全国軟式野球ストロングリーグ

2009成績一覧

 

 

 

 

試合結果一覧

 

 

 


試合結果

 

 
 

2009成績 一覧です - [新しい順] -

 
 

 

  Y.Sクラブ 2 - 0 Blue Impulse 2009/12/13(日)10:00-12:30 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 YSクラブ対ブルーインパルスはYS片岡投手、インパルス葛岡投手の投げ合いで始まった。初回は両投手とも完璧な立ち上がりで初回を終えた。最初にチャンスを迎えたのはYSクラブ。2回、二死から小野寺のレフトオーバーの二塁打でチャンスを作る。続く、平井選手は四球、大桃選手は死球で二死満塁のチャンス。しかし9番、伊与田投手はサードゴロに倒れ無得点に終わる。しかし3回、先頭の市川選手が左中間に二塁打を放つ。大久保選手の犠打が相手エラーを誘い、その間に市川選手が先制のホームを踏む。大久保選手は盗塁を決め無死二塁。片岡選手がバントヒットをきめチャンスを広げる。一死後、5番高橋選手がきっちりヒットエンドランを決め、2点目をあげる。その後は得点が奪えず。しかしこの日先発の片岡投手は2点の援護で充分といってもいい投球内容を披露した。MAX136キロのストレートを軸に7回を1安打2四死球4奪三振の完封勝利。YSクラブが見事2-0で勝利。
Y.Sクラブ受付渉 外コメント BlueImpulseの皆様、ありがとうございました。次回、また対戦の際はどうか宜しくお願いします。

 

 

  Blue Impulse 4 - 3 2009/12/6(日)13:15-15:15 滝が原野球場6面

 

 

ゲーム内容 先行ブルーインパルス(以下BI)先発葛岡投手、後攻昭和クラブ先発千島投手で始まった試合。初回BIの攻撃、2番山黒選手、3番川崎選手の連続安打で2死一二塁のチャンスを作ると5番井上選手がライト前へ安打を放つ。これが痛恨の後逸となり、一気にホームイン。初回千島投手から3点を先制。その裏、先発葛岡投手は3者凡退で抑えると、2回表も6番立石選手が左中間へ2塁打を放ち、1死三塁のチャンスを作る。しかしここは千島投手が2者を抑え序盤の追加点を許さない。その裏、まずは追いつきたい昭和クラブ、先頭4番田中選手が強烈なレフト前ヒットで出塁すると、ここでエラーが絡み、無死二三塁。このチャンスに6番金原選手が左中間への2塁打を放ち、2得点。さらに死球をはさみ、9番鎌田選手のセンター前で昭和クラブ同点に追いつく。3回表、ここで昭和クラブ継投を計るも、BIは四死球などから2死二三塁のチャンスをつくり、ここで内野ゴロエラーの間に得点、4-3とする。そこから両チーム出塁は許すものの凌ぎあい、迎えた最終回、昭和クラブは先頭にPHで河野選手を送ると、内野安打で出塁。さらに果敢に盗塁し無死2塁の大チャンス。しかしここは気迫の葛岡投手が後続を討ち取りゲームセット、完投勝利を飾る。
巽 健二郎G Mコメント 当チームの選手にとって、とても勉強になりました。ありがとうございました。また、同じ舞台に立てるように精進いたします。今後、練習試合などさせていただけると幸いです。

 

 

  MAX GREAT 0 - 2 Blue Impulse 2009/12/6(日)9:15-11:15 滝が原野球場6面

 

 

ゲーム内容 先攻MAXGREAT(以下MG)、後攻ブルーインパルス(以下BI)。初回BIの先発高橋の前に、MGは三者凡退。MG先発は田中投手、BIは、先頭の葛岡が四球を選び出塁、続く2番相馬は三振に倒れるが、3番川崎にタイムリー3塁打が飛び出し1点先制。しかし、4番吉永、5番井上は討ち取られ、1点止まり。BI先発高橋は、2回、3回とランナーを出すが、後続を討ち取り無得点に押さえる。3回裏、BIの攻撃、1アウトから2番相馬がレフト前のクリーンヒットで出塁。相馬は盗塁で2塁へ進み、3番川崎がレフト前に落ちるラッキーなヒットで繋ぎ1アウト1、3塁。4番吉永の初球、ワイルドピッチで貴重な追加点を挙げる。しかし、MG先発田中投手がここは踏ん張り、4番吉永、5番井上は内野ゴロに討ち取られる。5回表MGの攻撃、この回先頭の6番今選手が左中間へツーベースを放つ。しかし、リードが大きくなったところを、BIキャッチャー立石がセカンドへ送球し、ランナーはタッチアウト。しかしMGは、ツーアウトからヒットと盗塁などでランナーを3塁まで進めるが、ここはBI高橋が踏ん張り、無得点に押さえる。6回は両チーム共に無得点。最終回、BIはピッチャーを高橋から葛岡にスイッチ。葛岡はMGを三者三振に切って取り、ゲームセット。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。とても勉強になりました。また、同じ舞台で対戦できことを願います。

 

 

  富士ソフトNew Wave 1 - 0 Blue Impulse 2009/11/28(土)13:00-15:00 東京健保大宮運動場

 

 

ゲーム内容 BI高橋投手、FSI梶原投手の先発。FSIは初回、2回とノーアウトのランナーを出し、得点圏に進めるも後続を断たれ無得点。対するBIも3回、4回とチャンスを作るもあと1本が出ずチャンスを逸す。その後膠着状態が続き、両軍とも無得点もまま最終回を迎える。先行のFSIはこの回先頭の3番小西がヒットで出塁し、二死三塁とするとBI投手の牽制悪送球の間に待望の1点をもぎ取った。その裏、BIも一死二三塁と粘りを見せ、攻め立てるも、後一本が出ず、FSIが凌ぎ切った。
阿部 良平渉 外コメント 有賀様、葛岡様 対戦ありがとうございました。最後まで1点を争う攻防に、緊張を保った試合となりました。今後ともよろしくお願いします。

 

 

  Blue Impulse 3 - 1 Japan Brand 2009/10/24(土)13:00-15:00 光が丘公園グランド

 

 

ゲーム内容 Japan Brand(以下JB)先発秋元。Blue Impulse(以下BI)先発葛岡。先攻JB。初回、JBの攻撃。先頭打者成田が初球をレフトへ痛烈なライナーを放ち、BI左翼手植嶋の失策を誘い、無死2塁。三塁ゴロの間に1死3塁となり、ここでBIバッテリー痛恨のWPでJB1点先制。その裏、BIの攻撃。先頭打者庄司が捕手前のぼてぼてのゴロを放つと処理をあせったJB辻がお手玉をし、無死1塁。犠打で1死2塁とすると、3番葛岡がライトオーバーのタイムリーツーベースで同点とする。2回の表、JBは3者凡退。すると流れはBIに傾く。その裏、先頭打者中村が中前安打で出塁、続く7番立石がバント失敗後、ミスを帳消しする意地のレフト前安打で無死1・2塁とすると、きっちり犠打で送り1死2・3塁。ここで9番五月女がカウント1−1からエンドランスクイズを空振り、万事休すかと思われたがまさかのJB捕手辻の2塁悪送球でセカンド走者も帰り、3−1とBI逆転。その後両軍とも再三チャンスを作るもBI葛岡、JB秋元がなんとか凌ぎ終盤戦へ。流れを変えたいJBは5回から2番手投手藤井にスウィッチ。対するBIも6回から2番手投手中村を投入し、必勝態勢へ。結局、BIはこのまま序盤のリードを守りきり、3−1で勝利。両軍共に投手力の光る好ゲームであった。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。またの機会に宜しくお願いいたします。

 

 

  EAST WEST 2 - 8 Blue Impulse 2009/10/17(土)13:00-15:00 光が丘グランド

 

 

ゲーム内容 初回、2回とBI怒涛の連打で8点先制。その後マスターズの継投策がはまり、0行進。中盤1点、終盤に1点とマスターズが反撃するが序盤の失点が響き8−2でブルーインパルス勝利。
巽 健二郎G Mコメント ありがとうございました。またお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 7 - 7 BUSTERS 2009/9/26(土)12:45-14:45 武蔵野軟式野球場

 

 

ゲーム内容 BS先攻、BI後攻。初回、BSが2点先制。その裏すかさずBIが5点を取り逆転。BS、BI共に小刻みに点を取り合い5−6で終盤戦へ。5回からBIは先発五月女をから葛岡へリリーフし、必勝態勢へ。しかし、追いすがるBSは6回に葛岡を攻め立てついに同点。そのまま両軍とも決め手を欠いて7−7の引き分け。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。また、宜しくお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 7 - 4 TWINS(港区) 2009/9/19(土)14:00-16:00 新荒川大橋A面

 

 

ゲーム内容 初回TWINSの攻撃、1アウト1,2塁のチャンスで4番村瀬選手のセンター前ヒットで2塁ランナーが果敢にホームを狙うもBI 中堅手川崎の好返球に阻まれタッチアウト。先制のチャンスを逃す。膠着状態が続き0−0で迎えた3回裏BIの攻撃。TWINSの守備の乱れと制球の乱れからBIが先制、この回一挙5得点で試合の主導権を握る。5回表のTWINSの攻撃。1点を返すもその裏すかさずBI9番竹味のタイムリーで2点を挙げ、勝負あり。6回、7回と猛追するTWINSを振り切り7−4でBlue Impulseの勝利。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。脅威の粘りにナインは恐怖しております。またの機会に宜しくお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 1 - 0 HEROES 2009/9/12(土)16:00-18:00 新荒川大橋F

 

 

ゲーム内容 1回裏、ブルーインパルスは先頭庄司が四球で出塁し、犠打と安打で1,3塁としワイルドピッチの間に先制する。その後、両者チャンスをつくるも後一本がでない重い展開。最後まで力投を見せたBI先発葛岡が完封し、結果1ー0でブルーインパルスが辛くも勝利した。
巽 健二郎G Mコメント 対戦ありがとうございました。またの機会に宜しくお願いいたします。

 

 

  ターフビジョン 2 - 3 Blue Impulse 2009/8/22(土)10:30-12:20 戸田市笹目球場

 

 

ゲーム内容 BI先攻。ターフビジョン後攻。1回裏、立ち上がり不安定なBI先発川崎を攻め、ワイルドピッチでターフビジョン1点先制。更に3回裏には連打で1点追加し主導権を握る。4回表、逃げ切りを図るターフビジョンは2番手投手起用で必勝態勢に。しかし、追いすがるBIは代り端を攻め、先頭打者松本の3塁打を口火に反撃開始、1点を返す。その後はBIも継投策に出て、両者膠着状態が続き、最終回へ。7回表BIの攻撃、先頭代打竹谷が四球を選び、続く6番有賀の犠打がまさかの野選になり、無死1・2塁。1死後、走者はそれぞれ進み、バッター8番相馬の犠飛でまずは同点、さらに2死2塁で9番竹味が逆転左前適時打を放つ。その裏、粘るターフビジョンは先頭打者がこの日3安打目で出塁し、続く4番打者の痛烈なゴロはショート正面を突き、ダブルプレー。後続をBIがきっちり抑え、3−2で接戦を制す。
巽 健二郎G Mコメント グランド・審判のお手配ありがとうございました。またの機会に宜しくおねがいいたします。

 

 

  KSF 6 - 1 Blue Impulse 2009/8/15(土)14:30-16:30 清瀬市立下宿第二運動公園

 

 

ゲーム内容 BlueImpulse山黒投手、KSF庄司投手の先発。KSFは2回裏一死から5番真下選手のダブルヘッダー1試合目に続き今季2号となる本塁打を放ち先制。続く3回裏KSFは先頭の8番山本選手のレフトオーバーの2塁打と9番高橋選手のセフティバントでチャンスを作ると、相手のエラーで2点を追加。さらに3四球で二死満塁から6番富岡選手のライト前タイムリーで2点を追加し5-0とする。とどめに6回裏には6番富岡選手の今季2号のソロ本塁打が飛び出し勝負あり。投げては庄司投手が6回を1安打無失点に抑え、最後はダブルヘッダー2試合連続登板の大魔神大山投手が1失点で抑え、6-1で勝利する。
松山 武士さんコメント 今回はこちらがダブルヘッダーでの試合のため、試合開始時間が決定できなく、ご迷惑をおかけしました。また来年もよろしくお願いいたします。

 

 

  Bay Rulaz 1 - 4 Blue Impulse 2009/8/8(土)9:00-11:00 滝が原球場8面

 

 

ゲーム内容 ブルーインパルス先発川崎選手、BayRulaz先発深谷選手で始まった一戦。両者無得点で迎えた3回表ブルーインパルスの攻撃、1番庄司選手が内野安打から盗塁を決め、2アウト2塁のチャンスをつくり、ここで4番吉永選手のタイムリーヒットでブルーインパルス先制。続く4回表、先頭川崎選手の安打から7番立石選手のバント安打で1アウト1、2塁のチャンス。ここでBayRulazにとって手痛い失策が絡みブルーインパルスに貴重な追加点。しかし4回裏BayRulaz、4番高橋選手のレフト前ヒットと6番駒林選手の四球で1アウト1・2塁のチャンスをつくる。ここでブルーインパルスは先発川崎選手から服部選手へ継投。四球を挟み2アウト満塁でBayRulaz一打逆転の場面となるが、ここは三振に打ちとられ無得点で終わる。そして終盤6回表には服部選手のスクイズエンドランを含む2得点でブルーインパルスは着実に加点。BayRulazは7回裏、4番高橋選手が豪快なレフトオーバーのタイムリー3塁打を放つもこの1得点のみ。毎回ランナーは出すものの後一本が出なかったBayRluaz、結果4−1でブルーインパルスに軍配が上がった。
巽 健二郎G Mコメント 決勝戦にふさわしい好ゲームでした。当チームにとって掛替えのない経験となりました。また、同じ舞台に上がれるように日々精進したいと思います。ありがとうございました。

 

 

  3 - 10 Blue Impulse 2009/7/25(土)10:00-12:00 港区 麻布運動場

 

 

ゲーム内容 初回ブルーインパルス先頭竹味が出塁後犠打で進塁し4番吉永、5番葛岡の連打で2点先制。二回に赤坂Jスターズもノーアウト二塁のチャンスから5番のタイムリーで1点返すも、三回ブルーインパルスが連打と押し出しでビッグイニングをつくり一挙8得点。赤坂Jスターズも終盤2点返すが10-3でゲームセット。
巽 健二郎G Mコメント またの機会にお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 2 - 0 ZEPHYRS 2009/7/11(土)9:00-11:00 光が丘公園グランド

 

 

ゲーム内容 後攻めBI先発川崎投手、先攻めZEPHYRS先発高橋投手。2回にBI川崎が右柵越え本塁打で先制し、更に走者をためると1番庄司の内野安打で2点目を上げる。その後は両軍共にチャンスを作るも後続が続かず2−0でBIが逃げ切り勝ち。先発川崎の初完封勝利となる。
巽 健二郎G Mコメント お互い要所を締めるナイスゲームでした。またの機会に宜しくお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 5 - 0 Whitetails 2009/7/11(土)13:00-15:00 石神井公園B

 

 

ゲーム内容 Blue Impulseが2回の裏に先制、3回にも4点を追加。試合の主導権を握る。投げては先発服部が5回を無失点、リリーフの山黒も2回を0封し、勝利。
巽 健二郎G Mコメント 遠路はるばるありがとうございました。是非、今度は公式戦にて胸をお貸しいただけると幸いです。

 

 

  Blue Impulse 2 - 1 TWINS(港区) 2009/7/4(土)13:00-15:00 光が丘公園グランド

 

 

ゲーム内容 両先発投手の凌ぎあいが続く展開。再三のピンチを凌ぎ、ついに7回まで0行進、延長サドンデスに突入する。サドンデス1回表、TWINSの攻撃。先頭打者が右前安打で1点を先制するも後続が倒れる。その裏、BIの攻撃。先頭打者3番川崎が鮮やかに左中間へライナーで安打を放ち、走者二人が帰ってサヨナラ勝ち。決勝戦進出を決める。
巽 健二郎G Mコメント 緊張感のあるナイスゲームでした。またの機会にお願いいたします。

 

 

  ハードライナーズ 4 - 7 Blue Impulse 2009/6/13(土)19:00-21:00 世田谷区総合運動場

 

 

ゲーム内容 初回、BIは1点先制。その裏、ハードライナーズが同点に追いつくと2回にも1点を加え逆転。3回表、BIは3点を返し再逆転。追いすがるハードライナーズは3、4回裏に1点づつ加点し、ついに同点。試合は最終回、BIの攻撃。連打と四球でチャンスを作り、押し出しで勝ち越すと更に2点を追加し、計3点をあげて勝負有り。BIが乱打戦を制す。
巽 健二郎G Mコメント 各種お手配をした頂き、ありがとうございました。またの機会に宜しくお願いいたします。

 

 

  NTA 7 - 1 Blue Impulse 2009/6/6(土)19:00-21:00 城北中央公園

 

 

ゲーム内容 Blue Impulseは初回、先頭の庄司選手がレフト前のヒットで出塁するとすかさず2盗を決める。2番が倒れた後、3番川崎選手が左中間へのヒット。2塁ランナーはホームを狙うが、NTAのセンター小山内選手はダイレクト送球で捕殺する。しかし、この間に3塁まで進んだ打者走者をNTAバッテリーは痛恨のパスボールで先制を許す。追うNTAは3回、先頭打者の高尾選手が相手のエラーで出塁するとすかさず盗塁。すると、橋本選手・亀里選手・萩原選手の1,2,3番が怒涛の3連打で3点を奪い、5番小山内選手の犠牲フライでNTAはこの回4点。NTAは5回、2番亀里選手がヒットで出塁すると、2盗・3盗塁を決め揺さぶりをかける。すると、Blue Impulseの葛岡投手は3、4番に連続四球を与え、続く打者への初球は甘く入り、これを小山内選手が見逃さずに右中間へエンタイトルツーベースを放つ。Blue Impulseは再三ランナーを出すも、苦しむNTA小倉投手からもう一本がでず、初回の1点のみだった。
小倉聡太さんコメント Blue Impulse 有賀様。 グランドコンディション不良により、急遽変更したグランドでの開催、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。なんとか試合ができてよかったです。また、機会があれば対戦をよろしくお願いいたします。

 

 

  Blue Impulse 1 - 3 BUSTERS 2009/5/23(土)13:00-15:00 光が丘公園グランド

 

 

ゲーム内容 先制点は1番榎本選手の先頭打者ホームランでバスターズが先制。その後ヒットとパスボールで1点を追加して、1回表は2点で攻撃終了。バスターズは2回表にも2本の二塁打で1点を追加。その後はお互いの投手の好投で0点が続き、最終回Blue Impulseも最後の粘りを見せ、フォアボールと連打で1点を返したが反撃もそこまでに終わり、バスターズが3−1で勝利。
古賀健一さんコメント グランドや審判の手配をしていただき、ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくおねがいします。

 

 

  Blue Impulse 1 - 12 富士ソフトNew Wave 2009/5/23(土)16:00-18:00 新荒川大橋

 

 

ゲーム内容 Blue Impulse小澤投手、富士ソフト冨田の先発。前半2回は静かな立ち上がり。試合が動いたのは3回。ツーアウト3塁から村田のツーランで先制すると、その後も着実に加点した。Blue Impulseも5回裏ツーアウトからソロホームランで一子を報いた。
阿部 良平渉 外コメント 有賀様:何度も雨天中止となり、やっと対戦できました。グランド及び審判の手配等多々お手数をお掛けいたしました。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

  Blue Impulse 1 - 0 KSF 2009/5/9(土)10:45-12:45 武蔵野軟式野球場

 

 

ゲーム内容 KSF先発渡邊投手、BI先発相馬投手。先攻KSF。初回両軍共にランナーを出すも無得点。2回裏BI8番相馬のタイムリーツーベースで先制。この1点のリードを守りきり1−0でBIの勝利。
巽 健二郎G Mコメント 1−0という緊迫感のあった好ゲームでした。またの機会に宜しくお願いいたします。

 

 

  第一三共品川 1 - 5 Blue Impulse 2009/4/11(土)11:00-13:00 芝公園野球場

 

 

ゲーム内容 第一三共品川が1回の裏に先制。後続も四球で続くが1得点に終わる。その後両軍先発投手の凌ぎあいが続き4回まで無得点。試合は最終回の5回表のブルーインパルスの攻撃。先頭打者を四球で出すと、ヒットでつなぎ無死二三塁。カウント2−2からスクイズを敢行し、同点。後続もタイムリーで続き、2−1と逆転する。その後も本塁打を含めた3連打でこの回一挙5点。裏の品川の攻撃を辛くも振り切り、5−1でブルーインパルスの勝利。
巽 健二郎G Mコメント 序盤は投手戦、後半は打撃戦と見所満載の好ゲームでした。時間の都合で7回までやれなかったのが残念です。各手手配を実施していただきありがとうございました。またの機会によろしくお願いいたします。

 

 




 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.