全国軟式野球ストロングリーグ

第34回 ピースファイル(タイトルマッチ・マイルド)

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

第34回 ピースファイル(タイトルマッチ・マイルド)

 


試合日程/結果


 

 
 

全国軟式野球交流試合「ピースファイル」マイルドのタイトルマッチ(シングル)です。JSBBルールの継承、競技の安全と野球マナーを重視した真剣勝負です。勝ち抜き戦システムです(今開催は7イニング)。毎回新たなチャレンジャーチームが指名されます。防衛回数を競います。

 
 

 

3/3(日)QVCマリンスタジアム (対戦期限:ルーキーズ 3度目防衛戦)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  ルーキーズ 7 - 1 オイラーズ 2013/3/3(日)16:15-18:15 QVCマリンフィールド

 

 

2本のタイムリーを含む3安打猛打賞の竹本選手 投打で活躍の宇都宮選手 2イニング無死点4奪三振の好リリーフを見せた秋谷投手 ルーキーズ集合写真 ゲーム内容 オイラーズ深山投手,ルーキーズ宇都宮投手の先発でプレイボール。先攻のルーキーズは初回,一死から2番塩澤選手が内野安打で出塁すると,3番大久保選手が左中間に二塁打を放ち,いきなり一死二三塁とチャンスを作る。ここで4番竹本選手にレフト前タイムリー安打が飛び出し,1点を先制。その後も相手の守備の乱れから1点を奪い,初回からルーキーズが2点を先制する。3回表にも宇都宮選手のタイムリー安打で1点,4回表にも竹本選手のこの日2度目となるタイムリー安打で1点を追加し,4対0とリードを広げる。ルーキーズは4回裏,好投する先発の宇都宮投手から金井投手にスイッチ。オイラーズは5回裏,先頭の1番金谷選手がライト前安打を放つと,ライトゴロを狙ったライト宇都宮選手の一塁への送球がそれ,無死二塁のチャンスを迎える。続く2番常世田選手にレフト線へのタイムリー二塁打が飛び出し,オイラーズが1点を返す。しかし,ルーキーズ金井投手は後続を断ち,4対1と3点差の状況の中,6回裏からのマウンドを秋谷投手に託す。ルーキーズは7回裏,オイラーズ2番手の中山投手を攻め立て,宇都宮選手のタイムリー三塁打などで3点を奪いリードを広げると,秋谷投手が5奪三振の好リリーフで2イニングを無失点に抑え,ゲームセット。7対1でルーキーズがピースファイル「マイルド」タイトルマッチを制し,3度目の防衛に成功した。
佐藤 弘隆G Mコメント 本日は対戦を引き受けてくださり,ありがとうございました。今回は,オイラーズさんのような伝統のあるチーム様と対戦できたことを嬉しく思います。地元千葉同士ですので,また是非対戦させてください。今後ともよろしくお願いします。

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.