全国軟式野球ストロングリーグ

2012成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2012成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  Y.Sクラブ 5 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2012/12/9(日)9:15-11:15 滝が原野球場 6面

 

 

ゲーム内容 先発投手はYS内田、アスレチックス角野。YSは2回、先頭の4番宮代が中越3塁打を放つ。しかし次打者の遊ゴロで憤死となり先制機を逸する。YSは4回、先頭の片岡が内野安打で出塁。1死12塁となって、4番宮代がライトへ鋭い当たり、ドライブがかかった打球はワンバウンドでライトの頭上を越えて本塁打となり、YSが3点を先制。アスレチックスは直後の4回、1死から4番岡田がレフト前安打で出塁、2死2塁となって6番大塚の打球は右中間へ、ライトのダイビングも及ばず、アスレチックスが1点を返す。しかし直後の5回YSは、8番伊与田が四球で出塁すると、2つの犠打と四球で2死13塁のチャンス。ここで3番小野寺が左中間に会心の2塁打を放ち2者が生還、5ー1とリードを広げる。YS先発の内田は、567回を無安打に抑えて試合終了となった。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント アスレチックス倶楽部の皆様、対戦ありがとうございました。来シーズンもお互い切磋琢磨でストロングリーグを盛り上げて行ければと思います。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 8 - 1 マリナーズ 2012/12/2(日)9:30-11:30 滝が原野球場 6面

 

 

ゲーム内容 マリナーズ徳武投手、アスレチックス倶楽部角野投手の先発で試合開始。1回表のマリナーズの攻撃は、先頭の松井選手がいきなりセンター前安打で出塁。しかし後続が倒れて無得点。1回裏のアスレは一番小林選手が四球と盗塁で無死二塁のチャンス。2番川島選手と3番渡辺選手のバントが内野安打と送球ミスとなって2点を先制。さらに大塚選手の進塁打などで初回に4点を先制。アスレは2回にも岡田選手のタイムリー安打で1点を加点。さらに3回にも渋谷選手のスクイズで2点。マリナーズは4回から田中投手に交代。アスレはこの回に斉藤選手のタイムリー安打で1点を加点する。アスレも6回から光田投手を投入。最終回のマリナーズの攻撃は、先頭の大平選手が死球で出塁。一死後菅原選手のハーフフライが失策となって一死二塁三塁のチャンス。6番小池選手は遊撃フライに倒れるものの、7番田中選手が粘って四球で出塁し二死ながら満塁となる。ここで8番古賀選手は死球となり、押し出しで1得点。しかし、光田投手もここを踏ん張り、最期の打者を三振にとってゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント マリナーズの皆様、対戦ありがとうございました。最期まで声を切らさずに魂を感じました。またの機会がありましたら、よろしくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 2 TOOLS 2012/8/19(日)8:15-10:15 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 TOOLS 峰尾投手、アスレチックス倶楽部 角野投手の先発で試合開始。1回表のアスレは1番渡辺選手のセンター前安打と2番川島選手の四球から相手失策で1点を先制。1回裏のTOOLSも先頭の佐藤選手がセンター前安打で出塁すると、二死三塁となり、アスレ角野投手のワイルドピッチで1点を返して同点に追いつく。2回のアスレは無死満塁から押し出し死球とワイルドピッチで2点を勝ち越す。3回のTOOLSの攻撃は一死から9番川上選手の死球と1番佐藤選手のバントが送球ミスを誘い、一死一塁二塁のチャンス。ここで2番井川選手がセンター前に安打を放ち、2対3と1点差に追い上げる。4回からTOOLSのマウンドには結城投手が上がる。アスレは7番久保川選手から連続四球と9番菅原選手の内野安打で無死満塁のチャンス。ここでワイルドピッチと2番川島選手のセンター前2点タイムリー安打で3点を加点。アスレ角野投手は4回以降は無安打無失点に抑え、7回二死からベテラン兎澤投手にリレー。最後の打者を三振で締めて、アスレチックス倶楽部が6対2で勝利して、サマー初優勝を飾る。
岡野 勇士監 督コメント TOOLS様 対戦ありがとうございました。初対戦となりましたが、流れが行ったり来たりの紙一重の試合だったと思います。またの機会宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 12 - 0 東京YMCA 2012/8/5(日)11:00-13:00 滝が原球場5面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 篠崎投手、東京YMCA 山岡投手の先発で試合開始。1回表のアスレの攻撃は、4番斎藤選手、5番上原選手の連続タイムリー安打で3点を先制。2回表にも打者一巡の猛攻で5点を加点。さらに3回表にも打者一巡の攻撃で3点を加点する。投げては篠崎から兎澤のサブマリンリレーで、被安打1本に抑える完封リレー。12対0でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 東京YMCA様、猛暑の中での試合お疲れ様でした。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

  淵野辺オリオンズクラブ 1 - 9 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2012/8/5(日)13:00-15:00 滝が原野球場5面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 角野投手、淵野辺オリオンズ 中島投手の先発で試合開始。2回裏のアスレは5番上原選手が安打と失策で二塁に進み、6番増村選手の犠打で一死三塁のチャンス。ここで7番小林選手がレフト前安打を放ち、1点を先制する。4回まで無安打に抑えられていたオリオンズ打線も5回表に反撃。4番片桐選手が二塁打で出塁すると、二死ながら三塁のチャンスに。しかし7番白石選手は遊撃フライとなり無得点でチェンジ。5回裏のアスレの攻撃は、一死から角野選手が二塁打で出塁すると打線が繋がり、押し出し四球なども絡んで打者一巡の攻撃で6点を加点。オリオンズも6回に先頭の8番杉田選手が左中間を破るランニング本塁打で1点を返す。しかし、アスレも6回裏に代打の安富選手が四球で出塁すると、2番川島選手が右中間を破るランニング本塁打を放ち2点を追加。アスレは最終回に田中投手を投入。四球と失策でランナーを出すものの無安打に抑えて、9対1でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント オリオンズ様、猛暑下での2試合お疲れ様でした。たまたま5回の攻防で流れがきましたが、どちらに転んでもおかしくない試合だったと思います。またの機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.