全国軟式野球ストロングリーグ

2009成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2009成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  PENGUINS 2 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/12/6(日)13:15-15:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部・佐野投手、PENGUINS・佐久間投手の先発でスタート。アスレチックス倶楽部は初回、山本選手がセンター後方へ大飛球。これをセンター神山選手が追い方を誤り三塁打としてしまう。二死後今度は持田捕手がパスボール!ミットから抜けたことに、一瞬気づくのが遅れたスキを三走の山本選手が逃す生還し、1点を先制。突き放しにかかるアスレチックス倶楽部は、2回表先頭の長沢選手が安打出塁すると、すかさず盗塁を仕掛る。二塁送球はセカンド方向にそれたが、ショート渡部選手が巧みにタッチして間一髪アウト。一方的になりかけた流れを食い止める。3回裏のPENGUINS。先頭の石原選手は平凡なショートゴロ。しかし一塁手が捕球をお手玉して、一塁に生きる。この後四球と暴投を挟んだ1死一三塁から、持田選手が見事にスクイズに成功して同点。さらに佐久間選手が甘く入った初球をとらえ、左中間を破るツーベース。PENGUINSがワンチャンスをものにして逆転に成功。まさかの追う展開に、アスレチックス倶楽部打線が牙をむき始める。4回表長沢選手の打球はセンターへの強烈なライナー。この打球に、初回捕球ミスをした神山選手が突っ込み、ぎりぎり膝元でダイレクト捕球。わずかでもそれれば本塁打性の打球に、ほぼあきらめかけていたセカンド・ショートが捕球と同時に芝生にへたり込む。さらに5回表増村選手が真っ芯でとらえた「物凄い打球」が左中間へ飛ぶ。誰もが同点本塁打と思った打球を、レフト千賀選手があきらめずに背走、また背走。最後は190cm越えの長身を伸ばしてのジャンピングキャッチ!打った増村選手が二塁を周っても捕られたことに気づかないほど打球であった。逃げるPENGUINS、1点を追うアスレチックス倶楽部。6回表2死一塁、長沢選手の打球はショート頭上へのライナー。抜ければ左中間をそのまま破る打球であったが、ショート渡部選手がジャンプ。グラブの先でぎりぎり弾き、一二塁に走者を止める。ここで審判団からこの回から新たなイニングに入らないという通達。追い込まれた王者アスレチックス倶楽部、バッターは先ほど大飛球の強打・増村選手。意地の打球が三遊間へ。抜ければ同点だ!?しかし、ショート渡部選手が、今度は頭から猛然とダイビング!顔から全身を泥だらけにしてのセーブで食い止め、二死満塁。前の試合から一人で投げ抜く佐久間投手をバックが盛りたてる。最後は佐久間投手がこの日209球目となるストレートで三振に抑えゲームセット。試合終了と同時に優勝したような歓声を挙げるPENGUINSナインに、審判団から「レフトのあのプレーが大きかったね。」との感想が伝えられた。無欲のPENGUINSが、JAPAN CUP4期連続出場の強豪を破る大番狂わせとなった。
田中 行男さんコメント 50回いや100回に一度の試合が出来ました。正直対戦させていただいたことだけで喜んでおりました。私どもは強豪の常連ではありませんので、もう顔合わせできることも無いかもしれませんが、どうぞ末永く宜しくお願い申し上げます。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2 - 1 天狗 2009/12/6(日)11:15-13:15 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 渡辺投手、天狗 丸山選手の先発で試合開始。2回表天狗の攻撃は4番丸山選手、5番金本選手の連打で無死一塁二塁のチャンス。ここを6番堀向選手が犠打で送り一死二塁三塁とする。7番波江田選手がスクイズを成功させて天狗が1点を先制する。2回裏のアスレは一死から5番長沢選手が四球で出塁し、盗塁で2塁まで進む。6番増村選手の進塁打で二死ながら三塁で7番上原選手は死球となり、8番早坂選手の時にパスボールがでてアスレが同点に追いつく。4回表の天狗の攻撃は4番丸山選手が左中間を深久と破る三塁打で無死三塁の大チャンス。しかしアスレ渡辺投手が後続を打ち取りピンチを凌ぐ。4回裏のアスレは先頭の4番羽田選手が四球で出塁し、一死二塁から6番増村選手ピッチャーを強襲する当たりがショート前に転がり、一塁への送球が悪送球となり亜スレが1点を勝ちこす。アスレは5回から松本投手を投入し、3回をキッチリ抑えて1点差で逃げ切る。
岡野 勇士監 督コメント 天狗さんとは初対戦でしたが、紙一重の差でした。特に丸山選手は投打にわたって素晴らしかったです。またの機会がありましたら宜しくお願いします。ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 3 - 1 T-Five 2009/10/31(土)9:00-11:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 T・FIVE大野投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。先制したのはアスレ。2回表に二死から6番大塚選手が左翼フェンスオーバーのソロ本塁打で1点を先制する。3回表にもアスレは、この回から代わった末次投手を攻めて、二死満塁から4番羽田選手の押し出し死球で1点を追加する。5回表のアスレは二死から3番渡辺選手の四球と4番羽田選手のライト前安打で二死一塁三塁とチャンスを作る。ここで5番長沢選手がセンター前にタイムリー安打を放ち、1点を追加する。T・FIVEも5回裏に反撃開始。先頭の4番小宮選手がセンター前安打で出塁すると、一死後に6番大野選手も四球で出塁して一塁二塁とする。7番小島選手のショートゴロの間に二死ながら一塁三塁とし、8番代打坂口選手のところでパスボールとなり1点を返す。アスレも6回と7回とスコアーリングポジションにランナーを進めるも追加点が奪えずに最終回のT・FIVEの攻撃に入る。7回裏のT・FIVEは先頭の4番小宮選手が四球で出塁してプレッシャーをかける。しかしアスレ松本投手は苦しみながらも、後続を3人で斬って アスレチックス倶楽部が3対1でなんとか勝利する。
岡野 勇士監 督コメント T・FIVEさん どちらが勝ってもおかしくない緊張感のある良い試合だったと思います。T・FIVEさんの気持ちを背負ってジャパンカップに挑みます。ありがとうございました!

 

 

  HOLLYWOOD 3 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/9/20(日)17:00-19:00 江東区夢の島球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 渡辺投手、ハリウッド 佐藤投手の先発。3回表アスレは先頭8番木村選手が右中間へのヒットで出塁、その後キャッチャーと1塁間の牽制送球エラーで3塁まで進み、1番川崎選手がきっちりエンドランで返し1点を先制する。ハリウッドは4回から投手交代、5回表アスレはその代わった古箭投手を攻めヒット、四球、振り逃げで2アウトながら満塁とし、続く打者も粘って四球で押し出しとなり2点目。最終回6回裏ハリウッドは先頭の2番郷原選手が3塁方向へバントを狙い、これをアスレチックス倶楽部の渡辺投手と3塁羽田選手が交錯し転倒、ヒットとなる。その後3番古箭選手は倒れるものの4番濱野選手の三遊間へのヒットもあり1アウト2,3塁とし、5番藤井選手も粘って四球で1アウト満塁となる。そして続く6番成毛選手の打席、アスレバッテリーのパスボールにて1点を返す。さらには粘って四球となるがその最後のボールがパスボールとなる。ここでアスレ守備陣のミスもありボールが転がる間に一気に2走者が生還、土壇場で3対2とハリウッドが逆転サヨナラ。
朽名壮大渉 外コメント アスレチックスクラブ様、遠征頂きましてありがとうございました。今回はたまたま私どもに運がありこのような形になりましたが、学ぶべき点ばかりでした。ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 16 - 0 Alcoholic.B.C 2009/8/29(土)14:00-17:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 Alcoholic.B.C野村投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。1回表のA.B.Cの攻撃は先頭の井坂選手がいきなり左中間への二塁打と送球ミスで無死三塁の先制のチャンス。2番桑子選手のところでスクイズを敢行するも空振りとなり、三塁ランナーが刺されて、この回無得点。1回裏のアスレは3四死球で無死満塁として、4番羽田選手が空振り三振で倒れた後に、5番長沢選手がエンドランを空振りするもののランダウンプレーのミスで1点を先制する。続く6番増村選手はセンター前への2点タイムリー安打を放ち、この回アスレが3点を先制する。2回裏にもアスレは1番斉藤選手のセンターフェンスオーバーのツーラン本塁打と3番渡辺選手の左中間へのツーラン本塁打のホームラン攻勢で4点を加点。3回裏にもアスレは代わった河村投手から6番増村選手の左中間への本塁打と8番境選手と9番松本選手の連打から1番斉藤選手が小技をきっちり決めて1点を追加。さらに3番渡辺選手の右中間への2点タイムリー安打で、この回4点を加点する。4回表のA.B.Cの攻撃は一死から4番白木選手が左中間へ二塁打を放って、得点のチャンス。しかし後続が倒れて無得点。5回裏のアスレは4番羽田選手の2点タイムリー安打と5番長沢選手と7番木村選手のタイムリー安打などで さらに5点を追加。6回で時間となり、松本投手が2安打完封でアスレチックス倶楽部が16対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント Alcoholic.B.Cさま、遠方からの遠征 誠にありがとうございました。雨が心配でしたが、できて良かったです。またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 11 - 1 大泉Phoenix 2009/8/23(日)9:00-12:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 佐野投手、大泉PHOENIX 桜井投手の先発で試合開始。1回表のFHOENIXの攻撃は、1番坂本選手がいきなりセンター前安打で出塁すると、一死から盗塁を決めて先制のチャンス。3番藤本選手の強烈なレフトライナーをアスレ上原選手が弾くも、三塁でランナーを刺して この回を凌ぐ。1回裏のアスレの攻撃も1番斉藤選手がいきなりセンター前安打で出塁すると、2番上原選手のバントが内野安打となり無死二塁三塁のチャンス。ここで3番渡辺選手がレフトに犠牲フライを放ち、アスレが1点を先制する。2回裏のアスレの攻撃は5番長沢選手のライト前安打から四球などで一死満塁となる。ここで9番白川選手のセーフティーバントで1点を加点。さらに二死二塁三塁で1番斉藤選手の左中間へのスリーランホームランでこの回4点を加点する。5回裏にもアスレは無死満塁から3番渡辺選手の右中間二塁打で2点、4番羽田選手の内野ゴロの間に1点など、打者一巡の攻撃で5点を加点する。毎回のようにランナーを出してきたPHOENIXは、6回表に2番吉田選手がこの日2本目の二塁打で出塁すると、4番高井選手も右中間へ二塁打を放ち1点を返す。しかし二塁牽制で刺されチャンスが潰えたと思えたところ、5番桧山選手の二塁打と6番吉田選手のセンター前安打で二死ながら二塁三塁のチャンス。しかしアスレ佐野投手は7番木村選手を三振に取り、この回三本の二塁打を打たれながら1失点で抑える。6回裏のアスレは2番上原選手がライトフェンスオーバーのソロ本塁打で1点を加点。11対1でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント PHOENIXさん、鳩ヶ谷まで遠征していただき ありがとうございました。今度はこちらから遠征しますので、またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  ヤンキース 7 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/8/8(土)9:00-11:00 滝が原球場7面

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に(株)グリーンセレモニーアスレチックス活動体制なくヤンキース不戦勝
加藤 聡弘渉 外コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 11 - 3 武田ジェッツ 2009/8/1(土)9:00-11:00 滝が原球場7面

 

 

ゲーム内容 武田ジェッツ 松尾投手、アスレチックス倶楽部 松本投手の先発で試合開始。1回表のアスレの攻撃は二死から、3番渡辺選手の四球と4番羽田選手のレフト線三塁打で1点を先制。2回裏のジェッツの攻撃は4番東角選手のセンター前安打で、その後三塁まで進み、6番松尾選手のセンター前安打で同点に追いつく。さらにジェッツは3回裏にも二死から2番見川選手のレフト前安打と3番藤平選手のライトオーバーの二塁打で1点を勝ち越す。アスレも5回表に9番岡野選手と1番川崎選手の連続四球から、2番菅原選手の左中間への三塁打で2点を取り逆転をする。しかし、ジェッツも5回裏に9番箱山選手のセンター前安打で三塁まで進むと、2番見川選手のエンドランで3対3の同点に追いつく。追いつかれた6回表のアスレは一死から6番兎澤選手の相手失策と7番白石選手の四球で一塁二塁の勝ち越しのチャンス。8番松本選手は倒れるものの、9番岡野選手のレフト前安打で勝ち越しに成功。その後1番川崎選手のライト前タイムリー、2番菅原選手が四球で繋いで、3番渡辺選手のレフト前タイムリー安打、4番羽田選手の四球を挟んで、5番木村選手のレフト前安打が後逸されてランニングホームランとなり、この回二死からの8得点で主導権を握る。アスレは6回、7回を初登板の羽田投手をリリーフに投入し、無難に抑えてアスレチックス倶楽部が11対3で逆転勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 武田ジェッツ様、どちらに転んでもおかしくない 紙一重の試合でした。またの機会宜しくお願いいたします。

 

 

  フレンズ 1 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/7/26(日)17:00-19:00 八潮市北公園野球場

 

 

ゲーム内容 フレンズ 斉藤投手、アスレチックス倶楽部 渡辺投手の先発で試合開始。3回表のアスレの攻撃は9番田島選手が右中間の二塁打で出塁すると、1番上原選手の犠打がエラーを誘い、無死一塁三塁のチャンス。2番大塚選手のところで、エンドランを敢行するも、失敗で3塁ランナーが刺される。さらに2塁ランナーの上原選手が3盗を試みるも、盗塁死となりアスレが先制のチャンスを潰す。ピンチの後にチャンスありで、3回裏のフレンズは7番斉藤選手が右中間への柵越え本塁打で1点を先制する。さらに4回裏のフレンズは二死から4番武藤選手の二塁打と5番鈴木(克)選手の四球とさらにワイルドピッチが絡んで、二死ながら二塁三塁のチャンス。ここをアスレ渡辺投手は6番高橋選手をセンターフライに打ち取って踏ん張る。5回裏からアスレは松本投手を投入するが、フレンズは一死からサードのエラーと四球とパスボールで一死二塁三塁の追加点のチャンス。ここを1番竹原選手がライトフライ。2番渡辺選手がセカンドゴロでチャンスを潰す。毎回ランナーを出すものの、ホームが遠いアスレは6回表 一死から4番羽田選手のセンターオーバーの二塁打と5番増村選手の四球と6番木村選手のセカンドゴロが失策となり、一死満塁のチャンス。ここでフレンズ斉藤投手は、7番渋谷選手をピッチャーゴロのゲッツーに打ち取りピンチを凌ぐ。再三チャンスを潰し、万事休すかと思われたアスレの最終回の攻撃は 8番早坂選手がライト線の二塁打で出塁すると、9番松本選手のバント安打と盗塁で、無死二塁三塁のチャンス。ここで1番上原選手の打球は前進守備の後ろに落ちるライト前のポテンヒットとなり、アスレが土壇場で2点を取って逆転をする。アスレ松本投手は最終回にランナーを一人出すものの気迫の投球で抑えて、アスレチックス倶楽部が2対1で逆転勝利する。
岡野 勇士監 督コメント フレンズ 山崎様、グランドと審判の手配等、ありがとうございました。紙一重の試合で、内容的には負けていました。またの機会、宜しくお願いいたします。

 

 

  東彩ガス 0 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/7/25(土)9:00-12:00 春日部南栄町球場

 

 

ゲーム内容 東彩ガス 萩原投手、アスレチックス倶楽部 長沢投手の先発で試合開始。一回表のアスレチックス倶楽部の攻撃は、1番上原投手が四球で出塁すると、すかさず盗塁で無死二塁のチャンス。2番菅原選手が犠打で送り、一死三塁で3番長沢選手のセンター前の安打でアスレが1点を先制。その後、長沢選手の盗塁と5番渋谷選手が四球で出塁して、二死一塁三塁で重盗を敢行して1点を追加する。3回裏の東彩ガスは、二死から1番木原選手がレフトオーバーの二塁打でチャンスを作るも、2番鈴木選手はサードゴロに倒れる。その後、投手戦となり、5回表のアスレは二死から3番長沢選手が内野安打で出塁すると、4番渡辺選手がライトオーバーの二塁打で1点を加点する。7回表にもアスレは一死から1番上原選手のセンター前安打と盗塁で一死二塁のチャンスで、2番菅原選手がレフトフライで倒れるものの、3番長沢選手がサードのグラブを弾くレフト前安打で1点を追加。7回裏の東彩ガスは5回から代わったアスレの渡辺投手を攻めて反撃。3番秦楽選手が四球で出塁すると、4番白石選手のショートゴロが野選となり、無死一塁二塁のチャンス。ここで5番栗原選手の犠打がサードフライとなりランナーを送れず、6番宝月選手もサードゴロで二死一塁三塁となる。しかし7番山村選手は四球で繋ぎ、二死満塁のチャンス。しかし、8番田端選手の打球はファーストファールフライとなりゲームセット。アスレが4対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 小櫃さま、日程調整とグランドの手配ありがとうございました。また、県大会で対戦する機会があると思いますので、宜しくお願いします。

 

 

ゲーム内容 1回裏稲葉ベースボール倶楽部は2番の二塁打で一死二塁の好機を作るも3番・4番が倒れ先制できず。アスレチックス倶楽部は3回表に8番のレフト線への強烈なヒットで無死一塁で、続く9番の犠打で一死二塁のチャンスも後続が倒れ,こちらも先制できず。稲葉ベースボール倶楽部は3回裏に9番打者が内野安打と一塁手の暴投で一死二塁の絶好の足場を作り、1番死球、2番が遊撃手のエラーを誘い一死満塁でバッター3番の場面を作るも初球をサードランナーが飛び出し本塁憤死でチャンスをつぶす。試合が動いたのは6回表先頭の9番が相手三塁手のエラーを誘い無死二塁とし、続く1番も内野安打で無死一三塁。ここで2番打者が三振し、サードランナーも飛び出すも捕手から三塁への送球がサードランナーのヘルメットを直撃し、ボールが転がる間にアスレチックス倶楽部が1点を先制。なおも、死球と敵失で二死満塁の追加点のチャンスを作るも6番の捕手ゴロで6回の攻撃を終える。アスレチックス倶楽部は最終回も先頭7番の四球と8番の犠打で一死二塁の追加点のチャンスを作るも9番外野フライ、1番内野ゴロで追加点ならず。稲葉ベースボール倶楽部の7回の攻撃は代打の7番が内野ゴロ、8番も外野フライ。二死ランナー無しで9番打者のサード前のゴロを三塁手が一塁へ暴投し二死二塁の同点機を作り、1番が2ストライクと追い込まれながらもライトへ鋭いヒットを放ち、ライトとファーストの中継がもたつく間に二塁ランナーがホームインし土壇場で稲葉ベースボール倶楽部が同点に追いつく。ここでサヨナラ場面となるが、2番が内野ゴロに倒れ、結果1対1の同点でゲームセット。
嶋口一平主 将コメント 本日は大変暑い中、対戦有難うございました。また対戦できる日を楽しみにしております。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 1 Be-Friend よしもり〜ず 2009/6/20(土)15:00-18:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手、よしもり〜ず 新名投手の先発で試合開始。2回裏のアスレの攻撃は4番渡辺選手がレフト前安打で出塁すると、盗塁で二塁に進む。5番増村選手は四球で無死一塁二塁で6番斉藤選手を迎える。ここは新名投手が三振で切り抜けるが、7番木村選手がライト前にしぶとく安打を放ち1点を先制する。アスレは3回裏にも1番上原選手から3連続四球で無死満塁のチャンスを作り、4番渡辺選手の左中間二塁打で2点を追加。続く増村選手も上手く内野ゴロを弾ませてこの回3点を追加する。さらに4回裏にも7番木村選手のバント安打から失策と3番大塚選手の内野安打と4番渡辺選手の、この日2本目の二塁打で3点を加点する。よしもり〜ずも5回表に5番刀根選手がレフトフェンスオーバーのホームランで1点を返し意地を見せる。しかし アスレは松本・佐野投手のリレーで相手打線を2安打に抑えて、7対1で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント よしもり〜ず様 遠くまで遠征に来ていただき、ありがとうございました。またの機会 楽しみにしてますので、宜しくお願い致します。

 

 

  CROWNS 2 - 6 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/6/14(日)13:00-15:00 浦和G

 

 

ゲーム内容 CROWNS黒須投手、アスレチックス倶楽部松本投手の先発で試合開始。1回裏のCROWNSの攻撃は1番金子選手がレフト前安打で出塁し、2番真柄選手は三振に倒れるものの3番宮田選手のセンター前安打で一死一塁三塁のチャンスで4番長谷川選手を迎える。ここでアスレバッテリーはエンドランを外すもサードの羽田選手が送球エラーをして CROWNSが1点を先制。さらに二死三塁から5番伊藤(洋)選手がレフトオーバーの二塁打で1点を追加。CROWNSが初回に2点を先制する。追いかける展開となったアスレは3回表一死満塁から5番増村選手が四球を選び1点を返す。続く6番渋谷選手はレフトオーバーの走者一掃の三塁打で3点を加点。さらに一死三塁で7番木村選手のエンドランで1点を加点し、この回アスレが5点を取り逆転する。6回表にもアスレは2番上原選手のライト前安打、3番大塚選手の死球、4番羽田選手のセーフティーバントで一死満塁を作る。ここで5番増村選手のセンターフライがポトリと前に落ちて1点を加点。2回以降立ち直ったアスレ松本投手は6回表二死までランナーを出さずも、CROUNSも二死から3番宮田選手がライト前にポテンヒットで反撃開始。続く4番長谷川選手もレフト前に安打を放ち、連打で二死ながら一塁二塁のチャンスを作る。しかし5番伊藤(洋)選手はピッチャーゴロに倒れ、この回で時間切れとなり試合終了。アスレチックス倶楽部が6対2で逆転勝利する。
岡野 勇士監 督コメント CROWNS金子様、グランドや審判の手配などありがとうございました。若くて勢いのあるチームなので、この先楽しみですね。またの対戦機会楽しみにしてますので、宜しくお願い致します。

 

 

  ウイングス倶楽部 0 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/6/7(日)19:30-21:30 草加市工業団地公園野球場

 

 

ゲーム内容 トンガラサ 田中(直)投手、アスレチックス倶楽部 佐野投手の先発で試合開始。1回裏のトンガラサの攻撃は1番田村選手と3番田中(大)選手が佐野投手の制球難につけ込み四球で出塁して 一死一塁二塁のチャンスを作る。4番世代(俊)選手の弾むピッチャーゴロで二死二塁三塁となり、5番有賀選手を迎える。ここをアスレ佐野投手はショートゴロに打ち取ってなんとか踏ん張る。2回表のアスレの攻撃は二死から6番渋谷選手のレフト線二塁打と7番木村選手の右中間への三塁打の連打で1点を先制する。3回裏のトンガラサの攻撃は一死から1番田村選手がレフト前安打で出塁し、果敢に盗塁するもアスレ渡辺捕手が阻止しチャンスが潰える。その後は投手戦となり、トンガラサ渡辺投手が2安打完投、アスレ佐野投手が1安打完封と1対0でアスレチックス倶楽部がなんとか守り勝つ。
岡野 勇士監 督コメント 田中様 いつも素晴らしい球場を用意していただきありがとうございます。トンガラサさんは相変わらず力のある良いチームですね。紙一重の良い試合ができたと思います。またの機会 宜しくお願い致します。

 

 

  JSC 0 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/4/19(日)11:30-14:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 JSC内田投手、アスレチックス倶楽部佐野投手の先発で試合開始。試合が動いたのは3回表のアスレの攻撃。7番木村選手がショート強襲の当りで出塁すると、8番白石選手が犠打で送り二塁に進める。続く9番佐野選手の投前のボテボテの打球が悪送球となりアスレが1点を先制。なおも1番川崎選手のセーフティーバントが内野安打となり、2番上原選手のライト前安打と3番松本選手のエンドランで2点を追加して、この回にアスレが3点を先制する。3回裏のJSCの攻撃は二死から1番福永選手が左中間に三塁打を放ち、二死ながら三塁のチャンスで2番丸選手。ここはショートゴロとなり佐野投手が踏ん張る。その後は投手戦となりアスレの最終回のマウンドには好投の佐野投手に代わり栗原投手を送る。JSCも当っている田中選手が一死からこの日2本目の安打で出塁する。しかし栗原投手は後続を連続三進で切り抜けて、アスレチックス倶楽部が3対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント JSCさんとの初対戦を楽しみにしていました。ありがとうございます。JAPAN戦士をはじめ良い選手達ですね!またの機会宜しくお願いします。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 6 朝日信用金庫 2009/3/15(日)13:00-16:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 新佐古・笠原・長嶋の三投手の継投で朝日信用金庫勝利。単打で繋ぐ打線で好結果を生む。
清水 力コーチコメント アスレの岡野様グランド及び審判員の手配等いろいろと御尽力ありがとうがざいました。

 

 

  ウイングス倶楽部 1 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/3/8(日)13:00-16:30 幸手市ひばりヶ丘球場

 

 

ゲーム内容 トンガラサ田中投手、アスレチックス倶楽部松本投手で試合開始。1回裏トンガラサの攻撃、一死から2番高橋が二塁打を打ち、一死二塁で続く3番有賀が、好投手アスレチックス松本投手の初球を右中間を破る二塁打を放ち1点を先制。続く2回裏にもヒットと相手エラーにより無死満塁を作るが、アスレチックス松本投手が気迫のピッチングにトンガラサ打線の後続が倒れ0点に終わる。投げては、トンガラサ田中投手がアスレチックス打線を1安打完封で試合終了しました。
田中直樹さんコメント 岡野様、アスレチックスの皆様ありがとうございました。また次回も宜しくお願いします。

 

 

  TEAM ByBLOS 3 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/3/1(日)10:30-13:00 牛久市 流通経済大学野球部グランド

 

 

ゲーム内容 TEAMByBLOS永富投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手の先発で試合開始。後攻のTEAMByBLOSは初回、先頭の1番田中洋平選手が内野安打で出塁。すぐさま盗塁で二塁へ。2番横倉選手が進塁打で一死三塁とし3番国谷選手の内野安打で1点を先制。アスレチックス倶楽部も先頭打者が出塁するも後続が続かず無得点。1−0で迎えた5回裏TEAMByBLOSの攻撃。一死から6番宮代選手が内野安打で出塁。二死後、8番百瀬選手、9番一色選手が連続安打で二死満塁のチャンス。ここで1番田中洋平選手がセンター前へとはじき返し二者が生還。3−0とリードを広げる。その後、最終回のアスレチックス倶楽部も一死満塁と一打逆転のチャンスを作り粘りを見せるもTEAMByBLOS永富投手が最後の打者を打ち取り試合終了。
小林 政志さんコメント 岡野監督、メンバーのみなさん、今回は遠い所までありがとうございました。また対戦の機会があると思いますのでよろしくお願いします。

 

 

  雷電 0 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/2/22(日)13:00-15:00 与野八王子公園球場

 

 

ゲーム内容 岩槻レイズ 光田投手、アスレチックス倶楽部 松本投手の先発で試合開始。1回表アスレの攻撃は1番上原選手が敵失で出塁すると、盗塁で二塁まで進む。2番菅原選手が犠打で送り一死三塁のチャンスで3番斉藤選手が投手強襲安打でアスレが1点を先制する。その裏の岩槻レイズは2番武氏選手がセンター前安打で出塁すると盗塁で二塁まで進み、一死二塁の同点のチャンス。しかし後続を絶たれ無得点。2回裏のレイズは6番宮崎選手のセンター前安打とアスレ守備の失策で一死一塁二塁のチャンス。ここで8番照井選手のバントがフライとなり二死、続く光田選手もショートゴロでチャンスを逃す。アスレも毎回ランナーを出すもののレイズ光田投手の粘りの投球に後1本が出ずに六回まで1対0の投手戦となる。追加点の欲しいアスレは7回表先頭の8番松本投手がレフト前安打で出塁すると、9番山田選手の犠打が内野安打となり無死一塁二塁のチャンス。1番上原選手が犠打で送り、一死二塁三塁のチャンスで2番菅原選手の高く弾むショートゴロの間に1点を追加する。アスレ松本投手は3回以降一人のランナーも許さず7回完封でアスレチックス倶楽部が2対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント 岩槻レイズ様 グランドと審判の手配ありがとうございました。1点を争う緊迫した試合でしたね・・・またの機会宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 13 - 1 Revival 2009/2/1(日)9:00-12:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部 松本投手、Revival桜井投手の先発で試合開始。1回裏のアスレの攻撃は1番川崎選手がいきなりセンター前安打で出塁すると2番上原選手の犠打が野選となり無死一塁二塁のチャンス。ここで3番斉藤選手が犠打で送り、一死二塁三塁で4番羽田選手が左中間に二塁打を放ち2点を先制する。さらに二死から6番増村選手がレフト前にタイムリー安打を放ち1点を追加し、アスレが初回に3点を先制する。3回表のRevivalの攻撃は二死から9番榎本選手がセンターの失策で出塁すると、すかさず盗塁を成功させて二死二塁のチャンスを作る。ここで1番池ノ谷選手が左中間に二塁打を放ち、Revivalが1点を返す。しかしアスレも3回裏に無死一塁二塁で4番羽田選手が左中間にフェンス直撃の二打席連続タイムリー二塁打で2点を追加する。4回裏にもアスレは二つの押し出し四球で2点を追加。さらに5回裏にもRivivalの代わった埴原投手を攻めて、一死一塁三塁で1番川崎選手、2番上原選手の内野安打と3番斉藤選手の2点レフト線のタイムリー安打、4番羽田選手の右中間二塁打から5番長沢選手の内野ゴロの長短打で繋げて、この回5点のビッグイニングを作る。6回裏にも増村選手のレフトフェンスオーバーの本塁打で1点を加点。最終回は6回から代わった佐野投手が先頭打者を四球で出すものの後続を抑えて、アスレが13対1で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント Revivalの皆様、前日の雨による悪コンディションの中での対戦ありがとうございました。またの機会宜しくお願い致します。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.