全国軟式野球ストロングリーグ

第26回ピースファイル SC地区対抗

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

第26回ピースファイル SC地区対抗

 


試合日程/結果


 

 
 

ストロングカップ地区対抗団体戦です。
SC西東京地区VS SC埼京地区の代表チームによる対戦。

 
 

 

4/19(日) (対戦期限:9:00〜)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  BTマジック 10 - 2 上石神井野球部 2009/4/19(日)9:00-11:30 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 上石神井野球部高橋投手、BTマジック木俣投手でゲームが始まる。1回表、上石神井野球部の攻撃。先頭の中川選手が四球で出塁し、盗塁でチャンスを広げ、二死を取るも4番麻生選手の二塁打で1点を先制する。2回表、先頭の松永選手の振り逃げ後、続く河野選手の内野ゴロがエラーを誘い、一塁三塁のピンチを招く。その後も攻撃の手をゆるめず盗塁で二塁三塁のピンチになるが、吉井選手のセカンドライナーをBTマジック日野選手がダイビングキャッチし、素早い判断で三塁走者を刺し、ピンチを切り抜けた。2回裏、BTマジックも伊藤(陽)選手の安打からチャンスを作るも、得点に結びつかず、重苦しい雰囲気がゲームを支配する。3回表、中川選手の安打などでチャンスを作るが、木俣投手が気合いのピッチングで追加点を許さず、3回裏、山田選手の四球後、辻選手からの4連打などで5点を奪う。4回裏も石井選手の四球後、木俣選手のタイムリー二塁打で加点し、なおも伊藤(陽)選手のこの日三本目の安打などで3点を加点する。その後、6回表に1点を返されるが、その裏、さらに2点を加点し、10−2でBTマジックの勝利。
伊藤極監 督コメント 大舞台でなおかつ地区代表戦という緊張感の中で両チームとも最後まで死力を尽くしました。今度は緊張感の中ではなく、楽しい雰囲気で交流戦を是非宜しくお願い致します。

 

 


4/19(日) (対戦期限:11:30〜)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  JSC 0 - 3 (株)グリーンセレモニーアスレチックス 2009/4/19(日)11:30-14:00 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 JSC内田投手、アスレチックス倶楽部佐野投手の先発で試合開始。試合が動いたのは3回表のアスレの攻撃。7番木村選手がショート強襲の当りで出塁すると、8番白石選手が犠打で送り二塁に進める。続く9番佐野選手の投前のボテボテの打球が悪送球となりアスレが1点を先制。なおも1番川崎選手のセーフティーバントが内野安打となり、2番上原選手のライト前安打と3番松本選手のエンドランで2点を追加して、この回にアスレが3点を先制する。3回裏のJSCの攻撃は二死から1番福永選手が左中間に三塁打を放ち、二死ながら三塁のチャンスで2番丸選手。ここはショートゴロとなり佐野投手が踏ん張る。その後は投手戦となりアスレの最終回のマウンドには好投の佐野投手に代わり栗原投手を送る。JSCも当っている田中選手が一死からこの日2本目の安打で出塁する。しかし栗原投手は後続を連続三進で切り抜けて、アスレチックス倶楽部が3対0で勝利する。
岡野 勇士監 督コメント JSCさんとの初対戦を楽しみにしていました。ありがとうございます。JAPAN戦士をはじめ良い選手達ですね!またの機会宜しくお願いします。

 

 


4/19(日) (対戦期限:14:00〜)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  相模ランバーズ 0 - 3 TEAM ByBLOS 2009/4/19(日)14:00-16:30 上柚木球場

 

 

ゲーム内容 地区対抗戦、大将戦は先攻TEAMByBLOS、後攻相模ランバーズ。両チーム共に予告先発通り、ByBLOS高橋投手。ランバーズ千葉投手の先発で試合開始。両チーム共に初回は両先発投手に抑えられ無得点。試合が動いたのは2回表TEAMByBLOS。この回先頭の5番宮代選手は完璧に捕えセンターオーバーの三塁打。一死後、7番徳永選手がレフトへのフライを上げて犠牲フライ。宮代選手が返りTEAMByBLOSが1点を先制。4回にはこの回先頭の4番田村選手が右中間への三塁打で無死三塁のチャンス。続く5番宮代選手がセンター前へ運び1点追加で2−0。6回には3番国谷選手がセンター前安打で出塁。盗塁で一死二塁とし4番田村選手が内野ゴロ。この時送球が逸れる間に国谷選手が一気にホームへ返り3−0に。相模ランバーズも最終回。ByBLOSは5回から永富投手へスイッチをし、この永富投手を攻め、四球などで一死一二塁のチャンスを作るも最後の打者が三振に倒れ試合終了。TEAMByBLOSが高橋投手→永富投手のリレーでノーヒット完封試合とした。
小林 政志さんコメント ありがとうございました。またの機会によろしくお願いします。

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.