全国軟式野球ストロングリーグ

ストロングカップ2010(春)関東:土曜〔1部決勝T〕

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

ストロングカップ2010(春)関東:土曜〔1部決勝T〕

 


試合日程/結果


 

 
 

ストロングカップ2010(春)決勝トーナメントのページです。このクラスの総合優勝チームは、ジャパンカップ2010出場権獲得となります。期限内に実施します。関東決勝戦は、本部指定の日時で実施。関西決勝戦は本部会場費負担(1万円まで)および複数審判手配(日程確定後、事務局へ連絡のこと)。

 
 

 

1回戦 (対戦期限:対戦期限:9/18(土))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  SCO 1 - 2 ディアブロス 2010/9/18(土)10:30-12:30 相模湖林間公園野球場

 

 

ゲーム内容 先攻のディアブロスが初回に無死二三塁のチャンスを作るも無得点。その裏、SCOは1番山崎選手が死球で出塁、2つの盗塁を決め三塁へ進む。1死から3番柴田選手の投ゴロで三塁ランナーが飛び出してしまうがディアブロス小野寺投手が悪送球、1点を先制する。2回表。ディアブロスは二塁打の藤原選手を三塁に置いて1番岩武選手の内野安打で同点とする。同点のまま迎えた5回表、ディアブロスは無死から岩武選手が四球で出塁。三盗した際の送球が悪送球となり1点を勝ち越す。ディアブロス小野寺投手は打たせて取るピッチングで7回を石澤選手の内野安打1本に抑える好投。そのまま2-1でディアブロスが逃げ切った。
岩武 学主 将コメント 1点勝負の緊張感のある試合でした。今回は格上のSCOさんに運よく勝つことができましたが実力はまだまだ及ばないと痛感しました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

 

 

  ナインフォース 11 - 0 46ers 2010/9/18(土)15:00-17:00 ガス橋緑地3号面

 

 

ゲーム内容 初回ナインフォースは、1死三塁のチャンスをつくると、エンドランを決め先制、2回にもエラー絡みで得点をあげ、2対0とする。46ersもスコアリングポジションにランナーを進めるも後一打が出ない。4回裏、ナインフォースは9番長岡の3ランを皮切りに打線が爆発、9得点を挙げ、試合を決めた。
桑島由紀夫さんコメント ご対戦ありがとうございました。

 

 

  サタデーナイトフィーバーズ 2 - 0 Japan Brand 2010/9/20(祝)10:00-12:00 しらこばと運動公園野球場

 

 

ゲーム内容 2−0でSNFが勝利いたしました。
柳川 義則G Mコメント 遠征ありがとうございました。

 

 

  シャイニング・フェローズ 3 - 2 BUSTERS 2010/9/11(土)19:00-21:00 芝公園

 

 

ゲーム内容 初回シャイニングフェローズの攻撃、先頭佐々木選手がヒットで出ると、奥村選手の打球をショートエラーの間に先制点、4番友成選手の3塁打で1点、この回もう1点加え計3点を加える。その後は両チーム投手戦になり、バスターズは3回、6回ソロホームランで得点2点を得点、7回表の攻撃でシャイニングフェローズの守備が乱れ逆転するも時間切れ7回が成立せず、リーグ規定により6回のスコアーでシャイニングフェローズの勝利となる。
寺尾憲治G Mコメント 遠いところ遠征ありがとうございました。

 

 

  Hustle Japan 2 - 2 Whitetails 2010/9/18(土)10:00-14:00 江東区潮見野球場

 

 

ゲーム内容 Hustle Japanは宮本投手、Whitetailsは長沼投手の先発。Hustle Japanは初回、先頭の塩田選手の2塁打で絶好のチャンスを作るも、後続が倒れ無得点。対するWhitetailsも2回にノーアウト12塁の絶好のチャンスを作るも、後続が続かずに無得点。試合が動いたのは4回。Whitetailsは早めの継投策で4回から二番手の小川投手がマウンド。Hustle Japanは小川投手の代わり端を攻め、3番村松選手が四球で出塁すると、4番宮本選手がライト線を破る、ランニングツーランホームランで先制!Whitetailsも5回、4回から登板の2番手の梅沢投手から、先頭の柴村選手が絶妙なセーフティバントで出塁。盗塁とワイルドピッチで1アウト3塁のチャンスを作ると、1番首藤選手の内野ゴロで1点を返す。6回表には伊藤選手がレフト戦を破り、ランニングホームランを狙うもHustle Japanの華麗な中継プレーとショート島田選手の好返球により、本塁憤死。試合は1点差のまま最終回に。1点ビハインドのWhitetailsは最終回先頭の7番山口(真)選手が起死回生のライトオーバーの同点ランニングホームラン。サドンデス延長戦に突入した。延長初回表、Whitetailsは伊藤選手、五十嵐選手の内野ゴロとHustle Japanの守備の乱れにより4点を取る。その裏の攻撃を3番手の合屋投手が1点に抑え、Whitetailsの勝利。
大出 洋介渉 外コメント このたびはグラウンドと審判のご手配、ありがとうございました。グラウンドを2コマ使わせて頂いたおかげで、時間を気にせずに思い切り楽しむことができました。Hustle Japanさんとの対戦は接戦ばかりで、毎回楽しみです。再戦を楽しみにしています!今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  GDM 1 - 3 新英電興 2010/9/11(土)19:00-21:00 玉川球場

 

 

ゲーム内容 GDM大田投手、新英電興佐藤(啓)投手で試合開始。新英は2回、先頭の山川が四球、続く大屋が犠打、土性(稔)が死球にバッテリーエラーが絡み、1死2,3塁のチャンスを作ると、我妻がすかさずスクイズエンドラン。これで2者が生還しノーヒットで2点を奪う。この後大田投手は立ち直り見事な投球を見せ追加点を許さない。GDMはヒット等で出塁はするもののあと1本が出ず、中盤は膠着状態となる。新英は5回、先頭の山際がチーム初安打を放ち、さらに盗塁を成功させる。続く4番保坂が犠打で1死3塁のチャンス。続く山川がエンドランを成功させ、貴重な追加点を得る。最終回、GDMは2死からヒットと四球、バッテリーエラーで1点を返しなおもチャンスを作るも、最後はショートゴロに終わり、新英の勝利となった。GDM大田投手は1安打完投、新英佐藤(啓)投手は4安打完投。
益田 慎吾渉 外コメント GDMの皆様、お招き頂きありがとうございました。試合前のアップから始まり、スイングの鋭さと全力の走塁に、都大会レベルの緊張感を味わうことができ、大変楽しかったです。是非また胸をお貸し下さい。

 

 

  BlueThunders 2 - 8 Blue Impulse 2010/9/11(土)10:00-12:00 夢の島野球場8面

 

 

ゲーム内容 Blue Impulse(以下BI)先行。初回、BIの攻撃。Blue Thunders(以下BT)先発投手の素晴らしい立ち上がり。簡単に1,2番が倒れ、3番葛岡が出塁するとすかさず盗塁を決めて2死2塁。ここでBI4番井上が2塁打を放ち、BI先制。4回にも2点を追加し、試合の主導権を握る。粘るBTは4回裏、BIのバッテリーミスで1点を返すと、BI一塁手のFCで2点を返し、流れを引き寄せる。しかし、ここからBIの打線が爆発。5回表、BIは先頭打者を出塁させると3番葛岡が貴重な追加点となるツーランホームランで2点を追加、更に6回も攻め立て。この日2本目となる葛岡のスリーランホームランで駄目押し。投げては追いすがるBTを高橋、葛岡と継投でしのぎきり、8−2でBIの勝利。2回戦進出を決めた。
巽 健二郎G Mコメント グランド、審判のお手配ありがとうございました。またの機会に是非、旨をお貸し下さい。

 

 


2回戦 (対戦期限:対戦期限:10/11(祝))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  Whitetails 3 - 2 SFB 2010/10/16(土)13:00-15:00 保土ヶ谷球場軟式B面

 

 

ゲーム内容 1回裏Whitetailsは2四球で無死1,2塁のチャンスに3番・4番が連続三振を喫するも5番三四選手の右中間への二塁打で2点を先制。2回表SFBは春山選手が四球を選びすかさず盗塁。鴨原選手の三塁ゴロが敵失を誘い1点を返す。その後はWhitetatails先発の長沼投手と、2回から登板したSFB春山投手の投げあいとなる。6回表、SFB先頭打者の大木選手が敵失で出塁すると、中山選手のところでヒットエンドランを仕掛ける。しかし、痛烈な当たりはピッチャーライナーとなりダブルプレーとなり絶好のチャンスを逃した。5回裏、Whitetailsは敵失で出塁した伊藤選手を柴村選手が犠打で送ると、4番山口(武)選手の1-2塁間を破るタイムリーで1点を追加。7回表SFBは右前打で出塁した春山選手を石井選手がレフトオーバーの2塁打で1点を返すも、長沼投手が後続を抑え、Whitetailsが3-2で勝利。
大出 洋介渉 外コメント このたびは当方の都合で遠征いただき、ありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

  新英電興 3 - 2 ナインフォース 2010/10/16(土)11:00-13:00 ガス橋緑地2号面

 

 

ゲーム内容 新英電興山川、ナインフォース藤島投手で試合開始。ナインフォースが序盤から猛攻を仕掛け、ヒット、盗塁、タイムリー等で2点を奪い、新英のバッテリーを引きずり下ろす。2点ビハインドの新英は5回、ナインフォースの2番手投手から市川、佐藤のタイムリーで同点に追いつき、続く6回、エラーと吉岡のヒット、満塁策による敬遠で1死満塁のチャンスを作り、代打知久を迎えるも三振。2死となりジャンケン決着かと思われたが、9番菊池が値千金のサヨナラタイムリーを放ち、新英の勝利となった。
益田 慎吾渉 外コメント ナインフォースの皆様、ご対戦ありがとうございました。序盤までは完全に新英の負けゲームでした。今後とも宜しくお願い致します。

 

 

  シャイニング・フェローズ 0 - 4 サタデーナイトフィーバーズ 2010/10/11(祝)12:00-14:00 荒川運動公園野球場

 

 

ゲーム内容 SNFが勝利しました。
柳川 義則G Mコメント グランド・審判ご手配ありがとうございました。

 

 

  ディアブロス 0 - 3 Blue Impulse 2010/10/2(土)9:00-11:00 三輪みどり山球場

 

 

ゲーム内容 Blue Impulse(以下BI)先攻。ディアブロス後攻。初回、BIの攻撃。二死から四球とワイルドピッチでチャンスを作り、4番井上がライト線を破る適時二塁打で先制。2回にも四球と盗塁で無死二塁のチャンスを作る。しかし、ディアブロス右翼手のファインプレーが飛び出し、二塁走者高橋が帰塁できず、ダブルプレー。無得点に終わる。対するディアブロスは1回の裏にヒットと二つの盗塁で無死三塁のチャンスを作るが、続く二番打者の投ゴロの際に三塁走者が飛び出し、痛恨のタッチアウト。同点の機会を失する。3回表BIの攻撃。二死から走者を四球で出すと、3番葛岡の初球にラン&ヒットを敢行。これが見事に決まり左中間を深々と破る適時二塁打で1点追加。更にBIは6回にも6番高橋の三遊間を破るしぶとい適時打で効果的に追加点をあげる。追いすがるディアブロスも再三走者を貯めチャンスを作るも、後1本が出ず。高橋→葛岡の完封リレーでBIが勝利。準決勝進出を決めた。
巽 健二郎G Mコメント グランド手配などありがとうございました。またの機会に宜しくお願い致します。

 

 

  新英電興 - ナインフォース 2010/10/9(土)15:00-17:00 ガス橋野球場1号面

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
益田 慎吾渉 外コメント

 

 

  Whitetails - SFB 2010/10/9(土)11:00-13:00 保土ヶ谷球場軟式B面

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
大出 洋介渉 外コメント

 

 


準決勝 (対戦期限:対戦期限:10/23(土))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  サタデーナイトフィーバーズ 3 - 0 Blue Impulse 2010/10/23(土)19:10-21:00 川柳公園野球場

 

 

ゲーム内容 SNFが勝利いたしました。
柳川 義則G Mコメント 遠征いただきありがとうございました。

 

 

  新英電興 4 - 1 Whitetails 2010/11/6(土)14:00-16:00 ガス橋野球場3面

 

 

ゲーム内容 新英電興佐藤投手、whitetails菊池投手の先発で試合開始。初回、whitetailsは三四選手の安打でチャンスを作るも後続が断たれ無得点。2回にも大出選手の安打が出るが、続く小岩選手の痛烈な打球がライトゴロとなり得点できず、ここで流れは新英へ。その裏の新英はエラー、犠打、四球で満塁のチャンスを作ると、菊池選手のスクイズエンドランが決まり先制に成功する。さらに3回の新英、先頭の佐藤選手が三塁打を放ち、続く山際が中越二塁打で追加点、さらに四死球でランナーをため我妻選手の2点適時打でこの回3点を得る。whitetailsは4回、エラーで出塁した山口選手が仕掛けた三盗が捕手の悪送球を誘い得点するも、反撃もここまで。最後は佐藤投手の後を受けた土性投手が粘るwhitetailsを振り切り、新英の勝利となった。
益田 慎吾渉 外コメント 大出様、whitetailsの皆様、長きにわたるご調整真にありがとうございました。試合もしびれる展開で、紙一重だったと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 


決勝 (対戦期限:11月 本部主催)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  新英電興 5 - 1 サタデーナイトフィーバーズ 2010/11/20(土)12:10-13:50 北野公園野球場

 

 

ゲーム内容 サタデーナイトフィーバーズ(以降SNF)佐古投手、新英電興佐藤(啓)投手の先発で試合開始。新英は初回、佐藤(啓)選手のスクイズエンドラン、我妻選手のタイムリー等でいきなり4点を先制。続く二回にも二死三塁から大屋選手のタイムリーで1点を追加。優位に試合を進める。新英佐藤(啓)投手は低目を丁寧につき、鋭いスイングで積極的なSNF打線を抑えこむ。中盤以降SNF佐古投手も立ち直り、さらに後を受けた芦澤投手が素晴らしい好投を見せ、試合は硬直状態となる。5-0で迎えた最終回、SNFは中野選手の二塁打と佐藤選手の犠飛で1点を返し意地を見せるが反撃もここまで。5-1で新英が勝利し、初優勝を飾った。MVPは佐藤(啓)投手が選出された。
益田 慎吾渉 外コメント サタデーナイトフィーバーズの皆さん、ありがとうございました。点差程の差はなかったと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.