全国軟式野球ストロングリーグ

2005成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2005成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  世田谷ペンギンズ 2 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/9/18(土)19:00-21:00 舎人公園

 

 

ゲーム内容 ストロングカップ決勝T1回戦。アスレチック倶楽部松本投手、世田谷ペンギンズ林投手の先発で試合開始。1回表アスレチック倶楽部は吹留選手のヒットなどで二死二三塁のチャンスを作るが林投手に三振に討ち取られ無得点に終わると、その裏世田谷ペンギンズは二死から井街選手が死球で出塁、さらに加藤選手レフト前ヒットで三塁を突くとこれをアスレッチクはサードに悪送球して1点を先制。2回は二死三塁のチャンスを逃したが、3回左中間二塁打で出塁した青木選手を二つの内野ゴロでホームに帰し2−0とした。5回までペンギンズ林投手に抑えられていたアスレチックの反撃は6回先頭町田選手がレフトオーバーの二塁打、さらに池田選手のヒットで無死二三塁としたが、後続がサードフライと三振、さらに飛び出した三塁走者を牽制で刺しダブルプレーでチャンスを潰した。最終回の攻撃もペンギンズ林の渾身の投球で三者凡退で締めて、10奪三振完封で世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹監 督コメント アスレチック倶楽部様お疲れ様でした、ナイスゲームでした。貴チームとの対戦は本当に楽しみでしたし、非常に勉強にもなります。今後も切磋琢磨してまた対戦できるのを楽しみにしております。ありがとうございました。

 

 

  ヤンキース 5 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/8/28(日)11:00-13:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 ヤンキース:土屋投手、アスレチックス倶楽部:兎澤投手の先発マウンド。1回表、アスレチックス倶楽部はいきなり先頭の池田選手がレフトオーバーの二塁打で出塁。走者を進め、一死三塁とし3番松尾選手がしぶとくセンター前へ運びアスレチックス倶楽部が1点を先制する。ヤンキースもその裏、1番堀切選手が右中間を破る三塁打を放ち、さらに相手失策、盗塁で走者二三塁のチャンスを作るが、クリーンナップがアスレチックス倶楽部:兎澤投手の前に連続内野ゴロを打たされ無得点。3回にもヤンキースを攻め、1点を追加したアスレチックス倶楽部は、続く4回、9番:町田選手の二塁ゴロの間に手堅く1点を奪い3-0とリードを広げる。悪いなりに要所を締め好投するアスレチックス倶楽部:兎澤投手の前に、沈黙のヤンキースであったが、その裏、反撃に躍り出る。打者二巡目のこの回、突如連打で兎澤投手を攻め立て土屋投手自らのタイムリー二塁打で2点を奪うと、代わった松本投手の初球、アスレチックス倶楽部守備陣が痛恨の連携ミス。この間に走者2人が生還し、ヤンキースが今回一挙4点を奪い、4-3大逆転。5回にも1点を追加したヤンキースは、土屋投手が立ち直り、5回以降ほぼ完璧なピッチングでアスレチックス倶楽部を封じ込み、5-3ヤンキースが逆転勝利。鉄壁守備のアスレチックス倶楽部、4回、ピンチを救うべくスーパープレーのはずが痛恨の連携ミス。この1プレーで逆転、完全にヤンキースに流れが移行してしまった。
加藤 聡弘渉 外コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 5 - 4 SENTAKKI'S 2005/8/21(日)14:45-16:45 滝が原球場 5面

 

 

ゲーム内容 昨年も松本、兎澤両投手を絡め堅実な試合運び、打線も好調を維持し難なく勝ち上がったアスレチックス倶楽部。2回戦ノーヒットノーランの菊池投手を軸に堅い守りで3大会連続BEST8進出のSENTAKKI'S。アスレチックス倶楽部松本投手、SENTAKKI'S菊池投手の先発マウンド。初回、いきなり松本投手の立ち上がりを攻めSENTAKKI'Sが3点先制。アスレチックス倶楽部も円陣を組みすぐさま3-3同点に追いつくがSENTAKKI'Sがまたも4-3引き離す展開。執念で4-4同点に追いついたアスレチックス倶楽部は池田選手の三塁内野安打、足で勝ち越しのチャンスを作ると、ライト前タイムリーに池田選手激走し5-4勝ち越し。アスレチックス倶楽部が勝利した。
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 8 - 0 五反田タイファイターズ 2005/8/13(土)14:45-16:45 滝が原球場3面

 

 

ゲーム内容 好調強打の五反田タイーファイターズでさえ、アスレチックス倶楽部打線に圧倒された。この日もつなぎの打線で果敢に攻めアスレチックス倶楽部が8得点。投げては松本投手の好投、リリーフした兎澤投手がピシャリと締め、8-0で勝利。
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 0 - 0 紅hoppe 2005/8/7(日)10:00-12:00 鳩ヶ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 紅hoppe三上投手とアスレチックス倶楽部松本投手の投手戦。紅hoppe三上投手の緩急をつけた巧みなピッチングの前にアスレ打線は凡打の山を築き終わってみれば川崎選手のピッチャー強襲ヒットの1本のみを許すだけのナイスピッチングで完封。アスレ打線は連戦と暑さで完全にガス欠状態。アスレの松本投手もエラーによる出塁を許すのみのノーヒットノーランピッチングで完封のスコアーレスドローの1時間ゲーム。
岡野 勇士監 督コメント 紅hoppeさん、遠くから遠征に来て頂きありがとうございました。若くて一生懸命に野球に取り組んでるのを感じました。また対戦の程宜しくお願い致します。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 1 ボムス 2005/8/6(日)14:45-16:45 滝が原球場3面

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部。サタデーリーグ代表ボムスとの初対決となったが、松本投手の落ち着いたピッチング。中盤、ボムスのダブルスチールに対し痛恨の守備判断ミスで1点を許すが、頼みの攻撃陣がこの日も奮起。主砲:長澤選手の先制2点タイムリーなどで正攻法で得点を重ね6-1快勝。
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  パール.ライス 2 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/7/31(日)14:00-16:00 大宮健保 家具24

 

 

ゲーム内容 パールライスの左腕:藤井投手、アスレチックス倶楽部の本格派:松本投手、両投手の上々の立ち上がり。パールライスは2回裏、一死から6番:山本選手のライト線安打、7番:河野選手のセンター前で一・二塁を作るとパスボールも重なり一死二三塁の好機を迎える。ここで8:番石井選手がエンドランスクイズをしっかりと決め二点を先取する。すかざず3回表アスレチックス倶楽部は先頭が四球で出塁、すると松本選手、町田選手の連打で一打同点のチャンス。その初球にパスボールが生まれ、まず1点を奪い返す。ここでパールライス藤井投手も意地を見せ三振を奪うと一死。次打者菅原選手の打球は一塁ライナー。一塁手、守永選手が慌てずに三塁へ送球し併殺。パールライスはこの試合最大のピンチを最小失点で乗り切る。その後、パールライスも追加点のチャンスを作るもアスレチックス倶楽部の鉄壁守備陣に阻まれる。5回終了時には突然の雷雨で中断するも六回表、アスレチックス倶楽部最後の攻撃は先頭菅原選手が失策から出塁。二死後、ランナーを三塁に進め一打同点の場面を作るも最後は5番糸数選手を三塁ゴロに打ち取りゲームセット。パールライス藤井投手、アスレチックス倶楽部松本投手の力投、両チームの貪欲な勝ちへの執念により引き締まった好ゲーム。2-1パールライスが勝利。
山本直一郎監 督コメント アスレチックス倶楽部様、ありがとうございました。首位を独走しているチームの雰囲気を存分に受け、ゲームセットまで一度も気が抜けませんでした。。グラウンド整備大変でしたね。また是非、対戦して下さい。宜しくお願い致します。

 

 

  AJPBC 2 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/7/10(日)19:00-21:00 大泉中央公園

 

 

ゲーム内容 1回表アスレチックス倶楽部の攻撃は、1番池田選手の2塁打から2番川崎選手が送り1アウト3塁。3番大武選手が右中間への2塁打で1点先制。3回表アスレは2アウトから3番大武選手がライト前へのポテンヒットで出塁して3塁まで進むと、4番長沢選手の内野安打で1点追加。その後AJPBC奥投手は調子を上げ三振の山を築き、アスレ松本投手も踏ん張り膠着状態が続く。6回表アスレは2アウトから8番高橋選手、9番松本選手が内野安打で出塁し2アウト2塁3塁で1番池田選手が左中間フェンスオーバーの3ランホームランで3点を取り突き放す。強豪AJPBCも6回裏に反撃、ランナー一人を置いて5番金沢選手がフェンスオーバーの特大2ランホームランで2点を返す。その後のピンチをアスレ松本投手が抑えてゲームセット。
岡野 勇士監 督コメント 市川様並びAJPBC様 昨年に引き続きグランドの手配ありがとうございました。今年も対戦できるのを楽しみにしておりました。昨年同様夏の暑さの中でのナイターで、緊張感のある良い試合でしたね。AJPBCさんのチーム一丸での意識の高い野球への取り組みは大変勉強になります。また機会がありましたら宜しくお願い致します。ありがとうございました。

 

 

  Grade-A 1 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/6/26(日)9:00-11:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 2回裏Grade-Aの攻撃は5番糸魚川選手の3塁打と6番佐野選手のレフト前ヒットで1点先制。3回表にアスレチックス倶楽部も1点を返し、4回表に3番大武選手の内野安打から3塁まで送り、6番岩間選手の内野安打で1点勝ち越し。その後、アスレ松本投手とGrade-A西室投手が点を与えず最終回に突入。7回表アスレは6番岩間選手の3塁打を皮切りに、7番小林選手、8番松本選手、9番町田選手の4連打で2点を追加。7回裏アスレは兎澤投手にリリーフ、粘るGrade-A打線をなんとか押さえ勝利。
岡野 勇士監 督コメント Grade-A様および等々力様グランドや審判の手配ありがとうございました。大変力のあるまとまったチームで各打者もとてもバットが振れていて脅威でした。また試合後のミーティングの後の練習する姿に野球にたいする熱さを感じました。また機会がありましたら宜しくお願い致します。

 

 

  レボルーションガンマ 0 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/5/8(日)12:00-2:00 大宮健保9面

 

 

ゲーム内容 アスレ松本投手、レボルーションガンマ佐川投手の白熱した投手戦。6回表アスレは3番吹留選手のライト前ヒットから2アウト2塁3塁をつくり、6番熊井選手がライトに2点タイムリーヒット。アスレ松本投手は2点を守りきり、ノーヒットノーランで完封勝利。
岡野 勇士監 督コメント レボールーションガンマさんグランドの手配ありがとうございました。どちらが勝ってもおかしくない白熱した良い試合でしたね。ガンマさんのレベルアップは刺激になりました。また宜しくお願いいたします。

 

 

  SKYLARKS 0 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/5/4(祝)17:00-19:00 天王洲公園A

 

 

ゲーム内容 1回表アスレ2番川崎選手が四球で出塁で2盗、3盗からラッキーな1点を先制。3回まで両軍膠着状態が続き、4回表アスレは5番熊井選手がヒットで出塁すると2アウト2塁から8番ピッチャーの松本選手がレフトオーバーの2ベースヒットで1点を加点。5回表アスレは川崎選手の2ベースから1アウト2,3塁をつくり、4番長沢選手のチームバッティングで1点を加点。6回表にもアスレ大武選手のヒットから、代打ベテランの柳沼選手がレフトオーバーの2ベースヒット、さらに1番池田選手のセンターオーバーの3ベースでこの回2点を加点。6回裏SKYLARKSも反撃開始で2アウト1塁3塁ここを松本投手が踏ん張り、7回を兎澤投手が抑え0封。
岡野 勇士監 督コメント SKYLARKS様グランドの手配などありがとうございました。緊張感のある紙一重の試合で、流れによっては逆の展開になってもおかしくない試合だと思いました。またの対戦機会宜しくお願い致します。

 

 

  W-HAWKS 1 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/4/24(日)10:00-12:00 北区中央公園

 

 

ゲーム内容 1回表アスレはノーアウト満塁から4番長沢選手の叩きつけた内野ゴロの間に1点先制。2回表にも1点を加点。2回裏W-HAWKSも吉田選手のセンターオーバーのランニングホームランで反撃。しかしアスレは増村選手のタイムリーなどで5回と6回に1点づつ加点し、アスレの松本投手は安定したピッチングで完投。
岡野 勇士監 督コメント HAWKS様グランドの手配などありがとうございました。投手を中心としたまとまった良いチームですね。1点を争う緊張感のある試合でした。またよろしくお願い致します。

 

 

  W-HAWKS 0 - 7 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2005/4/24(日)10:00-12:00 北区中央公園

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にW-HAWKS活動体制なく(株)グリーンセレモニーアスレチックス不戦勝
岡野 勇士監 督コメント

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 7 - 1 ターフビジョン 2005/3/19(土)10:00-12:00 戸田笹目公園球場

 

 

ゲーム内容 アスレチックス倶楽部の新鋭松本投手はまとまった投球内容で1失点完投勝利。
岡野 勇士監 督コメント ターフビジョン様グランドと審判の手配ありがとうございました。またの対戦の機会宜しくお願い致します。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.