全国軟式野球ストロングリーグ

2004成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2004成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  キャリアプロモーション 5 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/10/31(日)18:00-20:00 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 先発マウンドはキャリアプロモーション:山本投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手。「今度は軟式野球の頂点を!」中日ドラゴンズ、千葉ロッテマリーンズ時代、野手として活躍したキャリアプロモーション山本投手は、高校時代からスラッガーとして全国注目を浴びたが、軟式野球ではマウンドにも登りチームを引っ張る。大きな背中を覆った「背番号1」は、ストロングリーガーと同じく、アマチュア戦士としての大いなる魂を内に秘めていた。対するアスレチックス倶楽部兎澤投手は昨年大会、チームを第三位へ導いた埼玉県下で名を馳せるアンダースロー。2年連続のノーヒットノーランを達成するなど今夏も、チームの大黒柱として頭脳的ピッチングを披露した。ゲームは初回、キャリアプロモーションが先手を取った。1回表、140キロの豪腕を温存し、この日サードに入った先頭の黒木選手がいきなり左中間へ目の覚めるような二塁打。続く高橋選手が倒れ、迎えるバッターは3番武田選手。アスレチックス倶楽部兎澤投手の2球目を叩くと、打球はレフト線を破る先制タイムリー。キャリアプロモーションが貴重な1点を先取した。対するアスレチックス倶楽部はすぐさまその裏、先頭池田選手が執念で出塁し、得意のしぶい攻撃でスコアリングポジションに走者を進めるがここは山本投手が踏ん張って無得点。下位打線に突入した2回は両チーム三者凡退に倒れ無得点。1-0キャリアプロモーションリードで迎えた3回は打者2巡目の注目イニング。キャリアプロモーションは一死からまたも1番黒木選手の放った打球が守備陣の乱れを誘い出塁。2番高橋選手が倒れ二死ながら走者二塁のチャンス。ここで3番武田選手のショートへの痛烈な打球は遊撃手グラブを弾きこの間に黒木選手が一気に生還し待望の追加点は2-0。さらに4番衣川選手の右中間への二塁打で二死二三塁としたキャリアプロモーションは、5番強打の佐藤選手がまたもセンター方向に弾き返す2点タイムリーで4-0リードを広げる。この日のキャリアプロモーションは準決勝戦までの豪快な打撃と打って変わって、これぞ大本命と言わんばかりの徹底したセンター返しで兎澤投手を真っ向から攻略した。さらにキャリアプロモーションは続く4回表にも、今度は下位打線からの攻撃で、ハングリーに1点をもぎ取り5-0。この時点で完全にキャリアプロモーションがゲームの主導権を握り、セーフティーリードかに思われた。中盤にして5-0。いくら「キャリプロ」相手と言えど、アスレチックス倶楽部にとっては大変な展開になった。1年に数度の負けはいずれも接線の末得た考察充分の敗退、5点を追う展開などほぼ経験したことのないアスレチックス倶楽部だったが、さすがに埼玉県大会最終日進出の常連チーム。県大会上部の戦いで培った粘りと、ゲームの中で応変する強さとをここから存分に発揮した。アスレチックス倶楽部4回裏、火の噴くような円陣を組み上げると、一死からら4番長沢選手が落ち着いて四球を選び出塁すると打席は5番増村選手。長沢選手はワイルドピッチで二塁へ進塁。増村選手はカウント1-2からの4球目をしぶとくレフト線へ運び1点を返し5-1。さらに5回、兎澤投手もエンジンを切り替え3者凡退に討ち取ったその裏、アスレチックス倶楽部は相手エラーを誘い執念で出塁した8番松本選手を二塁に置き、1番池田選手が左中間へタイムリー二塁打を放ち5-2。さらに続く熊井選手が右中間へ痛烈なタイムリーを浴びせ5-3とし、アスレチックス倶楽部は残り2イニングを残し一気に2点差まで詰め寄った。兎澤投手も完全に立ち直り、本来の打撃網が繋がりを見せはじめたアスレチックス倶楽部。昨年BEST4の意地は、大逆転Vも予感させる猛攻であったが、キャリアプロモーションも必勝体勢に入る。運命の最終回、再び先頭打者からの攻撃となるアスレチックス倶楽部に対し、キャリアプロモーションはエース黒木投手がマウンドに登る。プロ時代150キロ超の快速球を唸らせた豪腕はアスレチックス倶楽部を三者凡退にしとめ、熱戦に終止符を打った。
佐藤 雅大マネージャーコメント 本当にありがとうございました。アスレチックス倶楽部様も力のあるチームでしたので、本当にどちらが勝ってもおかしくない試合展開でした。1回戦から色々なチームの方と対戦し、最後は元プロなど関係なく、両チームとも熱戦を心から楽しみ、チームの思い出ができました。SS代表チームとして統一戦のほうもチーム一丸で頑張りたいです。

 

 

  世田谷ペンギンズ 1 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/9/23(木)9:00-11:00 羽根木公園(世田谷区)

 

 

ゲーム内容 世田谷ペンギンズ伊藤(淳)投手、アスレチックス倶楽部兎澤投手、両投手の息詰まる投手戦。先取点は4回アスレチックス倶楽部増村選手、川崎選手、岩間選手の連続安打で1点を先制。その後も両チームチャンスを作るも得点できず迎えた最終回、世田谷ペンギンズは伊藤(淳)選手が内野エラーと盗塁で2塁まで進むと岸選手がライト線に同点タイムリーヒットを放った。その後世田谷ペンギンズはサヨナラのチャンスを掴むもアスレチック倶楽部の硬い守備に阻まれ1-1ドローのまま試合終了。世田谷ペンギンズ抽選勝ち。
川久保繁樹監 督コメント 本当に最後の最後までドキドキハラハラしました。SSではぜひ優勝していただき、もう一度統一戦で対戦できるよう私どももがんばります。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 6 - 0 新磯MESH 2004/9/20(土)20:00-22:00 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 「また来年、帰ってきます」から1年。二年連続出場の埼玉県屈指の強豪クラブ「アスレチックス倶楽部」がノーヒットノーランで決勝進出を果たした。全日本軟式野球連盟下で鍛え上げられたアスレの並々ならぬ自信が初回から炸裂。初回、いきなり4番:長沢選手のライトオーバーのタイムリー三塁打などクリーンナップで2点を先取したアスレチックス倶楽部。4回には下位打線の固めうちで3点を追加し5-0とリード。6回にはまたも下位打線からの攻撃で1点を追加し6-0。投げては昨夏チームを第三位に導き、今夏も大活躍の兎澤投手がノーヒットノーラン達成。この日も序盤から打ちまくったアスレチックス倶楽部。投打ともフル回転のまま決勝進出。今大会ここまで完璧な戦いぶりで快進撃を続けた新磯MESHであったが、この日ばかりは好調:アスレの完璧なデキに完敗。
岡野 勇士監 督コメント お疲れ様です。どうもありがとうございました。苦しい日程でしたがMESH様にも感謝です。決勝戦もアスレの野球で精一杯頑張ります。

 

 

  ZEPHYRS 3 - 5 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/8/28(土)17:00-19:00 都立

 

 

ゲーム内容 1回表アスレの攻撃は1番池田選手の2ベースヒットをあしががりに1点を先制。2回裏ZEPHYRSも反撃、2アウト1塁3塁からタイムリーヒットと内野安打で2点を取り逆転。アスレも3回表に池田選手のホームランで同点に追いつくと、4回に4番八巻選手の3ベースヒットから1点を取り逆転。5回も兎澤の2塁打から1点を追加。6回にも八巻選手の2塁打から1点を加点。先発の岩間選手は6回に見方のエラーで1点を取られるも粘り強い投球で3失点完投。
岡野 勇士監 督コメント 同率首位での最終戦、最後まで白熱した好試合でした。ZEPHYRSさんは声がよくでて、まとまりのある良いチームですね。またグランドの手配も有難うございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 1 - 0 2004/8/22(日)14:00-16:30 滝が原野球場(7面)

 

 

ゲーム内容 アスレのエース兎澤と藪の平石投手の白熱の投手戦。3回表にアスレは1アウト2,3塁から2番押田の内野ゴロの間に1点を先制。藪の平石投手は1点を許すも魂の投球でアスレの打線を寄せ付けない。負けじとアスレの兎澤投手も踏ん張り1点を守りきり完封勝利。猛暑の中の2試合目、体力の消耗もかえりみずお互いの意地のぶつかりあった白熱の好試合。
岡野 勇士監 督コメント 平石投手の気迫のピッチングはあっぱれでした。また柿木さんの怪我も心配されます。藪さん時間の方の都合もありがとうございました。

 

 

  AJPBC 0 - 0 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/8/22(日)17:00-19:00 大泉中央公園

 

 

ゲーム内容 AJPBC決定的なチャンスを何度か迎えながらも拙攻が目立つ。両チーム投手が要所を締める投手戦は7回0-0のまま両チーム引き分け。
市川 渉監 督コメント 両チームとも、スコアリングポジションにランナーを置きながらも投手の踏ん張りで、得点できない「投手戦」となりました。結果は7回フルに戦って、0-0の引き分け。緊張感のある良いゲームを楽しませていただきありがとうございました。次回の対戦も好ゲームが出来るように頑張ります。

 

 

  桜ヶ丘歯科センター 0 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/8/22(日)9:00-11:00 滝が原野球場(7面)

 

 

ゲーム内容 アスレの先発ピッチャー松本は序盤から桜ヶ丘歯科センターの強力打線の前に再三ランナーを背負うピッチングも粘りの投球と野手の堅い守備でなんとか凌ぐ。劣勢のアスレは4回裏1アウト2,3塁から5番増村が左中間に値千金の2塁打で2点を先制。6回裏にも2アウト三塁から6番小泉のバントヒットで貴重な1点を追加。最終回にエース兎澤を投入し、桜ヶ丘歯科センターの攻撃のプレッシャーをなんとか凌いで松本〜兎澤の完封リレーで勝利。
岡野 勇士監 督コメント 桜ヶ丘歯科センターさんの打撃力には本当にびっくりしました。いつ点を取られてもおかしくなく、内容的にも押されっぱなしで凄かったです。歯科センターさん熱い試合ありがとうございました。

 

 

  伊藤ハム ドルフィンズ 1 - 8 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/8/8(日)8:45-10:30 滝が原野球場(4面)

 

 

ゲーム内容 初回アスレチックス倶楽部の攻撃は2番熊井選手の死球から打線がつながり打者一巡の猛攻でいきなり5点を先制。2回裏にも5番川崎選手のタイムリーなどで2点を追加したアスレチックス倶楽部。3回には兎澤選手にレフトオーバーのホームランが飛び出し1点追加。最終回伊藤ハムドルフィンズも意地を見せセンターオーバーのホームランで反撃するも、力投のアスレチックス倶楽部:兎澤投手が後続を落ち着いておさえて完投勝利。兎澤投手二年連続SS初戦完投勝利。
岡野 勇士監 督コメント SSは初対戦のチームが多く、色々な出会いがあるので交流が深まるし、勉強になります。ドルフィンズさんありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 12 - 1 レボルーションガンマ 2004/7/18(日)16:00-18:00 鳩ケ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 3回裏アスレは2アウトから2番川崎選手の2塁打、3番増村選手の柵越え2ランホームランで先制。4回ガンマも4番鈴木選手のセンターオーバーの2塁打をかわきりに1アウト1塁3塁から7番清水選手のレフトライナーを失策する間に1点を返し反撃。4回裏アスレは1アウト3塁から7番岩間選手がセンター前にエンドランを成功させ1点追加。8番柳沼選手もエンドランを成功させ、2アウト2,3塁から失策を絡めてこの回3点を追加。さらに5回裏アスレの攻撃、5番糸数選手の2点タイムリーをかわきりに着実に加点し1番池田選手の柵越え3ランホームランなど打者13人を送る猛攻で7点を加点。志願の先発ピッチャーの岩間投手も要所をおさえて1失点でまとめアスレチックス倶楽部勝利。
岡野 勇士監 督コメント ガンマさんの野球に対する姿勢はとても素晴らしかったです。アップからチームの意識が高く、とてもまとまっていて取り組み方など見習うところが多々有りました。アスレも猛暑の中の毎週のダブルで選手もバテ気味ですが魂で乗り切りますのでお互い頑張りましょう。ありがとうございました。

 

 

  JAMBALAYA 1 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/7/10(土)19:10-21:15 春日部市牛島公園球場

 

 

ゲーム内容 1回表アスレチックス倶楽部は1アウト1塁3塁のチャンスを作り、4番長沢選手が強烈なファーストライナーを打つもダブルプレーで好機を潰す。続く2回表5番大武選手のフォアボールをきっかけに7番岩間選手のレフトオーバーの3塁打、8番兎澤選手の犠牲フライで2点を先制。さらに5回表1番池田選手のライト前ヒットから2盗、3盗で相手のミスを誘い1点追加。5回裏JAMBALAYAも5番竹村選手の特大ホームランで反撃。その後は投手戦となりアスレチックス倶楽部のエース兎澤選手も踏ん張り終わってみれば2安打1失点完投。
岡野 勇士監 督コメント JAMBARAYA様グランドの手配などありがとうございました。締まった良い試合でしたね。またの対戦宜しくお願いします。

 

 

  SWALLOWS 1 - 7 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/7/3(土)19:00-21:00 さいたま市営サブグランド

 

 

ゲーム内容 序盤は一進一退の攻防。3回表アスレの攻撃、先頭の8番ピッチャーの兎澤投手がファーボールで出塁すると9番柳沼選手の進塁打とパスボールで1アウト3塁から1番池田選手がエンドランで1点先制。4回裏スーパースワローズも反撃で6番石井選手のライト前ヒットで同点。追いつかれたアスレも5回9番柳沼がエンドランを成功させ1アウト1塁3塁をつくり1番池田選手がショートゴロを打つも本塁で3塁ランナーがタッチアウト、チャンスがついえたに見えたが2番熊井選手がしぶとくつなぎ2アウト満塁で3番大武選手がラッキーなデットボールで1点勝ち越し。さらに6回のアスレ5番川崎選手のファーボールをきっかけに1アウト2塁3塁から8番兎澤選手がエンドランを成功させ2点タイムリー、1番池田選手のライトオーバー2塁打で計3点を加点。7回にも3番大武選手のセカンド内野安打をきっかけに1アウト2塁3塁から6番小泉選手がしぶとくたたきつけて2点駄目押しセンター前ヒット。先発兎澤投手はスーパースワローズの猛攻に苦しめられ、再三ピンチを作るが粘りの投球で何とかしのぎきり1失点完投。
岡野 勇士監 督コメント 点差ほど楽な試合ではありませんでした。チーム力も差など無く、かみ一重の差で1本の違いで逆の点差になってた可能性もありました。ザ・スーパースワローズさんまたの対戦宜しくお願いします。ありがとうございました。

 

 

  (株)グリーンセレモニーアスレチックス 12 - 2 SELFISH 2004/6/26(土)14:00-16:00 鳩ケ谷市営球場

 

 

ゲーム内容 初回にアスレチックスクラブの攻撃ノーアウト満塁から4番長沢、5番宮原両選手の連続2点タイムリーヒットで4点先制。1回裏にセルフィッシュの4番曽雌選手に2点タイムリー2ベースを打たれ4対2となる。その後膠着状態となるが4回表にアスレが2アウトから4番長沢がまたも2点タイムリーヒットで6対2.5回も2アウト3塁から8番ピッチャーの兎澤選手がレフト前にタイムリーで7対2.6回にも3番大武の犠牲フライで1点を加点して8対2.7回表にはノーアウト満塁から9番町田選手のライト前タイムリー、代打監督の岡野選手の駄目押しセンター前タイムリーで4点を追加。先発:兎澤投手も初回に失点したものの尻上がりに調子を上げ2失点完投。終わってみれば12対2とアスレチックス倶楽部快勝。
岡野 勇士監 督コメント セルフィッシュ様わざわざ小山から来て頂いてありがとうございました。またの対戦宜しくお願いします。

 

 

  サンライズ加藤 2 - 1 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2004/6/20(日)10:00-12:00 大宮健保

 

 

ゲーム内容 5回まで両者一歩も譲らずまま、」6回の表、サンライズ加藤は、相手の失策により2点、裏の攻撃アスレチックス倶楽部も失策により1点取られる最終回アスレチックス倶楽部は2アウト満塁まで持ち込むが、1本が出ずゲームセット
小俣広樹主 将コメント アスレチック倶楽部さま忙しい中有り難うございました

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.