全国軟式野球ストロングリーグ

2010成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2010成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  Blue Impulse 1 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/12/18(土)9:00-11:00 光が丘公園

 

 

ゲーム内容 Blue Impulse高橋投手、アスレチックス倶楽部渡辺投手の先発で試合開始。1回表のアスレは一死から2番上原選手が死球で出塁し、盗塁で二塁まで進む。二死二塁から4番羽田選手がライト線の二塁打で1点を先制し、さらに投手のショートバンドを捕手が弾くのを見て三塁へ進むと、三塁への送球が悪送球となって羽田選手がホームに帰り、初回にアスレが2点を先制する。アスレ渡辺投手は4回までパーフェクトピッチングで5回を迎えるが、一死からBlue Impulse5番小澤選手のショートゴロを大塚選手がワンバンド送球をして、失策で出塁。続く6番植嶋選手がセンター前に初安打を放ち一死一塁二塁のチャンス。しかし後続が倒れて無得点に終わる。6回表のアスレは3番大塚選手のレフトオーバーの本塁打で1点を加点する。6回裏のBlue Impulseも反撃開始。一死から1番四方選手が左中間の二塁打で出塁すると、2番庄司選手のセーフティーバントが絶妙にセカンド前に転がり、一塁への送球が悪送球となってImpulseが1点を返す。さらにサードのエラーで二死ながら一塁三塁のチャンスで5番小澤選手を迎える。ここはアスレ渡辺投手が三振を取って踏ん張る。最終回のImpulseは先頭打者がレフト前安打で出塁して盗塁を敢行するがアウトとなり、後続を渡辺投手が三人で抑えて、3対1でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント Blue Impulseさま、対戦ありがとうございました。緊張感のある紙一重の試合だったと思います。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/12/5(日)13:15-15:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ大井投手、アスレチックス倶楽部篠崎投手の先発マウンド。先攻のアスレチックス倶楽部は、立ち上がり制球の定まらない大井選手を攻め2つの四球から走者を進め、捕手けん制悪送球を誘い1点を先制する。1点を追うY.Sクラブも走者をためると、相手投手が小フライを弾く間に1点を返し同点に追いつく。Y.Sクラブは二番手の投手が好投し相手打線を寄せ付けない。守備で徐々にリズムをつかむと中盤、タイムリーなどで4点を奪ったY.Sクラブが5-1で勝利した。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 対戦ありがとうございました。また宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2 - 0 東京バンバータ 2010/12/5(日)11:15-13:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 東京バンバータ岡本投手、アスレチックス倶楽部篠崎投手の先発で試合開始。1回裏のアスレの攻撃は一死から2番上原選手のレフト前安打と盗塁で一死二塁のチャンス。3番大塚選手の時にワイルドピッチで三塁まで進むが、バンバータ長尾捕手からの牽制に刺されてチャンスを潰す。バンバータも2回黒坂選手のレフト前安打と4回に長尾選手のセンター前安打と二死から安打が出るものの後続が倒れて息の詰まる投手戦となる。試合が動いたのは6回裏のアスレの攻撃。先頭の7番増村選手が四球で出塁し、8番9番と倒れるが、1番渡辺選手のセンター前安打で二死一塁三塁のチャンス。ここで渡辺選手が盗塁を成功して二死ながら二塁三塁となり、2番上原選手の打った打球が投前にボテボテと転がる打球となる。これが一塁への悪送球となってアスレが2点を先制する。最終回のバンバータも一死から4番梅田選手がセンター前に安打を放ち、盗塁も決めて一死二塁のチャンス。しかし、アスレ篠崎投手は後続を抑えて3安打完封勝利。バンバータ岡本投手も被安打2本と痺れる投手戦であった。
岡野 勇士監 督コメント 東京バンバータの皆様 対戦ありがとうございました。圧力が凄く 本当に勉強になりました。またの機会でも宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 4 - 1 T-Five 2010/10/23(日)13:00-15:00 北本総合公園野球場

 

 

ゲーム内容 T-FIVE郷野投手、アスレチックス倶楽部篠崎投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は、郷野投手に二死まで完璧に抑えられていたところ、6番増村選手がレフト前に強烈な安打で初出塁。続く7番菅原選手のところでヒットエンドランを敢行し、投手後方に高く弾む打球となり、内野安打で二死一塁三塁となる。さらに盗塁で二死ながら二塁三塁の場面で、8番篠崎選手がファールで粘った挙句ライト線に安打を放ち、アスレチックス倶楽部が2点を先制する。3回裏のアスレは、一死後に2番上原選手がライト前安打で出塁し、盗塁と失策が重なり三塁まで進む。二死三塁で4番羽田選手の打席のところでパスボールが出て1点を加点。5回表のT-FIVEの攻撃は一死から7番井戸選手が振り逃げで出塁して、盗塁などで二死三塁のチャンス。ここで9番別府選手が左中間に大飛球を放ち、アスレのレフト菅原選手がダイビングキャッチをするものの落球して二塁打となり、T-FIVEが1点を返して反撃の狼煙を上げる。しかし、5回裏のアスレは一死後に9番松本選手がレフト前安打、1番渡辺選手が四球を選んで一死一塁二塁のチャンス。2番上原選手のところで、重盗を仕掛けたところパスボールとなり、二塁から松本選手が一挙に本塁まで突入して1点を加点。6回表のT-FIVEは、この回先頭の2番亀井選手がレフト前安打で出塁してプレッシャーをかけてクリーンアップを迎えるチャンス。ここはアスレ篠崎投手が踏ん張って後続を抑える。このまま最終回も3人で抑えて、アスレチックス倶楽部が4対1で勝利する。アスレチックス倶楽部は大会4連覇を達成し、大会MVPは投げては7回被安打2の1失点完投と打っては先制2点タイムリー安打を放った篠崎選手が選出された。
岡野 勇士監 督コメント T-FIVEさんとの試合は いつも緊迫した紙一重の試合で、どちらが勝ってもおかしくない試合だと思ってます。対戦する機会が続くと思いますが、宜しくお願いいたします。

 

 

  Y.Sクラブ 5 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/9/19(日)18:00-20:00 夢の島

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ先発大井投手が好投。打っては計8安打の5得点を挙げたY.Sクラブが5-0で勝利を飾った。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント 岡野監督様、メンバーの皆様、ありがとうございました。また対戦の際は宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 3 GENUINE 2010/8/29(日)12:00-14:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 渡辺投手、GENUINE 鈴木投手の先発で試合開始。1回表のGENUINEの攻撃は1番長谷部選手と2番河村(健)選手の連続安打で無死一塁二塁のチャンス。一死二塁三塁となって4番生田選手の放った打球がライト前に落ちてGENUINEが初回に2点を先制する。2回裏のアスレの攻撃は6番大塚選手の四球から8番増村選手のバント安打などで一死満塁のチャンス。ここで1番上原選手の打球は内野安打となり、アスレが1点を返す。3回裏のアスレは4番羽田選手のセンター前のポテン安打を5番斉藤選手が犠打で送って形を作る。ここで6番大塚選手がレフトオーバーの三塁打を放って同点。さらに7番安富選手のところでパスボールが出て1点を加点して逆転する。5回表のGENUINEは一死から9番関山選手のショートゴロをアスレ大塚選手が暴投を投げて、テイクワンベースで二塁に進む。二死二塁から2番河村選手の打球がライト前にポテン安打となって同点に追いつく。6回裏のアスレは二死ながら二塁三塁の勝ち越しのチャンス。ここで2番山本選手の打球はセカンドゴロとなりGENUINE鈴木投手が踏ん張る。ここで時間切れとなってジャンケンに突入し、アスレチックス倶楽部が5対3と8人目で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント GENUINEの皆様、河村様、暑い中の遠方からの遠征ありがとうございました。一進一退の攻防で、緊張感のある試合だったと思いますが、ジャンケンという非情な結果で申し訳ありませんでした。またの機会で是非宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 4 球球 2010/8/22(日)8:00-10:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 猛暑の中、アスレチックス倶楽部 光田投手、球球 宇田投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は7番渋谷選手がレフトオーバーの本塁打で1点を先制。8番安富選手も二塁打で続き、9番光田選手が犠打で送ると1番松本選手のスクイズで1点を加点。さらに連続四球などで二死満塁となると5番斉藤選手のセンター後方のフライをグローブにあてながら落球となり3点を追加して、この回5点を先制する。3回表の球球の攻撃は7番秋山選手と8番宇田選手が連続四球で出塁してから犠打で送って一死二塁三塁のチャンスと自滅気味のアスレ光田投手を攻め立てる。ここで1番田中選手の三塁打で2点を返し、続く2番山本選手のレフト前タイムリー安打で計3点を返す。両軍共に先発投手が序盤で降板する打撃戦の様相になる。3回裏のアスレは2回から代わった球球山本投手から一死後8番安富選手のライト前安打から9番光田選手が送り、1番松本選手の右中間三塁打で1点を返す。4回表の球球もアスレ渡辺投手を攻めて、一死から7番秋山選手が四球で出塁すると8番宇田選手のセンターへの打球を松本選手が後逸して1点を返す。その後は両軍の投手の好投で試合が落ち着き、6回表の時間的に最終回の球球の攻撃は、一死から8番宇田選手がレフト前安打で出塁すると、代打 野口選手の右中間への二塁打で一死二塁三塁の一打同点のチャンス。しかし、アスレ渡辺投手はここを踏ん張って後続を抑えて6対4でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 山本様をはじめ 球球の皆様、酷暑の中の試合お疲れ様でした。また早朝の遠征ありがとうございました。1本の差の接戦でしたね。またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 0 MBN 2010/7/18(日)12:00-16:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 MBN 水島隼人投手、アスレチックス倶楽部 田中投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は二死から6番大塚選手のセンター前安打と7番渋谷選手のライト前安打で、二死ながら一塁三塁のチャンス。しかし8番田中選手はライトフライに終わり、MBN水島投手が踏ん張る。4回裏のアスレは先頭の4番羽田選手がライトオーバーの特大の飛球を放ち、ランニングホームランかと思われたが、MBNのスムーズな連携でホームにストライク送球で間一髪でアウトに取るファインプレイ。アスレは2回から毎回のようにスコアーリングポジションにランナーを進めるも、MBN水島投手の前に後一本が出ずスコアーレスで試合が進む。失策による出塁に抑えられていたMBNは6回表に二死から9番磯山選手がセンター前に初安打を放つ。しかし1番奥寺選手はファーストゴロに倒れてチェンジ。そのまま両投手の好投で7回スコアーレスの引き分けに終わる。
岡野 勇士監 督コメント MBNの皆様、酷暑の中の遠征ありがとうございました。投手戦の緊張感のある試合でしたね。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 0 GT横浜ライオンズ 2010/7/10(土)12:00-16:00 薬業健保グランド

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にGT横浜ライオンズ活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント 細野様、チーム内のご不幸ということで今回は対戦できませんでしたが、また、オープン戦などで宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 5 - 0 雲雀 2010/6/26(土)14:00-18:00 越谷しらこばと球場

 

 

ゲーム内容 雲雀 森投手、アスレチックス倶楽部 渡辺投手の先発で試合開始。1回表雲雀の攻撃は1番宮原選手と2番中田選手の連打で、いきなり無死一塁二塁のチャンス。3番森選手の一塁ゴロの間に一死一塁三塁となって4番山下選手を迎える。ここでアスレ渡辺投手が踏ん張って後続を抑えて無得点となる。1回裏のアスレの攻撃は2番菅原選手が死球、4番羽田選手のライト前安打、5番斉藤選手の四球で二死ながら満塁のチャンス。ここは雲雀 森投手が踏ん張って6番大塚選手をセンターフライに討ち取って無得点。その後は雲雀の森投手の速球がキレて投手戦となる。5回表の雲雀の攻撃は、二死から8番吉田選手のセンター前安打と9番丸山選手のエンドランが決まって、二死一塁三塁のチャンス。しかし、1番宮原選手は初球を叩くも三塁ゴロとなり、アスレが踏ん張る。5回裏のアスレの攻撃は、8番早坂選手が四球、9番安富選手の犠打が野選となり無死一塁二塁となる。1番松本選手の犠打は失敗に終ったものの2番菅原選手が四球を選んで、一死満塁のチャンス。ここで3番渡辺選手はライトオーバーの走者一掃の三塁打、4番羽田選手も右中間へのタイムリー三塁打、5番斉藤選手もレフト前へのタイムリー安打と、クリーンアップの3連打で、この回5点を先制する。その後はアスレ渡辺投手が6回、7回を無難に抑えて、アスレチックス倶楽部がワンチャンスをものにして5対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 雲雀上野様を初め、選手の皆様、遠征ありがとうございました。森投手、上野捕手の黄金バッテリーは、さすがで威力抜群でした。今回はたまたまウチがワンチャンスをものにできただけです。またの対戦を楽しみにしておりますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 3 MKトライアンフ 2010/5/30(日)12:00-16:00 大宮健保G

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部渡辺投手、MKトライアンフ佃投手の先発で試合開始。1回表のMKトライアンフの攻撃は、1番石原選手がいきなり右中間への三塁打で出塁。続く鈴木選手は四球で出塁し、3番森野選手を迎える。ここで森野選手はライトに犠牲フライを放ち、MKトライアンフが1点を先制する。1回裏のアスレチックス倶楽部の攻撃は、一死から2番渋谷選手が左中間に三塁打を放つ。続く3番渡辺選手は四球で出塁し、4番羽田選手がセカンドゴロを打つも、ホームを狙った渋谷選手が本塁で憤死する。3回裏のアスレの攻撃は一死から2番渋谷選手が死球で出塁し、盗塁で二塁に進塁する。二死で4番羽田選手のショートゴロが一塁手の捕球ミスとなり同点に追いつく。さらに4回裏のアスレは一死一塁二塁から、8番安富選手がセンターにタイムリー安打を放ち、二死から1番松本選手のレフトオーバーの大飛球をレフトがグローブに触るも取れずに2点タイムリー安打となり、アスレが3点を加点する。続く5回裏のアスレは3番渡辺選手のレフト前安打と、5番斉藤選手の死球で一死一塁三塁のチャンスで重盗を敢行して1点を加点。6番大塚選手が繋いで、二死二塁三塁で8番安富選手がこの日2本目のタイムリー安打で、この回も3点を加点して7対1とリードする。6回表のMKトライアンフの攻撃は一死から2番鈴木選手がレフト前安打で出塁すると、アスレ渡辺投手が制球を乱して、連続のワイルドピッチで三塁まで鈴木選手が進塁する。ここで3番森野選手が、この日2本目の犠牲フライで1点を返す。さらに最終回のMKトライアンフは5番佐藤選手がレフト前安打で出塁すると、続く代打の西村選手も右中間へ二塁打を放ち、無死二塁三塁の大チャンス。一死から8番須田選手が犠牲フライで1点を返す。しかし、アスレ渡辺投手は粘り強いピッチングで後続を断ち、アスレチックス倶楽部が7対3で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント MKトライアンフの皆様、佃さま、久し振りの対戦ありがとうございました。天候も心配されましたが、無事対戦できて良かったです。また対戦の機会がございましたら、宜しくお願い致します。

 

 

  CROWNS 0 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/5/9(日)12:00-14:00 SD野球場

 

 

ゲーム内容 CROWNS菅谷投手、アスレチックス倶楽部田中投手の先発で試合開始。2回表アスレの攻撃は一死から6番増村投手が四球で出塁すると、7番早坂選手の犠打で二死ながら二塁に進み、8番代打の渋谷選手のレフト前安打で二死一塁三塁のチャンス。9番川崎選手の内野ゴロが失策となり、アスレが1点を先制。1番松本選手のところでパスボールで1点を加点し、松本選手の痛烈なショートゴロを遊撃手がはじき、一塁三塁をまた作る。2番菅原選手のところで重盗となり1点を加点して、アスレがこの回3点を先制する。2回裏のCROWNSも、この回から緊急登板したアスレ渡辺投手を攻めて、一死後6番藤井選手が三塁打を放ちチャンスを作る。しかし後続が倒れて、この回無得点。3回表のアスレは、3番斉藤選手が失策で出塁し無死二塁となる。4番羽田選手が犠打で送り、5番渡辺選手の犠牲フライで1点を追加。3回裏のCROWNSの攻撃は、一死から1番天野選手と2番本間選手の連打と、3番石川選手のセーフティーバントが内野安打となり、一死満塁の大チャンス。ここで4番水田(昌)選手が三塁ゴロとなり、5−2−3のダブルプレイとなりアスレ渡辺投手がなんとか粘る。CROWNS打線は当たっており、4回裏にも一死から6番藤井選手と7番伊藤選手の連打で一塁二塁のチャンスを作る。ここもアスレ渡辺投手が粘りの投球で後続を抑えて点を与えない。その後お互いにランナーを出すものの、両投手の粘りの投球で点を与えずに試合が進む。6回からアスレは光田投手を投入して逃げ切りをはかる。そして最終回CROUNSの攻撃は二死を取られ万事休すかと思われたが、ここから脅威の粘りを発揮する。1番天野選手のレフト前安打、2番本間選手が死球、そして3番石川選手がセカンド内野安打で繋ぎ、二死ながら満塁とする。しかしアスレ光田投手も意地の投球で4番水田選手をサードゴロに打ち取ってゲームセット。アスレチックス倶楽部が4対0で逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント 金子さま、CROWNSの皆様、お疲れ様でした。また、与野の連盟の決勝戦は勝利されたということで、優勝おめでとうございます。地区的にも近いということで、これからも連盟やオープン大会で色々とお世話になる機会が多いと思いますが、宜しくお願い致します。今日はありがとうございました。

 

 

  RAMS 4 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/4/29(祝)12:00-15:00 川口市営球場

 

 

ゲーム内容 RAMS彦坂投手、アスレチックス倶楽部田中投手の先発で試合開始。一回表のアスレの攻撃は二死から3番渡辺選手が四球で出塁すると、4番羽田選手が右中間に三塁打を放ち、1点を先制する。RAMSも3回裏に二死から9番小金井選手の四球と、1番中山選手の死球で二死ながら一塁二塁のチャンス。ここで、2番清水(剛)選手が左中間に二塁打を放ち、2得点で逆転する。4回表のアスレもすかさず、4番羽田選手の二塁打を5番大塚選手が犠打で三塁に送り、続く6番増村選手のスクイズで同点に追いつく。さらに5回表のアスレは、代わったRAMS田代投手の立ち上がりを攻め、無死満塁から4番羽田選手の、この日3本目の長打になる右中間三塁打で3点を追加。6回裏のRAMSは4回から代わったアスレ渡辺投手を攻め、3番佐々木選手の左中間三塁打と4番鈴木選手のライト前安打で1点を返す。2点差までつめよったRAMSの最終回の攻撃は先頭の7番清水(大)選手がセンター前安打で出塁し、一向に調子の上がらない渡辺投手を攻める。8番長坂選手が犠打で送り、9番小金井選手の打球がショートのエラーを誘い、一死一塁三塁のチャンス。ここで1番中山選手がセンター前にタイムリー安打を放ち、1点差に詰め寄る。しかしアスレ渡辺投手は後続を何とか抑えて、アスレチックス倶楽部が5対4と辛くも逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント RAMSさま、お疲れ様でした。何とか逃げ切ったというのが正直なところで、かなり追い込まれました。また機会がございましたら、宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 5 - 0 CLIPPERS 2010/3/28(日)12:00-16:00 薬業健保グランド

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部田中投手、CLIPPERS宮島投手の先発で試合開始。1回表のCLPPERSの攻撃は先頭の川口(淳)選手が内野の失策で出塁すると、盗塁を敢行するもアウトとなる。しかし2番畠山選手も粘って四球で出塁し、アスレ田中投手の立ち上がりを攻める。3番磯選手を迎えたところで、畠山選手がスチールをしてプレッシャーをかけるが盗塁死となり、この回は無得点で終わる。その後は投手戦となり、一進一退の攻防が続く。5回裏のアスレの攻撃は、二死から8番渋谷選手が左中間に二塁打を放ち、続く9番川崎選手が遊撃内野安打となって二死ながら二塁三塁のチャンスを作る。ここで1番山本選手の放ったライト線ライナーは惜しくもファールとなり、CLIPPERS宮島投手が山本選手をライトフライに打ち取り、得点を与えない。そしてゲーム終盤の6回裏のアスレの攻撃は、先頭の2番上原選手と3番渡辺選手が連続四球で出塁して、無死一塁二塁のチャンス。4番羽田選手が犠打で送って、一死二塁三塁の先制のチャンス。ここで5番大塚選手のエンドランがセンター前安打となり2点を先制。その後二死二塁三塁から8番渋谷選手の左中間への三塁打で2点とパスボールで1点を追加して、この回5点を先制する。7回表のCLIPPERSの攻撃は二死から4番小松崎選手が左中間を越える二塁打を放ち、さすがのバッティングを見せる。しかし、アスレ田中選手は後続を抑えて、紙一重の接戦は終了する。
岡野 勇士監 督コメント 田平代表、河野監督 またCLIPPERSの皆様、寒い中 対戦ありがとうございました。紙一重の試合で、今回はたまたま ウチの方に流れがきただけだと思ってます。各選手のポテンシャルも高く、まだまだ伸びしろがあって、これからが楽しみですね。これからも宜しくお願い致します。

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にTOMURAHZ活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント TOMURAHZ様 残念ながら今回は対戦できませんでしたが、機会がございましたら、改めて宜しくお願いします。

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にCLIPPERS活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にTSUKEN活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント TSUKEN様 今回はスケジュールの都合で対戦できなく残念でしたが、またの機会がございましたら宜しくお願い致します。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.