全国軟式野球ストロングリーグ

第12回ピースファイル

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

第12回ピースファイル

 


試合日程/結果


 

 
 

第10回〜13回大会は「SS2005」予選として1DAYトーナメント形式で実施。1位チームが同出場権、副賞を獲得。

 
 

 

午前の部:1回戦 (対戦期限:6/11(土))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  Gipfel 7 - 0 ルクサージュ野球倶楽部 /6/11(土)8:45-10:45 滝が原野球場

 

 

ゲーム内容 Gipfel上島投手、ルクサ-ジュ野球倶楽部加藤投手の投げ合い。3回、加藤投手を攻め、チャンスを掴んだGipfelはこの回集中打で3点を先取。続く4回に2点、5回にも1点を追加したGipfelは石井投手へ継投し、さらに最終回にも1点を加え7-0完封リレー。
上島 典之副 将コメント ありがとうございます。打線がうまく繋がってくれました。

 

 

  MKトライアンフ 1 - 6 大野台ブレーズ /6/11(土)8:45-10:45 滝が原野球場

 

 

ゲーム内容 MKトライアンフ丸山投手、大野台ブレーズ渡部投手の先発マウンド。MKトライアンフは1回裏、1番:栗原選手がいきなりの3塁打、先制のチャンスを作ると、2番:米田選手が犠牲フライを放ち1点を先制。対する大野台ブレーズは3回、丸山投手を攻め、無死満塁のチャンスを作ると4番:渡辺選手が押し出しのデドボールで1-1同点。一死後、島田選手のレフトへの飛球がエラーを誘い1点を勝ち越すと、後藤選手が再び押し出しデドボールで3点目。さらに続く阿尾選手がライト線へ運び2点を追加しこの回5得点で5-1。その後、両投手が立ち直り、0行進。MKトライアンフは6回にも1点を追加し、6-1で勝利した。
野崎智央主 将コメント どうもありがとうございます。次ですね。

 

 


午前の部:決勝戦 (対戦期限:6/11(土))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  Gipfel 1 - 7 大野台ブレーズ /6/11(土)10:45-12:45 滝が原野球場

 

 

ゲーム内容 Gipfelは連投の上島投手、大野台ブレーズは島田投手が先発マウンド。大野台ブレーズが初回から畳み掛ける。大野台ブレーズは1回の表、安藤選手が四球で出塁、送りバントに足を絡めいきなり一死三塁のチャンスを作ると3番瀬間選手がレフト前に運び1点を先制。3回にも4番渡辺選手のタイムリーで1点を追加し、さらに満塁のチャンスを作った大野台ブレーズは西村選手の満塁ランニングホームランが飛び出し6-0。投げては先発:島田投手、5回に1点を失うが要所を締めるほぼ完璧な投球内容。最終回にさらに1点を加えた大野台ブレーズが、1回戦と同じような猛攻で7-1で勝利した。
野崎智央主 将コメント どうもありがとうございました!優勝なんて久しぶりです。また宜しくお願いいたします。

 

 


午前の部:三位決定戦 (対戦期限:6/11(土))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  MKトライアンフ 3 - 4 ルクサージュ野球倶楽部 /6/11(土)10:45-12:45 滝が原野球場

 

 

ゲーム内容 初回、3回と2点ずつを上げ、4点のリードで試合の主導権を握ったルクサ-ジュ野球倶楽部。中盤、疲れの見えてきたところにMKトライアンフ打線が付けこみ、4回に2点、6回に1点を返し1点差に詰め寄られるが、最後はピンチを全員で守りきり4-3でルクサ-ジュ野球倶楽部が勝利。最後は「よっしゃー」の雄たけび。
鎌田 勉G Mコメント 今日はありがとうございました。最後はなんとか勝てました。また出直してきます。

 

 


午後の部:1回戦 (対戦期限:6/11(土))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  ダークス 4 - 3 クローン /6/11(土)12:45-14:45 滝が原野球場

 

 

ゲーム内容 ダークス:石津投手、クローン:大手投手。両エースが先発マウンド。クローンは1回裏、石津投手を攻め、いきなり2点を先制。ダークスもすぐさま2回表、1点を返すと、続く3回表、同点のチャンスに三浦選手、さらに増田選手の勝ち越し2点タイムリーが飛び出し4-2、この回一挙逆転に成功。クローンもすぐその裏、清水選手のセンター前にエラーが絡み1点を返し4-3、1点差に詰め寄る。その後、両投手が完全に立ち直り、両チーム守備陣としては待ってましたの0行進。クローン食い下がるも、あと一本が出ず。ダークスが4-3接戦をものにした。
宮沢 淳主 将コメント お疲れ様でした。まずまず良い試合ができたと思います。次も宜しくお願いします。

 

 


午後の部:決勝戦 (対戦期限:6/11(土))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  ダークス 5 - 14 五反田タイファイターズ /6/5(土)14:45-16:45 滝が原野球場

 

 

ゲーム内容 ダークス工藤投手、五反田タイファイタ-ズ介中投手の先発マウンド。五反田タイファイタ-ズは初回、腰越選手のホームランなどで3点を先取する。続く2回にもタイムリーで2点を追加し5-0とすると、4回、またしても腰越選手が今度はセンターに2点タイムリーを放ち、さらに内野ゴロの間に1点、飯野選手の左中間へのタイムリーで2点を追加しこの回5点。10-0の大量リードを奪う。ダークスもその裏、ランナーをためてフォルダーズチョイス、エラーも誘い3点を返し10-3。5回にも1点を追加した五反田タイファイタ-ズ。その裏、怒涛の反撃に2点を失うが最終回にも水崎選手のランニング3ランホームランで14点目。14-5で打撃戦を制した。
水崎茂雄主 将コメント ありがとうございました。徐々に調子を上げてきてます。サマーのほうも頑張ります!

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.