全国軟式野球ストロングリーグ

2010成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2010成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  Blue Impulse 1 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2010/12/18(土)9:00-11:00 光が丘公園

 

 

ゲーム内容 Blue Impulse高橋投手、アスレチックス倶楽部渡辺投手の先発で試合開始。1回表のアスレは一死から2番上原選手が死球で出塁し、盗塁で二塁まで進む。二死二塁から4番羽田選手がライト線の二塁打で1点を先制し、さらに投手のショートバンドを捕手が弾くのを見て三塁へ進むと、三塁への送球が悪送球となって羽田選手がホームに帰り、初回にアスレが2点を先制する。アスレ渡辺投手は4回までパーフェクトピッチングで5回を迎えるが、一死からBlue Impulse5番小澤選手のショートゴロを大塚選手がワンバンド送球をして、失策で出塁。続く6番植嶋選手がセンター前に初安打を放ち一死一塁二塁のチャンス。しかし後続が倒れて無得点に終わる。6回表のアスレは3番大塚選手のレフトオーバーの本塁打で1点を加点する。6回裏のBlue Impulseも反撃開始。一死から1番四方選手が左中間の二塁打で出塁すると、2番庄司選手のセーフティーバントが絶妙にセカンド前に転がり、一塁への送球が悪送球となってImpulseが1点を返す。さらにサードのエラーで二死ながら一塁三塁のチャンスで5番小澤選手を迎える。ここはアスレ渡辺投手が三振を取って踏ん張る。最終回のImpulseは先頭打者がレフト前安打で出塁して盗塁を敢行するがアウトとなり、後続を渡辺投手が三人で抑えて、3対1でアスレチックス倶楽部が勝利する。
岡野 勇士監 督コメント Blue Impulseさま、対戦ありがとうございました。緊張感のある紙一重の試合だったと思います。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  Blue Impulse 7 - 2 HEROES 2010/12/11(土)9:00-11:00 北区中央公園

 

 

ゲーム内容 BI先発は高橋。一回表、BI先発の高橋はHEROESの攻撃を三者凡退に抑える。一回裏BIの攻撃、一死から2番庄司がレフト前で出塁すると、さらに盗塁成功で一死二塁の先制のチャンス。しかし、後続倒れ先制点ならず。二回裏、BIは一死から6番山黒が四球で出塁するも、続く7番高橋の初球、捕手からの牽制に帰塁出来ずタッチアウトで二死。高橋は四球で出塁するも、後続倒れ無得点。BI高橋は二回は三者凡退、三回は二死から四球で出塁させるも、BIキャッチャー立石が盗塁を刺し、結果的に三者凡退で抑える。すると、三回裏BIは、先頭9番松本が三塁前セーフティで出塁、1番四方が初球を送りバント成功で一死二塁。さらにHEROESのエラーと四球で一死満塁。ここで4番川崎がライトフェンス直撃のヒットでBIが2点を先制、なおも一死一、二塁のチャンスも後続倒れ2点止まり。直後の四回表HEROESの攻撃。先頭1番江端、2番草間の連続ヒット、さらに死球で無死満塁のピンチ。ここで4番堀井を二飛に打ち取るも、続く打者に押し出し四球、さらに6番上田のスクイズバントの捕手前の当たりをBI立石が処理出来ず同点。なおも一死満塁のピンチ。ここで7番中村はタッチアップには十分なレフトライナーを放つも、HEROES三走タッチアップの準備が遅れ生還出来ず、後続を打ち取り、同点止まり。同点で迎えた五回裏、先頭3番立石が打撃妨害で出塁、4番川崎が右中間フェンス直撃の二塁打で無死二、三塁のチャンス。ここで5番三浦がセンターへの犠牲フライで1点を勝ち越し。さらに一死二塁から川崎が三盗を決め一死三塁、ここで6番山黒がライト前ヒットで1点、続く7番高橋がエンドランでつなぎ、さらに四球で一死満塁。9番松本の1ー1からの3球目、スクイズエンドランのサインに空振りで三走憤死。直後の暴投で1点を加え、5ー2とする。BIは六回裏、先頭1番四方が四球で出塁、2番庄司が送りバント成功の間に四方が三塁を陥れる好走塁、3番立石四球、二盗成功で一死二、三塁。4番川崎倒れるも、5番三浦がレフトオーバーの二塁打で2点を追加し試合を決めた。最終回、BI高橋は無失点に抑え、7ー2でBIが勝利。高橋完投。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。

 

 

  Blue Impulse 19 - 0 TOMURAHZ 2010/12/4(土)13:00-16:00 光が丘公園

 

 

ゲーム内容 BI先発は高橋。初回、TOMURAHZの攻撃。二死から四球で走者を出すが、4番村田は投ゴロに倒れ、先制ならず。裏のBIの攻撃。一死からBI2番庄司がショート内野安打で出塁すると、そこから3番四方から5番吉永まで3連続四球で押し出しで1点を先制。さらにヒットと押し出しが続き、初回6点を先制する。2回裏のBIの攻撃。一死から3番四方が四球で出塁すると、TOMURAHZはマウンドに2番手の大桃を投入するも、BIは4番川崎、5番吉永の連続タイムリーで2点を追加。BIは3回裏にも打者16人で11得点のビッグイニングを作り、3回終了時点で19ー0と大量リードとする。TOMURAHZは4回からマウンドに3番手の富樫にバトンタッチ。4、5回を無失点に抑え、反撃のチャンスを待つ。するとTOMURAHZは6回表、3四死球で満塁のチャンスを作るも、ここはBI先発高橋が8番宝田を見逃し三振に打ち取り、反撃を許さなかった。最終回7回表は、BI高橋が9番から2番を三者三振でゲームセット。BI先発高橋は、5四球、1死球を与えるも、要所を抑え109球で完封。19−0でBIが勝利した。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。

 

 

  Blue Impulse 0 - 4 BUSTERS 2010/11/27(土)13:00-15:00 新荒川大橋F

 

 

ゲーム内容 バスターズ投手山田の完封。堀合、大園のタイムリーで4点を取り4−0でバスターズの勝ち。
古賀健一さんコメント 本日はありがとうございました。また試合をする機会がありましたらよろしくお願いします。

 

 

  Blue Impulse 1 - 2 TSUKEN 2010/11/13(土)13:00-15:00 浮間公園

 

 

ゲーム内容 Blue Impulseは初回、NTT武蔵野通研山口投手の立ち上がりを攻め1点を先行する。その後はBlue Impulse先発高橋投手の好投もあり1−0のまま最終回に入る。NTT武蔵野通研はこの回から代わった葛岡投手を攻め、四球と安打等で無死二三塁のチャンスを作る。一死後望月選手がセンター前にタイムリーを放ち逆転。その裏Blue Impulseも二死一二塁のチャンスを作るが後続倒れNTT武蔵野通研が逃げ切った。
猪瀬 庸木監 督コメント 球場・審判の手配をいただきありがとうございました。また宜しくお願いいたします。

 

 

  サタデーナイトフィーバーズ 3 - 0 Blue Impulse 2010/10/23(土)19:10-21:00 川柳公園野球場

 

 

ゲーム内容 SNFが勝利いたしました。
柳川 義則G Mコメント 遠征いただきありがとうございました。

 

 

  ディアブロス 0 - 3 Blue Impulse 2010/10/2(土)9:00-11:00 三輪みどり山球場

 

 

ゲーム内容 Blue Impulse(以下BI)先攻。ディアブロス後攻。初回、BIの攻撃。二死から四球とワイルドピッチでチャンスを作り、4番井上がライト線を破る適時二塁打で先制。2回にも四球と盗塁で無死二塁のチャンスを作る。しかし、ディアブロス右翼手のファインプレーが飛び出し、二塁走者高橋が帰塁できず、ダブルプレー。無得点に終わる。対するディアブロスは1回の裏にヒットと二つの盗塁で無死三塁のチャンスを作るが、続く二番打者の投ゴロの際に三塁走者が飛び出し、痛恨のタッチアウト。同点の機会を失する。3回表BIの攻撃。二死から走者を四球で出すと、3番葛岡の初球にラン&ヒットを敢行。これが見事に決まり左中間を深々と破る適時二塁打で1点追加。更にBIは6回にも6番高橋の三遊間を破るしぶとい適時打で効果的に追加点をあげる。追いすがるディアブロスも再三走者を貯めチャンスを作るも、後1本が出ず。高橋→葛岡の完封リレーでBIが勝利。準決勝進出を決めた。
巽 健二郎G Mコメント グランド手配などありがとうございました。またの機会に宜しくお願い致します。

 

 

  BlueThunders 2 - 8 Blue Impulse 2010/9/11(土)10:00-12:00 夢の島野球場8面

 

 

ゲーム内容 Blue Impulse(以下BI)先行。初回、BIの攻撃。Blue Thunders(以下BT)先発投手の素晴らしい立ち上がり。簡単に1,2番が倒れ、3番葛岡が出塁するとすかさず盗塁を決めて2死2塁。ここでBI4番井上が2塁打を放ち、BI先制。4回にも2点を追加し、試合の主導権を握る。粘るBTは4回裏、BIのバッテリーミスで1点を返すと、BI一塁手のFCで2点を返し、流れを引き寄せる。しかし、ここからBIの打線が爆発。5回表、BIは先頭打者を出塁させると3番葛岡が貴重な追加点となるツーランホームランで2点を追加、更に6回も攻め立て。この日2本目となる葛岡のスリーランホームランで駄目押し。投げては追いすがるBTを高橋、葛岡と継投でしのぎきり、8−2でBIの勝利。2回戦進出を決めた。
巽 健二郎G Mコメント グランド、審判のお手配ありがとうございました。またの機会に是非、旨をお貸し下さい。

 

 

  Blue Impulse 1 - 9 NTA 2010/8/7(土)16:00-18:00 新荒川大橋

 

 

ゲーム内容 ブルーインパルス高橋投手、NTA佐藤投手の先発で試合開始。NTAは初回、先頭の橋本選手のレフトオーバー2ベースから、送りバント後、エンドランで1点を先制。その裏、ブルーインパルスの攻撃、先頭の三浦選手のレフトオーバーと、送りバントの後、植嶋選手のタイムリーで同点。3回のNTAの攻撃。エラー、盗塁などが重なり、2番鬼頭の右中間スリーベースで勝ち越し。4回以降もヒットと四死球を重ね、NTAは先発の高橋投手、2番手の五月女投手から合計9点を奪う。一方のブルーインパルスは、立ち直ったNTA佐藤投手の前に2回以降ノーヒットに抑えられ、初回の1点どまり。NTAが勝利した。
小倉聡太さんコメント 暑い中、ダブルお疲れ様でした。これからもよろしくお願いします。

 

 

  サタデーナイトフィーバーズ 0 - 16 Blue Impulse 2010/7/31(土)8:00-10:00 北越谷第五公園野球場

 

 

ノーヒットピッチングの相馬選手 特大スリーランホームランを放つ川崎選手 ゲーム内容 先攻BI、後攻SF(サタデーナイトフィーバーズ)。初回、BIの攻撃は、四球と相手守備陣の乱れから、先取点を挙げると、5番川崎がレフトへタイムリーツーベースを放ち、幸先良く2点を先取する。一方BI先発の相馬は、四球で1アウト1,2塁のピンチを招くが、4番の秋月選手をダブルプレーに打ち取りピンチを脱する。2回、BIの先頭の小澤が左中間へソロホームランを放ち、1点追加。さらに相手投手の乱調もあり、1点を追加する。2回以降、BIの相馬は立ち直り、SFを無失点に抑える。3回以降、BIは四球とヒットエンドラン、連続タイムリーなどで着実に加点し、4回には3番川崎がスリーランホームランを放つなどし大量得点を挙げる。最終回、BIは相馬から川崎に継投し、川崎が無失点に抑えゲームセット。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。

 

 

  Blue Impulse 2 - 8 TWINS(港区) 2010/6/12(土)13:00-15:00 浮間公園

 

 

ゲーム内容 TWINS入鹿投手、Blue Impulse(BI)相馬投手の先発マウンド。先制点を奪ったのはTWINS。1回表、2四死球に3本の安打を絡ませ4点を先制。主導権を握り、勢いに乗るTWINSは3回に1点、4回には宮倉選手のスリーラン本塁打で3点を追加。対するBIも5回裏に安打4本を集め2点を返す。BIは6回裏にも脅威の粘りをみせ3点を返すが時間切れ試合終了。TWINSが8-2で勝利した。
里吉 淳主 将コメント Blue Impulseのみなさま、ありがとうございました。打線に火のつくタイミングが早かったら完全に飲まれていました。また対戦お願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 2 - 0 KSF 2010/5/29(土)14:00-16:00 新荒川大橋B

 

 

ゲーム内容 KSF先攻。両軍先発投手上々の立ち上がり、1,2回無失点。試合が動いたのは3回裏BIの攻撃。2死から失策で出塁し、2死2塁とし、2番庄司が右前適時打で1点先制。続く3番葛岡も続き、連続適時打で2点を挙げる。その後、両投手とも凌ぎあい、2-0でBIが逃げ切る。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。またの機会にお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 3 - 1 マリナーズ 2010/5/22(土)13:00-17:00 都立城北中央公園

 

 

ゲーム内容 3対1でブルーインパルスの勝ち
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。またの機会によろしくお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 11 - 1 ターフビジョン 2010/5/15(土)12:00-14:00 新荒川大橋D面

 

 

ゲーム内容 先攻TV、後攻BI。BI先発は相馬。初回両投手とも、三者凡退で立ち上がりを抑える。先頭の井上選手が死球で出塁すると、さらに四球、ヒットで一死満塁のチャンス。ここで8番立石選手の平凡なセカンドゴロをエラーし、1点を先制。さらに、ヒットやエラーを絡め、この回一挙7点のビッグイニングとなる。その後もBIは、3回裏にはTVエラー、4回裏には5番井上選手の右中間へのホームラン、5回裏には庄司選手の犠飛などで着実に追加点をあげ、投げては相馬投手が6回1失点に抑え、完投勝利。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。またの機会によろしくお願いいたします。

 

 

  リクルートワークス 0 - 2 Blue Impulse 2010/5/8(土)13:00-15:00 八潮北野球場

 

 

ゲーム内容 リクルートワークス先攻。初回、無死1,2塁のチャンスを作るも無得点。その裏、BIは1死2、3塁から5番葛岡のタイムリーで先制。さらに、1死満塁と攻め立てたが3塁走者の走塁ミスもあり、追加点ならず。その後、両者無得点のまま回は進んでいき、4回裏、BIの攻撃。3番川崎が右中間へ貴重な追加点となる柵越えソロ本塁打で2−0とすると、尻上がりに調子を上げたBI葛岡が完封し、Blue Impulseが勝利。ブロック通過を確定させた。
巽 健二郎G Mコメント グランド、審判のお手配ありがとうございました。ミスの多い試合でしたが、緊張感のある中、対戦できてよかったです。またの機会に宜しくお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 3 - 2 BUSTERS 2010/4/24(土)16:00-18:00 新荒川大橋A

 

 

ゲーム内容 バスターズ先発小野。BI先発相馬。バスターズ先攻。1回表、バスターズ先頭打者が3塁強襲ヒットで出塁。BIショート中村がバックアップをするも送球ミスで無死2塁。しかし、後続倒れ無得点。その裏、BIも無死からの走者を2塁まで進めるが無得点。2回表、バスターズ先頭打者5番古矢が左越え3塁打で出塁。続く、6番古賀が右前安打で1点先制。その後2塁まで走者を進めるが追加点ならず。3回は両投手好投が光り1−0のロースコアで中盤戦へ。4回裏BIの攻撃。先頭打者3番中村が出塁。続く4番川崎は強行策に出て、右越えエンタイトルツーベースで無死2・3塁。5番高橋の打球はセカンドへのゆるいゴロであったが、バスターズセカンド榎本のまさかの失策で同点。更に攻撃は続き、1死後、7番立石がスクイズのサインミスをし、3塁走者が飛び出すも、バスターズ捕手の送球が3塁走者に当たり、1点追加。さらに8番相馬の中前適時打でこの回一挙3点をあげる。6回まで両投手の粘投により無得点で最終回へ。7回表バスターズの攻撃。1死後、この日2安打の6番古賀が四球で出塁すると、7番高橋が右前へはじき返し、これがBI右翼手山黒の後逸を誘って1塁走者古賀が一挙にホームイン。更に1死3塁とチャンスを広げるが反撃もここまで。BI相馬が踏ん張り、3−2でBlue Impulseが勝利した。
巽 健二郎G Mコメント ありがとうございました。

 

 

  Blue Impulse 7 - 0 構研バッカス 2010/4/3(土)14:00-16:00 新荒川大橋D

 

 

ゲーム内容 バッカス先攻。BI後攻。先制点はBIの1回裏。サードゴロの間にホームイン。1点先制し、2回にも1点追加点をあげる。対するBI先発の相馬は抜群の立ち上がりをみせ、5回までパーフェクトピッチング、6回までノーヒットノーランを続ける。4回に3本のヒットと失策を絡め、一挙5点を取ったBI。注目は相馬のノーヒットノーラン達成に向けられる。意地を見せたいバッカスは最終回、先頭の4番打者が左前に痛烈なライナーを浴びせ、果敢に飛び込んだBI左翼手巽のグラブをかすめ、無情にも初ヒットを許す。しかし後続を冷静に討ち取った相馬は完封し、7−0でBIが完勝した。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。またの機会に宜しくお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 1 - 0 MKトライアンフ 2010/3/6(土)9:00-11:00 新荒川大橋野球場F面

 

 

ゲーム内容 MK先攻。BI後攻。序盤戦はコントロールの定まらない先発葛岡が毎回のように走者を背負うがMKの走塁ミスやBIの好守もあり、0-0で進む。MKも3回無死2・3塁のピンチを無失点でしのぐなど、お互い攻め手を欠いた試合展開。試合が動いたのは4回裏のBIの攻撃。MKのエラーとWPで1死1塁のチャンスを作ると、6番立石がスクイズを決め先制。この1点を5回からリリーフしたBI五月女が守りきり、辛くもBIが勝利を収めた。
巽 健二郎G Mコメント 再三の順延の中、今週も天気が危ぶまれましたが対戦できてよかったです。またの機会に宜しくお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 7 - 0 KSF ----- -----

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にKSF活動体制なくBlue Impulse不戦勝
巽 健二郎G Mコメント

 

 

  Blue Impulse 7 - 0 東彩ガス ----- -----

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に東彩ガス滑動体制なくBlue Impulse不戦勝
巽 健二郎G Mコメント

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.