草野球総本山!全国軟式野球ストロングリーグ=目指せプロスタ!衝撃の全国制覇!

ストロングカップ2013平日大会(水曜リーグ) Bブロック

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代-  

【特割】 ストロングカップ2020(春)
 
 

ストロングカップ2013平日大会(水曜リーグ) Bブロック

 

順位表

勝ち点内訳 >>

勝 ち = +3

負 け = +0 引き分け = +1 不戦敗 = -1

 

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失差
1位 Bulldogs 3 0 2 +11 32 12 +20
2位 Donuts 3 0 2 +11 25 9 +16
3位 オール109 3 1 1 +10 31 14 +17
4位 東中野パイオッツ 2 2 1 +7 22 13 +9
5位 ACS 0 4 0 -1 5 34 -29
6位 THG 0 4 0 -2 2 35 -33

 

 

 
 

地区大会順位は[勝ち点]の合計により決定。 最終成績の上位2チームが決勝トーナメントヘ進出します。
ただし、クラスによってはブロックの上位3〜4チームが決勝トーナメント進出 の場合有り。詳細は各大会ページにて必ずご確認下さい。
◇ 2チームの勝ち点が、同点で並んだ場合以下次の優先順に順位を決定します。
順位決定基準 →  1. [勝ち点] →  2. [勝ち数] →  3. [直接対決結果] →  4. [得失点差合計]→ 5,[失点合計](少ない)
◇ 3チーム以上の勝ち点が並んだ場合は、上記の順位決定基準「直接対決結果」を無視して順位決定。
 ・ 不戦試合のスコアは不戦勝チームが7-0、不戦敗チームが0-7。両者不戦敗の場合のスコアは両者共0-7。

 
 
 

星取表

表の見方 >>

○ = 勝ち

× = 負け △ = 引き分け

 

NO. チーム名123456
1 東中野パイオッツ ×2-3○5-2○10-1×4-6△1-1
2 Bulldogs○3-2 ○14-2○不戦勝△3-3△5-5
3 ACS×2-5×2-14 ×1-8×不戦敗
4 THG×1-10×不戦敗 ×1-11×不戦敗
5 オール109○6-4△3-3○8-1○11-1 ×3-5
6 Donuts△1-1△5-5○不戦勝○不戦勝○5-3 

 

Noは大会用のチーム番号です。 対戦順序は問いませんが各期限を過ぎると不戦敗です。 余裕をもって進めてください。

ストロングカップ2020(春) 地区大会組合せと対戦期限

 

ストロングカップ2019(秋) 地区大会組合せと対戦期限

第1節 関東[土] 20/7/11(土)〆
関東[日] 20/7/12(日)〆
関西[土]20/7/11(土)〆
関西[日20/7/12(日)〆
1vs6 2vs5 3vs8 4vs7
第2節 1vs5 2vs6 3vs7 4vs8
第3節 1vs4 2vs3 5vs8 6vs7
第4節 1vs3 2vs4 5vs7 6vs8
第5節 関東[土]20/9/11(土)〆
関東[日]20/9/12(日)〆
関西[土]20/9/11(土)〆
関西[日]20/9/12(日)〆
1vs2 3vs4 5vs6 7vs8
第6節 1vs8 2vs7 3vs6 4vs5
最終節 1vs7 2vs8 3vs5 4vs6

 

 
第1節 19/12/22(日) 1vs6 2vs5 3vs8 4vs7
第2節 1vs5 2vs6 3vs7 4vs8
第3節 20/6/28(日) 1vs4 2vs3 5vs8 6vs7
第4節 1vs3 2vs4 5vs7 6vs8
第5節 1vs2 3vs4 5vs6 7vs8
第6節 1vs8 2vs7 3vs6 4vs5
最終節 1vs7 2vs8 3vs5 4vs6

 

 

 
 

【重要】 試合日程が決まったら直ちにホームチームが「日程報告」、試合後は勝利チーム(引き分け、雨天中止の場合はホームチーム)が試合終了予定時刻より72時間以内に「結果報告」をおこなってください。各報告作業は『部室』からおこないます。期限内に対戦がおこなえなかった場合(特別延長除く)、両チーム協議の上、勝利(不戦勝)チームが『部室』から"不戦試合報告"。両者不戦敗の場合は、チーム番号の若い方が報告 願います。

 
 

 


試合日程/結果


 

 
 

ストロングカップ2013平日大会:水曜リーグBのブロックページです。
対戦日程が決まりましたらホームチーム様が部室から日程報告、試合終了後は、勝利チーム様が結果報告をおこないます。引き分けまたは雨天中止の場合はホームチームがおこないます。
リーグ戦終了後、最終順位に応じてプレーオフをおこないます。
対戦順序は不問ですが、各対戦カードを対戦期限内に対戦をおこなってください。
対戦順序は不問ですが必ず期限までに全試合を実施いただけるよう期間にゆとりをもって試合交渉・実施お願いします。ただし第4節までのカードにおいて、両チーム交渉努力し、どうしても期限内に実施できなかった場合、両軍同意の場合に限り、最終節までの延長は認められます。以降認められません。
ブロック上位2チームがプレイオフ進出。本部指定日に招待試合。1デイバトル。
開幕後に新規チーム様が参戦した場合、該当チーム様との対戦期限は一律最終節までとなります。対象チーム:Donuts様

 
 

 

第1節 (対戦期限:対戦期限:7/24(水))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  THG 1 - 10 東中野パイオッツ 2013/10/30(水)11:00-13:00 善福寺川緑地野球場

 

 

ゲーム内容 東中野パイオッツが勝利を飾る。
小西啓介主 将コメント

 

 

  Donuts - ACS 2013/7/24(水)10:00-12:00 猿江恩師公園野球場

 

 

ゲーム内容 グランド不良により中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
田島 偉史監 督コメント

 

 

  東中野パイオッツ 1 - 1 Donuts 2013/6/26(水)11:00-13:00 西戸山野球場

 

 

ゲーム内容 降りしきる雨の中、ストロングリーグ初戦をホーム西戸山球場で迎える東中野パイオッツはDonutsとの対戦。Donutsはエース遊佐投手。その立ち上がりを攻め、1回表パイオッツは、1番村山が3塁打で先制のチャンス。ここで3番蓑津選手がセンター前のクリーンヒットで1点を先取。パイオッツは本格左腕の小糸が先発。Donutsも小糸投手の立ち上がりを攻めると、パイオッツの内野のエラーの間に1点を奪う。その後は投手戦。パイオッツ小糸投手は3回を投げ7奪三振を奪う快投を見せると、Donuts遊佐投手も要所を締めるピッチングで得点を与えない。5回表にパイオッツ竹本選手の内野安打をきっかけに1アウト3塁という追加点のチャンスを迎えたが、後続が断たれ得点できず、Donutsもチャンスを作るもパイオッツ2番手の石川投手の好投に追加点を奪えず。5回終了時に雨が強くなり、雨天コールドゲームで1対1の引き分けで試合終了。
小西啓介主 将コメント Donuts田島様 雨天の中、西戸山まで来て頂き本当にありがとうございました。ナイスゲームでした。また上柚木球場でお会いできる事を!!お互い頑張りましょ!!

 

 

  Bulldogs 3 - 3 オール109 2013/8/7(水)13:00-15:00 野毛町公園野球場

 

 

ゲーム内容 5回まで試合がもつれ、そのまま時間切れゲームセット。
梶原祥雄主 将コメント 猛暑の中お疲れ様でした。又宜しくお願い致します。

 

 


第2節 (対戦期限:対戦期限:7/24(水))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  Bulldogs 5 - 5 Donuts 2013/7/17(水)13:00-15:00 野毛町公園野球場

 

 

ゲーム内容 両チーム共に最後迄譲らず同点となりました。
梶原祥雄主 将コメント 本日は有り難う御座います。又宜しくお願い致します。

 

 

  オール109 11 - 1 THG 2013/5/29(水)13:00-15:00 二子玉川緑地公園か砧公園

 

 

ゲーム内容 裏目黒野球部の打線がつながり、11−1で裏目黒野球部の勝ち。
猿楽 諒マネージャーコメント ’†“中島様、THGの皆様、二子玉川まできていただきありがとうございました。またぜひ対戦よろしくお願いします。

 

 


第3節 (対戦期限:対戦期限:7/24(水))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  オール109 6 - 4 東中野パイオッツ 2013/7/17(水)13:00-15:00 西戸山公園野球場

 

 

ゲーム内容 先制したのはパイオッツ。裏目黒先発の三浦投手が連続四球と死球で3点を奪う。その後もパイオッツは4番竹本選手のセンター前ヒットを皮切りに、茂呂選手、上原選手の連続ヒットにより追加点を奪う。しかし裏目黒も5回裏、パイオッツ先発で好投していた小糸投手から替わった服部投手を攻め、2点を返すと、パイオッツの守備の乱れとエラーにより逆転を喫し万事休す。パイオッツは初の2連敗。
猿楽 諒マネージャーコメント 裏目黒野球部・田島さん>今日はわざわざ新宿までお越し頂いてありがとうございました。また機会があれば是非試合しましょう。お疲れ様でした。

 

 

  Bulldogs 14 - 2 ACS 2013/5/29(水)11:00-13:00 東調布公園野球場

 

 

ゲーム内容 6回裏終了後 時間切れ14-2 Bulldogsの勝ちとなりました。
梶原祥雄主 将コメント ACS様 有難うございます。

 

 


第4節 (対戦期限:対戦期限:7/24(水))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  Bulldogs 7 - 0 THG ----- -----

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にTHG活動体制なくBulldogs不戦勝
梶原祥雄主 将コメント 両チーム協議の上、Bulldogsの不戦勝となりました。又機会有れば是非宜しくお願い致します。

 

 


第5節 (対戦期限:対戦期限:10/16(水))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  オール109 8 - 1 ACS 2013/9/11(水)13:00-15:00 碑文谷公園

 

 

ゲーム内容 4回まで両チーム投手が0点に抑える投手戦。終盤、裏目黒野球部の打線がつながり8−1で裏目黒野球部の勝利。
猿楽 諒マネージャーコメント ACSの皆様、碑文谷公園までお越しいただきありがとうございました。来シーズンもよろしくお願いします。

 

 

  東中野パイオッツ 5 - 2 ACS 2013/8/22(水)13:00-15:00 西戸山野球場

 

 

ゲーム内容 先制したのはパイオッツ。ACS先発の吉沢投手の立ち上がりを攻め、四球と犠打でランナーを送ると、本田P選手の内野ゴロの間に1点先制。さらに相手のエラー等で計3点を奪う。パイオッツ先発は今期初となる上原投手。2回をパーフェクトに抑えると、2番手の小野投手も2回を完璧なピッチング。ACSに攻撃を与えない。パイオッツは3回、小笠原選手のタイムリー2塁打などで、さらに追加点をあげるが、ACSも6回に反撃開始。パイオッツ3番手の炭谷投手から連打とタイムリーなどで2点を奪う。最終回、ACSはノーアウト満塁のチャンスを得るも後続が続かず、東中野パイオッツが逃げ切り、今期初勝利をあげた。
小西啓介主 将コメント

 

 

  Donuts - ACS 2013/9/25(水)9:00-11:00 錦糸公園野球場

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
田島 偉史監 督コメント

 

 

  Bulldogs 3 - 2 東中野パイオッツ 2013/7/3(水)11:00-13:00 世田谷公園野球場B面

 

 

ゲーム内容 東中野パイオッツ 先攻Bulldogs 後攻で始まった試合は6回を戦い3-2Bulldogsの勝ちとなりました。
梶原祥雄主 将コメント 東中野パイオッツ様。本日は有り難う御座いました。

 

 


第6節 (対戦期限:対戦期限:10/16(水))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  オール109 - Donuts 2013/10/2(水)13:00-15:00 碑文谷公園

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
猿楽 諒マネージャーコメント

 

 


最終節 (対戦期限:対戦期限:10/16(水))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  オール109 3 - 5 Donuts 2013/10/23(水)13:00-15:00 碑文谷公園

 

 

ゲーム内容 裏目黒野球部は最終回に2点差まで追い上げるも、時間切れによりゲームセット。Donutsが接戦を制した。
田島 偉史監 督コメント 裏目黒野球部の皆様、ありがとうございました。今後もよろしくしお願いいたします。

 

 

  Donuts 7 - 0 ACS 2013/10/30(水)9:00-11:00 錦糸公園野球場A面

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にACS活動体制なくDonuts不戦勝
田島 偉史監 督コメント 今大会では天候にも恵まれず、残念な結果となってしまいましたが、今後も練習試合等、よろしくお願いいたします。

 

 

  THG 0 - 7 Donuts 2013/6/12(水)11:00-13:00 下高井戸運動場

 

 

ゲーム内容 対戦期限内にTHG活動体制なくDonuts不戦勝
田島 偉史監 督コメント

 

 


 


Copyright(C) BASEABLL JAPAN All light reserved.

運営: 株式会社ベースボールジャパン