全国軟式野球ストロングリーグ

エアロックカップ2012(関東:日曜1部)

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

エアロックカップ2012(関東:日曜1部)

 


試合日程/結果


 

 
 

エアロックカップ2012関東日曜1部大会の試合日程と結果の一覧です。期限内に実施してください。一度設定した試合が雨天中止となった場合に限り、2週延長(以降は1週ずつ)。関東大会:決勝戦は本部招待試合です。本部指定の期日に実施します/進出チーム様に事前案内あり。優勝チームはジャパンカップ2012(1部)進出。

 
 

 

1回戦 (対戦期限:対戦期限:5/13(日))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  ヤングマン 7 - 0 Be-Friend よしもり〜ず 2012/5/13(日)17:30-19:30 草加工業団地球場

 

 

ゲーム内容 試合当日、開始予定時刻までにBe-Friend よしもり〜ず人数揃わずヤングマン不戦勝
渡辺貴祐監 督コメント

 

 

  ルーキーズ 1 - 0 TABOO 2012/4/22(日)15:00-17:00 印旛中央公園野球場(千葉県印西市)

 

 

TABOO打線を2本の内野安打のみに抑えた秋谷投手 秋谷投手とバッテリーを組んだ佐藤捕手 1安打,1犠打の馬場選手 二塁打,好守,サヨナラタイムリーと大活躍の春選手 ゲーム内容 印旛中央公園野球場にて行われたエアロックカップ関東日曜1部大会の1回戦。ルーキーズ秋谷投手,TABOO高橋投手の先発で,15時にプレイボール。前回の試合とは異なり,均衡した展開となる。ゲームが動いたのは最終回の7回。先攻のTABOOは,先頭の6番岡田選手がサード強襲の内野安打で出塁すると,次の7番小林選手の打席でバスターエンドランを仕掛ける。打球は右中間へのポテンヒットかと思われたが,ルーキーズのセンター武永選手がダイビングでキャッチし,一死一塁となる。続いて8番のところで代打に植野選手を起用し,一塁走者の岡田選手が二盗を決め一死二塁。そこで植野選手が放った打球は,右方向への弾丸ライナーとなり,ライトの頭上をこえると思われたが,これもルーキーズはライト春選手のジャンピングキャッチで阻止し二死二塁となる。続く9番吉村選手はサードゴロに倒れ,TABOOは無得点に終わる。2度の好守で勢いに乗ったルーキーズは裏の攻撃,先頭の5番井上選手が死球で出塁すると,6番秋谷選手がライト前ヒットで続き無死一二塁。次の7番馬場選手がきっちりと送りバントを決め,一死二三塁とチャンスを広げる。ここで今日二塁打を放っている8番春選手は,高橋投手の投じた変化球を再びとらえ,打球はセンターオーバー。三塁走者の井上選手が生還し,ここでゲームセット。0−1でルーキーズが勝利。秋谷投手の2被安打完封と,春選手のサヨナラタイムリーで,ルーキーズはエアロックカップの1部初勝利を飾った。
佐藤 弘隆G Mコメント 2試合にわたる日程の調整,また,今回の遠方からの遠征,ありがとうございました。対戦させていただき,勉強になることがたくさんありました。また機会がありましたら,対戦よろしくお願いします。

 

 

  プリンズ 11 - 0 ROOKIES 2012/4/29(日)12:45-14:45 滝が原野球場

 

 

ゲーム内容 初回に4番五十嵐貴選手のセンター前で2点を先制し、後続も続き、2回で9点を奪った。4回には5番天野選手のツーランホームランが飛び出し、11-0とする。守備では140キロ右腕の菊地崇投手が7回を投げ、完封、11奪三振を奪いノーヒットノーランを達成。
五十嵐 貴和G Mコメント 青梅ルーキーズ様、八王子まで来ていただきありがとうございました!

 

 


2回戦 (対戦期限:対戦期限:7/1(日))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  プリンズ 4 - 0 CROSS ROAD 2012/6/17(日)10:00-12:45 滝が原グランド

 

 

ゲーム内容 プリンズが1回裏に本日4番に座った天野が1回戦に続きエアロカップ2本目となる先制ツーランホームランにて幸先よく先制。4回にはクロスロード3番にヒットを許すが後続抑えた。5回までクロスロード投手陣に2点のみで抑えられていたプリンズだが、6回裏に3番五十嵐貴、4番天野の連続ヒットで3点目をとり、5番菊地崇のヒットエンドランで4点目を奪った。 投げては菊地崇が6回までクロスロード打線をヒット1本のみで抑え、最終回に142`右腕の天野に繋いだ。ストロングリーグ初登板の天野だったが、最終回を2奪三振と試合をしっかり閉めた。140`右腕二人の継投で、7回完封、被安打1、奪三振9という結果となった。
五十嵐 貴和G Mコメント 遠方から八王子まで来てくださいまして本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いします!

 

 

  Barock - 湘南ヤンキース 2012/6/10(日)14:00-16:00 緑地7号面

 

 

ゲーム内容 グランド不良により中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
小暮 友朗渉 外コメント

 

 

  GYOSEI 3 - 4 上石神井野球部 2012/5/13(日)15:00-17:00 潮見

 

 

ゲーム内容 GYOSEI佐藤投手、上石神井野球部神田投手の先発で試合開始。1回裏GYOSEI片岡選手が出塁すると上石神井のエラーの間に1点先制する。逆転のチャンスを狙う上石神井野球部は2回表に原選手のエンドランが決まり同点にする。その後両投手好投が続く。動いたのは5回表の上石神井野球部の攻撃。三浦(康)選手の3塁打で1点追加し、6回表には高橋選手・三浦(康)選手のヒットで2点追加し4-1とする。逆転したいGYOSEIは最終回に先頭の瀬能選手がヒットで出塁すると、後続の田中選手・中選手の連続ヒットで4-3に迫る。しかし、後続が倒れ、4-3で上石神井野球部の勝利。
青柳 達也監 督コメント GYOSEIの皆様、グランドの手配等ありがとうございました。また練習試合等機会がありましたら宜しくお願いします。

 

 

  スタイガー 13 - 1 ルーキーズ 2012/5/6(日)18:30-20:30 葛飾総合スポーツセンター

 

 

ゲーム内容 スタイガー目代投手、ルーキーズ金井投手でプレイボール!スタイガーの1表の攻撃、豊永選手のタイムリーで1点先取。2表にも打者1巡の攻撃で5点追加。ルーキーズも2裏に1点を返すも本来のリズムが戻らず、スタイガーのペースで試合が進み、その後も追加点をあげたスタイガーの勝利!
小西 秀一監 督コメント 佐藤様、ルーキーズの選手の皆さん、遠征での対戦ありがとうございました。とても素晴らしいチームで気持ち良くゲームができました。また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。

 

 

  Barock 4 - 1 湘南ヤンキース 2012/7/1(日)16:00-18:00 ガス橋6号面

 

 

ゲーム内容 Barockは3回に3点を先制。その後、1点返されるが直後に1点を追加したBarockが4対1で勝利
小暮 友朗渉 外コメント 湘南ヤンキース加藤様。対戦ありがとうございました。 

 

 

  Barock - 湘南ヤンキース 2012/6/17(日)10:00-12:00 緑地8号面

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
小暮 友朗渉 外コメント

 

 

  ヤングマン 5 - 6 東京ドナルドダック 2012/7/8(日)18:30-21:00 せんげん台第4公園

 

 

ゲーム内容 先攻ドナルドダック、後攻ヤングマンで、試合が始まる。2回表、ドナルドダックが1点を先制、その裏にヤングマンが1点を取り、同点になる。ドナルドダックは、3回表に4点、4回表に1点を取り、点差を広げる。ヤングマンは、5回裏に4点を取り、6回裏もチャンスを作るが、何とか0点で抑え、6対5でドナルドダックの勝利。
田村 太一G Mコメント ヤングマン渡辺様、グランド、審判の手配、有難うございました。また、機会がありましたら、よろしくお願いします。

 

 

  世田谷ペンギンズ 4 - 3 武里ベースボールクラブ 2012/7/1(日)11:00-13:00 羽根木公園

 

 

先制HR武里BC岡田選手 同点HR世田谷ペンギンズ桑原選手 サヨナラ打の世田谷ペンギンズ加藤選手 ゲーム内容 世田谷ペンギンズ須山投手、武里ベースボールクラブ山重投手の大学同期対決。4回表武里BCは4番岡田選手が右中間へ本塁打を放ち1-0と先制。対する世田谷ペンギンズは6回裏1番桑原選手がライトオーバーの本塁打で1-1の同点に追いつく。両投手意地の投げ合いは1-1のまま一死満塁のサドンデス延長に突入。先攻武里ベースボールクラブは2番石塚選手の内野安打と世田谷ペンギンズのエラーで2点を奪い3-1。その裏世田谷ペンギンズは代打加藤選手が左中間に走者一掃逆転サヨナラ打を放ち、4x-3で世田谷ペンギンズの勝利。
川久保繁樹G Mコメント 遠くまで遠征有難うございました。非常に緊迫した試合になり楽しかったです。また是非対戦お願い致します。

 

 

  ライズネットドラゴンズ 2 - 7 RED HILL 2012/6/24(日)19:30-21:30 工業団地公園野球場

 

 

ゲーム内容 先攻RH先発は野口投手、後攻ライズネットドラゴンズの先発は池谷投手で試合開始。初回RHの攻撃は1番菊岡選手が三塁線を破る二塁打で出塁、2番島袋選手の送りバントの際に菊岡選手が生還、RHが先制。1回裏ドラゴンズも四球で出塁したランナーを5番村橋選手がセンター前ヒットを放ち1点を返す。RHは2回に1点、3回には島袋選手、平岩選手のヒットで追加点。その後RH野口投手は5回まで三者凡退の投球、ドラゴンズ池谷投手も6奪三振を奪う好投を見せる。6回表RHは無死満塁から8番福島選手がセンター前ヒット等で3点追加。その後ドラゴンズも1点を返すが最後RH椎名投手が抑え試合終了。
菊岡 亮佑主 将コメント ライズネットドラゴンズの皆様、対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

  ヤングマン - 東京ドナルドダック 2012/7/1(日)17:30-19:30 草加工業団地球場

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
渡辺貴祐監 督コメント

 

 

  東京バンバータ 5 - 4 Y.Sクラブ 2012/6/24(日)12:00-14:00 夢の島総合運動場野球場7面

 

 

ゲーム内容 Y.Sクラブ小関投手、東京バンバータ草野投手の先発で試合開始。1回表のY.Sの攻撃は2番大久保選手の死球で一死一塁とすると、3番片岡選手のライト柵越えによる本塁打で2点を先制する。さらに4番の平井選手のレフト前ヒットと盗塁で二死二塁とすると6番由良選手の右中間への適時二塁打で1点を加点して、初回に3点を先制する。バンバータも2回裏に先頭の4番長尾選手が失策により出塁すると、5番山崎選手の犠打とワイルドピッチで一死三塁のチャンス。ここで6番黒坂選手の内野ゴロの間に1点を返し2点差とする。3回の裏のバンバータの攻撃は、先頭の8番勝田選手が死球で出塁すると、一死後、1番広岡選手・2番高橋選手の連続ヒットで一死満塁のチャンス。ここで3番大塚選手が値千金のセンターオーバーの満塁本塁打を放ち5対3と逆転する。6回の表Y.Sの攻撃は、4回から草野選手からバトンを受け継いだ平山選手を攻めたて、一死から5番宮代選手のセンター前と四球により一死一二塁のチャンス。ここで7番横田選手が、レフト前ヒットを放ち二塁ランナーが生還し1点を返すも、バンバータ大塚選手(遊撃手)が黒坂選手(左翼手)からの返球をカットすると、一塁走者が二・三塁間で狭殺、さらには打者走者も宮崎選手(右翼手)の好カバーにより、二塁でアウトとなり2重殺でチェンジとなる。最終回のY.Sの攻撃は、エラーで出塁した走者を二死三塁と攻めるも最後は平山投手が内野フライに打ち取りゲームセット。東京バンバータがなんとか5対4で1点差勝利する。
広崎 伸渉 外コメント 日程調整ありがとうございました。次回も宜しくお願いします。

 

 


準々決勝 (対戦期限:対戦期限:8/19(日))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  プリンズ 2 - 0 世田谷ペンギンズ 2012/8/12(日)9:45-12:00 滝が原グランド2面

 

 

ゲーム内容 プリンズ先攻で試合が始まった。1回表、1アウトから2番鈴木が内野安打で出塁し、盗塁を決める。得点圏で3番菊地理がライト前にタイムリーを放ちプリンズが先制をする。世田谷ペンギンズは1回と4回に1アウト2塁のチャンスを作るが、プリンズ先発、菊地崇が0点に抑える。プリンズは5回表に1回に続き鈴木の盗塁でチャンスを作り、3番菊地理のセンターフライを相手がエラーし2点目を奪った。プリンズ菊地崇はエアロックカップ3試合を全て完封で試合を納めた。
五十嵐 貴和G Mコメント 世田谷ペンギンズ様、遠方から本当にありがとうございました!日程など御考慮もいただき、助かりました。またオープン戦などでよろしくお願いします!

 

 

  東京バンバータ 0 - 2 東京ドナルドダック 2012/7/29(日)16:00-18:00 東京都薬業健康保健野球場D面

 

 

ゲーム内容 先攻、東京ドナルドダック、後攻、東京バンバータで試合が始まる。東京ドナルドダックは、2回表、連打で2点を先制。この2点を守りきり、2対0でドナルドダックの勝利。
田村 太一G Mコメント 長尾様、グランド、審判の手配、有難うございました。

 

 

  スタイガー 7 - 0 上石神井野球部 2012/6/10(日)16:00-18:00 江戸川区球場

 

 

ゲーム内容 試合当日、開始予定時刻までに上石神井野球部人数揃わずスタイガー不戦勝
小西 秀一監 督コメント

 

 

  世田谷ペンギンズ - プリンズ 2012/7/8(日)13:00-15:00 羽根木公園

 

 

ゲーム内容 グランド不良により中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
川久保繁樹G Mコメント

 

 

  RED HILL 5 - 4 Barock 2012/8/19(日)9:00-11:00 大宮健保

 

 

ゲーム内容 先攻RH先発は狩野投手、後攻Barock先発は小暮投手で試合開始。2回表RHの攻撃は6番山口選手が四球で出塁、7番平岩選手がレフトへの2ランホームランを放ち2点先制。2回裏Barockは一死満塁のチャンスに9番小田切選手が満塁ホームランを放ち逆転。5回表RHの攻撃は一死満塁のチャンスに5番平城選手がセンターへ2点タイムリーヒットを放ち逆転。RHは3回から椎名投手が踏ん張り、Barockは6回から福島投手が好投した。その後両チーム得点ならず5-4でRHの勝利。
菊岡 亮佑主 将コメント 小暮監督、選手の皆様、対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 

 


準決勝 (対戦期限:対戦期限:9/30(日))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  スタイガー 1 - 6 RED HILL 2012/10/21(日)18:30-20:30 葛飾スポーツセンター

 

 

ゲーム内容 先攻RH先発は陣内投手、後攻スタイガー先発は新屋投手で試合開始。1回表RHの攻撃は2番島袋選手がライト前ヒットで出塁、5番山口選手がライト前ヒットで1点先制。1回裏スタイガーも四球でランナーをため押し出しで1点。2回表RHの攻撃は8番磯田選手、2番島袋選手のヒットで2点追加、3回表RHの攻撃は6番平城選手、7番平岩選手、9番狩野選手のヒットで1点、4回にも菊岡選手、石川選手、山口選手が連続ヒットで満塁、途中出場の6番吉田選手のセンター前ヒットで2点追加。陣内依投手は何度か四球でランナーを出すものの要所を締め6-1でRHの勝利。
菊岡 亮佑主 将コメント 小西様、選手の皆様、対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

  スタイガー - RED HILL 2012/9/23(日)18:00-21:00 江戸川区球場

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
小西 秀一監 督コメント

 

 

  スタイガー - RED HILL 2012/9/30(日)19:00-21:00 砧公園

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
小西 秀一監 督コメント

 

 

  東京ドナルドダック 0 - 5 プリンズ 2012/9/16(日)16:00-18:00 調布市民球場

 

 

ゲーム内容 プリンズ先発は菊地崇、ドナルド先発は茂木でスタートした。先攻プリンズは1回にツーアウト1塁2塁から5番伊藤のセンター前タイムリーで1点を先制した。2回ドナルドは4番が四球を選び、犠打で進めワンアウト2塁のチャンスを作るが後続が凡退し得点にならず。プリンズは1回3回5回7回と着実に得点を重ね、ドナルドの好投手2枚から5点を奪った。投げてはプリンズ菊地崇がエアロ初戦に続き、2試合目となるノーヒットノーランを達成した。菊地崇はエアロ4試合26イニングを投げて無失点、被安打も4安打とした。
五十嵐 貴和G Mコメント ドナルドダック様、試合マナーも本当に素晴らしく、楽しい試合をさせていただきました。また今後ともよろしくお願いします!

 

 


決 勝 (対戦期限:対戦期限:10月〜(日))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  プリンズ 4 - 1 RED HILL 2012/11/4(日)17:00-19:00 城北中央公園野球場

 

 

ゲーム内容 プリンズ先攻でスタートした決勝戦。先発マウンドは、プリンズ菊池崇投手、REDHILL陣内投手。試合が動いたのは、2回表、プリンズの攻撃。6番菊地崇選手がヒットで出るとすかさず盗塁を決める。つづく7番新田選手のレフトフライが相手エラーを誘い、プリンズが1点を先制する。お互いに先発投手がピンチを招きながらも要所を締める流れで、6回までスコア1-0のまま試合が進む。6回裏、REDHILLの攻撃。1死2、3塁のチャンスを作ると、三塁に転し相手エラーを誘い1点取り返す。REDHILLは7回裏、無死1、2塁のチャンスを作るが、ここはプリンズ菊地崇投手が踏ん張り得点ならず。互いに1チャンスから失策を誘っての1得点という形で7回を0-0。ゲームは、8回より一死満塁形式の延長サドンデスに突入する。先攻のプリンスは2番鈴木が2ストライクと追い込まれながら、一塁線に引っ張り、タイムリー2塁打。さらに、4番五十嵐貴選手のセカンドゴロの間に貴重な3点目を奪う。その裏、3点を追うREDHILLの攻撃、4番からの打順となったが、初球を引っ掛け、投手ゴロの本塁ゲッツーとなり試合終了。延長サドンデスで4-1プリンズが勝利。優勝を飾った。プリンズ先発の菊地崇投手は、今大会5試合で、わずかに1失点、2度のノーヒットノーランを記録した。MVPには延長決勝打の鈴木選手が選ばれた。
五十嵐 貴和G Mコメント ありがとうございました。

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.