全国軟式野球ストロングリーグ

第33回 ピースファイル(タイトルマッチ・マイルド)

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

第33回 ピースファイル(タイトルマッチ・マイルド)

 


試合日程/結果


 

 
 

全国軟式野球交流試合「ピースファイル」マイルドのタイトルマッチ(シングル)です。JSBBルールの継承、競技の安全と野球マナーを重視した真剣勝負です。勝ち抜き戦システムです(今開催は7イニング)。毎回新たなチャレンジャーチームが指名されます。防衛回数を競います。

 
 

 

ルーキーズ 2度目防衛戦 (対戦期限:2/3(日)明治神宮野球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  ルーキーズ 4 - 4 風神エアーズ 2013/2/3(日)17:00-19:30 明治神宮野球場

 

 

ゲーム内容 ルーキーズは初回裏に1番武永選手の先頭打者ホームラン,5番増田選手の左中間フェン直となるタイムリー二塁打でいきなり2点を先制。先発の宇都宮投手は3イニングを無死点に抑えたが,4回表に風神エアーズ先頭の3番田中選手に左中間を破る三塁打を浴び,続く4番神谷選手にライトへの犠牲フライを打たれ,1点を返される。続く5回表,代わってマウンドに送られた金井投手だが,2アウトを簡単に取るも3人目の打者に死球を与えてしまう。そのランナーに二盗を許すと,続く2番本田選手にライト前タイムリーヒットを打たれ,2対2の同点に追いつかれてしまう。タイトル防衛のために,このまま同点で逃げ切りたいルーキーズであったが,四球でランナーを更に溜めたあと,サードの石塚選手とファーストの佐藤弘隆選手のダブルエラーが出てしまい,2対4と最悪な形で逆転を許す。厳しい展開になったルーキーズだが,6回表から佐藤弘隆投手にマウンドを託し,制球に苦しみながらも2イニングをなんとか無失点に抑え,最後の攻撃にわずかな望みを託す。「キセキ」を信じ,迎えた7回裏。この回先頭の8番石塚選手,1番武永選手が死球で出塁すると,相手の意表をつくダブルスチールを成功させ一死二三塁の大チャンスを迎える。ここで,まさかのバッテリーエラーが飛び出し,1点を返す。あと1点がほしいルーキーズは,一死ながらも三塁走者に俊足武永選手を置いた状態で,2番斎藤隆幸選手が執念のレフト前タイムリーを放ち,ついに4-4の同点に追いつく。ここで,規定によりピースファイルはタイトルの防衛に成功となった。
佐藤 弘隆G Mコメント 風神エアーズの皆様対戦ありがとうございました。また次回楽しみにしております。今後とも宜しくお願いします。

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.