間に1点を返して1点差となる。4回裏のGCアスレチックスは二死三塁から8番渋谷選手のタイムリー安打と9番安藤選手の内野安打の間に2点を加点。5回表の59`sは8番浅田選手の内野安打と1番吉崎選手の二塁打で一死二塁三塁のチャンス。しかし後続が倒れて無得点に終わる。5回裏のGCアスレチックスは6番山島選手のタイムリー等で2点を追加。6回裏にも中野選手の二塁打で1点を加点する。GCアスレチックスは最終回のマウンドに兎澤選手を投入。一死から9番今村選手に安打を許すが、後続を抑えてゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント 59`sの皆様、猛暑の中での連戦お疲れ様でした。59`s体制での対戦は初めてとなりましたが、山崎選手や森投手との対戦での再会は感慨深いものがありました。点差ほどの差は無いですし、苦しい試合でした。今後の貴チーム様の益々の活躍を楽しみにしております。今後とも宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 9 - 5 Naughty 2015/7/19(日)12:00-14:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス篠崎投手、Naughty宇内投手の先発で試合開始。1回表のNaughtyは1番久保選手がレフト前安打で出塁すると、2番小野寺の左中間への二塁打で1点を先制する。さらにNaughtyは2回表にも6番齋藤(憲)選手の内野安打から、8番宇内選手のレフトオーバーのツーラン本塁打で2点を加点する。2回裏のGCアスレチックスは、4番岡田選手のレフト線への二塁打から三塁へ進むと、7番増村選手の犠飛で1点を返す。GCアスレは3回裏にも1番大塚選手の右中間への二塁打と盗塁で三塁へ進むと、3番齋藤選手の内野安打で1点を返し、さらに4番岡田選手の一塁後方へのフライがポトリと落ちて3対3の同点に追いつく。さらにGCアスレは4回裏に打者11人の攻撃で6点を加点して逆転する。6回表のNaughtyは4回から代った兎澤投手から、1番久保選手が左中間の三塁打で出塁すると、2番小野寺選手の犠飛で1点を返す。さらに6回表には5番藤ア選手がレフトオーバーの特大の本塁打を放ち9対5と追い上げる。最終回はGCアスレ兎澤投手が抑えてゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント Naughty様並び齋藤様、この度は対戦ありがとうございました。また猛暑の中での厳しい試合お疲れ様でした。Naughty様の迫力ある打撃に圧倒されました。また対戦する機会があると思いますので宜しくお願い致します。

 

 

  風船会FARAWAYS 3 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2015/7/11(土)18:30-20:30 錦糸公園野球場A面

 

 

ゲーム内容 猛暑のナイターで行われた一戦は2回表に風船会が5番・佐藤(竜)選手が右中間を破る三塁打で先制すると、続く6番・佐々木選手もライト前に運び2点を先制。さらに6回には一・三塁からの重盗の間に1点を追加。しかしその裏、GCアスレチックスは4番・久保川選手が2点タイムリーを放ち一点差に。迎えた最終回裏、前の回からリリーフした佐藤(路)投手がGCアスレチックスの反撃をなんとか断ち風船会が一点差で逃げ切った。
南部浩史G Mコメント 岡野監督はじめGCアスレチックスの皆様、この度はご対戦および遠方よりご足労いただきまことにありがとうございました。また再三の雨天中止により、直前での日程調整にご協力頂き大変感謝しております。この試合は当方にツキがあり運よく勝利できましたが、皆様の技術はさることながら野球に対する姿勢などまだまだ当方では到底およばないものを感じることができ、大変勉強させて頂きました。この試合で学べたこと活かし精進していきますので、ぜひ機会がございましたらまた胸をお貸しいただけると幸いです。今後も何卒よろしくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 0 ROOKIES 2015/6/14(日)13:00-16:00 東京薬業健保グランド

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス角野投手、ROOKIES平岡投手の先発で試合開始。2回裏のGCアスレは先頭の増村選手のセンター前安打から満塁となり、篠崎選手のレフトオーバーの二塁打で2点を先制。さらに失策から2点を追加して4点を先制する。3回裏にも松本選手のタイムリー安打で2点を追加。4回裏にも1番高橋選手がレフト前安打から三塁まで進み、3番渋谷選手の内野ゴロの間に1点を追加する。GCアスレ先発の角野投手は5回を無安打でまとめて、6回から兎澤投手にリレー。兎澤投手も2回を無安打に抑えてゲームセット。GCアスレチックスが勝利する。
岡野 勇士監 督コメント ROOKIES田中様をはじめ、選手の皆様、遠方から遠征に来ていただきましてありがとうございます。また対戦の機会がございましたら宜しくお願い致します。対戦ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 1 東京バンバータ 2014/11/2(日)13:15-15:15 滝が原球場 6面

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス篠崎投手、東京バンバータ亀谷投手の先発で試合開始。試合が動いたのは3回裏、東京バンバータは一死から1番広崎が左中間二塁打で出塁すると内野ゴロと四球により二死一三塁とチャンスを作り、迎えるは4番広岡。投手ゴロでチェンジかと思われたが、失策により1点を先制。この1点を先発の亀谷が散発3安打、三塁を踏ませない投球で見事完封勝利。ジャパンカップ2014東日本1部制覇に王手をかけた。
広崎 伸渉 外コメント GCアスレチックスの皆様、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2 - 0 GT横浜ライオンズ 2014/11/2(日)9:15-11:15 滝が原野球場 6面

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス松本投手。GT横浜ライオンズ佐竹投手の先発で試合開始。2回表のGT横浜ライオンズは先頭の4番山口選手が左中間への二塁打で出塁。一死後6番鈴木選手が犠打で送って二死三塁の先制のチャンス。しかし次打者が三塁ゴロとなって無得点。2回裏のGCアスレは先頭の6番渋谷選手の四球と、7番安藤選手のサード後方に落ちるポテン安打で無死一塁二塁のチャンス。ここを増村選手が犠打で送って一死二塁三塁となる。ここで9番松本選手の内野ゴロの間に二塁走者の安藤選手までホームに帰って2点を先制する。その後は投手戦となり、両チーム1安打ずつの締まった試合でゲームセット。GCアスレが2対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント GT横浜ライオンズの皆様対戦ありがとうございました。最後まで緊張感のある試合で、どちらが勝ってもおかしくない試合でした。またの機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 

  BIG☆B X 0 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2014/8/23(土)18:30-20:30 流山市営球場

 

 

ゲーム内容 BIG☆B中須投手、GCアスレチックス松本投手の先発で試合開始。1回表のGCアスレの攻撃は、二死一塁から四番岡田選手がライト戦への二塁打を放ち、一塁ランナーの川島選手が長躯ホームインし1点を先制する。対するBIG☆Bも1回裏に二番福山選手がセンター前安打で出塁し、盗塁と進塁打で二死三塁のチャンスを作る。しかし、ここはアスレ松本投手が踏ん張り無得点に抑える。4回裏のBIG☆Bは二死から四番栗選手がセカンド失策で出塁すると、五番真通選手がエンドランを決めて二死一塁三塁とチャンスを広げて六番合津選手を迎える。ここもアスレ松本選手が踏ん張り、捕手フライに打ち取ってピンチを凌ぐ。5回表のアスレは、先頭の渋谷選手がレフトオーバーの二塁打で出塁。続く安藤選手も犠打で出塁するが、一番渡辺選手が遊ゴロのダブルプレイに倒れて二死三塁となり、二番川島選手も三振に倒れて無得点。BIG☆B中須投手も踏ん張って追加点を与えない。6回表にもアスレは一死一塁二塁のチャンスを作るも、後続が倒れて無得点。6回裏のBIG☆Bも二死から三番梅田選手にライトオーバーの二塁打が出るも、後続が倒れて無得点と両エースの投手戦が続く。そのまま最終回を迎え、アスレはリリーフに兎澤投手を投入する。兎澤徒手は二奪三振を含む完璧なリリーフで三人で抑えてゲームセット。GCアスレチックスが初回にあげた虎の子の1点を守り切っての勝利。サマーサスピション三連覇を達成する。
岡野 勇士監 督コメント BIG☆Bの皆様 対戦ありがとうございました。1点を争う投手戦ということで、どちらが勝ってもおかしくなかったですし、最後まで緊張感MAXの良い試合だったと思います。これからも対戦が続くと思いますが、今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 3 村田クラブ 2014/8/3(日)9:00-11:00 滝が原球場6面

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス松本投手、村田クラブ神保選手の先発で試合開始。2回裏のGCアスレは、5番渋谷選手の安打から四者連続のセーフティーバントで2点を先制。3回裏にも6番増村選手の2点タイムリー安打で2点を追加。さらに、4回裏にも2番川島選手の2点タイムリーセンター前安打で2点を加点する。GCアスレは5回からマウンドに兎澤投手を投入。村田クラブは5回表にアスレ内野陣の失策から1点を返す。さらに村田クラブは6回表に兎澤投手を攻めて、無死満塁から4番奥村選手のセンター前2点タイムリー安打で2点を返す。続く5番田中選手も四球を選んでなおも無死満塁の追加点のチャンス。しかし、兎澤投手もここを踏ん張って三振ゲッツーでツーアウト。次打者も一塁ゴロに打ち取ってピンチを凌ぐ。このまま最終回はきっちりと抑えて、6対3でGCアスレチックスが逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント 村田クラブ様、猛暑の中対戦ありがとうございました。暑さの中での我慢比べの紙一重の試合だったと思います。またの機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 4 RED SOX 2014/8/3(日)13:00-15:00 滝が原球場6面

 

 

ゲーム内容 REDSOX鈴木投手、GCアスレチックス松本投手の先発で試合開始。1回表のアスレは、二死から3番木村選手が失策で出塁して二塁へ進む。ここで4番岡田選手がセンター前タイムリー安打を放ち1点を先制する。REDSOXも1回裏にすぐさま反撃。2番高城選手がセンター前安打で出塁し二塁へ進むと、4番大野選手のレフト前タイムリー安打で1対1の同点に追いつく。2回表のアスレは7番山本選手の二塁打から失策で1点を勝ち越す。さらに1番渡辺選手の右中間への二塁打で1点を加点して3対1とリードする。しかし、REDSOXも2回裏に二死満塁から押し出し四球で1点を返して1点差に詰め寄る。3回からREDSOXは村上投手を投入し、その後は投手戦となる。3対2でアスレ1点リードのまま最終回を迎える。7回裏のREDSOXは先頭の8番田所選手がセンター前安打を放つと、アスレ川島選手のリターンの一塁への返球が暴投となってボールデッドになり三塁へ進む。そして一死後1番の杉本選手が前進守備のセカンド後方に落ちるポテン安打でREDSOXが土壇場で同点に追いつく。猛暑の中の死闘は一死満塁にておこなわれる延長サドンデスに突入。8回表のアスレは、先頭の川島選手がレフト前安打で1点を先制。続く木村選手もスクイズを決めて1点を加点。さらに岡田選手のレフト線への2点タイムリー安打で4点のアドバンテージを作る。8回裏のREDSOXは先頭の4番大野選手がレフトへの犠牲フライで1点を返す。さらに5番中村選手もセンター前に安打を放ち二死満塁とプレッシャーをかける。しかし次打者が遊撃フライとなりゲームセット。猛暑の中での過酷な試合が終わる。
岡野 勇士監 督コメント REDSOX様並び藤本主将 対戦ありがとうございました。猛暑のなかでの、まさに死闘でした。どちらが勝ってもおかしくない紙一重の試合だったです。今後とも宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 11 大宮フェニックス 2014/7/20(日)14:30-17:00 大宮健保

 

 

ゲーム内容 大宮フェニックス阿部、グリーンセレモニーアスレチックス角野の先発でゲームスタート。初回大宮フェニックスは永野のタイムリーなどで2点を先制、アスレチックスもその裏斎藤のホームランで1点を返す。その後大宮フェニックスはアスレチックス先発角野、変わった渡辺を攻めて8対1とリードするがアスレチックスもフェニックスのミスなどで点差を詰めるが結局11対6で大宮フェニックスの勝利。
永野正人監 督コメント グリーンセレモニーアスレチックス岡野様この度は対戦ありがとうございました。ならびにグランド手配、審判手配もありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 10 - 6 天晴-appare- 2014/6/1(日)12:00-16:00 薬業健保グランドB面

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス角野投手、天晴appare平山投手の先発で試合開始。3回表の天晴appareの攻撃は、先頭の大塚選手が三塁失策で出塁。犠打などで二死二塁となり3番徳田選手を迎える。ここで徳田選手がライトオーバーの特大ホームランを放って2点を先制する。GCアスレは5回裏に先頭の角野選手がレフトオーバーの二塁打で出塁。1番に帰って渡辺選手の死球と木村選手のバント安打で無死満塁のチャンス。3番大塚選手が三遊間に抜けるかと思われる打球を桧山選手がダイビングキャッチ。しかし、一塁への送球の間に二塁ランナーの渡辺選手がホームに帰って同点に追いつく。さらに渋谷選手の内野安打でGCアスレが1点を勝ち越す。天晴appareは6回表に先頭の3番徳田選手が四球で出塁すると、4番国吉選手の遊撃ゴロは失策で無死一塁二塁とする。ここで5番桧山選手がライト前に同点タイムリー安打を放つ。さらに6番酒松選手のサードゴロの間に1点を勝ち越し。その後も失策で1点を追加されたところで、GCアスレは兎澤投手を投入。いきなり1番岡田選手にライト前安打を打たれて6対3と天晴appareがリードして終盤に突入。追い込まれたアスレは、6回裏に先頭の増村選手から連続四球でランナーをためる。パスボールで1点を返して、なおも無死満塁で2番木村選手を迎える。ここで木村選手がセンター前に2点タイムリー安打を放って同点に追いつく。続く3番大塚選手もエンドランを決めて逆転に成功。その後も連続押し出し四死球もあって、この回に7得点で逆転する。最終回の兎澤投手は死球でランナーを出してしまうものの、要所を締めて最終回を抑える。GCアスレチックスが10対6で辛くも逆転勝利をおさめる。
岡野 勇士監 督コメント 天晴appareの皆様 対戦ありがとうございました。強力打線の迫力が凄かったです。6回の逆転時には正直諦めかけました。また機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 5 - 0 東京BULLS 2014/5/5(祝)11:00-13:00 川口芝スポーツセンター

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス渡辺投手、東京BULLS山本投手の先発で試合開始。2回表の東京BULLSは、一死から5番児玉選手の遊ゴロが暴投となり二塁まで進む。6番室井選手もサードへの強襲安打で一死一塁三塁のチャンス。しかし後続が遊フライと三振となり無得点。2回裏のアスレは、先頭の5番渋谷選手が左中間への二塁打で出塁。6番篠崎選手が死球で続き、7番木村選手の犠打で一死二塁三塁となる。ここで8番安富選手がスクイズを決めて、GCアスレが1点を先制。3回表の東京BULLSは、先頭の9番瀬倉選手がセンター前安打で出塁。1番村田選手が犠打で走者を送って一死二塁の同点のチャンス。二死後、3番の森谷選手にレフトフェンス直撃の当たりが飛び出して同点かと思われた瞬間、レフト安藤選手の二塁への矢のような送球が、二塁走者のホームインより早く打者走者をアウトにしたため得点が認められずにチェンジとなる。4回表のアスレは、無死一塁二塁で8番安富選手の犠打が、送球ミスを誘って1点を追加。さらに1番松本選手のセンターへの犠飛で1点、2番増村選手のレフト前安打で1点と、この回に3点を加点。アスレ先発の渡辺投手は、3回以降は安定した投球でしっかり抑える。6回裏にもアスレは1点を追加して最終回を迎える。最終回の東京BULLSは先頭打者が投手強襲安打で出塁し反撃の狼煙をあげるが、後続が倒れてゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント 東京BULLS村田様には日程の件などで大変お世話になりありがとうございました。またBULLSの皆様、遠方まで遠征していただき感謝申し上げます。また対戦の機会がございましたら、宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 2 TABOO 2013/12/8(日)14:00-16:00 阪神甲子園球場

 

 

ゲーム内容 TABOO永富投手、GCアスレチックス角野投手の先発で試合開始。1回表のTABOOの攻撃は、先頭の蓮見選手がセンター前安打で出塁。続く2番夏目選手のバントが小フライとなり、GCアスレの渋谷選手がダイブするもボールを弾き、さらに一塁への送球が失策となって無死一塁二塁となる。3番越間選手のところでアスレバッテリーにパスボールがでて無死二塁三塁となる。ここで越間選手のサードゴロの間に1点を先制。さらに4番高橋選手も内野ゴロをころがして1点を追加。TABOOがゴロゴーの細かい野球でいきなり2点を先制する。1回裏のGCアスレの攻撃は、一死一塁二塁から4番岡田選手がセンター前に安打を放ち、1点を返して喰らいつく。4回表のTABOOの攻撃は、二死から5番百瀬選手が死球で出塁すると、盗塁で二塁まで進む。ここで6番岡田選手がレフト前に安打を放つと、百瀬選手が三塁を回ってホームに突っ込む。しかしアスレ守備陣がバックホームでホームで刺してピンチを凌ぐ。4回裏のアスレの攻撃は、一死から7番渋谷選手が四球で出塁すると、8番増村選手が犠打で送って二死二塁を作ってプレッシャーをかけて、9番小林選手に託す。ここで小林選手がセンター前に安打を放つと、渋谷選手がホームに突っ込む。微妙なタイミングではあったが、廻りこんでタッチをかわしホームに手を入れて間一髪セーフ。GCアスレが同点に追いつく。アスレ角野投手は尻上がりに調子を上げて5回・6回と三人で抑える。そして6回裏のアスレの攻撃は今まで不発だった6番上原選手が三塁打を放って出塁。続く7番渋谷選手が三振で倒れて8番増村選手を迎える。この生抜きのベテランがここで左中間へ値千金のタイムリー安打を放って、GCアスレチックスが1点を勝ち越す。そして最終回のマウンドにもアスレは角野投手を続投。ここを三人で抑えてゲームセット。GCアスレチックスが3対2で逆転勝利。紙一重の試合を征してJAPANCUP初優勝を遂げる。
岡野 勇士監 督コメント TABOO永富さんをはじめ、選手の皆様対戦ありがとうございました。益々進化しているTABOOさんの野球を目の当たりにしました。日頃の努力の成果だと思います。今回はたまたまウチに運が味方してくれましたが、どちらが勝ってもおかしくない試合でした。同じ埼玉県を主戦とするチーム同士、これからも切磋琢磨して頑張っていきましょう。

 

 

  ECO 1 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2013/12/8(日)10:00-12:00 阪神甲子園球場

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス松本投手、ECO高岡投手の先発で試合開始。1回裏のECOの攻撃は、先頭の佐藤選手がいきなり二塁打を放ち先制のチャンス。その後二死三塁となって、4番熊野選手を迎える。ここでアスレ渡辺捕手の三塁への牽制が決まって、三塁ランナーが牽制死となってアスレがピンチを凌ぐ。投手戦で試合が進んだ4回表のアスレの攻撃は、先頭の4番岡田選手が四球で出塁すると、一死後に6番大塚選手のところでエンドランを仕掛ける。これが左中間を破る三塁打となって、GCアスレが1点を先制。4回裏のECOの攻撃は、二死から4番熊野選手がセンター前安打で出塁すると、5番松本選手が右中間に二塁打を放ち、一塁ランナーの熊野選手がホームインして同点に追いつく。5回表のアスレの攻撃は、先頭の2番渡辺選手が四球で出塁すると、4番岡田選手もライト前安打で繋いで、一死一塁三塁のチャンスを作る。5番上原選手の内野ゴロの間に三塁ランナーの渡辺選手がホームインし1点を勝ち越す。アスレ松本投手は5回・6回と三人で抑えて、最終回を迎える。7回表のアスレの攻撃は、一死から3番齋藤選手が右中間への三塁打で出塁。続く4番岡田選手のところでエンドランを仕掛けるも、ボール球で失敗となり無得点に終わる。アスレは7回裏のマウンドにベテラン兎澤投手を投入。二死を取った後、6番西川選手が死球で出塁。ここでECOは代走に岩口選手を投入。三球目に盗塁を仕掛けるもアウトとなりゲームセット。甲子園開幕戦の緊迫した試合をGCアスレチックスが2対1で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント ECO様 対戦ありがとうございました。ジャパンカップの開幕戦に相応しい一進一退の攻防の良い試合だったと思います。また機会がありましたら、よろしくお願いします。

 

 

  マミーズ 0 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2013/11/10(日)11:00-13:30 大宮健保グラウンド

 

 

ゲーム内容 マミーズ不正登録選手出場のため、GCアスレチックスの勝利。
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  BIG☆B X 0 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2013/11/10(日)13:00-15:30 大宮健保グラウンド

 

 

ゲーム内容 BIG☆B酒井投手、GCアスレチックス角野投手の先発で試合開始。2回表のアスレの攻撃は、連続四球で無死一塁二塁のチャンスを作るも、痛い走塁ミスのダブルプレイもあり無得点。2回裏のBIG☆Bの攻撃も、5番真通選手が三塁失策で二塁に進むチャンス。ここで次打者三浦選手のバントが空振りとなって、二塁ランナーが飛び出してアウトとなる。しかし、三浦選手はレフト前安打と盗塁で一死二塁のチャンスを作るも、後続が倒れて無得点。4回表のアスレは一死から2番川島選手の二塁打と、4番岡田選手のライト前安打で二死一塁三塁のチャンス。しかし5番上原選手は投ゴロに倒れて無得点。BIG☆Bは、4回裏と5回裏に先頭打者が安打で出塁するも後1本が出ずに、両チーム無得点のまま終盤に進む一進一退の攻防。6回表のアスレは先頭の9番久保川選手が四球で出塁。続く1番渡辺選手も四球で続き無死一塁二塁のチャンス。2番川島選手のところでバントを引いたところ、代走で出ていた二塁ランナーの安藤選手が飛び出してしまいアウト。チャンスが潰えたにみえたが、川島選手がレフト前安打で繋ぎ、3番大塚選手も四球を選んで、一死満塁で4番岡田選手をむかえる。ここでBIG☆Bも西村投手に交代。ここで西村投手の初球が死球となって、アスレが1点を先制。さらに5番上原選手がエンドランを決めて1点を追加。6番斎藤選手のところでもワイルドピッチが出て1点を加点。6回表にアスレが3点を先制する。7回裏のBIG☆Bの攻撃は6番三浦選手が粘って四球を選んで出塁。7番合津選手が投ゴロとなって一死二塁となる。ここでアスレは兎澤投手を投入。後続をきっちり打ち取って、GCアスレチックスが3対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント BIG☆Bさん 対戦ありがとうございました。お互いの魂の込もった熱い試合ができたと思います。ワンプレイで流れが変わる紙一重の試合で、どちらが勝ってもおかしくない試合でした。今後ともよろしくお願いします。

 

 

  るーずそっくす 0 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2013/9/14(土)11:30-14:00 荒川総合運動公園野球場D

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス兎澤投手、るーずそっくす大貫投手の先発で試合開始。3回表にGCアスレは二死一塁三塁を作るも無得点に終わる。3回裏のるーずそっくすの攻撃は、先頭の7番大貫選手が二塁打で出塁し、三盗を決めて一死三塁の先制のチャンス。ここで9番山本選手は投ゴロになり、一塁への送球の間に、三塁走者がホームに突っ込むもアウトとなって併殺でチェンジ。6回表のGCアスレは3番大塚選手と4番岡田選手の連続安打と5番増村選手の犠打で一死二塁三塁のチャンス。満塁策をとった後7番篠崎選手が左中間に二塁打を放って2点を先制。8番山本選手にもレフトオーバーの本塁打が飛び出して2点を加点。6回の裏のルーズソックスは先頭の9番山本選手が二塁打で出塁して反撃の狼煙。しかし1番近江谷選手のサードライナーに二塁走者も帰塁できずに併殺となる。GCアスレの兎澤投手は要所を締めて、散発4安打での完封ピッチングでGCアスレが勝利する。
岡野 勇士監 督コメント ルーズソックスの皆様、対戦ありがとうございました。緊張感のある接戦でどちらが勝ってもおかしくない試合だったと思います。猛暑の中お疲れ様でした。

 

 

  ドリームスターズ 1 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2013/9/14(土)14:00-16:30 荒川総合運動公園野球場D

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス松本投手、ドリームスターズ山本投手の先発で試合開始。初回のアスレは一死二塁から、二つのワイルドピッチで1点を先制。すぐさま1回裏のドリームスターズは、セカンド失策と死球から盗塁を敢行して無死二塁三塁のチャンス。ここで3番富山選手がライトに犠牲フライを放ち、1対1の同点に追いつく。4回表のGCアスレは一死から5番増村選手の四球から、6番久保川選手がエンドランを決めて一死一塁三塁のチャンス。ここで、一塁走者が盗塁をするも、一二塁間に挟まれてアウトとなり万事休すかと思われたが、7番篠崎選手のボテボテのサードゴロが送球ミスを誘って、GCアスレが1点を勝ち越す。そして最終回のドリームスターズの攻撃は、先頭の三番富山選手がライト前安打で出塁。さらに二盗を決めて無死二塁の同点のチャンス。4番若杉選手はセカンドゴロで一死三塁となり、5番八木選手を迎える。ここでGCアスレの渡辺捕手は三塁への牽制を入れて、ランナーを刺してピンチを凌ぐ。GCアスレの松本投手は被安打2本、1失点の完投ピッチングでGCアスレが粘り勝ちをする。
岡野 勇士監 督コメント ドリームスターズの皆様、対戦ありがとうございました。果敢な走塁が素晴らしかったです。また、大変マナーも良くて気持ちよく試合をさせていただきました。これからが楽しみな良いチームですね。お疲れ様でした。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 4 - 0 T-Five 2013/9/14(土)10:00-13:00 北本総合運動公園野球場

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス松本投手、T-Five小宮選手の先発で試合開始。1回表のGCアスレの攻撃は、一死満塁から押し出し四球で1点を先制。3回表にも連続四死球で無死一塁二塁のチャンスとなると、T-Fiveは郷野投手を投入。後続を打ち取って無得点となる。その後は投手戦の展開。追加点をあげたのは6回のGCアスレの攻撃。二死から7番渋谷選手がセンター前安打で出塁すると、代打で山本選手を投入。ここで二塁打を放ち、一塁から渋谷選手が帰って1点を加点。GCアスレは7回に岡田選手のレフト線へのタイムリー安打で1点。8回にも渋谷選手のライト前へのポテン安打で1点を加点。GCアスレ先発の松本投手は連打を許さず、散発の4安打に抑えての完封ピッチングでMVPを獲得。GCアスレチックスがサマー連覇を達成する。
岡野 勇士監 督コメント 武川監督並びにT-Fiveの皆様、対戦ありがとうございました。どちらに勝利が転がってもおかしくない、緊張感のある試合でした。またジャパンカップで対戦できるといいですね。今後もよろしくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 1 - 2 TABOO 2013/7/21(日)8:00-12:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 TABOOはヒットと四球で走者をためると長岡の併殺打の間に二塁走者が三塁へ進み、高野がセンター前に弾き返し1点を先制する。TABOOは先頭が三塁打で出塁すると相手ミスが絡み1点を追加した。さらにチャンスを作ったTABOOは追加点を奪うことはできなかった。最終回、TABOO先発日名田が捕まり、満塁のピンチを作ってしまう。そしてレフト前にタイムリーを打たれ2-1とするが最後の打者をファーストフライに抑えて、TABOOが勝利した。
永富洋輔監 督コメント (株)グリーンセレモニーアスレチックス様 対戦ありがとうございました。また機会があれば対戦よろしくお願いいたします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 1 BIG☆B X 2013/5/19(日)8:30-11:00 大宮健保12面

 

 

ゲーム内容 (株)グリーンセレモニーアスレチックス・角野投手、BIG☆B・西村投手の先発マウンド。試合は、1回表(株)グリーンセレモニーアスレチックスが、チャンスを作るも、得点に至らず。BIG☆Bも、中盤以降得点チャンスを作るも、5回まで試合は動かず。得点が入ったのは、6回裏。BIG☆B先頭の、1番梅田選手が、ライトオーバーのホームランで、先制。7回表、満塁のピンチを背負うも、最後の打者を三振に取り、BIG☆Bの完封勝利。
河合 佑樹さんコメント グランド・審判等の手配ありがとうございました。対戦を通じて、勉強させて頂きました。また、対戦の機会がございましたら、宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 5 - 1 Barock 2013/5/12(日)11:00-14:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 Barock野村投手、GCアスレチックス角野投手の先発で試合開始。1回表のBarockの攻撃は、二死から三番高橋選手が二塁打で出塁。続く四番五条選手は三振となり無得点。1回裏のGCアスレは一死から二番渋谷選手の四球から、三番渡辺選手の三塁打で1点を先制。さらに四番岡田選手の内野ゴロの間に1点を追加。2回裏にも増村選手のレフト前安打と八番久保川選手の犠打が失策となって、一死二塁三塁のチャンス。ここで九番松本選手の打球は三塁線を破って、2点を追加。3回裏にもGCアスレは四番岡田選手のセンターオーバーの二塁打で1点を加点。アスレ角野投手は5回を二安打にまとめて、6回のマウンドには兎澤投手を投入。6回は三人で抑えるものの、最終回のBarockの攻撃は三番高橋選手の三塁打から、四番五条選手のセンター前安打で1点を返す。しかし後続が抑えられて、5対1でGCアスレチックスが勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 小暮様、Barockの皆様 遠方まで遠征していただきましてありがとうございました。またの機会がございましたら、よろしくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 0 ルーキーズ 2013/4/28(日)13:00-15:00 春日部大沼公園球場

 

 

ゲーム内容 GCアスレチックス田中投手、ルーキーズ宇都宮投手の先発で試合開始。1回裏のアスレの攻撃は、1番川島選手の内野安打を2番渋谷選手が犠打で送り、川島選手が三塁まで進む。ここで3番渡辺選手がスクイズを決めて1点を先制。2回にも9番松本選手の安打と盗塁から、1番川島選手の内野安打の間に松本選手がホームにかえって1点を追加。アスレは4回にも2点を加点。5回にも久保川選手の二塁打などで3点を加点する。アスレ先発の田中投手は6回をノーヒットノーランでゲームを作って、最終回のマウンドを兎澤投手にリレー。最終回のルーキーズの攻撃は、2番塩澤選手がライト前安打を放ち、チーム初安打で出塁。その後、アスレ兎澤選手の制球が定まらず、二つの死球で二死ながら満塁となる。しかし、兎澤投手も踏ん張って、最後を三振できり抜ける。GCアスレチックスが7対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント ルーキーズの佐藤さんをはじめ選手の皆様、遠征にも関わらず対戦ありがとうございました。また対戦の機会がございましたら、よろしくお願いいたします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 11 - 1 AJPBC 2013/2/3(日)14:30-17:00 明治神宮野球場

 

 

ゲーム内容 先発はGCアスレチックス兎澤投手、AJPBCはジャパン選出の室谷投手で試合開始。初回のAJPBCの攻撃は1番宮川選手が内野安打で出塁。2番高木選手の犠打で二塁に進む。二死となり4番金澤選手の打球はファーストへの強烈なゴロ。これが失策となって二塁ランナーの宮川選手が一挙にホームに突っ込み、AJPBCが1点を先制。2回まで室谷選手に1安打に抑えられていたアスレ打線は、3回裏の投手交代を機にチャンスを作る。先頭の渋谷選手の死球から一死二塁三塁のチャンスを作り、2番川島選手のレフト前2点適時安打で逆転。その後も重盗などで2点を追加して4対1となる。さらに4回裏のアスレの攻撃は、二死満塁から4番岡田選手のレフトフェンスオーバーの満塁本塁打で4点を加点。4回から代わったアスレ田中投手は2イニングを4K無安打ピッチングで好リリーフ。5回裏にもアスレは代打山本選手の三塁打から1点を加点。6回にも3番渡辺選手の三塁打と4番岡田選手の四球から、5番斎藤選手の2点タイムリー適時打で追加点を奪う。6回からリリーフしたアスレ角野投手は3イニングを無安打ピッチングで締めてゲームセット。(株)GCアスレチックスが11対1で逆転勝利する。
岡野 勇士監 督コメント AJPBCの皆様、久しぶりの対戦となりましたが、ありがとうございます。お互いにメンバーが若返ってきたことに年月の早さを感じます。またの機会がございましたら宜しくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2012/12/9(日)9:15-11:15 滝が原野球場 6面

 

 

ゲーム内容 先発投手はYS内田、アスレチックス角野。YSは2回、先頭の4番宮代が中越3塁打を放つ。しかし次打者の遊ゴロで憤死となり先制機を逸する。YSは4回、先頭の片岡が内野安打で出塁。1死12塁となって、4番宮代がライトへ鋭い当たり、ドライブがかかった打球はワンバウンドでライトの頭上を越えて本塁打となり、YSが3点を先制。アスレチックスは直後の4回、1死から4番岡田がレフト前安打で出塁、2死2塁となって6番大塚の打球は右中間へ、ライトのダイビングも及ばず、アスレチックスが1点を返す。しかし直後の5回YSは、8番伊与田が四球で出塁すると、2つの犠打と四球で2死13塁のチャンス。ここで3番小野寺が左中間に会心の2塁打を放ち2者が生還、5ー1とリードを広げる。YS先発の内田は、567回を無安打に抑えて試合終了となった。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント アスレチックス倶楽部の皆様、対戦ありがとうございました。来シーズンもお互い切磋琢磨でストロングリーグを盛り上げて行ければと思います。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 8 - 1 マリナーズ 2012/12/2(日)9:30-11:30 滝が原野球場 6面

 

 

ゲーム内容 マリナーズ徳武投手、アスレチックス倶楽部角野投手の先発で試合開始。1回表のマリナーズの攻撃は、先頭の松井選手がいきなりセンター前安打で出塁。しかし後続が倒れて無得点。1回裏のアスレは一番小林選手が四球と盗塁で無死二塁のチャンス。2番川島選手と3番渡辺選手のバントが内野安打と送球ミスとなって2点を先制。さらに大塚選手の進塁打などで初回に4点を先制。アスレは2回にも岡田選手のタイムリー安打で1点を加点。さらに3回にも渋谷選手のスクイズで2点。マリナーズは4回から田中投手に交代。アスレはこの回に斉藤選手のタイムリー安打で1点を加点する。アスレも6回から光田投手を投入。最終回のマリナーズの攻撃は、先頭の大平選手が死球で出塁。一死後菅原選手のハーフフライが失策となって一死二塁三塁のチャンス。6番小池選手は遊撃フライに倒れるものの、7番田中選手が粘って四球で出塁し二死ながら満塁となる。ここで8番古賀選手は死球となり、押し出しで1得点。しかし、光田投手もここを踏ん張り、最期の打者を三振にとってゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント マリナーズの皆様、対戦ありがとうございました。最期まで声を切らさずに魂を感じました。またの機会がありましたら、よろしくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 2 TOOLS 2012/8/19(日)8:15-10:15 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 TOOLS 峰尾投手、アスレチックス倶楽部 角野投手の先発で試合開始。1回表のアスレは1番渡辺選手のセンター前安打と2番川島選手の四球から相手失策で1点を先制。1回裏のTOOLSも先頭の佐藤選手がセンター前安打で出塁すると、二死三塁となり、アスレ角野投手のワイルドピッチで1点を返して同点に追いつく。2回のアスレは無死満塁から押し出し死球とワイルドピッチで2点を勝ち越す。3回のTOOLSの攻撃は一死から9番川上選手の死球と1番佐藤選手のバントが送球ミスを誘い、一死一塁二塁のチャンス。ここで2番井川選手がセンター前に安打を放ち、2対3と1点差に追い上げる。4回からTOOLSのマウンドには結城投手が上がる。アスレは7番久保川選手から連続四球と9番菅原選手の内野安打で無死満塁のチャンス。ここでワイルドピッチと2番川島選手のセンター前2点タイムリー安打で3点を加点。アスレ角野投手は4回以降は無安打無失点に抑え、7回二死からベテラン兎澤投手にリレー。最後の打者を三振で締めて、アスレチックス倶楽部が6対2で勝利して、サマー初優勝を飾る。
岡野 勇士監 督コメント TOOLS様 対戦ありがとうございました。初対戦となりましたが、流れが行ったり来たりの紙一重の試合だったと思います。またの機会宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 12 - 0 東京YMCA 2012/8/5(日)11:00-13:00 滝が原球場5面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 篠崎投手、東京YMCA 山岡投手の先発で試合開始。1回表のアスレの攻撃は、4番斎藤選手、5番上原選手の連続タイムリー安打で3点を先制。2回表にも打者一巡の猛攻で5点を加点。さらに3回表にも打者一巡の攻撃で3点を加点する。投げては篠崎から兎澤のサブマリンリレーで、被安打1本に抑える完封リレー。12対0でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 東京YMCA様、猛暑の中での試合お疲れ様でした。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

  淵野辺オリオンズクラブ 1 - 9 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2012/8/5(日)13:00-15:00 滝が原野球場5面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 角野投手、淵野辺オリオンズ 中島投手の先発で試合開始。2回裏のアスレは5番上原選手が安打と失策で二塁に進み、6番増村選手の犠打で一死三塁のチャンス。ここで7番小林選手がレフト前安打を放ち、1点を先制する。4回まで無安打に抑えられていたオリオンズ打線も5回表に反撃。4番片桐選手が二塁打で出塁すると、二死ながら三塁のチャンスに。しかし7番白石選手は遊撃フライとなり無得点でチェンジ。5回裏のアスレの攻撃は、一死から角野選手が二塁打で出塁すると打線が繋がり、押し出し四球なども絡んで打者一巡の攻撃で6点を加点。オリオンズも6回に先頭の8番杉田選手が左中間を破るランニング本塁打で1点を返す。しかし、アスレも6回裏に代打の安富選手が四球で出塁すると、2番川島選手が右中間を破るランニング本塁打を放ち2点を追加。アスレは最終回に田中投手を投入。四球と失策でランナーを出すものの無安打に抑えて、9対1でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント オリオンズ様、猛暑下での2試合お疲れ様でした。たまたま5回の攻防で流れがきましたが、どちらに転んでもおかしくない試合だったと思います。またの機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 

  RED BURNING 5 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2011/11/26(土)12:00-15:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 RED-BURNINGは1回裏、2死から和知選手と藤沢選手が連続四球を選ぶと、すかさず高野選手の左前打で先制。先発赤羽投手は全ての球種にキレがあり、初回、エラーで出塁を許した以外は、6回2死まで7奪三振ノーヒットに抑える素晴らしい投球を見せる。アスレチックス倶楽部は1番渡辺選手が6回2死から見事なセーフティバントで初ヒットを記録するが無得点。RED-BURNINGは4回、赤羽選手の2塁打を期に4連打で一気に3点を追加すると、6回にも高野選手、藤田選手のヒットから五十嵐選手が鮮やかな2打席連続のレフト前タイムリーで1点を追加し試合を決めた。アスレチックス倶楽部は8回に四球から盗塁でランナーを3塁に進め渡辺選手の犠飛で1点を返し意地を見せるがRED-BURNINGが5-1で勝利。
清家清志G Mコメント 締まった守備や、バントの正確さや盗塁など試合運びのそつのなさは勉強になりました。また宜しくお願いします!

 

 

  スタイガー 3 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2011/10/9(日)14:00-16:00 江戸川河川敷

 

 

ゲーム内容 スタイガー目代投手、アスレチックス倶楽部 篠崎投手で試合開始。両投手ともに素晴らしい出来で、4回終了時まで無得点。試合が動いたのは5回裏、スタイガー一挙に3点を先制。投げては、目代投手の1安打完封!スタイガーの勝利。
小西 秀一監 督コメント 岡野様、アスレの選手の皆様、遠征ありがとうございました。緊迫した試合で楽しかったです。また、対戦の機会がありましたら宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 2 東京バンバータ 2011/9/18(日)10:00-12:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 篠崎投手、東京バンバータ 浅間投手の先発で試合開始。1回裏のアスレの攻撃は、2番上原選手のセンター前安打と3番渡辺選手の四球で一死一塁二塁のチャンス。ここで4番羽田選手のセンター前安打で1点を先制。さらに二死二塁三塁で6番木村選手のレフト前安打で2点を加点して、初回に3点を先制する。東京バンバータも2回表に4番千田選手が死球で出塁して、5番長尾選手が犠打で送ると、アスレ守備陣の隙をついて三塁まで進む。ここで6番梅田選手のセンターフライが犠牲フライとなって1点を返す。2回裏のアスレは8番篠崎選手がセンターオーバーの二塁打を放ち、9番松本選手が犠打で送って、一死三塁のチャンス。しかし、後続が倒れて無得点。4回表のバンバータは先頭の4番千田選手が豪快にレフトオーバーの本塁打を放ち、1点差に迫る。5回裏のアスレは、先頭の1番川島選手のバント安打と盗塁で、無死二塁のチャンス。しかし、川島選手の三盗が失敗となり流れが変わる。6回表のバンバータの攻撃は、5回から継投に入ったアスレ渡辺投手が先頭の3番大塚選手を死球で出すと、続く4番千田選手がライト前にヒットエンドランを決めて、無死一塁三塁の大チャンス。ここで、アスレ渡辺投手が気迫の投球を見せて、5番長尾選手と6番梅田選手を内野フライに打ち取って二死一塁三塁までこぎつける。そして7番勝田選手を三塁ゴロに打ち取って、絶対絶命のピンチを凌ぐ。最終回のバンバータの攻撃は二つの死球で二死一塁二塁の一打同点のチャンス。ここで3番大塚選手を迎える。アスレ渡辺投手は、このピンチもサードフライに打ち取って試合終了。アスレチックス倶楽部が3対2でなんとか1点差勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 東京バンバータの皆様、吉田様 日程調整等ありがとうございました。押されっぱなしの試合で、本当に強かったです。全国大会でも頑張ってきて下さい。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 0 ヤングマン 2011/8/28(日)8:00-10:00 大宮健保17面

 

 

ゲーム内容 ヤングマン瀬戸口投手、アスレチックス倶楽部篠崎投手の先発で試合開始。2回表のヤングマンの攻撃は、一死から5番篠塚選手の左中間二塁打と6番阿部選手のレフト前安打で、一死一塁三塁の先制のチャンス。しかし後続が倒れて無得点。3回裏のアスレの攻撃は一死から1番川島選手のレフト前安打と2番安富選手の内野ゴロが野選となって、一死二塁三塁のチャンス。ここで3番渡辺選手の三遊間のゴロの間に1点を先制する。4回にもアスレは6番増村選手のライト前安打から二死三塁となり、9番松本選手のショート後方へのフライがポテン安打となって1点を追加。5回裏のアスレは一死二塁三塁で4番羽田選手を迎える。ここでワイルドピッチが出て1点を加点する。アスレは6回から松本投手を投入するも、いきなり8番瀬戸口選手に二塁打を打たれる苦しい展開。しかし、後続を三人で打ち取ってチェンジ。最終回も三人で抑えて、アスレチックス倶楽部が3対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント ヤングマンの皆様、ならびに渡辺様、試合の調整ありがとうございました。今日は晴天で良かったです。またの機会がございましたら、是非とも宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 17 - 0 武蔵野調理師専門学校 2011/8/7(日)10:00-12:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 武蔵野調理師専門学校 小林投手、アスレチックス倶楽部 篠崎投手の先発で試合開始。1回裏のアスレの攻撃は無死二塁三塁から3番渡辺選手のレフト前安打で2点を先制。その後も5番大塚選手の三塁打を皮切りに、6番増村選手、8番倉本選手、1番川島選手のタイムリー安打で7点を先制。2回裏にも6番増村選手のタイムリー安打で2点を追加。4回裏にもアスレは3点を追加する。5回表の武蔵野調理師専門学校は、一死二塁から9番小笠原選手のセンター前安打でセカンドランナーが本塁に突っ込むも、惜しくもアウトとなり無得点。アスレは攻撃の手を緩めずに5回裏に2点、6回裏に3点を加点する。アスレは6回から篠崎投手から光田投手にリレーして、そのまま逃げ切って17対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 武蔵野調理師専門学校の皆様、対戦ありがとうございました。今回は初回の流れだけでこのような展開になりましたが、差はないと思います。またの機会がありましたら、宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 0 林工業 2011/7/31(日)8:00-10:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 試合当日、開始予定時刻までに林工業人数揃わず(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント またの機会がございましたら、宜しくお願い致します。

 

 

  ライオー 4 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2011/7/31(日)13:00-15:00 東京薬業健保

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部光田投手、ライオー登坂投手の先発。初回アスレチックス倶楽部は安打・犠打で二死二塁から牽制悪送球・パスボールで1点先制。裏のライオーも同じく安打・犠打の二死二塁から久保川選手のタイムリーで同点。盗塁を挟み二死二塁から浦野選手の打球がレフト前に落ち逆転。3回アスレチックス倶楽部の攻撃、二つのエラーから一死一三塁。4番打者が打ち取られチャンスを潰したかに見えたが、二死から重盗を見事に決め同点。2回以降3人で攻撃の終わっていたライオーは、6回裏この回から登板の兎澤投手から連打と敬遠で無死満塁。前の打者を敬遠された久保川選手が放った打球はセンターへ。飛び込むも僅かに及ばず2点タイムリーとなる。続く一死一三塁のでダメ押しをしたいライオーだったが、サインミスでチャンスを潰す。流れが悪い中迎えた最終回。二死から安打を浴びるものの最後の打者を三振で打ち取り、4-2でゲームセット。小出投手の寝坊で緊急先発の登坂投手が本来の力を発揮し完投勝利となった。
三沢 忍G Mコメント アスレチックス倶楽部の皆様、対戦ありがとうございました。見習うべき点が多々あり、チームの刺激になりました。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  RED BURNING 2 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2011/7/30(土)10:00-13:00 大宮健保

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部は初回の無死1,2塁のチャンスを無得点とするとRED-BURNINGもその裏、和知選手が2死から2塁打で先制のチャンスを作るが無得点となり、初回から緊張した雰囲気で試合は進んでいく。先発赤羽投手は2回も2死2,3塁のピンチを切り抜けたが、3回、エラーのランナーを3番齋藤選手のタイムリーでアスレチックス倶楽部がついに先制。しかしRED-BURNINGも、6回裏2死から佐々木選手が起死回生の同点ホームランを放ちついに追いつく。すると最終回、4番久保選手が劇的なサヨナラホームラン!赤羽投手は7回を2安打1失点に抑える粘りのピッチングで勝利を呼び込んだ。
清家清志G Mコメント 押されっ放しの試合でしたが、最後まで諦めず粘ったことで最後にわずかに運が良かったのだと思います。緊張感のある試合をありがとうございました。また宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 1 BUSTERS 2011/7/23(土)8:00-12:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 6回表に先頭の榎本がヒットで出塁し、送りバント、進塁打で3塁に進み2アウトから3番高木がタイムリーヒットで1点先制。投げては山田投手が幾度のピンチを招きながらも0点で抑えて1−0で完封。BUSTERSの勝利。
古賀健一さんコメント 本日はありがとうございました。また対戦する機会がありましたらよろしくお願いします。

 

 

  S-Crew 0 - 7 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2011/6/18(土)10:00-12:00 大宮健保

 

 

ゲーム内容 試合当日、開始予定時刻までにS-Crew人数揃わず(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント S-Crew様、今回は急な仕事などで人数が揃わなくなったという事で、残念な結果になりましたが、またの機会がございましたら宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 0 情熱チキン 2011/6/12(日)8:00-10:00 大宮健保15面

 

 

ゲーム内容 情熱チキン 児矢野投手、アスレチックス倶楽部 篠崎投手の先発で試合開始。1回裏のアスレの攻撃は、2番川島選手の内野安打と二盗と三盗で二死三塁のチャンス。4番羽田選手がライトオーバーの三塁打で1点を先制する。3回表の情熱チキンの攻撃は一死から8番川村選手が内野安打で出塁するも、9番松原選手が三塁ゴロのダブルプレイに倒れて、チャンスを逃す。4回裏のアスレの攻撃は、先頭の4番羽田選手が三塁打で出塁すると、一死後6番倉本選手のレフト前安打で1点を追加。両投手のテンポと出来が良く、1時間で6回まで進む。6回裏のアスレは3番大塚選手が死球で出塁すると、ワイルドピッチと盗塁で三塁まで進む。5番篠崎投手の当りが、レフト前にポトリと落ちるラッキー安打で1点を追加。アスレは最終回に兎澤投手を投入し、3人で打ち取って3対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 情熱チキンの皆様、また長尾様、対戦ありがとうございました。試合終了後の合同練習のお付き合いもありがとうございました。チームがリニューアルされて間もないということで、これからだと思いますが、今後とも機会がありましたら宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 0 BRAUNS 2011/4/24(日)9:00-13:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手、BRAUNS 坂上投手の先発で試合開始。1回表のBURUNSの攻撃は先頭の新井選手がセンター前安打で出塁すると、すかさず盗塁で無死二塁のチャンス。しかし後続が断たれて無得点。1回裏のアスレの攻撃は、先頭の渡辺選手がセンターオーバーのランニング本塁打で1点を先制。2番川島選手のバント安打と盗塁で無死二塁となり、3番大塚選手の進塁打で三塁に進めて、4番羽田選手の内野ゴロの間に1点を追加して、初回に2点を先制する。2回表のBRAUNSの攻撃は、5番坂本選手のライト前安打と7番坂上選手のレフト前安打で一死一塁二塁のチャンス。その後二死二塁三塁の一打同点のチャンスになり、9番濱野選手を迎える。ここはライトフライになってチェンジ。2回裏のアスレは二死三塁から9番松本選手のセンター前タイムリー安打で1点を追加。その後はゲームが落ち着き、アスレは5回から篠崎投手。7回に田中投手を投入して、継投で逃げ切って3対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント BRAUNSの皆様、遠征をしていただきまして、ありがとうございました。またの機会よろしくお願いいたします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 1 - 1 BUSTERS 2011/3/26(土)8:00-12:00 北本総合運動公園球場

 

 

ゲーム内容 BUSTERS山田投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。1回裏のアスレの攻撃は一死二塁三塁から4番羽田選手のスクイズで1点を先制。アスレは3回・4回・5回と毎回のようにスコアリングポジションにランナーを進めるも、山田投手の前に後一本が出ずに残塁の山を築く。ピンチの後にチャンス有りで、6回表のBUSTERSの攻撃は9番榎本選手と2番大園選手の二塁打で一死二塁三塁のチャンス。ここはアスレ松本投手が踏ん張って後続を抑える。最終回のBUSTERSは6番小野選手と7番中村選手の連続安打と、一死後に9番榎本選手の四球で満塁の逆転のチャンス。ここで1番山田選手がライト前にタイムリー安打で同点。二人目のランナーも本塁に突っ込むが、アスレのライト倉本選手のストライク送球で捕殺となり、さらにセカンドランナーが飛び出しているのを刺して同点でアスレが踏ん張る。7回裏のアスレは死球でランナーを出すものの山田投手に抑えられて、1対1の同点で試合終了。
岡野 勇士監 督コメント BUSTERSの皆様、遠方まで遠征に来ていただきましてありがとうございました。一進一退の攻防で、緊張感のある良い試合だったと思います。またの機会宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 0 HEROES 2011/1/22(土)14:00-17:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 試合当日、開始予定時刻までにHEROES人数揃わず(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント また対戦の機会がございましら宜しくお願いします。

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に練馬モルツ活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント またの機会に宜しくお願いします。

 

 

  Blue Impulse 1 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/12/18(土)9:00-11:00 光が丘公園

 

 

ゲーム内容 Blue Impulse高橋投手、アスレチックス倶楽部渡辺投手の先発で試合開始。1回表のアスレは一死から2番上原選手が死球で出塁し、盗塁で二塁まで進む。二死二塁から4番羽田選手がライト線の二塁打で1点を先制し、さらに投手のショートバンドを捕手が弾くのを見て三塁へ進むと、三塁への送球が悪送球となって羽田選手がホームに帰り、初回にアスレが2点を先制する。アスレ渡辺投手は4回までパーフェクトピッチングで5回を迎えるが、一死からBlue Impulse5番小澤選手のショートゴロを大塚選手がワンバンド送球をして、失策で出塁。続く6番植嶋選手がセンター前に初安打を放ち一死一塁二塁のチャンス。しかし後続が倒れて無得点に終わる。6回表のアスレは3番大塚選手のレフトオーバーの本塁打で1点を加点する。6回裏のBlue Impulseも反撃開始。一死から1番四方選手が左中間の二塁打で出塁すると、2番庄司選手のセーフティーバントが絶妙にセカンド前に転がり、一塁への送球が悪送球となってImpulseが1点を返す。さらにサードのエラーで二死ながら一塁三塁のチャンスで5番小澤選手を迎える。ここはアスレ渡辺投手が三振を取って踏ん張る。最終回のImpulseは先頭打者がレフト前安打で出塁して盗塁を敢行するがアウトとなり、後続を渡辺投手が三人で抑えて、3対1でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント Blue Impulseさま、対戦ありがとうございました。緊張感のある紙一重の試合だったと思います。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2 - 0 東京バンバータ 2010/12/5(日)11:15-13:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 東京バンバータ岡本投手、アスレチックス倶楽部篠崎投手の先発で試合開始。1回裏のアスレの攻撃は一死から2番上原選手のレフト前安打と盗塁で一死二塁のチャンス。3番大塚選手の時にワイルドピッチで三塁まで進むが、バンバータ長尾捕手からの牽制に刺されてチャンスを潰す。バンバータも2回黒坂選手のレフト前安打と4回に長尾選手のセンター前安打と二死から安打が出るものの後続が倒れて息の詰まる投手戦となる。試合が動いたのは6回裏のアスレの攻撃。先頭の7番増村選手が四球で出塁し、8番9番と倒れるが、1番渡辺選手のセンター前安打で二死一塁三塁のチャンス。ここで渡辺選手が盗塁を成功して二死ながら二塁三塁となり、2番上原選手の打った打球が投前にボテボテと転がる打球となる。これが一塁への悪送球となってアスレが2点を先制する。最終回のバンバータも一死から4番梅田選手がセンター前に安打を放ち、盗塁も決めて一死二塁のチャンス。しかし、アスレ篠崎投手は後続を抑えて3安打完封勝利。バンバータ岡本投手も被安打2本と痺れる投手戦であった。
岡野 勇士監 督コメント 東京バンバータの皆様 対戦ありがとうございました。圧力が凄く 本当に勉強になりました。またの機会でも宜しくお願いします。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/12/5(日)13:15-15:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ大井投手、アスレチックス倶楽部篠崎投手の先発マウンド。先攻のアスレチックス倶楽部は、立ち上がり制球の定まらない大井選手を攻め2つの四球から走者を進め、捕手けん制悪送球を誘い1点を先制する。1点を追うY.Sクラブも走者をためると、相手投手が小フライを弾く間に1点を返し同点に追いつく。Y.Sクラブは二番手の投手が好投し相手打線を寄せ付けない。守備で徐々にリズムをつかむと中盤、タイムリーなどで4点を奪ったY.Sクラブが5-1で勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 対戦ありがとうございました。また宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 4 - 1 T-Five 2010/10/23(日)13:00-15:00 北本総合公園野球場

 

 

ゲーム内容 T-FIVE郷野投手、アスレチックス倶楽部篠崎投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は、郷野投手に二死まで完璧に抑えられていたところ、6番増村選手がレフト前に強烈な安打で初出塁。続く7番菅原選手のところでヒットエンドランを敢行し、投手後方に高く弾む打球となり、内野安打で二死一塁三塁となる。さらに盗塁で二死ながら二塁三塁の場面で、8番篠崎選手がファールで粘った挙句ライト線に安打を放ち、アスレチックス倶楽部が2点を先制する。3回裏のアスレは、一死後に2番上原選手がライト前安打で出塁し、盗塁と失策が重なり三塁まで進む。二死三塁で4番羽田選手の打席のところでパスボールが出て1点を加点。5回表のT-FIVEの攻撃は一死から7番井戸選手が振り逃げで出塁して、盗塁などで二死三塁のチャンス。ここで9番別府選手が左中間に大飛球を放ち、アスレのレフト菅原選手がダイビングキャッチをするものの落球して二塁打となり、T-FIVEが1点を返して反撃の狼煙を上げる。しかし、5回裏のアスレは一死後に9番松本選手がレフト前安打、1番渡辺選手が四球を選んで一死一塁二塁のチャンス。2番上原選手のところで、重盗を仕掛けたところパスボールとなり、二塁から松本選手が一挙に本塁まで突入して1点を加点。6回表のT-FIVEは、この回先頭の2番亀井選手がレフト前安打で出塁してプレッシャーをかけてクリーンアップを迎えるチャンス。ここはアスレ篠崎投手が踏ん張って後続を抑える。このまま最終回も3人で抑えて、アスレチックス倶楽部が4対1で勝利する。アスレチックス倶楽部は大会4連覇を達成し、大会MVPは投げては7回被安打2の1失点完投と打っては先制2点タイムリー安打を放った篠崎選手が選出された。
岡野 勇士監 督コメント T-FIVEさんとの試合は いつも緊迫した紙一重の試合で、どちらが勝ってもおかしくない試合だと思ってます。対戦する機会が続くと思いますが、宜しくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/9/19(日)18:00-20:00 夢の島

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ先発大井投手が好投。打っては計8安打の5得点を挙げたY.Sクラブが5-0で勝利を飾った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 岡野監督様、メンバーの皆様、ありがとうございました。また対戦の際は宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 3 GENUINE 2010/8/29(日)12:00-14:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 渡辺投手、GENUINE 鈴木投手の先発で試合開始。1回表のGENUINEの攻撃は1番長谷部選手と2番河村(健)選手の連続安打で無死一塁二塁のチャンス。一死二塁三塁となって4番生田選手の放った打球がライト前に落ちてGENUINEが初回に2点を先制する。2回裏のアスレの攻撃は6番大塚選手の四球から8番増村選手のバント安打などで一死満塁のチャンス。ここで1番上原選手の打球は内野安打となり、アスレが1点を返す。3回裏のアスレは4番羽田選手のセンター前のポテン安打を5番斉藤選手が犠打で送って形を作る。ここで6番大塚選手がレフトオーバーの三塁打を放って同点。さらに7番安富選手のところでパスボールが出て1点を加点して逆転する。5回表のGENUINEは一死から9番関山選手のショートゴロをアスレ大塚選手が暴投を投げて、テイクワンベースで二塁に進む。二死二塁から2番河村選手の打球がライト前にポテン安打となって同点に追いつく。6回裏のアスレは二死ながら二塁三塁の勝ち越しのチャンス。ここで2番山本選手の打球はセカンドゴロとなりGENUINE鈴木投手が踏ん張る。ここで時間切れとなってジャンケンに突入し、アスレチックス倶楽部が5対3と8人目で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント GENUINEの皆様、河村様、暑い中の遠方からの遠征ありがとうございました。一進一退の攻防で、緊張感のある試合だったと思いますが、ジャンケンという非情な結果で申し訳ありませんでした。またの機会で是非宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 4 球球 2010/8/22(日)8:00-10:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 猛暑の中、アスレチックス倶楽部 光田投手、球球 宇田投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は7番渋谷選手がレフトオーバーの本塁打で1点を先制。8番安富選手も二塁打で続き、9番光田選手が犠打で送ると1番松本選手のスクイズで1点を加点。さらに連続四球などで二死満塁となると5番斉藤選手のセンター後方のフライをグローブにあてながら落球となり3点を追加して、この回5点を先制する。3回表の球球の攻撃は7番秋山選手と8番宇田選手が連続四球で出塁してから犠打で送って一死二塁三塁のチャンスと自滅気味のアスレ光田投手を攻め立てる。ここで1番田中選手の三塁打で2点を返し、続く2番山本選手のレフト前タイムリー安打で計3点を返す。両軍共に先発投手が序盤で降板する打撃戦の様相になる。3回裏のアスレは2回から代わった球球山本投手から一死後8番安富選手のライト前安打から9番光田選手が送り、1番松本選手の右中間三塁打で1点を返す。4回表の球球もアスレ渡辺投手を攻めて、一死から7番秋山選手が四球で出塁すると8番宇田選手のセンターへの打球を松本選手が後逸して1点を返す。その後は両軍の投手の好投で試合が落ち着き、6回表の時間的に最終回の球球の攻撃は、一死から8番宇田選手がレフト前安打で出塁すると、代打 野口選手の右中間への二塁打で一死二塁三塁の一打同点のチャンス。しかし、アスレ渡辺投手はここを踏ん張って後続を抑えて6対4でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 山本様をはじめ 球球の皆様、酷暑の中の試合お疲れ様でした。また早朝の遠征ありがとうございました。1本の差の接戦でしたね。またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 0 MBN 2010/7/18(日)12:00-16:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 MBN 水島隼人投手、アスレチックス倶楽部 田中投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は二死から6番大塚選手のセンター前安打と7番渋谷選手のライト前安打で、二死ながら一塁三塁のチャンス。しかし8番田中選手はライトフライに終わり、MBN水島投手が踏ん張る。4回裏のアスレは先頭の4番羽田選手がライトオーバーの特大の飛球を放ち、ランニングホームランかと思われたが、MBNのスムーズな連携でホームにストライク送球で間一髪でアウトに取るファインプレイ。アスレは2回から毎回のようにスコアーリングポジションにランナーを進めるも、MBN水島投手の前に後一本が出ずスコアーレスで試合が進む。失策による出塁に抑えられていたMBNは6回表に二死から9番磯山選手がセンター前に初安打を放つ。しかし1番奥寺選手はファーストゴロに倒れてチェンジ。そのまま両投手の好投で7回スコアーレスの引き分けに終わる。
岡野 勇士監 督コメント MBNの皆様、酷暑の中の遠征ありがとうございました。投手戦の緊張感のある試合でしたね。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 0 GT横浜ライオンズ 2010/7/10(土)12:00-16:00 薬業健保グランド

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にGT横浜ライオンズ活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント 細野様、チーム内のご不幸ということで今回は対戦できませんでしたが、また、オープン戦などで宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 5 - 0 雲雀 2010/6/26(土)14:00-18:00 越谷しらこばと球場

 

 

ゲーム内容 雲雀 森投手、アスレチックス倶楽部 渡辺投手の先発で試合開始。1回表雲雀の攻撃は1番宮原選手と2番中田選手の連打で、いきなり無死一塁二塁のチャンス。3番森選手の一塁ゴロの間に一死一塁三塁となって4番山下選手を迎える。ここでアスレ渡辺投手が踏ん張って後続を抑えて無得点となる。1回裏のアスレの攻撃は2番菅原選手が死球、4番羽田選手のライト前安打、5番斉藤選手の四球で二死ながら満塁のチャンス。ここは雲雀 森投手が踏ん張って6番大塚選手をセンターフライに討ち取って無得点。その後は雲雀の森投手の速球がキレて投手戦となる。5回表の雲雀の攻撃は、二死から8番吉田選手のセンター前安打と9番丸山選手のエンドランが決まって、二死一塁三塁のチャンス。しかし、1番宮原選手は初球を叩くも三塁ゴロとなり、アスレが踏ん張る。5回裏のアスレの攻撃は、8番早坂選手が四球、9番安富選手の犠打が野選となり無死一塁二塁となる。1番松本選手の犠打は失敗に終ったものの2番菅原選手が四球を選んで、一死満塁のチャンス。ここで3番渡辺選手はライトオーバーの走者一掃の三塁打、4番羽田選手も右中間へのタイムリー三塁打、5番斉藤選手もレフト前へのタイムリー安打と、クリーンアップの3連打で、この回5点を先制する。その後はアスレ渡辺投手が6回、7回を無難に抑えて、アスレチックス倶楽部がワンチャンスをものにして5対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 雲雀上野様を初め、選手の皆様、遠征ありがとうございました。森投手、上野捕手の黄金バッテリーは、さすがで威力抜群でした。今回はたまたまウチがワンチャンスをものにできただけです。またの対戦を楽しみにしておりますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 3 MKトライアンフ 2010/5/30(日)12:00-16:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部渡辺投手、MKトライアンフ佃投手の先発で試合開始。1回表のMKトライアンフの攻撃は、1番石原選手がいきなり右中間への三塁打で出塁。続く鈴木選手は四球で出塁し、3番森野選手を迎える。ここで森野選手はライトに犠牲フライを放ち、MKトライアンフが1点を先制する。1回裏のアスレチックス倶楽部の攻撃は、一死から2番渋谷選手が左中間に三塁打を放つ。続く3番渡辺選手は四球で出塁し、4番羽田選手がセカンドゴロを打つも、ホームを狙った渋谷選手が本塁で憤死する。3回裏のアスレの攻撃は一死から2番渋谷選手が死球で出塁し、盗塁で二塁に進塁する。二死で4番羽田選手のショートゴロが一塁手の捕球ミスとなり同点に追いつく。さらに4回裏のアスレは一死一塁二塁から、8番安富選手がセンターにタイムリー安打を放ち、二死から1番松本選手のレフトオーバーの大飛球をレフトがグローブに触るも取れずに2点タイムリー安打となり、アスレが3点を加点する。続く5回裏のアスレは3番渡辺選手のレフト前安打と、5番斉藤選手の死球で一死一塁三塁のチャンスで重盗を敢行して1点を加点。6番大塚選手が繋いで、二死二塁三塁で8番安富選手がこの日2本目のタイムリー安打で、この回も3点を加点して7対1とリードする。6回表のMKトライアンフの攻撃は一死から2番鈴木選手がレフト前安打で出塁すると、アスレ渡辺投手が制球を乱して、連続のワイルドピッチで三塁まで鈴木選手が進塁する。ここで3番森野選手が、この日2本目の犠牲フライで1点を返す。さらに最終回のMKトライアンフは5番佐藤選手がレフト前安打で出塁すると、続く代打の西村選手も右中間へ二塁打を放ち、無死二塁三塁の大チャンス。一死から8番須田選手が犠牲フライで1点を返す。しかし、アスレ渡辺投手は粘り強いピッチングで後続を断ち、アスレチックス倶楽部が7対3で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント MKトライアンフの皆様、佃さま、久し振りの対戦ありがとうございました。天候も心配されましたが、無事対戦できて良かったです。また対戦の機会がございましたら、宜しくお願い致します。

 

 

  CROWNS 0 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/5/9(日)12:00-14:00 SD野球場

 

 

ゲーム内容 CROWNS菅谷投手、アスレチックス倶楽部田中投手の先発で試合開始。2回表アスレの攻撃は一死から6番増村投手が四球で出塁すると、7番早坂選手の犠打で二死ながら二塁に進み、8番代打の渋谷選手のレフト前安打で二死一塁三塁のチャンス。9番川崎選手の内野ゴロが失策となり、アスレが1点を先制。1番松本選手のところでパスボールで1点を加点し、松本選手の痛烈なショートゴロを遊撃手がはじき、一塁三塁をまた作る。2番菅原選手のところで重盗となり1点を加点して、アスレがこの回3点を先制する。2回裏のCROWNSも、この回から緊急登板したアスレ渡辺投手を攻めて、一死後6番藤井選手が三塁打を放ちチャンスを作る。しかし後続が倒れて、この回無得点。3回表のアスレは、3番斉藤選手が失策で出塁し無死二塁となる。4番羽田選手が犠打で送り、5番渡辺選手の犠牲フライで1点を追加。3回裏のCROWNSの攻撃は、一死から1番天野選手と2番本間選手の連打と、3番石川選手のセーフティーバントが内野安打となり、一死満塁の大チャンス。ここで4番水田(昌)選手が三塁ゴロとなり、5−2−3のダブルプレイとなりアスレ渡辺投手がなんとか粘る。CROWNS打線は当たっており、4回裏にも一死から6番藤井選手と7番伊藤選手の連打で一塁二塁のチャンスを作る。ここもアスレ渡辺投手が粘りの投球で後続を抑えて点を与えない。その後お互いにランナーを出すものの、両投手の粘りの投球で点を与えずに試合が進む。6回からアスレは光田投手を投入して逃げ切りをはかる。そして最終回CROUNSの攻撃は二死を取られ万事休すかと思われたが、ここから脅威の粘りを発揮する。1番天野選手のレフト前安打、2番本間選手が死球、そして3番石川選手がセカンド内野安打で繋ぎ、二死ながら満塁とする。しかしアスレ光田投手も意地の投球で4番水田選手をサードゴロに打ち取ってゲームセット。アスレチックス倶楽部が4対0で逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント 金子さま、CROWNSの皆様、お疲れ様でした。また、与野の連盟の決勝戦は勝利されたということで、優勝おめでとうございます。地区的にも近いということで、これからも連盟やオープン大会で色々とお世話になる機会が多いと思いますが、宜しくお願い致します。今日はありがとうございました。

 

 

  RAMS 4 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/4/29(祝)12:00-15:00 川口市営球場

 

 

ゲーム内容 RAMS彦坂投手、アスレチックス倶楽部田中投手の先発で試合開始。一回表のアスレの攻撃は二死から3番渡辺選手が四球で出塁すると、4番羽田選手が右中間に三塁打を放ち、1点を先制する。RAMSも3回裏に二死から9番小金井選手の四球と、1番中山選手の死球で二死ながら一塁二塁のチャンス。ここで、2番清水(剛)選手が左中間に二塁打を放ち、2得点で逆転する。4回表のアスレもすかさず、4番羽田選手の二塁打を5番大塚選手が犠打で三塁に送り、続く6番増村選手のスクイズで同点に追いつく。さらに5回表のアスレは、代わったRAMS田代投手の立ち上がりを攻め、無死満塁から4番羽田選手の、この日3本目の長打になる右中間三塁打で3点を追加。6回裏のRAMSは4回から代わったアスレ渡辺投手を攻め、3番佐々木選手の左中間三塁打と4番鈴木選手のライト前安打で1点を返す。2点差までつめよったRAMSの最終回の攻撃は先頭の7番清水(大)選手がセンター前安打で出塁し、一向に調子の上がらない渡辺投手を攻める。8番長坂選手が犠打で送り、9番小金井選手の打球がショートのエラーを誘い、一死一塁三塁のチャンス。ここで1番中山選手がセンター前にタイムリー安打を放ち、1点差に詰め寄る。しかしアスレ渡辺投手は後続を何とか抑えて、アスレチックス倶楽部が5対4と辛くも逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント RAMSさま、お疲れ様でした。何とか逃げ切ったというのが正直なところで、かなり追い込まれました。また機会がございましたら、宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 5 - 0 CLIPPERS 2010/3/28(日)12:00-16:00 薬業健保グランド

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部田中投手、CLIPPERS宮島投手の先発で試合開始。1回表のCLPPERSの攻撃は先頭の川口(淳)選手が内野の失策で出塁すると、盗塁を敢行するもアウトとなる。しかし2番畠山選手も粘って四球で出塁し、アスレ田中投手の立ち上がりを攻める。3番磯選手を迎えたところで、畠山選手がスチールをしてプレッシャーをかけるが盗塁死となり、この回は無得点で終わる。その後は投手戦となり、一進一退の攻防が続く。5回裏のアスレの攻撃は、二死から8番渋谷選手が左中間に二塁打を放ち、続く9番川崎選手が遊撃内野安打となって二死ながら二塁三塁のチャンスを作る。ここで1番山本選手の放ったライト線ライナーは惜しくもファールとなり、CLIPPERS宮島投手が山本選手をライトフライに打ち取り、得点を与えない。そしてゲーム終盤の6回裏のアスレの攻撃は、先頭の2番上原選手と3番渡辺選手が連続四球で出塁して、無死一塁二塁のチャンス。4番羽田選手が犠打で送って、一死二塁三塁の先制のチャンス。ここで5番大塚選手のエンドランがセンター前安打となり2点を先制。その後二死二塁三塁から8番渋谷選手の左中間への三塁打で2点とパスボールで1点を追加して、この回5点を先制する。7回表のCLIPPERSの攻撃は二死から4番小松崎選手が左中間を越える二塁打を放ち、さすがのバッティングを見せる。しかし、アスレ田中選手は後続を抑えて、紙一重の接戦は終了する。
岡野 勇士監 督コメント 田平代表、河野監督 またCLIPPERSの皆様、寒い中 対戦ありがとうございました。紙一重の試合で、今回はたまたま ウチの方に流れがきただけだと思ってます。各選手のポテンシャルも高く、まだまだ伸びしろがあって、これからが楽しみですね。これからも宜しくお願い致します。

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にCLIPPERS活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にTOMURAHZ活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント TOMURAHZ様 残念ながら今回は対戦できませんでしたが、機会がございましたら、改めて宜しくお願いします。

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にTSUKEN活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント TSUKEN様 今回はスケジュールの都合で対戦できなく残念でしたが、またの機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 

  PENGUINS 2 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/12/6(日)13:15-15:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部・佐野投手、PENGUINS・佐久間投手の先発でスタート。アスレチックス倶楽部は初回、山本選手がセンター後方へ大飛球。これをセンター神山選手が追い方を誤り三塁打としてしまう。二死後今度は持田捕手がパスボール!ミットから抜けたことに、一瞬気づくのが遅れたスキを三走の山本選手が逃す生還し、1点を先制。突き放しにかかるアスレチックス倶楽部は、2回表先頭の長沢選手が安打出塁すると、すかさず盗塁を仕掛る。二塁送球はセカンド方向にそれたが、ショート渡部選手が巧みにタッチして間一髪アウト。一方的になりかけた流れを食い止める。3回裏のPENGUINS。先頭の石原選手は平凡なショートゴロ。しかし一塁手が捕球をお手玉して、一塁に生きる。この後四球と暴投を挟んだ1死一三塁から、持田選手が見事にスクイズに成功して同点。さらに佐久間選手が甘く入った初球をとらえ、左中間を破るツーベース。PENGUINSがワンチャンスをものにして逆転に成功。まさかの追う展開に、アスレチックス倶楽部打線が牙をむき始める。4回表長沢選手の打球はセンターへの強烈なライナー。この打球に、初回捕球ミスをした神山選手が突っ込み、ぎりぎり膝元でダイレクト捕球。わずかでもそれれば本塁打性の打球に、ほぼあきらめかけていたセカンド・ショートが捕球と同時に芝生にへたり込む。さらに5回表増村選手が真っ芯でとらえた「物凄い打球」が左中間へ飛ぶ。誰もが同点本塁打と思った打球を、レフト千賀選手があきらめずに背走、また背走。最後は190cm越えの長身を伸ばしてのジャンピングキャッチ!打った増村選手が二塁を周っても捕られたことに気づかないほど打球であった。逃げるPENGUINS、1点を追うアスレチックス倶楽部。6回表2死一塁、長沢選手の打球はショート頭上へのライナー。抜ければ左中間をそのまま破る打球であったが、ショート渡部選手がジャンプ。グラブの先でぎりぎり弾き、一二塁に走者を止める。ここで審判団からこの回から新たなイニングに入らないという通達。追い込まれた王者アスレチックス倶楽部、バッターは先ほど大飛球の強打・増村選手。意地の打球が三遊間へ。抜ければ同点だ!?しかし、ショート渡部選手が、今度は頭から猛然とダイビング!顔から全身を泥だらけにしてのセーブで食い止め、二死満塁。前の試合から一人で投げ抜く佐久間投手をバックが盛りたてる。最後は佐久間投手がこの日209球目となるストレートで三振に抑えゲームセット。試合終了と同時に優勝したような歓声を挙げるPENGUINSナインに、審判団から「レフトのあのプレーが大きかったね。」との感想が伝えられた。無欲のPENGUINSが、JAPAN CUP4期連続出場の強豪を破る大番狂わせとなった。
田中 行男さんコメント 50回いや100回に一度の試合が出来ました。正直対戦させていただいたことだけで喜んでおりました。私どもは強豪の常連ではありませんので、もう顔合わせできることも無いかもしれませんが、どうぞ末永く宜しくお願い申し上げます。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2 - 1 天狗 2009/12/6(日)11:15-13:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 渡辺投手、天狗 丸山選手の先発で試合開始。2回表天狗の攻撃は4番丸山選手、5番金本選手の連打で無死一塁二塁のチャンス。ここを6番堀向選手が犠打で送り一死二塁三塁とする。7番波江田選手がスクイズを成功させて天狗が1点を先制する。2回裏のアスレは一死から5番長沢選手が四球で出塁し、盗塁で2塁まで進む。6番増村選手の進塁打で二死ながら三塁で7番上原選手は死球となり、8番早坂選手の時にパスボールがでてアスレが同点に追いつく。4回表の天狗の攻撃は4番丸山選手が左中間を深久と破る三塁打で無死三塁の大チャンス。しかしアスレ渡辺投手が後続を打ち取りピンチを凌ぐ。4回裏のアスレは先頭の4番羽田選手が四球で出塁し、一死二塁から6番増村選手ピッチャーを強襲する当たりがショート前に転がり、一塁への送球が悪送球となり亜スレが1点を勝ちこす。アスレは5回から松本投手を投入し、3回をキッチリ抑えて1点差で逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント 天狗さんとは初対戦でしたが、紙一重の差でした。特に丸山選手は投打にわたって素晴らしかったです。またの機会がありましたら宜しくお願いします。ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 1 T-Five 2009/10/31(土)9:00-11:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 T・FIVE大野投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。先制したのはアスレ。2回表に二死から6番大塚選手が左翼フェンスオーバーのソロ本塁打で1点を先制する。3回表にもアスレは、この回から代わった末次投手を攻めて、二死満塁から4番羽田選手の押し出し死球で1点を追加する。5回表のアスレは二死から3番渡辺選手の四球と4番羽田選手のライト前安打で二死一塁三塁とチャンスを作る。ここで5番長沢選手がセンター前にタイムリー安打を放ち、1点を追加する。T・FIVEも5回裏に反撃開始。先頭の4番小宮選手がセンター前安打で出塁すると、一死後に6番大野選手も四球で出塁して一塁二塁とする。7番小島選手のショートゴロの間に二死ながら一塁三塁とし、8番代打坂口選手のところでパスボールとなり1点を返す。アスレも6回と7回とスコアーリングポジションにランナーを進めるも追加点が奪えずに最終回のT・FIVEの攻撃に入る。7回裏のT・FIVEは先頭の4番小宮選手が四球で出塁してプレッシャーをかける。しかしアスレ松本投手は苦しみながらも、後続を3人で斬って アスレチックス倶楽部が3対1でなんとか勝利する。
岡野 勇士監 督コメント T・FIVEさん どちらが勝ってもおかしくない緊張感のある良い試合だったと思います。T・FIVEさんの気持ちを背負ってジャパンカップに挑みます。ありがとうございました!

 

 

  HOLLYWOOD 3 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/9/20(日)17:00-19:00 江東区夢の島球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 渡辺投手、ハリウッド 佐藤投手の先発。3回表アスレは先頭8番木村選手が右中間へのヒットで出塁、その後キャッチャーと1塁間の牽制送球エラーで3塁まで進み、1番川崎選手がきっちりエンドランで返し1点を先制する。ハリウッドは4回から投手交代、5回表アスレはその代わった古箭投手を攻めヒット、四球、振り逃げで2アウトながら満塁とし、続く打者も粘って四球で押し出しとなり2点目。最終回6回裏ハリウッドは先頭の2番郷原選手が3塁方向へバントを狙い、これをアスレチックス倶楽部の渡辺投手と3塁羽田選手が交錯し転倒、ヒットとなる。その後3番古箭選手は倒れるものの4番濱野選手の三遊間へのヒットもあり1アウト2,3塁とし、5番藤井選手も粘って四球で1アウト満塁となる。そして続く6番成毛選手の打席、アスレバッテリーのパスボールにて1点を返す。さらには粘って四球となるがその最後のボールがパスボールとなる。ここでアスレ守備陣のミスもありボールが転がる間に一気に2走者が生還、土壇場で3対2とハリウッドが逆転サヨナラ。
朽名壮大渉 外コメント アスレチックスクラブ様、遠征頂きましてありがとうございました。今回はたまたま私どもに運がありこのような形になりましたが、学ぶべき点ばかりでした。ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 16 - 0 Alcoholic.B.C 2009/8/29(土)14:00-17:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 Alcoholic.B.C野村投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。1回表のA.B.Cの攻撃は先頭の井坂選手がいきなり左中間への二塁打と送球ミスで無死三塁の先制のチャンス。2番桑子選手のところでスクイズを敢行するも空振りとなり、三塁ランナーが刺されて、この回無得点。1回裏のアスレは3四死球で無死満塁として、4番羽田選手が空振り三振で倒れた後に、5番長沢選手がエンドランを空振りするもののランダウンプレーのミスで1点を先制する。続く6番増村選手はセンター前への2点タイムリー安打を放ち、この回アスレが3点を先制する。2回裏にもアスレは1番斉藤選手のセンターフェンスオーバーのツーラン本塁打と3番渡辺選手の左中間へのツーラン本塁打のホームラン攻勢で4点を加点。3回裏にもアスレは代わった河村投手から6番増村選手の左中間への本塁打と8番境選手と9番松本選手の連打から1番斉藤選手が小技をきっちり決めて1点を追加。さらに3番渡辺選手の右中間への2点タイムリー安打で、この回4点を加点する。4回表のA.B.Cの攻撃は一死から4番白木選手が左中間へ二塁打を放って、得点のチャンス。しかし後続が倒れて無得点。5回裏のアスレは4番羽田選手の2点タイムリー安打と5番長沢選手と7番木村選手のタイムリー安打などで さらに5点を追加。6回で時間となり、松本投手が2安打完封でアスレチックス倶楽部が16対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント Alcoholic.B.Cさま、遠方からの遠征 誠にありがとうございました。雨が心配でしたが、できて良かったです。またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 11 - 1 大泉Phoenix 2009/8/23(日)9:00-12:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 佐野投手、大泉PHOENIX 桜井投手の先発で試合開始。1回表のFHOENIXの攻撃は、1番坂本選手がいきなりセンター前安打で出塁すると、一死から盗塁を決めて先制のチャンス。3番藤本選手の強烈なレフトライナーをアスレ上原選手が弾くも、三塁でランナーを刺して この回を凌ぐ。1回裏のアスレの攻撃も1番斉藤選手がいきなりセンター前安打で出塁すると、2番上原選手のバントが内野安打となり無死二塁三塁のチャンス。ここで3番渡辺選手がレフトに犠牲フライを放ち、アスレが1点を先制する。2回裏のアスレの攻撃は5番長沢選手のライト前安打から四球などで一死満塁となる。ここで9番白川選手のセーフティーバントで1点を加点。さらに二死二塁三塁で1番斉藤選手の左中間へのスリーランホームランでこの回4点を加点する。5回裏にもアスレは無死満塁から3番渡辺選手の右中間二塁打で2点、4番羽田選手の内野ゴロの間に1点など、打者一巡の攻撃で5点を加点する。毎回のようにランナーを出してきたPHOENIXは、6回表に2番吉田選手がこの日2本目の二塁打で出塁すると、4番高井選手も右中間へ二塁打を放ち1点を返す。しかし二塁牽制で刺されチャンスが潰えたと思えたところ、5番桧山選手の二塁打と6番吉田選手のセンター前安打で二死ながら二塁三塁のチャンス。しかしアスレ佐野投手は7番木村選手を三振に取り、この回三本の二塁打を打たれながら1失点で抑える。6回裏のアスレは2番上原選手がライトフェンスオーバーのソロ本塁打で1点を加点。11対1でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント PHOENIXさん、鳩ヶ谷まで遠征していただき ありがとうございました。今度はこちらから遠征しますので、またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  ヤンキース 7 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/8/8(土)9:00-11:00 滝が原球場7面

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に(株)グリーンセレモニーアスレチックス活動体制なくヤンキース不戦勝
加藤 聡弘渉 外コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 11 - 3 武田ジェッツ 2009/8/1(土)9:00-11:00 滝が原球場7面

 

 

ゲーム内容 武田ジェッツ 松尾投手、アスレチックス倶楽部 松本投手の先発で試合開始。1回表のアスレの攻撃は二死から、3番渡辺選手の四球と4番羽田選手のレフト線三塁打で1点を先制。2回裏のジェッツの攻撃は4番東角選手のセンター前安打で、その後三塁まで進み、6番松尾選手のセンター前安打で同点に追いつく。さらにジェッツは3回裏にも二死から2番見川選手のレフト前安打と3番藤平選手のライトオーバーの二塁打で1点を勝ち越す。アスレも5回表に9番岡野選手と1番川崎選手の連続四球から、2番菅原選手の左中間への三塁打で2点を取り逆転をする。しかし、ジェッツも5回裏に9番箱山選手のセンター前安打で三塁まで進むと、2番見川選手のエンドランで3対3の同点に追いつく。追いつかれた6回表のアスレは一死から6番兎澤選手の相手失策と7番白石選手の四球で一塁二塁の勝ち越しのチャンス。8番松本選手は倒れるものの、9番岡野選手のレフト前安打で勝ち越しに成功。その後1番川崎選手のライト前タイムリー、2番菅原選手が四球で繋いで、3番渡辺選手のレフト前タイムリー安打、4番羽田選手の四球を挟んで、5番木村選手のレフト前安打が後逸されてランニングホームランとなり、この回二死からの8得点で主導権を握る。アスレは6回、7回を初登板の羽田投手をリリーフに投入し、無難に抑えてアスレチックス倶楽部が11対3で逆転勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 武田ジェッツ様、どちらに転んでもおかしくない 紙一重の試合でした。またの機会宜しくお願いいたします。

 

 

  フレンズ 1 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/7/26(日)17:00-19:00 八潮市北公園野球場

 

 

ゲーム内容 フレンズ 斉藤投手、アスレチックス倶楽部 渡辺投手の先発で試合開始。3回表のアスレの攻撃は9番田島選手が右中間の二塁打で出塁すると、1番上原選手の犠打がエラーを誘い、無死一塁三塁のチャンス。2番大塚選手のところで、エンドランを敢行するも、失敗で3塁ランナーが刺される。さらに2塁ランナーの上原選手が3盗を試みるも、盗塁死となりアスレが先制のチャンスを潰す。ピンチの後にチャンスありで、3回裏のフレンズは7番斉藤選手が右中間への柵越え本塁打で1点を先制する。さらに4回裏のフレンズは二死から4番武藤選手の二塁打と5番鈴木(克)選手の四球とさらにワイルドピッチが絡んで、二死ながら二塁三塁のチャンス。ここをアスレ渡辺投手は6番高橋選手をセンターフライに打ち取って踏ん張る。5回裏からアスレは松本投手を投入するが、フレンズは一死からサードのエラーと四球とパスボールで一死二塁三塁の追加点のチャンス。ここを1番竹原選手がライトフライ。2番渡辺選手がセカンドゴロでチャンスを潰す。毎回ランナーを出すものの、ホームが遠いアスレは6回表 一死から4番羽田選手のセンターオーバーの二塁打と5番増村選手の四球と6番木村選手のセカンドゴロが失策となり、一死満塁のチャンス。ここでフレンズ斉藤投手は、7番渋谷選手をピッチャーゴロのゲッツーに打ち取りピンチを凌ぐ。再三チャンスを潰し、万事休すかと思われたアスレの最終回の攻撃は 8番早坂選手がライト線の二塁打で出塁すると、9番松本選手のバント安打と盗塁で、無死二塁三塁のチャンス。ここで1番上原選手の打球は前進守備の後ろに落ちるライト前のポテンヒットとなり、アスレが土壇場で2点を取って逆転をする。アスレ松本投手は最終回にランナーを一人出すものの気迫の投球で抑えて、アスレチックス倶楽部が2対1で逆転勝利する。
岡野 勇士監 督コメント フレンズ 山崎様、グランドと審判の手配等、ありがとうございました。紙一重の試合で、内容的には負けていました。またの機会、宜しくお願いいたします。

 

 

  東彩ガス 0 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/7/25(土)9:00-12:00 春日部南栄町球場

 

 

ゲーム内容 東彩ガス 萩原投手、アスレチックス倶楽部 長沢投手の先発で試合開始。一回表のアスレチックス倶楽部の攻撃は、1番上原投手が四球で出塁すると、すかさず盗塁で無死二塁のチャンス。2番菅原選手が犠打で送り、一死三塁で3番長沢選手のセンター前の安打でアスレが1点を先制。その後、長沢選手の盗塁と5番渋谷選手が四球で出塁して、二死一塁三塁で重盗を敢行して1点を追加する。3回裏の東彩ガスは、二死から1番木原選手がレフトオーバーの二塁打でチャンスを作るも、2番鈴木選手はサードゴロに倒れる。その後、投手戦となり、5回表のアスレは二死から3番長沢選手が内野安打で出塁すると、4番渡辺選手がライトオーバーの二塁打で1点を加点する。7回表にもアスレは一死から1番上原選手のセンター前安打と盗塁で一死二塁のチャンスで、2番菅原選手がレフトフライで倒れるものの、3番長沢選手がサードのグラブを弾くレフト前安打で1点を追加。7回裏の東彩ガスは5回から代わったアスレの渡辺投手を攻めて反撃。3番秦楽選手が四球で出塁すると、4番白石選手のショートゴロが野選となり、無死一塁二塁のチャンス。ここで5番栗原選手の犠打がサードフライとなりランナーを送れず、6番宝月選手もサードゴロで二死一塁三塁となる。しかし7番山村選手は四球で繋ぎ、二死満塁のチャンス。しかし、8番田端選手の打球はファーストファールフライとなりゲームセット。アスレが4対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 小櫃さま、日程調整とグランドの手配ありがとうございました。また、県大会で対戦する機会があると思いますので、宜しくお願いします。

 

 

ゲーム内容 1回裏稲葉ベースボール倶楽部は2番の二塁打で一死二塁の好機を作るも3番・4番が倒れ先制できず。アスレチックス倶楽部は3回表に8番のレフト線への強烈なヒットで無死一塁で、続く9番の犠打で一死二塁のチャンスも後続が倒れ,こちらも先制できず。稲葉ベースボール倶楽部は3回裏に9番打者が内野安打と一塁手の暴投で一死二塁の絶好の足場を作り、1番死球、2番が遊撃手のエラーを誘い一死満塁でバッター3番の場面を作るも初球をサードランナーが飛び出し本塁憤死でチャンスをつぶす。試合が動いたのは6回表先頭の9番が相手三塁手のエラーを誘い無死二塁とし、続く1番も内野安打で無死一三塁。ここで2番打者が三振し、サードランナーも飛び出すも捕手から三塁への送球がサードランナーのヘルメットを直撃し、ボールが転がる間にアスレチックス倶楽部が1点を先制。なおも、死球と敵失で二死満塁の追加点のチャンスを作るも6番の捕手ゴロで6回の攻撃を終える。アスレチックス倶楽部は最終回も先頭7番の四球と8番の犠打で一死二塁の追加点のチャンスを作るも9番外野フライ、1番内野ゴロで追加点ならず。稲葉ベースボール倶楽部の7回の攻撃は代打の7番が内野ゴロ、8番も外野フライ。二死ランナー無しで9番打者のサード前のゴロを三塁手が一塁へ暴投し二死二塁の同点機を作り、1番が2ストライクと追い込まれながらもライトへ鋭いヒットを放ち、ライトとファーストの中継がもたつく間に二塁ランナーがホームインし土壇場で稲葉ベースボール倶楽部が同点に追いつく。ここでサヨナラ場面となるが、2番が内野ゴロに倒れ、結果1対1の同点でゲームセット。
嶋口一平主 将コメント 本日は大変暑い中、対戦有難うございました。また対戦できる日を楽しみにしております。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 1 Be-Friend よしもり〜ず 2009/6/20(土)15:00-18:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手、よしもり〜ず 新名投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は4番渡辺選手がレフト前安打で出塁すると、盗塁で二塁に進む。5番増村選手は四球で無死一塁二塁で6番斉藤選手を迎える。ここは新名投手が三振で切り抜けるが、7番木村選手がライト前にしぶとく安打を放ち1点を先制する。アスレは3回裏にも1番上原選手から3連続四球で無死満塁のチャンスを作り、4番渡辺選手の左中間二塁打で2点を追加。続く増村選手も上手く内野ゴロを弾ませてこの回3点を追加する。さらに4回裏にも7番木村選手のバント安打から失策と3番大塚選手の内野安打と4番渡辺選手の、この日2本目の二塁打で3点を加点する。よしもり〜ずも5回表に5番刀根選手がレフトフェンスオーバーのホームランで1点を返し意地を見せる。しかし アスレは松本・佐野投手のリレーで相手打線を2安打に抑えて、7対1で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント よしもり〜ず様 遠くまで遠征に来ていただき、ありがとうございました。またの機会 楽しみにしてますので、宜しくお願い致します。

 

 

  CROWNS 2 - 6 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/6/14(日)13:00-15:00 浦和G

 

 

ゲーム内容 CROWNS黒須投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。1回裏のCROWNSの攻撃は1番金子選手がレフト前安打で出塁し、2番真柄選手は三振に倒れるものの3番宮田選手のセンター前安打で一死一塁三塁のチャンスで4番長谷川選手を迎える。ここでアスレバッテリーはエンドランを外すもサードの羽田選手が送球エラーをして CROWNSが1点を先制。さらに二死三塁から5番伊藤(洋)選手がレフトオーバーの二塁打で1点を追加。CROWNSが初回に2点を先制する。追いかける展開となったアスレは3回表一死満塁から5番増村選手が四球を選び1点を返す。続く6番渋谷選手はレフトオーバーの走者一掃の三塁打で3点を加点。さらに一死三塁で7番木村選手のエンドランで1点を加点し、この回アスレが5点を取り逆転する。6回表にもアスレは2番上原選手のライト前安打、3番大塚選手の死球、4番羽田選手のセーフティーバントで一死満塁を作る。ここで5番増村選手のセンターフライがポトリと前に落ちて1点を加点。2回以降立ち直ったアスレ松本投手は6回表二死までランナーを出さずも、CROUNSも二死から3番宮田選手がライト前にポテンヒットで反撃開始。続く4番長谷川選手もレフト前に安打を放ち、連打で二死ながら一塁二塁のチャンスを作る。しかし5番伊藤(洋)選手はピッチャーゴロに倒れ、この回で時間切れとなり試合終了。アスレチックス倶楽部が6対2で逆転勝利する。
岡野 勇士監 督コメント CROWNS金子様、グランドや審判の手配などありがとうございました。若くて勢いのあるチームなので、この先楽しみですね。またの対戦機会楽しみにしてますので、宜しくお願い致します。

 

 

  ウイングス倶楽部 0 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/6/7(日)19:30-21:30 草加市工業団地公園野球場

 

 

ゲーム内容 トンガラサ 田中(直)投手、アスレチックス倶楽部 佐野投手の先発で試合開始。1回裏のトンガラサの攻撃は1番田村選手と3番田中(大)選手が佐野投手の制球難につけ込み四球で出塁して 一死一塁二塁のチャンスを作る。4番世代(俊)選手の弾むピッチャーゴロで二死二塁三塁となり、5番有賀選手を迎える。ここをアスレ佐野投手はショートゴロに打ち取ってなんとか踏ん張る。2回表のアスレの攻撃は二死から6番渋谷選手のレフト線二塁打と7番木村選手の右中間への三塁打の連打で1点を先制する。3回裏のトンガラサの攻撃は一死から1番田村選手がレフト前安打で出塁し、果敢に盗塁するもアスレ渡辺捕手が阻止しチャンスが潰える。その後は投手戦となり、トンガラサ渡辺投手が2安打完投、アスレ佐野投手が1安打完封と1対0でアスレチックス倶楽部がなんとか守り勝つ。
岡野 勇士監 督コメント 田中様 いつも素晴らしい球場を用意していただきありがとうございます。トンガラサさんは相変わらず力のある良いチームですね。紙一重の良い試合ができたと思います。またの機会 宜しくお願い致します。

 

 

  JSC 0 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/4/19(日)11:30-14:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 JSC内田投手、アスレチックス倶楽部佐野投手の先発で試合開始。試合が動いたのは3回表のアスレの攻撃。7番木村選手がショート強襲の当りで出塁すると、8番白石選手が犠打で送り二塁に進める。続く9番佐野選手の投前のボテボテの打球が悪送球となりアスレが1点を先制。なおも1番川崎選手のセーフティーバントが内野安打となり、2番上原選手のライト前安打と3番松本選手のエンドランで2点を追加して、この回にアスレが3点を先制する。3回裏のJSCの攻撃は二死から1番福永選手が左中間に三塁打を放ち、二死ながら三塁のチャンスで2番丸選手。ここはショートゴロとなり佐野投手が踏ん張る。その後は投手戦となりアスレの最終回のマウンドには好投の佐野投手に代わり栗原投手を送る。JSCも当っている田中選手が一死からこの日2本目の安打で出塁する。しかし栗原投手は後続を連続三進で切り抜けて、アスレチックス倶楽部が3対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント JSCさんとの初対戦を楽しみにしていました。ありがとうございます。JAPAN戦士をはじめ良い選手達ですね!またの機会宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 6 朝日信用金庫 2009/3/15(日)13:00-16:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 新佐古・笠原・長嶋の三投手の継投で朝日信用金庫勝利。単打で繋ぐ打線で好結果を生む。
清水 力コーチコメント アスレの岡野様グランド及び審判員の手配等いろいろと御尽力ありがとうがざいました。

 

 

  ウイングス倶楽部 1 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/3/8(日)13:00-16:30 幸手市ひばりヶ丘球場

 

 

ゲーム内容 トンガラサ田中投手、アスレチックス倶楽部松本投手で試合開始。1回裏トンガラサの攻撃、一死から2番高橋が二塁打を打ち、一死二塁で続く3番有賀が、好投手アスレチックス松本投手の初球を右中間を破る二塁打を放ち1点を先制。続く2回裏にもヒットと相手エラーにより無死満塁を作るが、アスレチックス松本投手が気迫のピッチングにトンガラサ打線の後続が倒れ0点に終わる。投げては、トンガラサ田中投手がアスレチックス打線を1安打完封で試合終了しました。
田中直樹さんコメント 岡野様、アスレチックスの皆様ありがとうございました。また次回も宜しくお願いします。

 

 

  TEAM ByBLOS 3 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/3/1(日)10:30-13:00 牛久市 流通経済大学野球部グランド

 

 

ゲーム内容 TEAMByBLOS永富投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手の先発で試合開始。後攻のTEAMByBLOSは初回、先頭の1番田中洋平選手が内野安打で出塁。すぐさま盗塁で二塁へ。2番横倉選手が進塁打で一死三塁とし3番国谷選手の内野安打で1点を先制。アスレチックス倶楽部も先頭打者が出塁するも後続が続かず無得点。1−0で迎えた5回裏TEAMByBLOSの攻撃。一死から6番宮代選手が内野安打で出塁。二死後、8番百瀬選手、9番一色選手が連続安打で二死満塁のチャンス。ここで1番田中洋平選手がセンター前へとはじき返し二者が生還。3−0とリードを広げる。その後、最終回のアスレチックス倶楽部も一死満塁と一打逆転のチャンスを作り粘りを見せるもTEAMByBLOS永富投手が最後の打者を打ち取り試合終了。
小林 政志さんコメント 岡野監督、メンバーのみなさん、今回は遠い所までありがとうございました。また対戦の機会があると思いますのでよろしくお願いします。

 

 

  雷電 0 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/2/22(日)13:00-15:00 与野八王子公園球場

 

 

ゲーム内容 岩槻レイズ 光田投手、アスレチックス倶楽部 松本投手の先発で試合開始。1回表アスレの攻撃は1番上原選手が敵失で出塁すると、盗塁で二塁まで進む。2番菅原選手が犠打で送り一死三塁のチャンスで3番斉藤選手が投手強襲安打でアスレが1点を先制する。その裏の岩槻レイズは2番武氏選手がセンター前安打で出塁すると盗塁で二塁まで進み、一死二塁の同点のチャンス。しかし後続を絶たれ無得点。2回裏のレイズは6番宮崎選手のセンター前安打とアスレ守備の失策で一死一塁二塁のチャンス。ここで8番照井選手のバントがフライとなり二死、続く光田選手もショートゴロでチャンスを逃す。アスレも毎回ランナーを出すもののレイズ光田投手の粘りの投球に後1本が出ずに六回まで1対0の投手戦となる。追加点の欲しいアスレは7回表先頭の8番松本投手がレフト前安打で出塁すると、9番山田選手の犠打が内野安打となり無死一塁二塁のチャンス。1番上原選手が犠打で送り、一死二塁三塁のチャンスで2番菅原選手の高く弾むショートゴロの間に1点を追加する。アスレ松本投手は3回以降一人のランナーも許さず7回完封でアスレチックス倶楽部が2対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 岩槻レイズ様 グランドと審判の手配ありがとうございました。1点を争う緊迫した試合でしたね・・・またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 13 - 1 Revival 2009/2/1(日)9:00-12:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手、Revival桜井投手の先発で試合開始。1回裏のアスレの攻撃は1番川崎選手がいきなりセンター前安打で出塁すると2番上原選手の犠打が野選となり無死一塁二塁のチャンス。ここで3番斉藤選手が犠打で送り、一死二塁三塁で4番羽田選手が左中間に二塁打を放ち2点を先制する。さらに二死から6番増村選手がレフト前にタイムリー安打を放ち1点を追加し、アスレが初回に3点を先制する。3回表のRevivalの攻撃は二死から9番榎本選手がセンターの失策で出塁すると、すかさず盗塁を成功させて二死二塁のチャンスを作る。ここで1番池ノ谷選手が左中間に二塁打を放ち、Revivalが1点を返す。しかしアスレも3回裏に無死一塁二塁で4番羽田選手が左中間にフェンス直撃の二打席連続タイムリー二塁打で2点を追加する。4回裏にもアスレは二つの押し出し四球で2点を追加。さらに5回裏にもRivivalの代わった埴原投手を攻めて、一死一塁三塁で1番川崎選手、2番上原選手の内野安打と3番斉藤選手の2点レフト線のタイムリー安打、4番羽田選手の右中間二塁打から5番長沢選手の内野ゴロの長短打で繋げて、この回5点のビッグイニングを作る。6回裏にも増村選手のレフトフェンスオーバーの本塁打で1点を加点。最終回は6回から代わった佐野投手が先頭打者を四球で出すものの後続を抑えて、アスレが13対1で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント Revivalの皆様、前日の雨による悪コンディションの中での対戦ありがとうございました。またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  すっとごれCLUB 0 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/12/21(日)13:00-16:00 舎人公園

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手、すっとごれCLUB 前田投手の先発で試合開始。先制したのはアスレ。2回表先頭の6番上原選手がライト前安打で出塁すると、7番兎澤選手がきっちり犠打で送り、8番松本選手のショートゴロの間に進塁して二死ながら三塁のチャンス。9番山田選手のところでバッテリーミスがでてアスレが1点を先制。3回表のアスレは先頭の1番川崎選手が右中間三塁打を放ち、1死後3番斉藤選手のところでエンドランで1点を追加。3回裏のすっとごれの攻撃は1死から1番戸田選手が内野安打で出塁すると盗塁を成功させ一死二塁のチャンス。ここで2番甲田選手が送り二死ながら三塁で3番千葉選手を迎える。しかしアスレ松本投手はここをサードゴロに抑えてチェンジ。5回表のアスレの攻撃は8番松本選手がセンター前ヒットで出塁すると 9番山田選手と1番川崎選手の連続内野安打で無死満塁のチャンス。ここで2番菅原選手の内野ゴロと3番斉藤選手の犠牲フライで2点を加点する。5回裏のすっとごれも反撃開始。7番岸田選手のセンター前安打と8番戸田(将)選手の死球で無死一塁二塁のチャンス。しかし9番前田選手がピッチャーゴロ、1番戸田(康)選手がサードゴロのゲッツーとチャンスを潰える。7回表にもアスレは1番川崎選手のレフト前安打から失策絡みで1点を加点する。投げては松本投手5インニング、佐野投手2イニングの完封リレーでアスレチックス倶楽部が5対0」で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 中濱監督 並び すとごれの皆様お疲れ様でした。いつもグランドと審判の手配ありがとうございます。また来年度も宜しくお願いいたします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 1 - 0 三陽商会 2008/12/7(日)11:15-13:15 滝が原球場(5面)

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 栗原投手、三陽商会 山中投手の先発で試合開始。2回表の三陽の攻撃は4番川井選手がレフト前安打で出塁すると パスボールで無死二塁のチャンス。しかしアスレ栗原投手は後続を抑えてピンチを凌ぐ。2回裏のアスレの攻撃は一死から6番増村選手が四球で出塁すると 7番上原選手が犠打で送り 二死二塁と形をつくる。ここで8番熊井選手がレフト前にタイムリー安打を放ちアスレが1点を先制する。4回裏のアスレは先頭の5番長沢選手が左中間の二塁打で出塁すると 6番増村選手の犠打で一死三塁のチャンス。しかし三陽 山中投手も踏ん張り得点を与えない。その後は投手戦となりアスレ栗原投手は1安打完封でアスレチックス倶楽部が逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント 三陽商会さんとは今年3度目の対戦ですが、いつも1点差のドキドキする試合になりますね。来年もまた宜しくお願いします。

 

 

  Be-Friend よしもり〜ず 3 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/12/7(日)13:15-15:15 滝が原球場(5面)

 

 

ゲーム内容 アスレチックス松本投手、よしもり〜ず新名投手の先発マウンド。1回表をアスレチックス松本が0点でよしもり〜ず打線を抑え上々の立ち上がりをみせる。1回裏、アスレチックスの攻撃。2アウト後、三番斉藤がレフト前ヒットで出塁し、バッターは四番羽田。変化球を狙い打ち、ピッチャー強襲の内安打となり、二死一二塁となる。続くバッターは5番長沢。2ストライク後、大谷捕手の好判断で一塁にいた羽田を挟み、タッチアウト。よしもり〜ずは辛くもピンチをしのぐ。 試合が動いたのは3回表。よしもり〜ず先頭の大谷選手が倒れたあと、続く小松選手がレフトオーバーを放ち1死二塁のチャンス。続く越智選手がセンター前ヒットで一死一三塁となりチャンスが広がる。続く矢川選手がレフト前ヒットを放ちよしもり〜ずが1点を先制。なおもチャンスは続き、一死二三塁で新名選手。叩いた打球はライト前へ。よしもり〜ずが追加点。さらに内野ゴロの間に矢川選手が生還し3点目。よしもり〜ずが4連打で3点を先取した。その後、両チームともあと一歩のところで得点できず最終回へ。7回表、よしもり〜ずの攻撃は0点に抑えられ、7回裏を迎える。アスレチックス倶楽部も粘り、先頭打者がセカンド内安打で出塁するが後続が倒れ3-0でよしもり〜ず勝利。
新名 良盛G Mコメント ありがとうございました

 

 

  稲葉ベースボール倶楽部 0 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/11/23(日)11:00-13:00 東松山健保G

 

 

ゲーム内容 両チーム投手の好投により、7回裏まで決着つかずドロー。試合時間は僅か1時間の大変引き締まった試合であった。
嶋口一平主 将コメント 本日は、アスレチックス倶楽部さんのような実績のある素晴らしいチームに対戦頂き光栄でした。また、対戦頂けることを心より願っております。本日はどうもお疲れ様でした。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 1 - 0 SFB 2008/11/22(土)12:30-15:30 北野公園野球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 兎澤投手、相模原消防 芦名投手の先発で試合開始。1回表 相模原消防の攻撃は1番山田選手がいきなり四球で出塁すると、2番高山選手が犠打できっちり送り 一死二塁のチャンスを作る。しかし後続が断たれ無失点に終わる。2回裏のアスレの攻撃はこの回先頭の5番増村選手が四球で出塁し、続く斉藤選手の犠打でランナーを進める。しかし 7番吹留選手のレフトライナーで二塁ランナーの増村選手が飛び出してダブルプレーで この回終了。4回裏のアスレは2番木村選手の四球、3番長沢選手の死球、4番羽田選手の相手の失策で 無死満塁の最大のチャンスを迎える。しかし、相模原消防 芦名投手は5番増村選手を三振、6番斉藤選手をショートゴロのダブルプレーに打ち取りピンチをきりぬける。その後 投手戦になり延長サドンデスに突入。8回は両チーム無得点に終わり。9回表の相模原消防の攻撃はアスレ兎澤投手の緩急のピッチングに引っ掛かり投手ゴロのダブルプレーでまたも無得点。9回裏のアスレは 開き直った1番 菅原選手がレフト前に痛烈なヒットを放ち、アスレチックス倶楽部が1対0のサヨナラ勝ち。今シーズン エアロック・ストロング土曜大会を無敗で乗り切り2冠を達成。ジャパンカップに挑む。
岡野 勇士監 督コメント 相模原消防様 緊迫した試合しびれました。ありがとうございます。またの対戦 楽しみにしております。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 8 - 3 ナインフォース 2008/11/1(土)9:30-11:30 滝が原球場

 

 

ン ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手、ナインフォース 山口投手の先発でエアロックカップ土曜決勝戦が開始される。1回の表のナインフォースの攻撃は1番大熊選手がライト前安打で出塁すると、3番梅田選手もセンター前安打で繋ぎ一死一塁二塁の先制のチャンス。ここで続く4番森重選手が変化球を上手くさばきセンター前安打でナインフォースが1点を先制する。勢いのついたナインフォースは2回表にも7番東郷選手が内野安打で出塁すると、牽制悪送球で二塁に進塁する。一死後9番廻谷選手の投手ゴロをアスレ松本投手がセカンドに送球するとショート斉藤選手がハンブルし、アスレのミスに乗じて一死一塁三塁のチャンス。ここで1番大熊選手が見事にエンドランを決めてナインフォースが2点目を取る。追い詰められたアスレは3回裏に8番菅原選手が四球で出塁すると9番松本選手の犠打とパスボールで一死三塁のチャンスを作る。ここで1番川崎選手が三振に取られ万事休すかと思われたが2番木村選手のセンター前安打で1点を返し反撃の狼煙を上げる。続く4回裏のアスレの攻撃は4番羽田選手がライト前安打で出塁すると一死ご6番増村選手のレフト前安打とボークで一死二塁三塁のチャンス。ここで7番綿谷選手の犠牲フライで同点に追いつき、さらに8番菅原選手のライト前安打で逆転する。さらに9番松本選手の死球後、二死二塁三塁で1番川崎選手がレフト前安打でこの回4点のビックイニングでアスレが逆転に成功する。しかしナインフォースも5回表に3番梅田選手の右中間を破るランニングホームランで1点を返し2点差に迫る。6回裏のアスレの攻撃は7番綿谷選手が失策で出塁と8番菅原選手の四球で無死一塁二塁のチャンスで9番松本選手が犠打で送り一死二塁三塁のチャンス。ここで1番川崎選手のサードゴロが失策となり1点を加点。続く2番木村選手の時に三塁牽制が悪送球となり1点、木村選手のレフト前のダメ押しのタイムリー安打でこの回に3点を加点する。アスレ松本投手は振れているナインフォース打線に6安打を打たれながらも3失点完投とゲームを作り、アスレチックス倶楽部が8対3の逆転勝利で昨年に引き続き エアロックカップ土曜大会2連覇を果たす・
岡野 勇士監 督コメント ナインフォース様 ありがとうございました。またの対戦楽しみにしております。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 0 Yamada Company 2008/10/11(土)14:00-17:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 栗原投手、Yamada Company 岡田投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は5番羽田選手がセンターオーバーの二塁打で出塁すると、続く6番増村選手の犠打で一死三塁のチャンス。ここで7番兎澤選手のレフト前安打でアスレが1点を先制する。3回表のYamada Companyの攻撃は二死から1番小林選手がライトオーバーの二塁打で出塁すると、2番大畑選手も四球を選び1打同点のチャンスで3番平野選手をむかえる。ここをアスレ栗原選手が踏ん張り3振でピンチを切り抜ける。3回裏のアスレの攻撃は9番栗原選手が四球で出塁すると、一死から2番木村選手のレフトフェンスオーバーの本塁打で2点を加点する。その後は投手戦になり、7回表のYamada Companyの攻撃は先頭の5番福島選手がレフトオーバーの安打で出塁し、反撃の狼煙をあげる。しかし、アスレ栗原投手は後続を断ち3対0でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント Yamada Company様 昨年に引き続きの対戦ありがとうございました。また遠路はるばる遠征に来ていただき感謝申し上げます。毎回紙一重の試合ですね・・・またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  新英電興 0 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/9/13(土)15:00-17:00 東調布公園野球場

 

 

ゲーム内容 新英電興 菅野投手、アスレチックス倶楽部 松本投手の先発で試合開始。2回表のアスレは5番熊井選手が四球で出塁し、盗塁と6番白石選手の進塁打で二死三塁で7番菅原選手の右中間二塁打で1点を先制。続く3回表にもアスレは二死満塁のチャンスをつくるも新英電興菅野投手が踏ん張り得点を与えない。4回裏の新英電興の攻撃は二死から4番保坂選手のライト前安打と5番我妻選手の二塁打で二死二塁三塁の1打逆転のチャンスをつくる。しかしアスレ松本投手は6番縄選手を三振にとりピンチを凌ぐ。5回表のアスレは二死から2番木村選手、3番斎藤選手、4番長沢選手、5番熊井選手の怒涛の4連打で2点を加点する。6回表のアスレの攻撃終了時に時間がきたため3対0でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 新英電興さま グランド並び審判の手配ありがとうございました。紙一重の緊張感のある試合でしたね。またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 8 - 1 GUN’S 2008/8/16(土)13:00-16:00 大宮健保出版6面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手、GUN`S中谷投手の先発で試合開始。1回裏アスレの攻撃は1番川崎選手が四球と盗塁で無死二塁のチャンス。2番木村選手のセカンドゴロで一死三塁をつくり、3番斉藤選手の内野ゴロの間に1点を先制。さらに5番増村選手の犠牲フライで得点し、初回に2点を先制。2回表のGUN`Sはすかさず反撃。一死から5番稲川選手が左中間二塁打を放つと 続く6番中谷選手がレフトオーバーの連続二塁打で1点を返す。さらに8番篠崎選手がライト前安打を放ち、二死一塁三塁のチャンス。ここをアスレ松本投手が踏ん張り追加点を与えない。2回裏のアスレは6番白石選手がセンター後方の飛球でエラーを誘い二塁に到達。8番兎澤選手の四球で一死一塁三塁のチャンスに9番松本投手のレフト前安打と1番川崎選手のエンドランでこの回2点を加点。4回裏にもアスレは一死から7番菅原選手、8番兎澤選手の連続レフト前安打と野選で一死満塁で、1番川崎選手のエンドランと2番木村選手の右中間二塁打で この回3点を加点。6回裏にもアスレは木村選手のセンター前タイムリー安打で1点を加点して、アスレチックス倶楽部が8対1で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント GUN`S様 日程調整ありがとうございました。また、はるばる厚木から遠征に来ていただき感謝申し上げます。次回はこちらから遠征に行きますので、またの機会には宜しくお願い致します。

 

 

  ターフビジョン 0 - 14 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/8/9(土)9:00-11:00 戸田市営北部球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 兎澤投手、ターフビジョン 鈴木投手の先発で試合開始。1回表アスレチックス倶楽部の攻撃は1番川崎選手がレフト前安打で出塁すると2番木村選手が犠打で送り、3番斉藤選手のところで川崎選手が三盗を成功させて一死三塁のチャンス。ここで斉藤選手がライト前に安打を放ち1点を先制。続く4番羽田選手がライトフェンスオーバーの2ランホームランとさらにこの回に1点を加点してアスレが初回に4点を先制する。2回にもアスレは8番兎澤選手が四球で出塁すると9番上原選手が犠打で送り、1番川崎選手の左中間を抜ける当りがランニングホームランになり2点を加点。5回表にもアスレは5番増村選手のフェンス直撃の二塁打などで」1点を追加。5回裏からアスレは松本投手にスイッチするが、代わりっぱなをターフビジョンが反撃。一死から6番関口選手と7番高橋選手の連続安打で一死一塁二塁のチャンスを作る。しかし8番代打鷹影選手がショートゴロの併殺となり無得点。7回表のアスレは5番代打町田選手のライト前安打と6番熊井選手のライト前安打さらに」8番松本選手から2番木村選手まで4連打で5点、とどめは4番羽田選手のこの日2本目のライトフェンスオーバーの2ランホームランでこの回打者10人を送る猛攻で7点を加点する。7回裏のターフビジョンは一死から4番伊賀選手の右中間への二塁打と5番鈴木選手の内野安打で一死一塁二塁のチャンス。続く6番関口選手の内野ゴロの間にランナーが進塁して二死二塁三塁の得点機会で7番高橋選手をむかえる。しかしアスレ松本投手は踏ん張り、ここを三振に切ってとりゲームセット。アスレチックス倶楽部が14対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント ターフビジョン金澤様 日程調整などありがとうございました。また素晴らしい球場を用意していただきありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 4 チョモランマ 2008/7/19(土)13:00-16:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 炎天下の中 アスレチックス倶楽部 松本投手、チョモランマ 鈴木投手の先発で試合開始。先制したのはチョモランマ。初回2死から3番横倉(恵)選手がしぶとくセンター前安打で出塁すると4番吉岡選手の時にアスレ増村捕手のパスボールで二塁へ進塁。ここで吉岡選手の右中間三塁打で1点を先制。チョモランマは3回と4回にも先頭打者が安打で出塁しランナーを三塁まで進め押せ押せのペース。ピリッとしないアスレ打線は4回裏に一死から3番斉藤選手と4番増村選手の連続四球でようやくチャンスを掴む。5番羽田選手のところで重盗を敢行して一死二塁三塁として羽田選手のレフト前の安打で2点を入れ逆転。羽田選手が三塁まで進むと6番熊井選手もレフト前安打で1点を加点。さらに7番菅原選手のエンドランが決まり一死二塁三塁でつづく8番上原選手のエンドランが決まって1点を加点して この回4点を入れてアスレが逆転する。粘るチョモランマは5回表に一死から9番横倉選手がライト前のポテン安打で出塁すると1番吉田選手のセンター前安打がエンドランで成功して一死二塁三塁のチャンス。ここで2番大橋選手の打球はサードゴロとなるがアスレ増村捕手がまさかのストライク送球を落球して1点を返す。アスレ松本投手は味方の失策に完全にリズムを崩し続く3番横倉(恵)選手を四球で歩かせ一死満塁となる。ここで4番吉岡選手の打球は弾むショートゴロとなりアスレ斉藤選手がこれを失策し、さらに三塁へ投げた送球が悪送球となり2点を返しゲームを振り出しに戻す。追い込まれたアスレは5回裏一死から2番吹留選手のセンター前安打と3番斉藤選手のエンドランが成功して一死二塁三塁で5番増村選手がフライが敵失となり一死満塁のチャンス。5番羽田選手の時にエンドランを敢行するもボール球となり三塁ランナーが刺されて万事休すと思われたが、羽田選手が四球で出塁して二死ながら満塁となる。ここで6番熊井選手が右中間に意地の三塁打を放って3点を入れてアスレが勝ち越す。6回からアスレは佐野投手を投入して逃げ切り、アスレチックス倶楽部が7対4で辛くも消耗戦を制する。
岡野 勇士監 督コメント チョモランマさま 猛暑の中のゲームお疲れ様でした。昨年に引き続きの試合でしたが、かなりの進化を感じました。最後まで気迫溢れるプレーで本当に追い込まれました。粘り強かったです。またの対戦 宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 1 三陽商会 2008/7/5(土)8:00-10:00 大宮健保4面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 兎澤投手、三陽商会 峰投手の先発で試合開始。1回裏のアスレチックスの攻撃は先頭の1番松本選手が出塁すると2番木村選手がバントで送る。この時セカンドへの送球がそれて外野に転がる間にアスレが1点を先制。さらに無死二塁で3番斉藤選手が犠打で送り一死三塁のチャンスをつくる。しかし三陽 峰投手はここを踏ん張り後続を断つ。2回の表の三陽商会の攻撃は一死から6番山中選手の左中間二塁打と続く7番竹下選手のライト前安打ですかさず1点を返し追いつく。その後は両チームの投手が踏ん張り一進一退の緊迫したゲーム展開で終盤に進む。サドンデスも見えかけた6回裏のアスレの攻撃は一死から4番増村選手の四球と5番白石選手のセンター前安打で一死一塁二塁のチャンス。ここで6番兎澤選手のところでエンドランを敢行するもセカンドフライに倒れチャンスが潰えたかにみえたが、攻めの姿勢を崩さず7番菅原選手のところで重盗のギャンブルが成功し二死二塁三塁となる。ここで菅原選手の打球はセカンド後方に落ちるポテンヒットとなり2点が入る。最終回はアスレ兎澤選手が爪を割りながらも3人で抑えて1失点完投。アスレチックス倶楽部が3対1で辛くも勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 三陽商会様 猛暑の中での試合お疲れ様でした。またストロングカップに引き続きの対戦 ありがとうございました。毎回 胃に穴があきそうな接戦ですね。ストロング秋大会決勝 頑張ってください。

 

 

  三陽商会 1 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/6/14(土)11:00-13:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 三陽商会 篠原投手、アスレチックス倶楽部 松本投手の先発で試合開始。3回まで投手戦で試合が動いたのは4回表のアスレの攻撃。二死から4番増村選手がレフト前にチーム初安打を放つと、続く5番白石選手もセンター前安打を放ち、一塁走者の増村選手が三塁に好走塁し 中継がもたつく間に一機にホームインして1点を先制。アスレは6回表にも9番兎澤選手がライト前安打で出塁すると、1番長沢選手のエンドランと2番菅原選手のセーフティーバントで二死三塁をつくる。ここで3番木村選手の弾んだセカンドゴロが失策を誘い 1点を加点する。三陽商会も土壇場の最終回に怒涛の反撃開始。この回先頭の4番川井選手がレフト前安打で出塁すると、5番篠原選手がエンドランで一死二塁のチャンスをつくり 続く6番吉鶴選手がしぶとくライト前に安打を放ち一死一塁三塁の大チャンス。ここで7番竹下選手がレフトにファールフライを打ち、三塁ランナーがタッチアップで1点を返し二死一塁となる。負けられない三陽打線は8番平川選手もセンター前に弾き返して二死一塁三塁の同点のチャンスをつくり9番中谷選手を迎える。この時一塁ランナーが盗塁し二死二塁三塁と1打逆転サヨナラの大チャンス。しかしアスレ松本投手も意地の投球でピッチャーゴロに抑えて アスレチックス倶楽部が辛くも2対1で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 中谷様 過密日程の中、日程の調整やグランドと審判の手配等ありがとうございました。いつも接戦でどちらが勝ってもおかしくない試合ですね。またエアロックで三陽さんと対戦ですね・・・できれば対戦したくないですが 宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 1 ZEPHYRS 2008/6/7(土)11:00-14:00 大宮健保11面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 佐野投手、ZEPHYRS 佐藤投手の先発で試合開始。1回裏アスレの攻撃は一死から2番木村選手のセンターオーバーの二塁打と3番斉藤選手の四球で一死一塁二塁。ここで4番増村選手のレフト前安打で1点を先制し、二死二塁三塁からもライト前安打で2点を加点し 初回に3点を先制する。2回表のZEPHYRSの攻撃は先頭の4番矢沢選手がライト前安打で出塁すると6番鳩山選手のセンターフライをアスレ小林選手が落球し、7番奥田選手のライト前安打で一死満塁のチャンス。ここでアスレ佐野投手は踏ん張り 8番岩田選手をライトフライに打ち取ると9番鶴田選手にセンターへの大飛球を打たれるが アスレ小林選手が背走キャッチしピンチを凌ぐ。2回裏のアスレは7番兎澤選手の四球と9番佐野投手のセンター前安打と1番松本投手の死球で一死満塁のチャンスで押し出し四球と4番増村選手のレフト線二塁打でこの回3点を追加。4回裏にもアスレは二死三塁から4番増村選手が3打席連続安打となるセンター前安打で1点を加点する。5回表ZEPHYRSの攻撃は この回から代わったアスレ増村投手の代わり端を襲い 8番岩田選手の右中間二塁打から9番鶴田選手のセンター前安打で1点を返す。6回表にもZEPHYRSは3番田中選手、4番矢沢選手の連続安打で無死一塁二塁のチャンスをつくるが、アスレ増村投手が踏ん張り無失点。最終回はアスレは木村投手を投入し一安打打たれるものの無難に抑えて7対1でアスレチックス倶楽部の勝利。
岡野 勇士監 督コメント ZEPHYRS須田様 先週の雨天中止に続いての仕切り直しの試合で 色々とご無理をなさったと思いますがありがとうございます。試合も同じ位の安打数で点差程内容には開きはありませんでしたし、1本が逆に出ていれば結果も違ってました。またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  ヤンキース 7 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/5/11(日)19:00-21:00 天王洲公園

 

 

ゲーム内容 初回ヤンキースの攻撃、土屋選手の2塁打小池選手四球の後、広瀬選手が右中間へタイムリーヒットで2点先制。3回にはミスで追加点。6回裏ヤンキースの攻撃、連打で4点追加。投げては土屋投手が2安打完封勝利。
加藤 聡弘渉 外コメント 遠いところ&遅い時間ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 1 - 0 NTA 2008/5/10(土)13:00-17:00 鳩ケ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部長沢投手、NTA小倉投手の先発で小雨の中試合開始。NTAは初回から毎回ランナーを出し、じわじわアスレを攻める。4回表NTAの攻撃は一死から5番高尾選手の四球と二死から7番迫田選手の死球と8番坂本選手の内野安打で二死満塁のチャンス。ここでアスレ長沢投手は9番小倉投手を三振できりピンチを凌ぐ。4回裏アスレは2番木村選手のレフトオーバーの二塁打と3番長沢選手の送りで一死三塁のチャンスをつくり4番羽田選手をむかえる。ここで三塁ランナーの木村選手が三本間に挟まれるも落球で1点を先制。アスレは5回裏にも一死二塁三塁のチャンスをつくるがエンドランがライナーになるなど攻めきれず そのまま最終回のNTAの攻撃は一死から代打羽村選手がセンター前安打、続く9番小倉選手の四球で一死一塁二塁のチャンスをつくる。しかしアスレ長沢投手は粘りの投球で後続を断ち アスレチックス倶楽部が1対0で逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント NTAの皆様 雨天の中遠征ありがとうございます。昨年のスコアレスドローに引き続きロースコアの勝負 毎回しびれます。またの対戦宜しくお願い致します。

 

 

  すっとごれCLUB 1 - 9 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/4/29(祝)11:00-13:00 舎人公園

 

 

ゲーム内容 すっとごれオールスター千葉投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。1回表アスレの攻撃は1番川崎選手の死球から一死三塁をつくり、3番長沢選手の犠牲フライで1点を先制。さらに3回表のアスレは一死から1番川崎選手のセンター前安打から2番吹留選手、3番長沢選手の3連打で2点を追加。3回裏のすっとごれの攻撃は8番高選手のセンター前安打と1番千葉選手のセンター前安打で一死一二塁のチャンスを作る。ここで2番戸田(裕)選手がスリーバント失敗に終わるが、3番前田選手がレフト前安打で繋ぎ二死満塁のチャンスで4番戸田選手。ここをアスレ松本投手は三振でしのぐ。5回表のアスレの攻撃はすとっごれの2番手渡嘉敷投手を襲い9番綿谷選手の四球から3番長沢選手、8番木村選手の安打を含む打者11人の攻撃で6点を加点。5回裏のすっとごれの攻撃は8番高選手がセカンドの失策で出塁、9番沢辺選手がセンターフライに倒れたところでアスレは佐野投手に交代。1番千葉選手がセカンドフライに倒れるが2番戸田選手が死球で繋ぎ、二死一二塁で3番前田選手が意地のレフト前安打で1点を返す。しかしアスレ佐野投手は後続を断ち5回終了時で時間になりゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント 仲濱様 何度も雨で試合が流されてきましたが ようやく試合ができましたね。すっとごれの皆様には普段から良くしていただいて感謝しております。その分試合ではなあなあになること無く全力でいかせていただきました。これで終わりではありません、何度も戦いましょう!ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 3 法政smith 2008/4/12(土)14:00-17:00 川口舟戸グランド

 

 

ゲーム内容 法政smith畑野投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手の先発で試合開始。1回表法政Smithはアスレ兎澤投手の立ち上がりを襲い、1番南原選手がレフト前安打で出塁すると、二死から4番中山選手が右中間にランニングホームランを放ち 2点を先制。さらに2回表のSmithの攻撃は一死後 7番宮地選手がセンター前安打で出塁すると 二死から9番西野選手が右中間に三塁打を放ち1点を追加。3点をリードされ後の無くなったアスレチックス倶楽部は2回裏に反撃。4番羽田選手が四球で出塁すると盗塁で2塁まで進み、6番白石選手のライト前安打で1点を返す。さらに二死二塁・三塁で9番菅原選手のライト前安打で2点を加点し 同点に追いつく。続く1番川崎選手も右中間に三塁打を放ち、逆転に成功。その後アスレの兎澤選手が立ち直り、アスレは5回裏に1点を加点。さらに6回裏にも代打境のエンドランでだめ押しの1点を加点。最終回は代わったアスレ佐野投手が強打のSmith打線を3人で締めて6対3でアスレチックス倶楽部の勝利。
岡野 勇士監 督コメント 法政Smith様 遠征ありがとうございました。大変楽しく野球をし、なおかつマナーの良いのが印象的でした。またの機会宜しくお願いします。

 

 

  スナイパーズ 0 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/3/23(日)12:00-15:00 大宮健保グラウンド

 

 

ゲーム内容 スナイパーズ堀内投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。1回表アスレの攻撃は1番川崎選手のライト前安打と盗塁で一死二塁とし2番吹留選手のライト前安打で1点を先制。3回表のアスレは8番松本選手の左中間二塁打と9番菅原選手の死球で無死一塁二塁で重盗をし1番川崎選手が倒れるも一死二塁三塁で2番吹留選手のセンター前安打で2点を加点。さらに続く3番長沢選手のライト前安打と5番斉藤選手の四球で二死満塁のチャンスを作るも、堀内投手が踏ん張り6番白石投手をライトフライに打ち取る。5回表のアスレは一死から3番長沢選手のライト前安打で出塁するも牽制死、その後4番羽田選手がライトオーバーの三塁打を打つちぐはぐさで無得点。5回裏のスナイパーズの攻撃は この回から代わったアスレ栗原投手から二死後6番多々井選手が左中間二塁打で初安打を放つも後続を断たれる。その後膠着状態が続き7回裏スナイパーズの攻撃は先頭の3番小林選手が右中間に二塁打を放ち無死2塁のチャンス。しかしアスレ栗原投手は後続のクリーンアップを抑えて3対0でアスレチックス倶楽部の勝利。
岡野 勇士監 督コメント 多々井様 グランドと審判の手配ありがとうございました。また試合終了後の試合の続きをしていただいたスナイパーズの選手の皆様ありがとうございました。またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  朝日信用金庫 8 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2008/3/1(土)10:00-12:00 三郷市番匠免グランド

 

 

ゲーム内容 先発の新佐古と今年から中継ぎ及び抑えになった吉田の両投手の好投ですアスレ様もまだ時期が早かったせいかミスにも助けられました。また次回の対戦宜しくお願いします。
清水 力コーチコメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 2 チキンズ 2008/1/20(日)8:00-11:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 雪の予報も出る寒空のなか、チキンズ児矢野投手、アスレチック倶楽部栗原投手の先発でスタート。先制したのはチキンズ。2回先頭の5番児矢野選手が粘って四球で出塁。続く6番長尾周選手の内野ゴロが相手のエラーを誘い無死2,3塁のチャンス。ここで7番松原久選手のエンドランで1点、続く7番荻原選手もエンドランを決めチキンズ得意のエンドラン攻勢で2点を先制。3回以降は、チキンズ児矢野投手、アスレチック倶楽部は3投手継投で両者譲らず無得点。そのまま、尻上がりに調子を上げたチキンズ児矢野投手が3安打完封。チキンズの勝利。
長尾 岳G Mコメント 本日は寒い中でしたが、対戦ありがとうございました。またグランド、審判手配などの調整ありがとうございました。また暖かい時期に是非対戦出来るよう今年も頑張ります!!

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント 浦和ドラゴンズ 野上様今回は対戦できずに残念でしたが、活動体制が整いましたら また対戦宜しくお願いします。

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  朝日信用金庫 12 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2007/12/9(日)9:30-11:30 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 朝日信用金庫:新佐古投手、アスレチックス倶楽部長沢投手の先発マウンド。思わぬ形で幕を開ける。初回から、朝日信用金庫の打線が爆発。アスレチックス倶楽部:長沢投手に襲い掛かり、ヒットとエラーも度重なり、6得点をあげる。思いもよらぬ大量失点に1点ずつ返したいアスレチックス倶楽部、しぶとく出塁し、チャンスを掴みかけるが、新佐古投手の丁寧なピッチングの前に得点を奪えない。朝日信用金庫は中盤にも、ビッグイニングを作り、2桁得点をあげ完全にゲームの主導権を握る。アスレチックス倶楽部:岡野監督がマウンドに歩み寄る異例の光景もみられたが、長沢投手も、チームリーダーの自覚、マウンドを守り続ける。その後、徐々に本来のリズムを取り戻したアスレチックス倶楽部は、桜井投手、佐野投手に継投し、鮮やかな投手リレーをみせ1点を返すが、序盤の大量失点が響き大敗。朝日信用金庫が、投打噛み合い、12-1というスコアで勝利した。
清水 力コーチコメント 岡野監督はじめアスレチックス倶楽部の皆様、ありがとうございました。これからも対戦の機会があるかと思いますので、宜しくお願いいたします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2 - 1 常盤鳩 2007/11/25(日)13:30-15:30 滝が原球場4面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 兎澤投手 常盤鳩 氏家投手で試合開始。1回表、常盤鳩は1番大友選手が内野安打で出塁すると二死三塁となり、4番青木選手がライト前タイムリー安打で1点を先制。アスレもすかさず1回裏に2番川崎選手がライト前安打で出塁すると二盗・三盗で相手のミスを誘い同点。さらに3番斉藤選手が四球で出塁しパスボールなどで1点を加点し逆転。その後投手戦となり6回裏のアスレの攻撃は先頭の4番長沢選手が四球で出塁すると6番上原選手がライト前安打で繋ぎ 一死二塁三塁のチャンスをつくる。しかし常盤鳩リリーフの小野投手が踏ん張り無得点。2回以降 常盤鳩打線をパーフェクトに抑えていたアスレ兎澤投手は最終回も3人で斬り完投勝利。アスレチックス倶楽部が2-1
岡野 勇士監 督コメント 常盤鳩さんはマナーが素晴らしく大変良いチームと感じました。また機会がありましたらよろしくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2 - 1 MEDUSA 2007/11/25(日)9:30-11:30 滝が原球場4面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手、MEDUSA 畠山投手の先発で試合開始。序盤 両投手万全のできで投手戦の様相。試合が動いたのは3回表のMEDUSAの攻撃。一死から8番菅野選手がセンター前安打で出塁すると 9番菅原選手はファーストフライに倒れるが 続く1番斉藤選手が右中間への三塁打でMEDUSAが1点を先制。アスレも3回裏一死から9番菅原選手が敵失で出塁すると 1番池田選手がライト前安打で続き 盗塁を絡め一死2塁3塁のチャンスをつくる。2番川崎選手のセカンドゴロでランナーがホームに突っ込むもアウトになり チャンスが潰えたにみえたが 3番斉藤選手のファースト後方へのフライが失策となり2点が入りアスレが逆転。4回裏にもアスレは二死から7番松本選手のライト前安打と8番熊井選手の死球などで二死二塁三塁のチャンスで9番菅原選手は強烈な投手ライナー、これを畠山選手がナイスフィールディングでキャッチし無得点に抑える。このまま投手戦で進み最終回MEDUSAの攻撃は先頭の3番吉田選手が意地のレフト前安打で出塁し 4番笹尾選手をむかえるチャンス。この時ファールかどうかの微妙なサードゴロになり結果的にダブルプレーとなる。松本投手は後続を抑えてアスレチックス倶楽部が2-1で勝利。
岡野 勇士監 督コメント MEDUSAさま 緊迫した投手戦でしたね。対戦ありがとうございました。

 

 

  Yamada Company 0 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2007/10/27(土)12:45-14:45 北野球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手 YamadaCompany 中井投手の先発で試合開始。両チーム3回まで投手戦の様相で試合が動き始めたのは4回。4回表YamadaCompanyの攻撃は1番山田選手がサードの失策で出塁すると2番小坂選手の犠打で一死二塁のチャンスを作る。ここで3番斉藤選手のサードゴロをアスレ川崎選手が二塁ランナーをうまく挟み二死一塁とし 続く4番岡田選手をむかえるが アスレ松本投手が三振にとり踏ん張る。4回裏のアスレは一死から4番長沢選手がライト前に落ちる安打で二塁まで進塁し、5番増村選手のはずむ内野ゴロと悪送球の間に1点を先制。5回裏にもアスレは9番菅原選手の内野安打と2番川崎選手のレフト前安打で一死一二塁のチャンスをつくり3番斉藤選手の時にエンドランをしかけるとライトオーバーの三塁打を放ち2点を追加。6回裏にもアスレは押し出し死球で1点を加点する。最終回YamadaCompanyも二死から反撃を開始、5番中井選手と6番造田選手の連続安打で二死ながら一塁三塁のチャンスをつくる。ここをアスレ松本投手が踏ん張りサードゴロに抑えて零封ピッチング。アスレチックス倶楽部が4対0で勝利。
岡野 勇士監 督コメント ヤマカンさま 日程の件でご迷惑おかけしまして申し訳ございませんでした。先週の試合も雨で流れてしまって 難しい試合だったと思います。対戦ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 17 - 1 SG 2007/10/14(日)16:00-18:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 SG鈴木投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。1回裏アスレの攻撃は1番池田選手が内野安打で出塁すると2番川崎選手が四球で出塁し3番斉藤選手から8番熊井選手まで連打で繋ぎ、この回打者11人の猛攻で7点先取。2回裏にも3番斉藤選手が失策で出塁すると4番長沢選手のライト前安打だ繋ぎ重盗の間に1点、さらに5番増村選手のレフトフェンスオーバーの2点本塁打でこの回3点を加点。3回裏にもアスレは1点を加点し4回裏には池田選手の満塁本塁打などで5点を加点する。6回表にSGも反撃開始、4回から代わったアスレ桜井投手から9番鈴木選手、1番中村選手、2番江島選手の3連打で1点を返す。しかしアスレは6回裏にも1点を返し、最終回を桜井投手がきっちりしめて17対1でアスレチックス倶楽部の勝利。
岡野 勇士監 督コメント SG江島様 遠くから遠征ありがとうございました。また時間調整までしていただいて感謝しております。また宜しくお願い致します。

 

 

  Whitetails 2 - 6 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2007/9/15(土)14:00-16:00 スガツネグランド

 

 

ゲーム内容 Whitetails長沼投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手の先発で試合開始。1回表アスレチックス倶楽部の攻撃は1番川崎選手の四球と2番菅原選手のライト前安打で無死二塁三塁から3番斉藤選手の犠牲フライで1点を先制。4回表にもアスレは池田選手の二塁打から増村選手のエンドランで1点を追加。4回裏Whitetailsの攻撃は3番西脇選手の内野安打と4番山口選手が敵失で出塁し無死一塁二塁と反撃開始。ここでアスレ兎澤投手の二塁牽制がセンターに転がり1点を返す。5回表アスレもすかさず9番境選手が出塁すると1番川崎選手のレフトオーバーの二塁打、四球などをはさみ4番池田選手のライトオーバーの3塁打などで3点を加点。6回裏のWhitetailsの攻撃はアスレの二つのエラーから無死二塁三塁のチャンス、ここで4番山口選手のセカンドゴロの間に1点を返す。しかし7回表アスレは3番斉藤選手がレフトフェンスオーバーのとどめの本塁打で1点加点し6対2でゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント Whitetailsの皆様 試合前のグランドの準備などお疲れ様でした またありがとうございました。2年連続で同じカードになりまして・・また違うかたちで対戦お願いします。合宿頑張ってください。

 

 

  すっとごれCLUB 2 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2007/9/2(日)17:00-19:00 舎人公園

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部松本投手、すっとごれオールスター千葉投手の先発で試合開始。3回表アスレの攻撃は9番境選手のかわきりに1番川崎選手のエンドラン2番菅原選手のバントヒットで先制し、3番斉藤選手の犠牲フライでこの回3点先制。その後すっとごれは代わった前田投手がアスレ打線を抑え、6回裏に反撃。5回から代わったアスレ桜井投手から7番上原選手と8番屠遠塚谷選手の連打から代打熊谷選手の犠牲フライで1点を返し、さらにランナーをためて4番戸田選手の内野安打でこの回2点を返す。7回はお互い無得点で3対2でアスレが逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント 仲濱様並びすっとごれの皆様ありがとうございました。オープン戦ながら真剣勝負で楽しかったです・・・前田選手素晴らしいピッチングでしたね。またストロング秋での対戦楽しみにしていますのでよろしくお願い致します。

 

 

  T-Five 1 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2007/8/25(土)12:00-14:00 稲城南山スポーツ広場

 

 

ゲーム内容 T-FIVE郷野投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手の先発で試合開始。1回裏T-FIVEの攻撃は1番雲田選手が四球で出塁するも盗塁を刺されチャンスが潰えたかにみえたが、2番坂口選手のファーストゴロがエラーと送球ミスで一死二塁となる。続く3番川畔選手がしぶとくセンター前にヒットを放ちT-FIVEが1点を先制。3回まで郷野投手に完璧に抑えられていたアスレチックス倶楽部は4回表1番池田選手のライト前安打と盗塁で無死二塁、2番川崎選手が内野ゴロで送り 3番斉藤選手の内野ゴロの間に1点を返し同点に追いつく。その後膠着状態が続き7回裏T-FIVEは一死から6番大野選手が死球で出塁し、7番郷野選手の時にエンドランを仕掛けサードゴロの間に大野選手が三塁まで進み二死三塁のサヨナラのチャンス。ここをアスレ兎澤投手が踏ん張り8番小宮選手をショートゴロに打ち取り延長サドンデスに突入。8回表アスレは二死満塁で2番川崎選手の起死回生の右中間へのランニング本塁打で4点を先取。8回裏T-FIVEの攻撃は4番小島選手が2ストライク3ボールから強烈なゴロを放ちセンターに抜けるかと思ったところアスレの遊撃手斉藤選手がこれをうまくキャッチし自らベースを踏んで1塁に送球しダブルプレーを完成。5対1でアスレが激闘を制する。豪腕郷野投手とサブマリン兎澤投手の素晴らしい投手戦。
岡野 勇士監 督コメント T-FIVEさま暑い中お疲れ様でした。郷野投手も素晴らしかったです。熱い試合ができた事感謝しております。また宜しくお願いします!

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 2 朝日信用金庫 2007/8/18(土)9:00-11:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 朝日信用金庫は4番亘選手の一発と新佐古投手の好投で2-0勝利。
清水 力コーチコメント 今回アスレチックス倶楽部の岡野様にはグランドの手配等いろいろ御尽力いただき大変ありがとうございました。次回の対戦を楽しみにしております

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 11 - 1 ジャパンシステム竃球部 2007/8/11(土)12:00-14:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 ジャパンシステム堤谷投手、アスレチックス倶楽部は初先発の桜井投手で試合開始。1回表ジャパンシステムは二死から3番川田選手がレフトフェンスオーバーのソロ本塁打で1点を先制。1回裏アスレはすかさず先頭の川崎選手のバント安打から三塁まで進めると、3番斉藤選手のレフト前安打で同点に追いつく。2回裏にも6番松本選手のライト前安打から三塁に進み、7番大武選手の内野ゴロで1点勝ち越す。3回裏にもアスレは1点を加点し、さらに4回裏には4番増村選手のスリーラン本塁打と8番小林選手のスリーラン本塁打で6点を加点し堤谷投手を攻略。5回裏にも敵失などで2点を加点し、アスレ桜井投手は初回の本塁打以降無安打に抑え 6回から佐野投手に継投する。佐野投手は途中出場のセカンド兎澤選手の拙守で2回足を引っ張られながら落ち着いて投げきり この回で時間切れでゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント 田島様 今回も遠征ありがとうございました。また酷暑の中の対戦お疲れ様でした。またの対戦宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2 - 4 相模KOT’S 2007/7/28(土)13:00-15:00 滝が原球場8面

 

 

粘投光った相模KOT'S吉田投手 応戦するアスレチックス倶楽部打線 ゲーム内容 1回表の相模KOT'Sの攻撃は、1番萩原選手が死球で出塁し、2番中村選手のヒットで1、3塁とチャンスを広げると続く3番永井選手が四球を選び無死満塁とする。1死後5番吉田(正)選手が右中間へ3塁打を放ち先制点を奪うと、7番重文字選手もタイムリーを放ち初回に4点をあげる。2回裏にアスレチックス倶楽部も反撃。満塁のチャンスを作ると押出しと内野ゴロの間に2点を返す。2回以降無安打に押さえられた相模KOT'S。終始ランナーを出し続けたアスレッチクス倶楽部のペースで試合は続いたが4-2のまま最終回へ。7回裏、相模KOT'S先発吉田(正)投手が1死後2者連続死球を与えたところで、安瀬投手へスイッチ。1つアウトを取るが四球を与えサヨナラのランナーを出し満塁とする。しかし安瀬投手が踏ん張り遊ゴロに押さえゲームセット。
吉田 直人G Mコメント アスレチックス様 炎天下の中、2試合という大変なスケジュールで素晴らしい試合をさせて頂きありがとうございました。是非また対戦させて頂きたいと思っておりますので宜しくお願いいたします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 11 - 0 ユニティー 2007/7/28(土)9:00-11:00 滝が原球場8面

 

 

アスレチックス倶楽部:兎澤投手の力投 アスレチックス倶楽部:長沢選手気迫のホームイン ゲーム内容 UNITY新里投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手の先発で試合開始。1回裏アスレの攻撃は1番川崎選手のレフト前安打をかわきりに打者10人の猛攻で5点を先制。アスレは2回裏にも5番吹留選手の二塁打などで1点を追加。3回に2点、4回にも2点を加点し試合を有利に進める。UNITYも5回表に一死から6番武藤選手と7番丸山選手の連続安打でチャンスをつくる。しかし後続が続かず無得点。アスレは5回にも1点を追加し、最終回UNITYの攻撃は4番関谷選手のライト前安打と5番長部選手がセカンドのエラーで出塁し無死一塁二塁のチャンスに6番武藤選手がレフトに会心の大飛球で誰もがぬかれたと思った瞬間 アスレの左翼手菅原選手が大ファインプレーでキャッチ。ランナーが飛び出した二塁に送球してダブルプレー。アスレ兎澤投手が後続を抑えて完封で勝利。
岡野 勇士監 督コメント 夏の滝が原は暑かったですね。お互いにお疲れ様でした。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 4 - 2 三陽商会 2007/7/21(土)12:00-14:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 3勝1分同士の首位決戦は三陽商会 山中投手、アスレチックス倶楽部 松本投手の先発で試合開始。1回表三陽商会の攻撃は2番平川選手がいきなりレフトフェンスオーバーの本塁打で1点を先制。リードされたアスレは3回裏に2番菅原選手のレフトポールを巻く本塁打で1対1の同点に追いつく。4回裏三陽商会は山中投手から篠原投手に交代し、アスレは投手の代わり端4番長沢選手が四球で出塁し二塁に進むと5番吹留選手の進塁打で一死三塁のチャンス。続く6番増村選手がきっちりエンドランを決めて1点を勝ち越し、さらに二死一塁二塁から9番主将の熊井選手が右中間を真っ二つにわる二塁打で2点を追加しこの回計3点を加点。5回表三陽商会は一死から6番篠原選手が四球で出塁すると、代打高木選手をおくり勝負にでる。しかしアスレ松本投手はサードゴロゲッツーに抑えてしのぐ。粘る三陽商会は6回表 前半飛ばして球威の落ちた松本投手を攻め、この回先頭の8番穂満選手がレフトオーバーの本塁打で1点を返す。さらに一死後1番須藤選手がセンター前安打で出塁し 初回に本塁打を打った2番平川選手の打席と最大のチャンス。そこをまたしてもアスレ守備陣はファーストゴロゲッツーに打ち取りピンチを凌ぐ。最終回アスレは松本投手から長沢投手に交代。アスレ長沢投手は三陽打線をきっちり3人で抑えアスレチックス倶楽部が4対2で勝利。
岡野 勇士監 督コメント 三陽商会様 遠くまで遠征ありがとうございました。噂に違わぬ強いチームで どっちが勝ってもおかしくない試合でした。またSSで対戦する機会があるかもしれないですね・・・宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 4 - 2 Bleutas 2007/7/7(土)15:00-17:00 川口舟戸グランド

 

 

ゲーム内容 Bleutas新谷投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。一回裏アスレの攻撃は二死から3番斉藤選手が左中間を抜けるソロ本塁打で1点を先制。その後Bleutas新谷投手も制球力良く緩急をつけてアスレ打線を抑える。アスレ松本投手も四回まで完全ピッチングで抑えていたが五回表Bleutasも反撃、4番青木選手がセンター前安打で出塁すると一死から6番井上選手のエンドランで二死二塁とし 7番新谷選手がセンター前安打で同点に追いつく。追いつかれたアスレは五回裏7番松本選手が三塁強襲安打と盗塁で無死二塁 8番小林選手の進塁打で一死三塁から9番町田選手のエンドランで1点加点、その後後続が続きこの回3点を取る。最終回アスレは初登板の桜井投手を投入 しかし粘るBleutas打線は先頭の3番宮本選手が右中間二塁打と進塁打で一死三塁をつくり、5番深谷選手の犠牲フライで1点を返す。桜井投手は後続を抑えてアスレチックス倶楽部が4対2で辛くも逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント Bleutasの選手の皆様、新谷様 遠方から来て頂きましてありがとうございました。白熱した好ゲームで楽しかったです。またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  NTA 0 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2007/6/16(土)16:00-18:00 北区中央公園野球場B面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部松本、NTA小倉の両先発の投げ合いで始まった試合。最初にチャンスを作ったのはNTA。2回裏、先頭の4番萩原がヒットで出塁すると、犠打とバッテリーエラーで1死3塁。ここでアスレ松本は6,7番を連続三振に斬ってとる。NTAは続く3回にも1死2,3塁のチャンスを作るが、あと一本が出ず無得点。対するアスレも4回、先頭の兎澤が四球を選ぶと、内野ゴロとワイルドピッチで1死3塁。ここでNTA小倉は、アスレの4番5番を連続三振に斬ってとり、両投手の投げ合いは続く。その後は両チームともチャンスを作れず、両チーム無得点の引き分けに終わった。
小倉聡太さんコメント アスレさんとの対戦で善戦できたことは、選手全員の自信に繋がりました。機会がありましたら、再度対戦をお願いします。ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 0 チョモランマ 2007/6/9(土)13:00-15:00 川口舟戸野球場

 

 

ゲーム内容 チョモランマ高際投手、アスレチックス倶楽部長沢投手の先発で試合開始。両投手の好投で1回、2回と簡単に進み、3回裏アスレの攻撃は一死から9番に降格された菅原選手が意地のセンター前安打と盗塁で一死二塁から1番川崎選手が内野安打で一死二塁三塁で2番新人の上原選手がエンドランを決めて2点を先制。さらにこの回1点を加点する。5回裏アスレは代打攻勢で池田選手が右中間にランニングホームランで1点を追加。6回裏にも二死から代打松本選手と代打大武選手が我慢の四球を選び、9番菅原選手がレフトオーバーの三塁打と送球ミスでホームに帰り、ダメ押しの3点を加点。投げてはアスレ長沢投手は自らのピッチャーゴロエラーだけに抑えるノーヒットノーランピッチングで完封。
岡野 勇士監 督コメント チョモランマの皆様、井上様 わかりずらい場所で御迷惑をかけてしまったようで申し訳なかったです。試合が終わった後の熱心な練習を見て、皆さん野球が好きなんだなーと感じました・・・まだまだ強くなりますね!またよろしくお願い致します。

 

 

  MKトライアンフ 1 - 11 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2007/4/28(土)13:00-15:00 舎人公園

 

 

ゲーム内容 MKトライアンフ石原投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。2回表アスレの攻撃は一死から連続四球などで二死二塁三塁のチャンスに9番松本投手のレフト前ヒットで1点を先制。3回表にも2番菅原選手のレフトオーバーの二塁打と3番池田選手のライト前ヒットなどで2点を追加。3回裏MKトライアンフの攻撃は先頭の8番小野選手のセンター前ヒットと内野安打で無死一塁二塁、それを1番米田選手が送り一死二塁三塁のチャンス。ここでエンドランをしかけるがアスレの増村捕手がウエストしてランナーを刺して二死三塁となりチャンスが潰えたにみえたが2番佃選手が執念のレフト前安打で1点を返す。4回表アスレは7番兎澤選手のレフトオーバーのホームランとランナーを一塁に置いての1番川崎選手のレフトオーバーのホームラン攻勢で3点を追加。4回を終了したところで雷による10分の中断をはさんで試合再開。5回表にも7番兎澤選手のセンター前2点タイムリーヒットとランナーをためて1番川崎選手の右中間二塁打で4点を追加。5回裏のMKトライアンフの攻撃は二死二塁から3番金子選手がセンター前ヒットを放つもセンター池田選手が捕殺する。6回表のアスレは二死一塁三塁からまたしても7番兎澤選手がセンター前タイムリーヒットを放ち この日4打点の爆発。6回裏を松本投手から代わった岩間投手が抑えて 6回で時間切れ終了でアスレチックス倶楽部の勝利。
岡野 勇士監 督コメント 佃様グランドと審判の手配ありがとうございました。途中の雷の中断などでどうなるかと思いましたし、なかなか集中するのが難しい試合になってしまいましたので またコンディションの良い時にやりたいですね。試合後も嵐のような雨ですごっかたですね・・・色々とありがとうございました。

 

 

  ターフビジョン 0 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2007/4/7(土)9:00-11:00 戸田笹目公園球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部:松本投、ターフビジョン:高橋投手の先発で試合開始。1回表アスレチックス倶楽部の攻撃は2番菅原選手が四球で出塁すると3塁まで進みワイルドピッチにて1点を先制。2回表にも6番熊井選手のレフト前ヒットから9番福田選手、1番斉藤選手の連打で3点を加点。4回表ターフビジョンの攻撃は3回までパーフェクトに抑えていたアスレ松本投手から初安打を放つも後続を抑えられる。6回表アスレの攻撃は6番熊井選手、7番大武選手の連打を8番町田選手が送り、9番福田選手の内野ゴロで1点を加点。アスレ松本投手は復活の兆しらしく、2塁ベースを踏ませずに2安打完封勝利。
岡野 勇士監 督コメント ターフビジョン様 審判とグランドの手配ありがとうございます。また 連盟の試合で対戦する機会があるかと思いますので宜しくお願いします。

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に朝日信用金庫活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 2 RED HILL 2006/12/3(日)10:00-12:00 滝が原球場(3面)

 

 

ゲーム内容 先行アスレチックス倶楽部の先発は長沢投手、後攻REDHILL先発は石川投手で試合開始。2回ウラREDHILLの攻撃は1死後5番御代川選手がセンター前ヒットで出塁。6番山口選手が三塁へ送りバントをするもサードのエラーでランナー一塁二塁。7番平城選手がセンター前ヒットで満塁とチャンスを広げる。しかし8番石川選手がキャッチャーフライ。9番藤田選手がサードゴロで倒れ長沢投手が好投する。3回ウラにも2番柳原選手がヒットで出塁するも盗塁アウト。攻めあぐむ。5回ウラREDHILLの攻撃は7番平城選手がレフト前ヒットで出塁しワイルドピッチで二塁へ。8番石川選手が送り一死三塁。9番代打森下選手はセンターへ大きな犠牲フライを打ちREDHILL1点先制。6回表アスレチックス倶楽部はここまでノーヒットに抑えられていたが9番糸数選手がレフト前ヒットを放つ。6回ウラREDHILLは二死から4番杉村(友)選手がセンター前に落ちる2塁打で出塁。6番山口選手がライト前ヒットを放ち1点追加。最終回REDHILLは布施投手が3ヵ月振りにマウンドに上がり3人で抑え2-0でREDHILLの勝利。
平城 正雄渉 外コメント 岡野監督、アスレチックス倶楽部の皆様ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

  クラフトユニオンズ 3 - 9 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2006/11/18(土)12:00-14:00 明治神宮野球場

 

 

ゲーム内容 1回裏クラフトユニオンズの攻撃は、一死一塁三塁から4番橋田選手のレフトオーバーのエンタイトルツーベースで1点を先制。2回表アスレチックス倶楽部も6番川崎選手の左中間への三塁打などで2点を取り逆転。アスレは3回表に2点、6回表にも池田選手のタイムリーヒットで2点を追加。クラフトユニオンズも6回裏佐野投手から代わったアスレの増村投手を攻め、一死一塁三塁から右中間への三塁打で2点を取り反撃。しかし7回表にアスレはダメ押しの3点を加点し、最後は差波投手が3人で抑えてゲームセット
岡野 勇士監 督コメント クラフトユニオンズ様ありがとうございました。声がよくでて活気と意欲の高い素晴らしいチームですね。神宮球場で楽しくゲームをすることができたこと感謝します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 3 Elephants 2006/10/28(土)9:30-11:30 滝が原球場(1面)

 

 

優勝:アスレチックス倶楽部 準優勝:Elephants ゲーム内容 ゲームは、アスレチックス倶楽部竹本投手、Elephants大田投手の投げ合い。本格派右腕同士の気持ちの篭もった力投でった。剛速球で押す佐野投手。この日は打撃陣が序盤からElephantsのノーヒットノーラン男:大田投手を捕らえ、初回、2回に幸先良く1点ずつを奪うと、5回には3点を奪い5-0。万事休すかと思われたが、6回、Elephantsが猛攻をみせ3点を返し5-3の2点差まで詰め寄る。しかし最後はアスレチックス倶楽部、兎澤投手に継投しElephants打線を封じ込む。その裏1点を追加したアスレチックス倶楽部が6-3で逃げ切り勝利した。最優秀選手に遊撃手のアスレチックス倶楽部の遊撃手:佐々木章選手。優秀選手にElephants大田投手。今大会、チームをここまで伸し上げた2名が選出された。
岡野 勇士監 督コメント 本日はありがとうございました。ジャパンカップのほうでも力を合わせて頑張りたいと思います。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 11 - 3 相模KOT’S 2006/10/14(土)12:00-14:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 1回裏のアスレチックス倶楽部の攻撃は1番川崎選手が敵失で出塁し、2盗と犠打で3塁まで進むと3番斉藤選手の内野ゴロの間に1点を先制。さらに二死から4番長沢選手と続く小林選手の連続センター前安打と6番大武選手の四球で満塁になり、7番増村選手が四球を選び1点を追加。続く8番熊井選手がレフトフェンスオーバーの満塁本塁打を放ち初回に計6点を先制。3回裏にも四球で出塁した大武選手を1塁に置き熊井選手が爆発、2打席連続のレフトフェンスオーバーの本塁打で2点を追加。4回表の相模KOT`Sの攻撃は6番萩原選手がライトフェンスオーバーの特大本塁打で1点を返し、反撃開始。しかしアスレもその裏に5番小林選手の二塁打などで2点を加点。毎回塁をにぎわす相模KOT`Sは5回表に5番永井選手が敵失で出塁すると、7番芦萱選手がライトフェンスオーバーの2ラン本塁打で2点を加点する。しかしアスレは5回裏にも敵失などで1点を加点。6回表アスレは佐野投手をリリーフにつぎ込み、走者を出すもののバットの振れてるKOT`S打線をなんとか抑え、この回で時間切れゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント 相模KOT`S様 遠方から来て頂きありがとうございました。左の強打者を揃えた怖い打線でしたね。機会がありましたら今度はこちらから遠征に参りますので宜しくお願い致します。

 

 

  Whitetails 1 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2006/9/23(祝)18:30-20:30 御幸球場

 

 

ゲーム内容 2回表アスレチックス倶楽部の攻撃は4番佐藤選手が死球で出塁すると盗塁を決め、二死二塁から7番兎澤選手が左中間へ二塁打を打って1点を先制。4回表のアスレは二死後 5番大武選手が内野安打で出塁し盗塁を決め二死二塁で続く6番増村選手のレフト前安打で1点を追加。その後はWhitetails長沼投手とアスレ竹本投手の締まった投手戦になる。6回裏Whitetailsも反撃開始 一死後1番伊藤(洋)選手が死球で出塁すると盗塁を決め、2番小川選手のファーストゴロの進塁打で二死三塁から3番中井選手のサード前の内野安打で1点を返す。しかしアスレ竹本投手は次打者をきっちり打ちとり 6回時間切れでゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント Whitetails様グランドと審判の手配ありがとうございました。緊張感のある締まった試合でしたが最後は時間切れで終わってしまったのが残念ですね。また対戦宜しくお願い致します。

 

 

  ヤンキース 3 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2006/8/20(日)8:45-10:45 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 ヤンキース土屋投手。アスレチックス倶楽部兎澤投手の先発マウンド。両投手とも初回から走者を背負うがまずまずの立ち上がり。2回表、ヤンキースはヒットで出た田崎選手を一塁に置き、広瀬選手がライトーバーのタイムリー三塁打を放ち1点を先制する。3回表、簡単に二死となったあと、3番川名選手、4番岡田選手、5番田崎選手の3連打で2点を追加する。3回までヤンキース土屋投手の前に封じ込まれたアスレチックス倶楽部だったが4回裏、3番綿谷選手が執念の安打で出塁すると、4番長澤選手が豪快に引っ張りこの回2点を返す。3-2ヤンキース1点リードで迎えた6回表、ヤンキースは下位打線が奮起し広瀬選手のタイムリーで貴重な1点を追加。このあと突然の豪雨に見舞われ中断、ゲーム再開の目処立たずスコア3-2。5回コールド。
加藤 聡弘渉 外コメント どうもありがとうございました。

 

 

  3 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2006/8/6(日)10:45-12:45 滝が原球場(5面)

 

 

ゲーム内容 2回裏アスレチックス倶楽部の攻撃は一死から5番小林選手の死球と6番綿谷選手のレフト前安打で一死二塁三塁、ここで7番松本投手が自らを助けるセンター前安打を放つとセンターが後逸して3点を先制。4回表中央BOYSも反撃、二死から4番平島選手が内野安打で出塁すると、5番臼田選手がレフト前安打で繋ぎ二死一塁三塁。ここで6番抜井選手がセンターオーバーの二塁打で2点を返す。5回裏アスレの攻撃は9番差波選手がセカンド強襲安打で出塁すると盗塁を決める。一死三塁から2番菅原選手がエンドランを決めて貴重な1点を追加。最終回中央BOYSも2番中原選手がバントヒットで出塁し盗塁を決め、一死三塁から4番平島選手がレフト前安打を放って1点を返し、アスレを追い込む。アスレ松本投手はなんとか後続を断ち、1点差勝利。
岡野 勇士監 督コメント 中央BOYS様 炎天下の猛暑の中 熱い試合ありがとうございます。最後まで諦めない粘り強い野球に感服しました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 2 構研バッカス 2006/7/1(土)14:00-16:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部兎澤投手、構研バッカス松葉投手の先発で試合開始。1回裏アスレの攻撃は一死から2番菅原選手が四球で出塁すると二盗と送球ミスで三塁へ進む。3番熊井選手が四球で出塁すると重盗で1点を先制。さらに一死三塁から4番宮原選手のライト前ヒットと5番小林選手の右中間二塁打で2点を加点。小林選手が三盗すると6番増村選手の内野ゴロの間に1点を加点し、初回に4点を先制。2回の裏のアスレは一死から1番川崎選手が四球で出塁して2盗と3盗をきめ、2番菅原選手のセンター前ヒットで1点を追加。3回裏にも5番小林選手のレフト線二塁打から7番松本選手のセンター前ヒットで1点を追加する。5回表バッカスも反撃にでて、一死から7番吉田選手がセンター前ヒットで出塁すると、二死から9番松葉選手のライトオーバーの二塁打で1点を返す。アスレは6回の裏に9番渡辺選手がライトフェンスオーバーの本塁打でダメ押しの1点を追加。最終回バッカスも意地の反撃で この回先頭の5番前田選手が内野安打で出塁すると、6番坪田選手と7番吉田選手の内野ゴロの間に二死三塁となり、8番栗原選手の痛烈なレフト前ヒットで1点を返す。その後アスレ兎澤投手がなんとか抑えて2失点ながら完投勝利。
岡野 勇士監 督コメント バッカス様遠方から来て頂きありがとうございました。天候も心配されましたが、無事できて良かったです。後半はバッカスさんの方が押していましたし、最後まで声が出ていて、あきらめない姿勢は参考になりました。小西様日程調整ありがとうございました、また宜しくお願い致します。

 

 

  MKトライアンフ 1 - 6 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2006/6/24(土)9:00-11:00 石神井公園

 

 

ゲーム内容 MKトライアンフ金子投手とアスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。1回表アスレの攻撃は1番池田選手が四球で出塁すると二盗を決め、2番菅原選手の犠打で一死三塁。続く3番吹留選手のライト前ヒットで1点を先制。4番長沢選手が死球で出塁し一死一塁二塁から5番糸数選手の右中間への二塁打で2点を追加。さらに6番綿谷選手の死球の後7番増村選手のライト前ヒットで1点、8番松本選手の内野ゴロの間に1点を加点し、初回に打者一巡の猛攻で5点を先制。1回裏MKトライアンフはすかさず反撃し、二死から3番滝田選手がセンター前ヒットで出塁すると、4番佃選手のセンターオーバーの二塁打で1点を返し さらに5番栗原選手がセンター前ヒットの3連打で二死一塁三塁の追加点のチャンス。ここをアスレ松本投手がなんとか抑え反撃を1点にとどめる。その後両投手が立ち直り回が進み、4回表アスレは1番池田選手が左中間への本塁打で貴重な1点を追加。その後アスレは一死一塁三塁をつくるもトライアンフ金子投手が踏ん張り点を与えない。7回の最終回MKトライアンフの攻撃はこの回から代わったアスレの差波投手から6番金子選手が四球で出塁すると一死一塁三塁のチャンスを作る。ここを差波投手が踏ん張りショートゴロのゲッツーに取りゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント MKトライアンフ佃様 グランドと審判の手配ありがとうございました。雨も心配されたのですが、久しぶりに天気の中 試合ができて気持ちよっかたですね。皆さんバットが振れていて力強いスイングには圧倒されました、またの機会宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 8 - 0 ジャパンシステム竃球部 2006/5/13(土)15:00-18:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 小雨の降りしきるなか試合開始。1回裏アスレの攻撃はジャパンシステム川原投手を襲い 1番川崎選手がセンターオーバーのフェンス直撃のヒット、2番菅原選手のバントは内野安打、3番吹留選手が四球を選びノーアウト満塁で4番長沢選手がきっちりレフトライナーの犠牲フライでアスレが先制。さらに5番小林選手の進塁打でツーアウト2塁3塁で6番大武選手がレフト前に2点タイムリーヒットで計3点先制。2回の裏にもアスレは1点を追加し、先発兎澤投手は4回まで0封。4回裏アスレは1番川崎選手が内野安打で出塁すると、2番菅原選手が1回に引き続きバントヒットでノーアウト2塁3塁を作り、3番吹留選手のエンドランで1点追加 4番長沢選手が四球を選びワンアウト2塁3塁から5番小林選手のセンターオーバーの2点タイムリーでこの回計3点を追加する。6回表ジャパンシステムの攻撃は5回から代わったアスレの岩間投手から1番石川選手がセンター前ヒット、2番神崎選手が四球で繋ぎノーアウト1塁2塁の絶好のチャンス。3番山本選手の繋ぎのバッティングでワンアウト2塁3塁で4番の川田選手という絶好のチャンス。しかしここをアスレの岩間投手が粘りのピッチングでなんとか抑える。6回裏のアスレは吹留に代わり途中出場の3番八巻選手が死球で出塁して3塁まで進塁するとツーアウト3塁から大武選手に代わった6番増村選手がレフト前にタイムリー 途中出場選手の活躍で1点追加。ジャパンシステムの粘りの打撃に毎回ランナーを出すものの兎澤ー岩間のリレーで0封。
岡野 勇士監 督コメント ジャパンシステム田島様 日程調整ありがとうございました。また雨天でコンディションの悪い中お越しくださってありがとうございます。ジャパンシステムさんの野球に対するひたむきな姿勢と最後まで1点を取りにいく姿勢は勉強になりました。今度は晴れた日にできたら良いですね、またの機会宜しくお願いします。

 

 

  ダークス 1 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2006/4/29(土)14:00-16:00 谷中野球場

 

 

ゲーム内容 雨天で試合ができるか不安な中、試合開始直前に雨がぴたりとやみ開始。1回表アスレはダークス石津投手の制球が不安定な立ち上がりを攻め、2番菅原選手のファーボール3番熊井選手4番長沢選手の連打でワンアウト満塁から5番大武選手が内野敵失を誘い2点を先制。その後もツーアウト満塁をつくるが石津投手が踏ん張ると、2回から石津投手は完全に立ち直る。アスレのストロングリーグ開幕投手兎澤も安定したピッチングで回が進むと、4回表アスレの小林選手が貴重な右中間フェンス越えのホームランで1点を追加。しかし5回裏ダークス6番工藤選手がレフトフェンスオーバーのソロホームランで反撃開始。1死後8番田中選手も右中間にツーベースで出塁しなお追加点のチャンスも、なんとかアスレ兎澤投手が後続を抑える。6回、7回と両チームのディフェンスも堅く、3対1でアスレが逃げ切って勝利。
岡野 勇士監 督コメント ダークス石津様グランドや日程の調整ありがとうございました。雨が心配されましたが対戦できて良かったです。緊張感のあるしまった試合で楽しかったですし、ダークス様の強さを感じました。また対戦の機会がありましたら宜しくお願い致します。

 

 

  世田谷ペンギンズ 2 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/9/18(土)19:00-21:00 舎人公園

 

 

ゲーム内容 ストロングカップ決勝T1回戦。アスレチック倶楽部松本投手、世田谷ペンギンズ林投手の先発で試合開始。1回表アスレチック倶楽部は吹留選手のヒットなどで二死二三塁のチャンスを作るが林投手に三振に討ち取られ無得点に終わると、その裏世田谷ペンギンズは二死から井街選手が死球で出塁、さらに加藤選手レフト前ヒットで三塁を突くとこれをアスレッチクはサードに悪送球して1点を先制。2回は二死三塁のチャンスを逃したが、3回左中間二塁打で出塁した青木選手を二つの内野ゴロでホームに帰し2−0とした。5回までペンギンズ林投手に抑えられていたアスレチックの反撃は6回先頭町田選手がレフトオーバーの二塁打、さらに池田選手のヒットで無死二三塁としたが、後続がサードフライと三振、さらに飛び出した三塁走者を牽制で刺しダブルプレーでチャンスを潰した。最終回の攻撃もペンギンズ林の渾身の投球で三者凡退で締めて、10奪三振完封で世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹監 督コメント アスレチック倶楽部様お疲れ様でした、ナイスゲームでした。貴チームとの対戦は本当に楽しみでしたし、非常に勉強にもなります。今後も切磋琢磨してまた対戦できるのを楽しみにしております。ありがとうございました。

 

 

  ヤンキース 5 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/8/28(日)11:00-13:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 ヤンキース:土屋投手、アスレチックス倶楽部:兎澤投手の先発マウンド。1回表、アスレチックス倶楽部はいきなり先頭の池田選手がレフトオーバーの二塁打で出塁。走者を進め、一死三塁とし3番松尾選手がしぶとくセンター前へ運びアスレチックス倶楽部が1点を先制する。ヤンキースもその裏、1番堀切選手が右中間を破る三塁打を放ち、さらに相手失策、盗塁で走者二三塁のチャンスを作るが、クリーンナップがアスレチックス倶楽部:兎澤投手の前に連続内野ゴロを打たされ無得点。3回にもヤンキースを攻め、1点を追加したアスレチックス倶楽部は、続く4回、9番:町田選手の二塁ゴロの間に手堅く1点を奪い3-0とリードを広げる。悪いなりに要所を締め好投するアスレチックス倶楽部:兎澤投手の前に、沈黙のヤンキースであったが、その裏、反撃に躍り出る。打者二巡目のこの回、突如連打で兎澤投手を攻め立て土屋投手自らのタイムリー二塁打で2点を奪うと、代わった松本投手の初球、アスレチックス倶楽部守備陣が痛恨の連携ミス。この間に走者2人が生還し、ヤンキースが今回一挙4点を奪い、4-3大逆転。5回にも1点を追加したヤンキースは、土屋投手が立ち直り、5回以降ほぼ完璧なピッチングでアスレチックス倶楽部を封じ込み、5-3ヤンキースが逆転勝利。鉄壁守備のアスレチックス倶楽部、4回、ピンチを救うべくスーパープレーのはずが痛恨の連携ミス。この1プレーで逆転、完全にヤンキースに流れが移行してしまった。
加藤 聡弘渉 外コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 5 - 4 SENTAKKI'S 2005/8/21(日)14:45-16:45 滝が原球場 5面

 

 

ゲーム内容 昨年も松本、兎澤両投手を絡め堅実な試合運び、打線も好調を維持し難なく勝ち上がったアスレチックス倶楽部。2回戦ノーヒットノーランの菊池投手を軸に堅い守りで3大会連続BEST8進出のSENTAKKI'S。アスレチックス倶楽部松本投手、SENTAKKI'S菊池投手の先発マウンド。初回、いきなり松本投手の立ち上がりを攻めSENTAKKI'Sが3点先制。アスレチックス倶楽部も円陣を組みすぐさま3-3同点に追いつくがSENTAKKI'Sがまたも4-3引き離す展開。執念で4-4同点に追いついたアスレチックス倶楽部は池田選手の三塁内野安打、足で勝ち越しのチャンスを作ると、ライト前タイムリーに池田選手激走し5-4勝ち越し。アスレチックス倶楽部が勝利した。
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 8 - 0 五反田タイファイターズ 2005/8/13(土)14:45-16:45 滝が原球場3面

 

 

ゲーム内容 好調強打の五反田タイーファイターズでさえ、アスレチックス倶楽部打線に圧倒された。この日もつなぎの打線で果敢に攻めアスレチックス倶楽部が8得点。投げては松本投手の好投、リリーフした兎澤投手がピシャリと締め、8-0で勝利。
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 0 紅hoppe 2005/8/7(日)10:00-12:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 紅hoppe三上投手とアスレチックス倶楽部松本投手の投手戦。紅hoppe三上投手の緩急をつけた巧みなピッチングの前にアスレ打線は凡打の山を築き終わってみれば川崎選手のピッチャー強襲ヒットの1本のみを許すだけのナイスピッチングで完封。アスレ打線は連戦と暑さで完全にガス欠状態。アスレの松本投手もエラーによる出塁を許すのみのノーヒットノーランピッチングで完封のスコアーレスドローの1時間ゲーム。
岡野 勇士監 督コメント 紅hoppeさん、遠くから遠征に来て頂きありがとうございました。若くて一生懸命に野球に取り組んでるのを感じました。また対戦の程宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 1 ボムス 2005/8/6(日)14:45-16:45 滝が原球場3面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部。サタデーリーグ代表ボムスとの初対決となったが、松本投手の落ち着いたピッチング。中盤、ボムスのダブルスチールに対し痛恨の守備判断ミスで1点を許すが、頼みの攻撃陣がこの日も奮起。主砲:長澤選手の先制2点タイムリーなどで正攻法で得点を重ね6-1快勝。
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  パール.ライス 2 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/7/31(日)14:00-16:00 大宮健保 家具24

 

 

ゲーム内容 パールライスの左腕:藤井投手、アスレチックス倶楽部の本格派:松本投手、両投手の上々の立ち上がり。パールライスは2回裏、一死から6番:山本選手のライト線安打、7番:河野選手のセンター前で一・二塁を作るとパスボールも重なり一死二三塁の好機を迎える。ここで8:番石井選手がエンドランスクイズをしっかりと決め二点を先取する。すかざず3回表アスレチックス倶楽部は先頭が四球で出塁、すると松本選手、町田選手の連打で一打同点のチャンス。その初球にパスボールが生まれ、まず1点を奪い返す。ここでパールライス藤井投手も意地を見せ三振を奪うと一死。次打者菅原選手の打球は一塁ライナー。一塁手、守永選手が慌てずに三塁へ送球し併殺。パールライスはこの試合最大のピンチを最小失点で乗り切る。その後、パールライスも追加点のチャンスを作るもアスレチックス倶楽部の鉄壁守備陣に阻まれる。5回終了時には突然の雷雨で中断するも六回表、アスレチックス倶楽部最後の攻撃は先頭菅原選手が失策から出塁。二死後、ランナーを三塁に進め一打同点の場面を作るも最後は5番糸数選手を三塁ゴロに打ち取りゲームセット。パールライス藤井投手、アスレチックス倶楽部松本投手の力投、両チームの貪欲な勝ちへの執念により引き締まった好ゲーム。2-1パールライスが勝利。
山本直一郎監 督コメント アスレチックス倶楽部様、ありがとうございました。首位を独走しているチームの雰囲気を存分に受け、ゲームセットまで一度も気が抜けませんでした。。グラウンド整備大変でしたね。また是非、対戦して下さい。宜しくお願い致します。

 

 

  AJPBC 2 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/7/10(日)19:00-21:00 大泉中央公園

 

 

ゲーム内容 1回表アスレチックス倶楽部の攻撃は、1番池田選手の2塁打から2番川崎選手が送り1アウト3塁。3番大武選手が右中間への2塁打で1点先制。3回表アスレは2アウトから3番大武選手がライト前へのポテンヒットで出塁して3塁まで進むと、4番長沢選手の内野安打で1点追加。その後AJPBC奥投手は調子を上げ三振の山を築き、アスレ松本投手も踏ん張り膠着状態が続く。6回表アスレは2アウトから8番高橋選手、9番松本選手が内野安打で出塁し2アウト2塁3塁で1番池田選手が左中間フェンスオーバーの3ランホームランで3点を取り突き放す。強豪AJPBCも6回裏に反撃、ランナー一人を置いて5番金沢選手がフェンスオーバーの特大2ランホームランで2点を返す。その後のピンチをアスレ松本投手が抑えてゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント 市川様並びAJPBC様 昨年に引き続きグランドの手配ありがとうございました。今年も対戦できるのを楽しみにしておりました。昨年同様夏の暑さの中でのナイターで、緊張感のある良い試合でしたね。AJPBCさんのチーム一丸での意識の高い野球への取り組みは大変勉強になります。また機会がありましたら宜しくお願い致します。ありがとうございました。

 

 

  Grade-A 1 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/6/26(日)9:00-11:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 2回裏Grade-Aの攻撃は5番糸魚川選手の3塁打と6番佐野選手のレフト前ヒットで1点先制。3回表にアスレチックス倶楽部も1点を返し、4回表に3番大武選手の内野安打から3塁まで送り、6番岩間選手の内野安打で1点勝ち越し。その後、アスレ松本投手とGrade-A西室投手が点を与えず最終回に突入。7回表アスレは6番岩間選手の3塁打を皮切りに、7番小林選手、8番松本選手、9番町田選手の4連打で2点を追加。7回裏アスレは兎澤投手にリリーフ、粘るGrade-A打線をなんとか押さえ勝利。
岡野 勇士監 督コメント Grade-A様および等々力様グランドや審判の手配ありがとうございました。大変力のあるまとまったチームで各打者もとてもバットが振れていて脅威でした。また試合後のミーティングの後の練習する姿に野球にたいする熱さを感じました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。

 

 

  レボルーションガンマ 0 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/5/8(日)12:00-2:00 大宮健保9面

 

 

ゲーム内容 アスレ松本投手、レボルーションガンマ佐川投手の白熱した投手戦。6回表アスレは3番吹留選手のライト前ヒットから2アウト2塁3塁をつくり、6番熊井選手がライトに2点タイムリーヒット。アスレ松本投手は2点を守りきり、ノーヒットノーランで完封勝利。
岡野 勇士監 督コメント レボールーションガンマさんグランドの手配ありがとうございました。どちらが勝ってもおかしくない白熱した良い試合でしたね。ガンマさんのレベルアップは刺激になりました。また宜しくお願いいたします。

 

 

  SKYLARKS 0 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/5/4(祝)17:00-19:00 天王洲公園A

 

 

ゲーム内容 1回表アスレ2番川崎選手が四球で出塁で2盗、3盗からラッキーな1点を先制。3回まで両軍膠着状態が続き、4回表アスレは5番熊井選手がヒットで出塁すると2アウト2塁から8番ピッチャーの松本選手がレフトオーバーの2ベースヒットで1点を加点。5回表アスレは川崎選手の2ベースから1アウト2,3塁をつくり、4番長沢選手のチームバッティングで1点を加点。6回表にもアスレ大武選手のヒットから、代打ベテランの柳沼選手がレフトオーバーの2ベースヒット、さらに1番池田選手のセンターオーバーの3ベースでこの回2点を加点。6回裏SKYLARKSも反撃開始で2アウト1塁3塁ここを松本投手が踏ん張り、7回を兎澤投手が抑え0封。
岡野 勇士監 督コメント SKYLARKS様グランドの手配などありがとうございました。緊張感のある紙一重の試合で、流れによっては逆の展開になってもおかしくない試合だと思いました。またの対戦機会宜しくお願い致します。

 

 

  W-HAWKS 0 - 7 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/4/24(日)10:00-12:00 北区中央公園

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にW-HAWKS活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  W-HAWKS 1 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/4/24(日)10:00-12:00 北区中央公園

 

 

ゲーム内容 1回表アスレはノーアウト満塁から4番長沢選手の叩きつけた内野ゴロの間に1点先制。2回表にも1点を加点。2回裏W-HAWKSも吉田選手のセンターオーバーのランニングホームランで反撃。しかしアスレは増村選手のタイムリーなどで5回と6回に1点づつ加点し、アスレの松本投手は安定したピッチングで完投。
岡野 勇士監 督コメント HAWKS様グランドの手配などありがとうございました。投手を中心としたまとまった良いチームですね。1点を争う緊張感のある試合でした。またよろしくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 1 ターフビジョン 2005/3/19(土)10:00-12:00 戸田笹目公園球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部の新鋭松本投手はまとまった投球内容で1失点完投勝利。
岡野 勇士監 督コメント ターフビジョン様グランドと審判の手配ありがとうございました。またの対戦の機会宜しくお願い致します。

 

 

  キャリアプロモーション 5 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/10/31(日)18:00-20:00 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 先発マウンドはキャリアプロモーション:山本投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手。「今度は軟式野球の頂点を!」中日ドラゴンズ、千葉ロッテマリーンズ時代、野手として活躍したキャリアプロモーション山本投手は、高校時代からスラッガーとして全国注目を浴びたが、軟式野球ではマウンドにも登りチームを引っ張る。大きな背中を覆った「背番号1」は、ストロングリーガーと同じく、アマチュア戦士としての大いなる魂を内に秘めていた。対するアスレチックス倶楽部兎澤投手は昨年大会、チームを第三位へ導いた埼玉県下で名を馳せるアンダースロー。2年連続のノーヒットノーランを達成するなど今夏も、チームの大黒柱として頭脳的ピッチングを披露した。ゲームは初回、キャリアプロモーションが先手を取った。1回表、140キロの豪腕を温存し、この日サードに入った先頭の黒木選手がいきなり左中間へ目の覚めるような二塁打。続く高橋選手が倒れ、迎えるバッターは3番武田選手。アスレチックス倶楽部兎澤投手の2球目を叩くと、打球はレフト線を破る先制タイムリー。キャリアプロモーションが貴重な1点を先取した。対するアスレチックス倶楽部はすぐさまその裏、先頭池田選手が執念で出塁し、得意のしぶい攻撃でスコアリングポジションに走者を進めるがここは山本投手が踏ん張って無得点。下位打線に突入した2回は両チーム三者凡退に倒れ無得点。1-0キャリアプロモーションリードで迎えた3回は打者2巡目の注目イニング。キャリアプロモーションは一死からまたも1番黒木選手の放った打球が守備陣の乱れを誘い出塁。2番高橋選手が倒れ二死ながら走者二塁のチャンス。ここで3番武田選手のショートへの痛烈な打球は遊撃手グラブを弾きこの間に黒木選手が一気に生還し待望の追加点は2-0。さらに4番衣川選手の右中間への二塁打で二死二三塁としたキャリアプロモーションは、5番強打の佐藤選手がまたもセンター方向に弾き返す2点タイムリーで4-0リードを広げる。この日のキャリアプロモーションは準決勝戦までの豪快な打撃と打って変わって、これぞ大本命と言わんばかりの徹底したセンター返しで兎澤投手を真っ向から攻略した。さらにキャリアプロモーションは続く4回表にも、今度は下位打線からの攻撃で、ハングリーに1点をもぎ取り5-0。この時点で完全にキャリアプロモーションがゲームの主導権を握り、セーフティーリードかに思われた。中盤にして5-0。いくら「キャリプロ」相手と言えど、アスレチックス倶楽部にとっては大変な展開になった。1年に数度の負けはいずれも接線の末得た考察充分の敗退、5点を追う展開などほぼ経験したことのないアスレチックス倶楽部だったが、さすがに埼玉県大会最終日進出の常連チーム。県大会上部の戦いで培った粘りと、ゲームの中で応変する強さとをここから存分に発揮した。アスレチックス倶楽部4回裏、火の噴くような円陣を組み上げると、一死からら4番長沢選手が落ち着いて四球を選び出塁すると打席は5番増村選手。長沢選手はワイルドピッチで二塁へ進塁。増村選手はカウント1-2からの4球目をしぶとくレフト線へ運び1点を返し5-1。さらに5回、兎澤投手もエンジンを切り替え3者凡退に討ち取ったその裏、アスレチックス倶楽部は相手エラーを誘い執念で出塁した8番松本選手を二塁に置き、1番池田選手が左中間へタイムリー二塁打を放ち5-2。さらに続く熊井選手が右中間へ痛烈なタイムリーを浴びせ5-3とし、アスレチックス倶楽部は残り2イニングを残し一気に2点差まで詰め寄った。兎澤投手も完全に立ち直り、本来の打撃網が繋がりを見せはじめたアスレチックス倶楽部。昨年BEST4の意地は、大逆転Vも予感させる猛攻であったが、キャリアプロモーションも必勝体勢に入る。運命の最終回、再び先頭打者からの攻撃となるアスレチックス倶楽部に対し、キャリアプロモーションはエース黒木投手がマウンドに登る。プロ時代150キロ超の快速球を唸らせた豪腕はアスレチックス倶楽部を三者凡退にしとめ、熱戦に終止符を打った。
佐藤 雅大マネージャーコメント 本当にありがとうございました。アスレチックス倶楽部様も力のあるチームでしたので、本当にどちらが勝ってもおかしくない試合展開でした。1回戦から色々なチームの方と対戦し、最後は元プロなど関係なく、両チームとも熱戦を心から楽しみ、チームの思い出ができました。SS代表チームとして統一戦のほうもチーム一丸で頑張りたいです。

 

 

  世田谷ペンギンズ 1 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/9/23(木)9:00-11:00 羽根木公園(世田谷区)

 

 

ゲーム内容 世田谷ペンギンズ伊藤(淳)投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手、両投手の息詰まる投手戦。先取点は4回アスレチックス倶楽部増村選手、川崎選手、岩間選手の連続安打で1点を先制。その後も両チームチャンスを作るも得点できず迎えた最終回、世田谷ペンギンズは伊藤(淳)選手が内野エラーと盗塁で2塁まで進むと岸選手がライト線に同点タイムリーヒットを放った。その後世田谷ペンギンズはサヨナラのチャンスを掴むもアスレチック倶楽部の硬い守備に阻まれ1-1ドローのまま試合終了。世田谷ペンギンズ抽選勝ち。
川久保繁樹監 督コメント 本当に最後の最後までドキドキハラハラしました。SSではぜひ優勝していただき、もう一度統一戦で対戦できるよう私どももがんばります。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 0 新磯MESH 2004/9/20(土)20:00-22:00 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 「また来年、帰ってきます」から1年。二年連続出場の埼玉県屈指の強豪クラブ「アスレチックス倶楽部」がノーヒットノーランで決勝進出を果たした。全日本軟式野球連盟下で鍛え上げられたアスレの並々ならぬ自信が初回から炸裂。初回、いきなり4番:長沢選手のライトオーバーのタイムリー三塁打などクリーンナップで2点を先取したアスレチックス倶楽部。4回には下位打線の固めうちで3点を追加し5-0とリード。6回にはまたも下位打線からの攻撃で1点を追加し6-0。投げては昨夏チームを第三位に導き、今夏も大活躍の兎澤投手がノーヒットノーラン達成。この日も序盤から打ちまくったアスレチックス倶楽部。投打ともフル回転のまま決勝進出。今大会ここまで完璧な戦いぶりで快進撃を続けた新磯MESHであったが、この日ばかりは好調:アスレの完璧なデキに完敗。
岡野 勇士監 督コメント お疲れ様です。どうもありがとうございました。苦しい日程でしたがMESH様にも感謝です。決勝戦もアスレの野球で精一杯頑張ります。

 

 

  ZEPHYRS 3 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/8/28(土)17:00-19:00 都立

 

 

ゲーム内容 1回表アスレの攻撃は1番池田選手の2ベースヒットをあしががりに1点を先制。2回裏ZEPHYRSも反撃、2アウト1塁3塁からタイムリーヒットと内野安打で2点を取り逆転。アスレも3回表に池田選手のホームランで同点に追いつくと、4回に4番八巻選手の3ベースヒットから1点を取り逆転。5回も兎澤の2塁打から1点を追加。6回にも八巻選手の2塁打から1点を加点。先発の岩間選手は6回に見方のエラーで1点を取られるも粘り強い投球で3失点完投。
岡野 勇士監 督コメント 同率首位での最終戦、最後まで白熱した好試合でした。ZEPHYRSさんは声がよくでて、まとまりのある良いチームですね。またグランドの手配も有難うございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 1 - 0 2004/8/22(日)14:00-16:30 滝が原野球場(7面)

 

 

ゲーム内容 アスレのエース兎澤と藪の平石投手の白熱の投手戦。3回表にアスレは1アウト2,3塁から2番押田の内野ゴロの間に1点を先制。藪の平石投手は1点を許すも魂の投球でアスレの打線を寄せ付けない。負けじとアスレの兎澤投手も踏ん張り1点を守りきり完封勝利。猛暑の中の2試合目、体力の消耗もかえりみずお互いの意地のぶつかりあった白熱の好試合。
岡野 勇士監 督コメント 平石投手の気迫のピッチングはあっぱれでした。また柿木さんの怪我も心配されます。藪さん時間の方の都合もありがとうございました。

 

 

  AJPBC 0 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/8/22(日)17:00-19:00 大泉中央公園

 

 

ゲーム内容 AJPBC決定的なチャンスを何度か迎えながらも拙攻が目立つ。両チーム投手が要所を締める投手戦は7回0-0のまま両チーム引き分け。
市川 渉監 督コメント 両チームとも、スコアリングポジションにランナーを置きながらも投手の踏ん張りで、得点できない「投手戦」となりました。結果は7回フルに戦って、0-0の引き分け。緊張感のある良いゲームを楽しませていただきありがとうございました。次回の対戦も好ゲームが出来るように頑張ります。

 

 

  桜ヶ丘歯科センター 0 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/8/22(日)9:00-11:00 滝が原野球場(7面)

 

 

ゲーム内容 アスレの先発ピッチャー松本は序盤から桜ヶ丘歯科センターの強力打線の前に再三ランナーを背負うピッチングも粘りの投球と野手の堅い守備でなんとか凌ぐ。劣勢のアスレは4回裏1アウト2,3塁から5番増村が左中間に値千金の2塁打で2点を先制。6回裏にも2アウト三塁から6番小泉のバントヒットで貴重な1点を追加。最終回にエース兎澤を投入し、桜ヶ丘歯科センターの攻撃のプレッシャーをなんとか凌いで松本〜兎澤の完封リレーで勝利。
岡野 勇士監 督コメント 桜ヶ丘歯科センターさんの打撃力には本当にびっくりしました。いつ点を取られてもおかしくなく、内容的にも押されっぱなしで凄かったです。歯科センターさん熱い試合ありがとうございました。

 

 

  伊藤ハム ドルフィンズ 1 - 8 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/8/8(日)8:45-10:30 滝が原野球場(4面)

 

 

ゲーム内容 初回アスレチックス倶楽部の攻撃は2番熊井選手の死球から打線がつながり打者一巡の猛攻でいきなり5点を先制。2回裏にも5番川崎選手のタイムリーなどで2点を追加したアスレチックス倶楽部。3回には兎澤選手にレフトオーバーのホームランが飛び出し1点追加。最終回伊藤ハムドルフィンズも意地を見せセンターオーバーのホームランで反撃するも、力投のアスレチックス倶楽部:兎澤投手が後続を落ち着いておさえて完投勝利。兎澤投手二年連続SS初戦完投勝利。
岡野 勇士監 督コメント SSは初対戦のチームが多く、色々な出会いがあるので交流が深まるし、勉強になります。ドルフィンズさんありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 12 - 1 レボルーションガンマ 2004/7/18(日)16:00-18:00 鳩ケ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 3回裏アスレは2アウトから2番川崎選手の2塁打、3番増村選手の柵越え2ランホームランで先制。4回ガンマも4番鈴木選手のセンターオーバーの2塁打をかわきりに1アウト1塁3塁から7番清水選手のレフトライナーを失策する間に1点を返し反撃。4回裏アスレは1アウト3塁から7番岩間選手がセンター前にエンドランを成功させ1点追加。8番柳沼選手もエンドランを成功させ、2アウト2,3塁から失策を絡めてこの回3点を追加。さらに5回裏アスレの攻撃、5番糸数選手の2点タイムリーをかわきりに着実に加点し1番池田選手の柵越え3ランホームランなど打者13人を送る猛攻で7点を加点。志願の先発ピッチャーの岩間投手も要所をおさえて1失点でまとめアスレチックス倶楽部勝利。
岡野 勇士監 督コメント ガンマさんの野球に対する姿勢はとても素晴らしかったです。アップからチームの意識が高く、とてもまとまっていて取り組み方など見習うところが多々有りました。アスレも猛暑の中の毎週のダブルで選手もバテ気味ですが魂で乗り切りますのでお互い頑張りましょう。ありがとうございました。

 

 

  JAMBALAYA 1 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/7/10(土)19:10-21:15 春日部市牛島公園球場

 

 

ゲーム内容 1回表アスレチックス倶楽部は1アウト1塁3塁のチャンスを作り、4番長沢選手が強烈なファーストライナーを打つもダブルプレーで好機を潰す。続く2回表5番大武選手のフォアボールをきっかけに7番岩間選手のレフトオーバーの3塁打、8番兎澤選手の犠牲フライで2点を先制。さらに5回表1番池田選手のライト前ヒットから2盗、3盗で相手のミスを誘い1点追加。5回裏JAMBALAYAも5番竹村選手の特大ホームランで反撃。その後は投手戦となりアスレチックス倶楽部のエース兎澤選手も踏ん張り終わってみれば2安打1失点完投。
岡野 勇士監 督コメント JAMBARAYA様グランドの手配などありがとうございました。締まった良い試合でしたね。またの対戦宜しくお願いします。

 

 

  SWALLOWS 1 - 7 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/7/3(土)19:00-21:00 さいたま市営サブグランド

 

 

ゲーム内容 序盤は一進一退の攻防。3回表アスレの攻撃、先頭の8番ピッチャーの兎澤投手がファーボールで出塁すると9番柳沼選手の進塁打とパスボールで1アウト3塁から1番池田選手がエンドランで1点先制。4回裏スーパースワローズも反撃で6番石井選手のライト前ヒットで同点。追いつかれたアスレも5回9番柳沼がエンドランを成功させ1アウト1塁3塁をつくり1番池田選手がショートゴロを打つも本塁で3塁ランナーがタッチアウト、チャンスがついえたに見えたが2番熊井選手がしぶとくつなぎ2アウト満塁で3番大武選手がラッキーなデットボールで1点勝ち越し。さらに6回のアスレ5番川崎選手のファーボールをきっかけに1アウト2塁3塁から8番兎澤選手がエンドランを成功させ2点タイムリー、1番池田選手のライトオーバー2塁打で計3点を加点。7回にも3番大武選手のセカンド内野安打をきっかけに1アウト2塁3塁から6番小泉選手がしぶとくたたきつけて2点駄目押しセンター前ヒット。先発兎澤投手はスーパースワローズの猛攻に苦しめられ、再三ピンチを作るが粘りの投球で何とかしのぎきり1失点完投。
岡野 勇士監 督コメント 点差ほど楽な試合ではありませんでした。チーム力も差など無く、かみ一重の差で1本の違いで逆の点差になってた可能性もありました。ザ・スーパースワローズさんまたの対戦宜しくお願いします。ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 12 - 2 SELFISH 2004/6/26(土)14:00-16:00 鳩ケ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 初回にアスレチックスクラブの攻撃ノーアウト満塁から4番長沢、5番宮原両選手の連続2点タイムリーヒットで4点先制。1回裏にセルフィッシュの4番曽雌選手に2点タイムリー2ベースを打たれ4対2となる。その後膠着状態となるが4回表にアスレが2アウトから4番長沢がまたも2点タイムリーヒットで6対2.5回も2アウト3塁から8番ピッチャーの兎澤選手がレフト前にタイムリーで7対2.6回にも3番大武の犠牲フライで1点を加点して8対2.7回表にはノーアウト満塁から9番町田選手のライト前タイムリー、代打監督の岡野選手の駄目押しセンター前タイムリーで4点を追加。先発:兎澤投手も初回に失点したものの尻上がりに調子を上げ2失点完投。終わってみれば12対2とアスレチックス倶楽部快勝。
岡野 勇士監 督コメント セルフィッシュ様わざわざ小山から来て頂いてありがとうございました。またの対戦宜しくお願いします。

 

 

  サンライズ加藤 2 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/6/20(日)10:00-12:00 大宮健保

 

 

ゲーム内容 5回まで両者一歩も譲らずまま、」6回の表、サンライズ加藤は、相手の失策により2点、裏の攻撃アスレチックス倶楽部も失策により1点取られる最終回アスレチックス倶楽部は2アウト満塁まで持ち込むが、1本が出ずゲームセット
小俣広樹主 将コメント アスレチック倶楽部さま忙しい中有り難うございました

 

 

  淵野辺オリオンズクラブ 3 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2003/8/17(日)11:00-12:50 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 準決勝第二試合。チームはさらに完成度増し神奈川県制覇、そして全国区での活躍期待される昨年覇者:淵野辺オリオンズクラブ、対するは埼玉県3位の実績ひっさげST初参戦で怒涛の快進撃続ける:アスレチックス倶楽部。アスレチックス倶楽部先発マウンドは全開ノーヒットノーランの兎沢投手、淵野辺オリオンズクラブはエース佐野投手。この日も早々に集合し、球場周りの限られたスペースでキッチリ体を作る両雄。ゲーム前のこうした場面にも"条件下で100%"の順応性発揮。肝心なゲームは共に県下の名門とあり、ベンチ全員の気合、切り替え、ケジメが光った。またまた目に見えない試合巧者ぶりは両者とも魂全開の中にも大人の好勝負となった。両投手初回からランナーを背負いながらも持ち前の制球力で快調な立ち上がり。先制したのは3回オリオンズ。ここでも簡単に2死を奪われたあと、3番門馬選手が執念の内野安打で出塁すると続く主砲:高橋選手も出て2死ながら2,3塁のビックチャンスを作るとこの日先発マスクを被る5番坂谷選手。値千金の打球はレフト頭上を越す2点タイムリー。準々決勝に続き2死からの野球でキッチリと得点を奪いにいくオリオンズの30年史が凝縮された瞬間か。続く4回にも1死3塁のチャンスに「ヘーィ!バッターやったれーっ!」と自軍総勢に魂注入されたチーム期待の若干18歳片桐選手、ガツンとセンター前へ弾き返し3-0と決定的な加点。2試合連続完封中のノーヒッター:兎沢投手がまともに打たれた。投げてはそのスマイルと細身の体からはなかなか信じられない鬼の形相で剛速球をグイグイ放り込む佐野投手。終わってみれば凡フライの山築き2安打完封勝利。埼玉県屈指の超豪クラブが、淵野辺の前に散った。敗れはしたもののここまで2試合連続完封劇のアスレチックスナイン。岡野監督「すごくレベルの高い大会でした、出直します。来年も上を目指しますのでSS是非呼んで下さい。」高松宮杯埼玉県第3位の実力は底知れぬものだった。非常に影響力ある好チームだけに今後様々なオープン大会へ進出して欲しい。
橘 猛監 督コメント

 

 

  マミーズ 0 - 6 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2003/8/10(日)14:45-16:45 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 東京都大会常連VS埼玉県大会常連対決。マミーズ先発マウンドはは甲子園の土も経験している田口投手、アスレチックスは倶楽部1回戦(VSイクターボ)完封のアンダースロー兎沢投手、両軍併せてわずかに2安打という純粋な投手力光るゲームではあったが、杉並王者の思わぬ自滅が明暗を分けた。まず3回アスレチックス倶楽部、フォアボールとデッドボールで出たランナーを置き3番長沢選手。ショーゴロがマミーズ悪送球を誘い2人生還し2-0。続く4回にも無死から連続四球を選び7番柳沼選手、8番兎沢選手の連続犠牲フライで2点を追加したアスレチックスは、更に四球を選んだランナーを置き1番池田選手がセンターへタイムリー安打放ちこれにまたしても悪送球が重なり6-0大量リード。マミーズディフェンスの信じられない自滅をもらい主導権を握ったアスレチックス倶楽部、投げては兎沢投手がなんとノーヒットノーラン達成。マミーズ攻守の要:1、2番打者からなんと三打席連続を奪うと、残るはコースを使い分ける巧みな投球術で内野ゴロの山を築いた。一方、小野投手、岩田投手とこまめに継投し僅か2安打に抑えながらも四死球と失策で自滅したマミーズ。3年連続BEST8敗退となった。アスレチックス兎沢投手はイクターボ、マミーズとSS3年連続出場チームを、完璧な投球内容で連続完封。試合前個々で入念に体を作りミーティング突入、スコアシートに刻まれることのない見えない徹底ぶりに注目。またゲーム開始とともに唸りを上げるの結束は全国区:パイオニア川越を真っ向から撃破するだけの底力。青春野郎には兎沢投手が選出された。
岡野 勇士監 督コメント お疲れ様でした。前回は全然打てなかったので今日は打ち勝ちたかったのですが・・。次回また頑張ります。ありがとうございまいした。

 

 

  イクターボ 0 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2003/8/3(日)14:45-16:45 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 SSの恐ろしさが凝縮された一戦。先発マウンドはアスレチックス倶楽部:兎沢投手、イクターボ:土屋投手。伸びのある速球と鋭い変化球をコーナーへ差し、経験豊富な投球術でターボ打線をボテボテに打ち取るサブマリン投法:兎沢投手。チームの反対を押し切り、痛みを押してSSマウンドに挑んだ土屋投手。2回、ヒットとエラーでランナーを進めたアスレチック倶楽部は幸先良く先制。1点を追うイクターボは中盤、1死2,3塁のチャンスを作るとスクイズエンドラン。これを功刀選手が空振り(写真)しランナータッチアウト。2死後凡退し、唯一のチャンスを逃した。その後互角の投手戦となったが、まずアスレチックス倶楽部の純粋な打撃力がハンパじゃない。土屋投手の投球術で2点に押さえ込むも、全打者のバネが違う。全て外野の頭を越すパワーもあり2塁打コースを、3塁打にする積極性と個々の目的意識がはんぱじゃない。2点はいずれも機動力で得点。最後まで攻撃の手を緩めず攻めたアスレチックス倶楽部、投げては兎沢投手が的を絞らせず完封勝利。イクターボが初戦敗退する大会を探すのは難しいが、3年連続の挑戦となったSS、2年連続の初戦敗退の悲劇。青春野郎には、先制のチャンスで状況を見極めしぶとく転がし自らの役割を全うした長沢選手が選出された。激痛走る腕をぐるぐる回しながらも、SSマウンドに拘った土屋投手とこれを静かに見守ったナインの姿がターボの絆。
岡野 勇士監 督コメント 熱い一日でした。ありがとうございます。次週また宜しくお願いします。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.