全国軟式野球ストロングリーグ

SS2006〔関東〕

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

SS2006〔関東〕

 


試合日程/結果


 

 
 

 
 

 

1回戦 (対戦期限:7/23(日)滝が原球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  タドポール 0 - 7 グローリーズ /7/23(日)8:45-10:45 滝が原球場(7面)

 

 

ゲーム内容 グローリーズ伊藤投手は序盤にエラーと四球でピンチを作るが落ち着いてしのぎ流れをグローリーズに引き寄せた。TADPOLE森井投手も素晴らしい立ち上がりで投手戦の様相を見せていたが、2回、グローリーズが8番鈴木選手のヒットで1点を先制。続く3回も5番中村選手の2点タイムリー二塁打、8番鈴木選手の2打席連続2点タイムリーヒットなど、打者9人の猛攻で5点を挙げ勝負を決めた。6回にも1点を加えたグローリーズが7対0で勝利。伊藤投手は最終回までノーヒットピッチング。惜しくも記録は逃したが1安打完封の好投。
有阪 朋之マネージャーコメント 試合前早くから準備してくれた会長を含む関係者の皆様、試合実行に協力してくださったタドポールの皆様、本当に感謝いたします。

 

 

  パール.ライス 3 - 1 相模KOT’S /7/23(日)8:45-10:45 滝が原球場(8面)

 

 

ゲーム内容 相模KOT'S吉田投手、パールライス藤井投手の先発マウンド。パールは2回裏、一死一二塁から藤井選手の左中間を破る適時二塁打で先制。5回裏にも一条選手のこの日2本目となる三塁打で好機を作ると2番小野選手の内野ゴロの間に1点。4番滝内選手の中堅越え二塁打で更に1点を追加し3-0とする。このままで終わる筈のない相模KOT'Sも最終回、3番永井選手の痛烈な安打から1点を奪い返すが反撃もここまで。パールライス藤井投手が要所を締める力投で完投勝利。
山本直一郎監 督コメント 相模KOT'S様 みなさん振りが鋭く最後まで気を緩める事が出来ませんでした。またの対戦を楽しみにしています。対戦有難うございました!

 

 

  マリーベースボールクラブ 7 - 0 新英電興 /7/23(日)10:45-12:45 滝が原球場(8面)

 

 

ゲーム内容 対戦期限内に新英電興活動体制なくマリーベースボールクラブ不戦勝
酒匂英行主 将コメント

 

 

  GETNUTSJAPAN 5 - 6 相模ランバーズ /7/23(日)12:45-14:45 滝が原球場(7面)

 

 

ゲーム内容 相模ランバーズは1回表、GETNUTSの先発・山口投手から2本の長短打を放ち1点を先取するが、GETNUTSもランバーズ永田投手の立上りを攻め、3番森田選手と5番藤村選手のタイムリーですぐさま2点を返し逆転。その後は両チームとも1点ずつ加え迎えた5回表、ランバーズ請川選手の同点本塁打が飛び出し3対3の同点。6回を終え試合はサドンデスに入る。先行のランバーズは相手内野陣のエラーと松田選手のエンドランで3点を奪うと、GETNUTSも森田選手がこの日2本目のタイムリーで2点を返すが後続を三振と内野ゴロで切り抜け相模ランバーズが1点差で勝利した。
鰺坂 貴洋監 督コメント キツイ試合でした。GETNUTSさんは先発・山口投手が1人で投げぬいたのに比べ、ランバーズは永田選手・千葉親子の3人の継投でなんとかピンチを切り抜ける総力戦でした。GETNUTSの監督兼捕手で3番もこなす森田選手の勝利への気迫は素晴らしく、感動しました。今回はサマー初勝利という目標を達成しましたので後は少しでも上に上がれる様頑張ります。

 

 

  スナイパーズ 8 - 2 Gipfel /7/23(日)12:45-14:45 滝が原球場(8面)

 

 

ゲーム内容 Gipfel上島投手、スナイパーズ仲宗根投手の先発マウンド。試合が動いたのは2回表、スナイパーズは萬屋選手、深谷選手の中安打などで3点を奪う。追うGipfelも3回裏に1点を返すと、続く4回にも庭野選手の中安打などで加点し、1点差に詰め寄る。しかしスナイパーズは5回表に小林選手の右安打など5本の長短打を集中させて一挙に4点を加点、6回にも1点を追加して試合を決める。先発の仲宗根投手は毎回ランナーを背負う苦しい展開も粘るGipfel打戦の反撃を凌ぎ、8対2でスナイパーズが熱戦を制す!
多々井 靖之さんコメント Gipfel様、ありがとうございました。また是非ご対戦させていただきたいです。

 

 

  五反田タイファイターズ 5 - 4 ユニティー /7/23(日)14:45-16:45 滝が原球場(8面)

 

 

ゲーム内容 五反田先発水崎投手、ユニティ先発杉浦投手で試合開始。ユニティ−は初回、連続ヒットで1死1,2塁のチャンスを作るも無得点。そのウラ五反田は2死3塁のチャンスに4番菊池選手がタイムリー安打を放ち1−0。五反田は2回ウラ1死1,2塁から9番林選手のセンター前タイムリー安打で2−0。2点を追うユニティーは3回表に1点、4回表に2−2の同点とする。五反田も4回ウラに3−2と勝ち越すが、5回表、1死1,3塁から3番新里選手が同点のスクイズを決めると続く4番武藤選手が逆転のタイムリーヒットを放つ。しかし粘る五反田は6回ウラ2死から8番菊池祐一選手が超劇的ライトオーバーの同点HRを豪快に放つと、9番林、1番鈴木、2番川畑の3連打で2死満塁とすると3番崎山選手が押しだしの四球を選び、逆転に成功。ユ4−5五。最終回は同点弾を放った菊池祐一投手が抑え、五反田が逆転勝利。五反田の8番菊池祐一選手、9番林選手共に3安打の大活躍!
水崎茂雄主 将コメント ユニティーさん、ありがとうございました。同じ品川区ということでまたよろしくお願いいたします。最後まで諦めない気持ちがウチにいい方向に進んだ熱いゲームでした。これぞSS!!

 

 

  ANDS 2 - 3 /7/23(日)10:45-12:45 滝が原球場(7面)

 

 

ゲーム内容 中央BOYSは先頭打者が幸先良くヒットで出塁したものの、肉離れで退場。残り9名ギリギリの戦いとなたが、ANDS打線を被安打1、堅守で凌ぎ3-2で勝利。チャンスに1本が生まれた中央BOYSが勝利。
コメント ANDS様いろいろとご迷惑おかけしてすいません。有難うございました。ぜひまた試合しましょう!

 

 

  経堂本町関所クラブ 13 - 0 YHBC /7/23(日)14:45-16:45 滝が原球場(7面)

 

 

ゲーム内容 経堂関所 宮崎投手、Yokota Hawks、SCHLSS投手でスタート。 初回SCHLSS投手が完璧な立ち上がりで三者凡退で抑える。対する経堂関所宮崎投手は、Yokota Hawks1番堀江選手に、ライト前ヒットと盗塁で、無死二塁のピンチを招くも、後続を断つ。 すると2回経堂関所打線に火がつく。4番菅井、築地、鈴木選手の安打で無死満塁。ここで7番風間選手のあたりがショートへの内野安打となり、先制! 続く後藤選手も安打で繋ぎ、北川、田嶋選手のタイムリー安打などで、この回一挙8点をとり、試合を決める。 その後も経堂関所打線は止まらず、終わって見れば、先発全員安打の13点の猛攻を見せる。投げては、経堂関所、宮崎投手がYokota Hawks打線を完璧に封じ、2安打完封勝利!
風間優一主 将コメント Yokota Hawks様 この度はありがとうございました。 色んな意味でとても刺激的な楽しい試合でした。 また是非対戦をお願いいたします。

 

 


2回戦 (対戦期限:8/6(日)滝が原球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  経堂本町関所クラブ 0 - 7 淵野辺オリオンズクラブ /8/6(日)14:45-16:45 滝が原球場(5面)

 

 

ゲーム内容 オリオンズ先発は駒村投手、関所クラブの先発は宮崎投手。初回、関所クラブは四球、死球で出塁するも、オリオンズの好守にはばまれチャンスを生かせず無得点。するとその裏、2番鈴木選手が内野安打で出塁すると、3番山口選手、5番井澤選手、7番菅谷選手のタイムリーなどで一挙5点を奪う。さらに2回、4回にも1点づつ追加し突き放す。6回からは駒村投手に代わり片桐選手がマウンドに立つが、6回1死3塁、7回にも無死2塁とピンチを迎えるが後続を打ち取り試合終了。
橘 猛監 督コメント とても暑い中でしたが、有難うございました。また機会が有りましたら、対戦宜しくお願いします。

 

 

  清瀬ビクトリー 7 - 1 相模ランバーズ /8/6(日)12:45-14:45 滝が原球場(5面)

 

 

ゲーム内容 清瀬ビクトリー室岡投手、相模ランバーズ千葉(軌)投手の先発マウンド。先取点は相模ランバーズ。一回裏、1番秋久保選手の死球から、二死二塁のチャンスを作ると清瀬ビクトリー守備陣のミスに漬け込み、幸先良く1点を先制する。一方、ビクトリーも三回裏、8番下村選手が豪快にソロ本塁打を放ち1-1同点とする。さらにビクトリーは5回表、打者一巡、ヒット5本と相手エラーから一気に6点を奪い勝負を決めた。投げては、2回以降立ち直った室岡投手が被安打2の好投で清瀬ビクトリーが7-1で勝利。
中島拓也監 督コメント 相模ランバーズさん、今日はありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いします。

 

 

  相模原ウインズ 3 - 3 パール.ライス /8/6(日)8:45-10:45 滝が原球場(6面)

 

 

ゲーム内容 パール 藤井投手、ウインズ池上投手でプレイボール。初回、パールは先頭一条選手の右中間への三塁打から小野選手の安打で先制。その後両投手、両守備陣の踏ん張りで5回まで緊迫した展開。試合が動いたのは5回裏。ウィンズは二死から四球でランナーを出すと続く三番松浦選手がレフトのエラーを生む大飛球を放ち終盤で遂に同点に追いつく。六回をお互い無得点で終え勝負はサドンデスへ。先行パールは一死一三塁から藤村選手のプッシュバント、小野選手の内野ゴロなどで二点を取る。対するウインズも盗塁から一死二三塁を作ると八番笠井選手のライト前で瞬時に同点。その後はパール藤井投手が踏ん張り切りそのままゲームセット。サドンデスでも決着はつかず、最後は9人対9人によるジャンケンをパールが制しました。
山本直一郎監 督コメント 相模原ウインズ様。二度目の対戦有難う御座いました。有り得ないくらいの炎天下の中、最後まで緊迫した試合でとても楽しめました。また宜しくお願い致します。

 

 

  マリーベースボールクラブ 0 - 12 マミーズ /8/6(日)10:45-12:45 滝が原球場(6面)

 

 

ゲーム内容 マリベースボールクラブ先発は酒井投手、マミーズ先発は北村投手。両投手共に初回ランナーを許すも無得点に抑える。2回表マミーズ先頭の5番小野選手が、レフトへの本塁打で1点を先制。続く四死球で得た1死満塁のチャンスで、1番丸橋選手が中犠飛で2点目を上げる。3回表、マミーズはランナーを二人置き、6番竹尾(圭)選手がライトへ3ラン本塁打。続く4回表、3番北村選手が今度は左中間へ2ラン本塁打を放ち7-0とする。さらにマミーズは5回表、3連打で2点、6回表には失策も絡み3点を挙げ12-0とする。北村投手から9奪三振の好投。打線は7安打中本塁打3本、二塁打1本と長打攻勢でマミーズ勝利。
日高広昭監 督コメント 猛暑の中お疲れ様でした。

 

 

  五反田タイファイターズ 0 - 3 JSC /8/6(日)14:45-16:45 滝が原球場(6面)

 

 

ゲーム内容 先発はJSC福原投手、五反田タイファイターズ水崎投手。1回表JSCは吉田選手の犠牲フライと深澤選手のタイムリーヒットで2点、さらに2回表はミスで1点追加。一方五反田タイファイターズは3回裏、先頭鈴木選手が安打で出塁、二死後4番菊池選手がセンターへ安打を放つもJSCセンター冨岡選手の好返球で本塁タッチアウトでチャンスを逃す、その後はJSC福原投手、久津間(智)投手が五反田ファイターズの反撃を粘りながらも抑えゲームセット、JSCが3-0で勝利。
宗像隆一G Mコメント 五反田タイファイターズ様 対戦のほう有難うございました。暑い中でしたが締まった素晴らしいゲームが出来て大変感謝しております。また対戦のほうお願いします。

 

 

  SENTAKKI'S 4 - 2 スナイパーズ /8/6(日)12:45-14:45 滝が原球場(6面)

 

 

ゲーム内容 1回裏、四球〜送りバントでチャンスを作ると長谷川選手・小澤選手のタイムリーで幸先良くSENTAが2点を先制。5回表、1アウトから3連打で満塁のチャンスを作るとエラーが出てスナイパーズが同点に追いつく。同点に追いつかれたSENTAはその裏、死球〜鈴木選手が2個目の送りバントを決めると村上選手のタイムリースリーベースヒット、長谷川選手がエンドランをしっかり決めて2点勝ち越し。6回表、ヒットでランナー出塁もSENTAKKI'S石戸谷投手が完投でSENTAKKI'S勝戦。
鈴木 秀治主 将コメント 対戦ありがとうございました。八王子市民まで行けるように20日も頑張りたいと思います。

 

 

  ヤンキース 7 - 0 グローリーズ /8/6(日)8:45-10:45 滝が原球場(5面)

 

 

ゲーム内容 試合当日、開始予定時刻までにグローリーズ人数揃わずヤンキース不戦勝
加藤 聡弘渉 外コメント ありがとうございました

 

 

  3 - 4 (株)グリーンセレモニーアスレチックス /8/6(日)10:45-12:45 滝が原球場(5面)

 

 

ゲーム内容 2回裏アスレチックス倶楽部の攻撃は一死から5番小林選手の死球と6番綿谷選手のレフト前安打で一死二塁三塁、ここで7番松本投手が自らを助けるセンター前安打を放つとセンターが後逸して3点を先制。4回表中央BOYSも反撃、二死から4番平島選手が内野安打で出塁すると、5番臼田選手がレフト前安打で繋ぎ二死一塁三塁。ここで6番抜井選手がセンターオーバーの二塁打で2点を返す。5回裏アスレの攻撃は9番差波選手がセカンド強襲安打で出塁すると盗塁を決める。一死三塁から2番菅原選手がエンドランを決めて貴重な1点を追加。最終回中央BOYSも2番中原選手がバントヒットで出塁し盗塁を決め、一死三塁から4番平島選手がレフト前安打を放って1点を返し、アスレを追い込む。アスレ松本投手はなんとか後続を断ち、1点差勝利。
岡野 勇士監 督コメント 中央BOYS様 炎天下の猛暑の中 熱い試合ありがとうございます。最後まで諦めない粘り強い野球に感服しました。

 

 


準々決勝 (対戦期限:8/20(日)27(日)八王子市民球場/八王子市民球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  清瀬ビクトリー 0 - 3 淵野辺オリオンズクラブ /8/27(日)10:45-12:45 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 オリオンズは初回1番高橋選手が出塁すると、2番鈴木選手がキッチリ送くりチャンスを作るも後続打取られ無得点。4回、2番鈴木選手が出塁すると、4番片桐選手、5番杉田選手、6番菅谷選手の連打で2点先制。7回にも1点を追加。投げては先発片桐投手2四死球も無安打完封でノーヒットノーラン達成。
橘 猛監 督コメント 清瀬ビクトリー様、対戦有難う御座いました。とても締まった良い試合だったと思います。またの対戦宜しくお願いします。

 

 

  ヤンキース 3 - 2 (株)グリーンセレモニーアスレチックス /8/20(日)8:45-10:45 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 ヤンキース土屋投手。アスレチックス倶楽部兎澤投手の先発マウンド。両投手とも初回から走者を背負うがまずまずの立ち上がり。2回表、ヤンキースはヒットで出た田崎選手を一塁に置き、広瀬選手がライトーバーのタイムリー三塁打を放ち1点を先制する。3回表、簡単に二死となったあと、3番川名選手、4番岡田選手、5番田崎選手の3連打で2点を追加する。3回までヤンキース土屋投手の前に封じ込まれたアスレチックス倶楽部だったが4回裏、3番綿谷選手が執念の安打で出塁すると、4番長澤選手が豪快に引っ張りこの回2点を返す。3-2ヤンキース1点リードで迎えた6回表、ヤンキースは下位打線が奮起し広瀬選手のタイムリーで貴重な1点を追加。このあと突然の豪雨に見舞われ中断、ゲーム再開の目処立たずスコア3-2。5回コールド。
加藤 聡弘渉 外コメント どうもありがとうございました。

 

 

  パール.ライス 0 - 1 マミーズ /8/27(日)12:45-14:45 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 マミーズ先発北村投手は1回表3者凡退の好スタート。パールライス先発藤井投手は一死後、マミーズ2番白井・3番柳川選手に連打を許すも、4・5番を連続三振に切って取りこちらも好スタート。試合が動いたのは3回裏。マミーズ先頭の丸橋選手がレフト線へ二塁打を放ち、2番白井選手は強攻し二塁内野安打で無死一三塁と絶好の先制機。ここで白井選手が牽制に引っかかり、一死三塁となるも、3番柳川選手の内野ゴロで丸橋が生還しマミーズが1点を先制。パールライスも、5回表、先頭7番菅谷がセンターへ弾き返し無死一塁。8番藤井選手の内野ゴロで2塁へ進める。ここでパールライスは意表を突くバント。しかしマミーズ柳川捕手が思い切ってサードへ送球。間一髪アウトとし、一塁に生きた藤村選手の二盗も阻止し、ピンチを防ぐ。6回裏、マミーズは一死後、4番小野選手がライト前へ運ぶと、二塁を狙う好走塁で無死二塁のチャンス。5番竹尾(健)選手が内野安打でチャンスを広げ、二盗した一死二三塁で、6番北村選手の遊ゴロが本塁野選となり2-0。その後暴投・押し出しなどで加点したマミーズが4-0とリードしなおも攻撃中に時間切れ。規定により5回終了時スコア1-0でマミーズが勝利。
日高広昭監 督コメント 指揮官不在の中選手達は己の仕事をキッチリこなし、SS参加して6年、初のBEST4進出を果たしました。残りは何処も強豪ですが、臆せず頑張りたいと思います。

 

 

  SENTAKKI'S 7 - 0 JSC /8/27(日)14:45-16:45 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 試合当日、開始予定時刻までにJSC人数揃わずSENTAKKI'S不戦勝
鈴木 秀治主 将コメント 残念でしたが上部大会で対戦できることを楽しみにしています。

 

 


準決勝 (対戦期限:9/3(日)上柚木球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  ヤンキース 3 - 1 淵野辺オリオンズクラブ /9/3(日)9:00-11:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 ヤンキース中川投手、オリオンズ高岡投手が先発。試合が動いたのは4回表ヤンキースの攻撃、相手のミスや四死球で1点先制後、7番堀切選手のセンターオーバーのタイムリーで3-0。5回裏オリオンズは振り逃げで出塁後2つのワイルドピッチで1点返すも反撃はここまで3-1でヤンキースの勝利。中川投手12奪三振の完投勝利。
加藤 聡弘渉 外コメント ありがとうございました。

 

 

  マミーズ 1 - 2 SENTAKKI'S /9/3(日)11:00-13:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 1回表、2死から四球〜盗塁〜4番小野選手のレフト前タイムリーでマミーズが先制。2回裏、死球〜8番古宇田選手がバスターエンドランを鮮やかに決めて無死一二塁。捕手牽制がエラーとなり無死一三塁とすると9番福田選手がきっちり転がして同点。1.2番の進塁打でチャンスを継続させ、3番村上選手がセンター前にタイムリーを放ちSENTA逆転。3回以降、マミーズ3安打・SENTA0安打とマミーズが押し気味に試合を進めるも先発・石戸谷投手を中心に盗塁阻止や牽制等でピンチをしのいだSENTAが逃げ切りサマー決勝進出。
鈴木 秀治主 将コメント マミーズ様、対戦ありがとうございました。今後とも機会がありましたら対戦お願いいたします。

 

 


決勝 (対戦期限:9/3(日)上柚木球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  ヤンキース 9 - 2 SENTAKKI'S /9/3(日)13:00-15:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 ヤンキース中川投手、センタッキーズ石戸谷投手が先発。2回表ヤンキースの攻撃先頭の4番浦選手が初球をレフトフェンスをはるかに超える特大のソロホームランで先制。続く、浦井選手、徳永選手の連打で2点目で2-0。4回裏センタッキーズの攻撃は四球、死球の後、小沢選手、石戸谷選手の連打で2-2同点。5回よりヤンキース土屋投手登場、一人も走者を許さずに延長戦突入。8回表ヤンキースの攻撃は5本のヒットと四球を絡めて7点追加で9-2。その裏も土屋投手が完璧に閉めて9-2ヤンキースの勝利。
加藤 聡弘渉 外コメント ありがとうございました。

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.