全国軟式野球ストロングリーグ

エアロックカップ07'【関東】日曜1部

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

エアロックカップ07'【関東】日曜1部

 


試合日程/結果


 

 
 

エアロックカップ07'【関東】日曜1部大会の試合日程と結果の一覧です。優勝チームはジャパンカップ進出。

 
 

 

1回戦 (対戦期限:対戦期限: 5/13(日))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  CLIPPERS 0 - 0 NavyFox 2007/5/13(日)12:00-14:00 東京織物健保グランド

 

 

ゲーム内容 CLIPPERS平投手、NavyFox石津投手の先発マウンド。両先発による投手戦。お互いチャンスを作るも、あと1本が出ずに最終回を0対0で終了。規定に基づきジャンケン勝負となるが、5対1でCLIPPERSが辛くも勝利!!平投手、7回を投げ奪三振7個、被安打2。石津投手、奪三振2個、被安打3。
田平憲治G Mコメント 仁科様、日程調整ありがとうございました。リーグ戦での対戦もよろしくお願いします。

 

 

  ヤンキース 1 - 0 シーガルス 2007/4/29(日)19:00-21:00 城北中央公園

 

 

ゲーム内容 序盤から投手戦で5回裏にヤンキースが内野ゴロの間に1点先制。その1点を土屋投手が守りきり1安打完封勝利。
加藤 聡弘渉 外コメント ありがとうございました

 

 

  ウィルス 3 - 0 Yamada Company 2007/5/13(日)17:00-19:00 夢の島G(4面)

 

 

ゲーム内容 ヤマカン山田、ウィルス照井の両右腕の先発。初回ウィルスは高速サイドハンド山田投手の立ち上がりを攻め、一死満塁とすると、友沢の押し出し四球で先制。続く稲井田がエンドランを決め2点を先取した。ヤマカンは毎回のように得点圏に走者を進めるものの得点を奪えない。5回表ウィルスは、死球と室岡の右前ヒットで一死二三塁とすると、続く扇の投ゴロが一塁送球される間に三塁走者佐野が判断良くホームをおとしいれ3点目。この3点を照井が被安打1で守り抜き完封。ウィルスが二回戦進出を決めた。
瀬尾 高晃主 将コメント ヤマカンさんありがとうございました。

 

 

  六いむインディアンス 0 - 1 淵野辺オリオンズクラブ 2007/4/22(日)13:00-15:00 浦安市東野野球場

 

 

ゲーム内容 オリオンズは初回、無死1,2塁とチャンスを作るもこれを生かせず無得点に終わると、その後もランナーが出るもあと1本が出ず4回まで0行進。試合が動いたのは5回、オリオンズ9番鈴木選手が出塁すると、1番山口選手のレフトオーバーのタイムリーヒットで先制。六いむインディアンスは、オリオンズ高岡投手の前に6回までノーヒットに抑えられるが、7回、意地の猛攻で1死満塁とチャンスを作るが、最後の打者がセカンドゴロに打ち取られ試合終了。
橘 猛監 督コメント 審判、グランド手配ありがとうございました。またの対戦宜しくお願いします。

 

 

  武磨 1 - 4 大泉Phoenix 2007/4/8(日)19:00-21:00 都営砧公園

 

 

ゲーム内容 桜残る春ナイター、武磨:今西投手、大泉PHOENIX:坂本投手の先発マウンド。初回両チーム危なげなく進むも武磨は2回裏、一死から7番大粒選手の一塁内野安打から、9番土本選手のタイムリーで待望の先取点奪取。3回、4回は互いにヒットは出るが後続打者が倒れ回が進む。試合が動いたのは5回表、大泉PHOENIXの大反撃、先頭の5番藤本選手の右中間を破る二塁打から武磨の守備の乱れから同点に追いつき尚も内野安打を挟み8番菊池選手のライト線安打でで逆転、その後内野安打と1番高井選手のセンターオーバー二塁打で一気にこの回3点での逆転する。6回表にもにも3番吉田選手のセンターオーバー2塁打と守備の乱れから追加点を上げる。大泉PHOENIXは5回から投手交代で桜井投手に変わるも要所要所に武磨の強力打線を押さえ4-1で大泉PHOENIXが勝利した
坂本 仁監 督コメント 。◎宮崎隆司ヘッドコーチコメント>> 大島様及び武磨の選手皆様、ナイター対戦・グランド手配ありがとうございました。前評判どおり、すばらしいチームでした。レベル的にも互角で緊張し互いに熱く楽しいゲームでした。ぜひ今度対戦したいですね。そのときはどうぞよろしくお願いします。

 

 

  新磯MESH 1 - 1 ドンタコス 2007/4/30(祝)10:00-12:00 厚木野球場

 

 

ゲーム内容 先発はドンタコス岩澤投手、新磯MESH柳野投手で試合開始。初回、ドンタコスは先頭打者の安藤選手が四球を選び、そこから一死一、三塁の好機を作るが新磯MESH柳野投手が踏ん張り無得点で終わる。続く2回表、新磯MESH柳野投手が一死後に突如崩れ三連続四死球で一死満塁の場面、ワイルドピッチによりドンタコスに先制点を許す。新磯MESHは南山投手を緊急登板させ後続を打ち取る事に成功。最後まで危なげなく、リリーフ後は無安打無得点とする。新磯MESHは、ドンタコス岩澤投手の絶妙な投球により5回まで菊地選手の1安打だけに抑えこまれる。6回裏、先頭の菊地選手が四球を選び、続く城条選手がバント安打に成功した後、一死一、二塁の場面、酒井選手が併殺崩れになる間に、二塁走者、城条選手が一気にホームを落としいれ同点とする。6回終了時点で時間切れとなり、同点のまま試合終了。抽選により新磯MESHが辛くも勝利。
城条 一也G Mコメント ドンタコス様、本日は有り難うございました。守備のしっかりしたドンタコス様と対戦でき、良い経験となりました。また、機会がありましたら対戦をお願いいたします。

 

 

  ARUYO東海 5 - 1 Barock 2007/4/22(日)12:00-14:00 大宮健保グラウンド

 

 

ゲーム内容 ARUYO東海足立投手、BAROCK箕輪投手の先発マウンド。BAROCKは2回表ライトへの本塁打で幸先よく1点を先制。ARUYO東海も3回裏5番古川選手がソロ本塁打を放ち1対1の同点とすると、続く4回裏2番樽見選手、4番石栗選手が作ったチャンスに6番岡部選手のタイムリーヒット、7番大鹿選手の2点タイムリー二塁打で3点を追加すると、5回裏にも4番石栗選手のライト前タイムリーヒットがでて5対1。投げては足立投手が4回1失点、代わった樽見投手が3回を無失点に抑え5対1でARUYO東海の勝ち。
茂手木 祐介主 将コメント 小暮様またよろしくお願いいたします

 

 

  すっとごれCLUB 1 - 2 チキンズ 2007/5/20(日)17:00-19:00 舎人

 

 

一点差ゲームを競り勝ったチキンズ ゲーム内容 チキンズ児矢野投手、すっとごれオールスターズ西尾投手の先発。チキンズは2回、先頭の4番永山選手がヒットで出塁すると、エラーなどで1死2,3塁のチャンスを作り7番荻原選手のエンドランで1点を先制。その後両投手好投で迎えた5回すっとごれオールスターは1死2塁から9番遠塚谷選手に右越えの3塁打が飛び出し同点。1対1で迎えた6回チキンズは死球のランナーを3塁まで進めると、ここですっとごれオールスターに痛恨のバッテリーエラー。チキンズが勝ち越し。この1点を先発児矢野投手が守りきり2対1でチキンズの勝ち。
長尾 岳G Mコメント 対戦ありがとうございました。両チームとも投手が好投し引き締まった好ゲームでした。またよろしくお願いいたします。

 

 

  練馬アドベンチャーズ 7 - 0 スーパーウルフ 2007/5/13(日)15:30-17:30 大宮健保グラウンド

 

 

ゲーム内容 試合中、怪我人発生などによりスーパーウルフ人数足りず練馬アドベンチャーズ不戦勝
斉藤英之監 督コメント

 

 

  すっとごれCLUB - チキンズ 2007/5/6(日)13:00-15:00 舎人公園

 

 

ゲーム内容 グランド不良により中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
戸田 裕一主 将コメント 残念ながら雨天・グランド不良のため中止になりました。

 

 

  相模原ウインズ 0 - 1 TEAM ByBLOS 2007/4/8(日)19:00-21:00 緑山球場

 

 

ゲーム内容 TEAM ByBLOS永富投手、相模原ウィンズ徳永投手の先発マウンド。両投手好投で6回まで0−0。7回表にTEAM ByBLOSの主砲、小林政志選手の柵越えホームランで1−0。7回裏も永富投手が0点に抑え1−0でTEAM ByBLOSの勝利。 
小林 政志さんコメント 噂どおりの良いチームでしたので勝利できたことで更に自信がつきました。相模原ウィンズ様の分まで頑張ります。グランドと審判の手配ありがとうございました。

 

 

  CROSS ROAD 1 - 1 デビルパンダマン 2007/4/22(日)17:00-19:00 江東区夢の島野球場10面

 

 

ゲーム内容 試合はお互いの投手が譲らずまたしても厳しい投手戦となっていく・・・。試合が動いたのは5回表、先頭にライトへのヒットを許すと、1死後に相手打者の放った打球は再びライト前へのヒット・・・これを佐藤選手がまさかの後逸、1塁ランナーが一気にホームに帰り1点を先制されてしまう。体調不調の中、志願の登板を続ける山田投手を助けたいところではあるが、好投手が相手ではなかなかそうはいかなかった・・・。しかし、最終回にドラマが待っていた!先頭の木村選手が振り逃げ&気迫のヘッドスライディングに出塁すると、続く荒井選手が四球で続く!1死後、2番の橋田選手が見事な犠牲バントを見せ2死ながらも2、3塁と一打逆転のチャンスを迎え小串選手の打席をむかえる!小串選手の放った打球はショートへの決して難しくない当たり・・・これを相手のショートがまさかのエラー!土壇場で1−1の同点に追いつく!1−1のまま7回を終了し、時間の関係で9人ジャンケン勝負となる!過去ジャンケン勝負はすべて敗退しているクロスロードにとっては嫌な展開となる。しかし、先頭から3連勝し4勝3敗でむかえた荒井監督の番となる!ジャンケンに弱い荒井監督のジャンケン勝利となり5勝3敗でクロスロードか1回戦を勝ち上がった!
荒井 志光監 督コメント とても引き締まった良い試合でした。また機会がありましたら対戦お願い致します。

 

 

  伊藤ハム ドルフィンズ 1 - 1 東京ドナルドダック 2007/4/8(日)10:00-12:00 ガス橋緑地

 

 

ゲーム内容 両チームとも投手陣が失点1点ずつに押さえる好投をみせ息詰まる投手戦。最後まで勝ち越し点を譲らず1-1のまま終了。抽選決着で東京ドナルドダックが勝利。
田村 太一G Mコメント 緊張感ある試合ができチームとしてもいい経験ができました。また対戦させていただきたいです。ありがとうございました。

 

 

  東京YMCA 4 - 3 SENTAKKI'S 2007/5/13(日)17:00-19:00 江東区潮見野球場A面

 

 

ゲーム内容 東京YMCA小川投手、SENT坂本投手の先発。2回裏SENT投手陣の4四死球で1点をYMCAが先攻。SENT4回表3連打で2点を取り逆転。その裏YMCA2四死球と相手エラーそして2本のエンドランで3点を取り再逆転。その後SENTの反撃を1点に抑え、東京YMCAが4-3で勝利。
半谷謙寿監 督コメント SENT様、遠征ありがとうございました。前回秋リーグで敗戦していたので、何とかリベンジできるように気合がいつも以上に入っていました。試合の方は投手陣の乱調に助けられたような試合でした。またの対戦を楽しみしています。

 

 


2回戦 (対戦期限:対戦期限: 6/24(日))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  ヤンキース 3 - 0 MBN 2007/7/1(日)17:00-19:00 光が丘公園

 

 

ゲーム内容 MBN水島投手、ヤンキース土屋投手が先発。初回ヤンキースの攻撃、一死一二塁から土屋選手の二塁打で先制、その後広瀬選手が四球を選び押し出しで2点目。5回小池選手がヒットで出塁後盗塁成功で二死二塁から土屋選手の二塁打で3点目。最終回MBNがチャンスを作るも得点できずに土屋投手完封勝利。
加藤 聡弘渉 外コメント ありがとうございました

 

 

  ARUYO東海 12 - 2 東京YMCA 2007/6/24(日)10:00-12:00 大宮健保グラウンド

 

 

ゲーム内容 ARUYO東海浅野投手、東京YMCA小川投手の先発マウンド。東京YMCAは初回、5番小川選手のセンター前ヒットで1点を先制。ARUYO東海も2回裏4番岡部選手と5番大鹿選手の連打から作った1死2塁3塁のチャンスに7番佐藤選手のレフト前ヒットで同点とすると続く8番篠田選手の3塁線を抜く2塁打で2点の勝ち越しに成功し3対1とする。さらにARUYO東海は4回裏2死2塁から8番篠田選手のレフトへの2点本塁打と1番小柳選手のライトオーバー3塁打で3点を追加し6対1。5回には6番大津選手の2点タイムリーで8対1。6回には6番大鹿選手のレフトオーバー3塁打などで4点を追加し12対1とすると、投げては、浅野投手、大津投手、阿部投手が東京YMCA打線を2点に抑えARUYO東海が12対2で勝利。
茂手木 祐介主 将コメント お世話になりました。またよろしくお願いいたします。

 

 

  練馬アドベンチャーズ 5 - 2 東京ドナルドダック 2007/6/17(日)19:00-21:00 夢の島運動公園

 

 

ゲーム内容 小林投手の力投で練馬アドベンチャーズが5-2で勝利。
斉藤英之監 督コメント ドナルドダック様ありがとうございました

 

 

  CROSS ROAD - CLIPPERS 2007/6/10(日)10:00-12:00 江東区夢の島野球場9面

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
荒井 志光監 督コメント

 

 

  CLIPPERS 5 - 4 CROSS ROAD 2007/7/1(日)10:00-12:00 織物健保グランド

 

 

ゲーム内容 初回、CROSS ROADが2つの押し出しとタイムリーで4点を先制。追いかけるCLIPPERSは、3回、1番平選手のタイムリーで1点を返し、5回に6番川口選手のタイムリーを含む一挙4点をあげ試合をひっくり返す。投げては、初回の4失点に平投手が苦しみながらも完投勝利!!5対4でCLIPPERS勝利!!
田平憲治G Mコメント 日程調整ありがとうございました。また、お願いします。

 

 

  新磯MESH 2 - 3 淵野辺オリオンズクラブ 2007/6/3(日)12:30-14:30 鹿沼公園野球場

 

 

ゲーム内容 オリオンズは初回相手のミスから2点先制。2回新磯MESHもオリオンズのミスの間に1点奪う。その後両チーム1点ずつ追加し6回時間により終了。
橘 猛監 督コメント 球場、審判等の手配ありがとうございました。今後もご対戦宜しくお願い致します。

 

 

  ウィルス 5 - 4 ジョルターヘッズ 2007/6/17(日)16:00-18:00 潮見G(C面)

 

 

ゲーム内容 ジョルターヘッズ大橋、ウィルス照井の両右腕の先発。初回ジョルターが2番小関選手のレフト線を抜くHRで先制すると、その裏ウィルス先頭の瀬尾選手がレフト越えHRを放ちすぐに同点とする。4回裏ウィルスが4番杉本選手のタイムリーで2-1と勝ち越すものの、直後の5回表にジョルター赤坂選手に逆転ツーランHRが出て再逆転。またしても追う展開となったウィルスはその裏、連打に犠打、犠飛で同点とし、さらに二死満塁で4番杉本選手。ここでジョルターは大橋投手から崎迫投手へスイッチするが、杉本選手がしぶとくセンター前にはじき返して5-3。最終回となった6回表のジョルターの怒涛の反撃を、リリーフしたウィルス平野投手がなんとかしのぎ切り5-4でウィルスが勝利した。
瀬尾 高晃主 将コメント ジョルターヘッズさんありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

  TEAM ByBLOS 7 - 3 チキンズ 2007/6/24(日)18:30-21:00 越谷市せんげん台球場

 

 

ゲーム内容 雨が降る梅雨空の中ByBLOS永富投手、チキンズ児矢野投手の先発でプレイボール。まず試合が動いたのは2回。チキンズ先頭の4番打者がレフトオーバーの2塁打で無死2塁。二死後エラーの間にチキンズが1点を先制。続く3回ByBLOSの攻撃。四球、送りバントで1死2塁から9番田村選手のセンターオーバーのエンタイトル2塁打、2番百瀬選手のセンター前で2−1と逆転。5回、7番横倉選手がセンター前、8番一色選手が送りまたもや9番田村選手のセンター前で3−1。2点を追うその裏のチキンズ、1死3塁で8番打者のエンドランで3−2と1点差に追い寄る。そして7回、先頭の7番横倉選手がセンター前、8番一色選手の内野安打で無死1,2塁のチャンス。続く9番田村選手がセカンドゴロもエラーで1点追加でなお無死1,3塁とする。続く1番永富選手がライト前タイムリー、2番百瀬選手のエンドラン、相手エラーでByBLOS一挙4点を奪い7−2とする。最終回、粘るチキンズも2死から1点を奪うも試合終了。ByBLOSが10安打、投げてはByBLOS永富投手が自身が持つチーム奪三振記録と並ぶ15奪三振を奪いByBLOSが快勝。3回戦へとコマを進めた。
小林 政志さんコメント みんな若くてこちらの作戦に乗ってこない噂通りのとてもいいチームでした。機会ありましたら今度はオープン戦などで楽しんだ対戦お願いします

 

 

  RED HILL 4 - 0 大泉Phoenix 2007/6/24(日)8:00-10:00 薬業健保

 

 

ゲーム内容 先行大泉PHOENIX先発は桜井投手、後攻REDHILL先発は布施投手で試合開始。試合が動いたのは3回ウラ、REDHILLの攻撃は7番石川選手のソロホームラン、1番山口選手のヒット、4番平城選手のヒットとエラーが絡みこの回4点先制。その後両チームの投手が踏ん張りこのままゲームセット。布施投手はストロング2試合連続完封とストロング3連勝。
平城 正雄渉 外コメント 宮崎様、選手の皆様ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 

 


3回戦 (対戦期限:対戦期限: 8/5(日))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  淵野辺オリオンズクラブ 0 - 1 TEAM ByBLOS 2007/7/22(日)19:30-21:30 愛川町 田代野球場

 

 

ゲーム内容 両チームとも負けられないベスト4をかけた一戦はByBLOS永富投手、淵野辺オリオンズクラブ高岡投手の先発でプレイボール。1回表、いきなりByBLOSが一死二三塁のチャンス。しかしここで出すぎた二塁ランナーがオリオンズの牽制のサインプレーで挟まれタッチアウト。押し出された三塁ランナーも本塁で刺されオリオンズ見事なダブルプレーで大ピンチを乗り切る。その裏のオリオンズの攻撃。四球、安打で二死二三塁のチャンスを作るも5番小山内選手がサードゴロで倒れ無得点。3回表ByBLOSの攻撃。8番青木選手が粘り四球で出塁。9番一色選手が送り一死二塁のチャンス。続く1番永富選手がセカンドゴロも送球をうけた一塁手がまさかの落球。その間に二塁ランナーの青木選手が返り、思いもよらない形でByBLOSが1点を先制。続く4回、ByBLOS小林政志選手がレフトへ大飛球。ポールを巻いたと思われたが審判の判定はファール。追加点のチャンスを逃す。ここからは両チームエース同士の息詰まる投手戦に。オリオンズ高岡投手は四死球などでランナーは出すものの、小山内捕手の盗塁阻止やショート鈴木選手の超ファインプレーなどで要所を締める。ByBLOS永富投手も初回以降三塁を踏ませないどころかヒットすら許さない好投で両チーム0行進。そして最終回。ByBLOSの攻撃。先頭の小林政志選手がレフト前で出塁。ここで代走簡選手が盗塁もまたもや小山内捕手がこれを阻止してチャンスを逃し無得点。そして最終回。オリオンズの攻撃も永富投手が3人で抑え試合終了。永富投手、被安打1、7奪三振の力投で1−0でByBLOSが逃げ切りベスト4を勝ち取った。
小林 政志さんコメント 熱い試合ありがとうございました。淵野辺さんのようなめっちゃいいチームと試合ができ、なおかつ勝つ事ができたので遠くまで遠征したかいがありました。今回のうちの勝ちはたまたまだと思ってますので次、またストロングなど上での対戦を是非ともお願いします。

 

 

  ウィルス 6 - 7 ARUYO東海 2007/7/29(日)16:00-18:00 潮見G(C面)

 

 

ゲーム内容 ARUYO東海浅野投手、ウィルス照井投手の先発マウンド。1回裏ARUYO東海1番小柳選手の四球から作った二死一塁にチャンスに4番岡部選手の2点本塁打で幸先よく2点を先制。2回表ウィルスも1点を返し尚二死一塁から9番佐野選手のライトへの逆転2点本塁打でウィルスが3対2と逆転。2回裏ARUYO東海7番篠田選手、9番阿部選手の連打で作った一死一塁三塁のチャンスに1番小柳選手のエンドランですかさず3対3の同点。3回表ウィルス3番杉本選手のライトへのソロ本塁打で4対3と再び逆転。3回裏ARUYO東海も5番古川選手のセンターへのソロ本塁打で4対4の同点とする。4回表ウィルス8番友沢選手のレフトへの二塁打で再び逆転。6回裏ARUYO東海二死満塁逆転のチャンスを掴むがこの回から変わった平野投手が2番石栗選手をセカンドゴロに抑え5対4のまま最終回へ。7回表ウィルス3番杉本選手がこの日2本目のソロ本塁打で6対4。そして最終回7回裏ARUYO東海4番岡部選手の二塁打と5番古川選手の四球で作った一死一塁三塁のチャンスに6番寺井選手がファールで粘った7球目をレフトオーバーのサヨナラ3点本塁打でARUYO東海7対6と劇的なサヨナラ勝ち。
茂手木 祐介主 将コメント マリンで日本一にもなっているウィルス様と互角の勝負ができ自信になりました。またどこかで試合する機会があったらよろしくお願いいたします。

 

 

  ヤンキース 3 - 0 練馬アドベンチャーズ 2007/8/19(日)10:00-12:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 1回ヤンキースの攻撃、先頭の小池選手がヒットで出塁すると4番土屋選手の2ランホームランで先制。その後も徳永選手のタイムリーで追加点。投げては先発中川投手が14奪三振のノーヒットノーランでヤンキース勝利。
加藤 聡弘渉 外コメント ありがとうございました

 

 

  RED HILL 3 - 1 CLIPPERS 2007/8/5(日)16:00-18:00 織物健保

 

 

活躍したREDHILLの3選手 両チーム合同練習 両チーム合同練習 ゲーム内容 先行CLIPPERS先発は平投手、後攻REDHILL先発は松沢投手で試合開始。初回表CLIPPERSの攻撃はエラーと四球、5番川口選手のヒットで二死満塁のチャンスを作るも後続が倒れ得点できず。その後両投手が好投を続ける。均衡を破ったのは5回ウラのREDHILL。7番石川選手がセンター左を抜けるソロ本塁打で1点先制。しかし6回表CLIPPERSの攻撃はこの回先頭の2番杉本選手がライト前ヒット、3番磯選手がエンドランをヒットで決めて無死二塁三塁。4番滝口選手の時にREDHILLバッテリーは痛恨のパスボールでCLIPPERS同点。しかし後続が倒れその後得点できず。6回ウラREDHILLの攻撃は2つの四球とパスボールで二死二塁三塁のチャンスに4番平城選手がセンターオーバーの三塁打で2点を追加し勝ち越す。6回終了地点で日没ゲームセット。REDHILLの勝利。
平城 正雄渉 外コメント 田平代表ならびに選手の皆様、対戦ありがとうございました。これからも良い交流ができる関係でありたいです。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

  ヤンキース - 練馬アドベンチャーズ 2007/7/29(日)14:00-16:00 大宮健保グランド

 

 

ゲーム内容 雨天中止 →各大会指定の特別延長期日までに再戦
加藤 聡弘渉 外コメント

 

 


準決勝 (対戦期限:対戦期限: 9/16(日))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  ヤンキース 1 - 5 TEAM ByBLOS 2007/9/9(日)19:00-21:00 武蔵野公園

 

 

ゲーム内容 TEAM ByBLOS永富投手、ヤンキース中川投手の先発で試合開始。まず初回先攻ByBLOSの攻撃、1番百瀬選手がレフト前安打で出塁。盗塁などで二死三塁としここで4番国谷選手がセンター前タイムリーで1点先制。その裏のヤンキース。先頭小池選手が四球。すかさず盗塁で無死二塁のチャンス。ここでヤンキース3番打者がセンター前にタイムリー。すぐさま同点に追いつく。2回表のByBLOS、先頭の6番横倉選手が初級を叩きレフトへの柵越え本塁打。2−1に。その後8番永富選手、9番田村選手、1番百瀬選手の3連打で一死満塁。ここで2番一色選手がエンドランを決め3−1に。そしてヤンキースは3回から土屋投手がマウンドへ。4回には8番永富選手の二塁打、1番百瀬選手選手のライト前などで一死二三塁のチャンス。ここでまたも2番一色選手がエンドラン。しかしヤンキースバッテリーがこれを外しランナーが三本間で挟まれるもキャッチャーが三塁に悪送球。その間に二者が返り5−1に。投げてはByBLOS永富投手が4回から両足をつり、試合終了後にそのまま倒れ救急車で運ばれる程の気持ちのこもった熱投で被安打4、1失点の完投勝利。ByBLOSが8安打で5−1とし決勝戦へとコマを進めた。
小林 政志さんコメント ヤンキースの皆様、対戦ありがとうございました。強いチームとやれるのはとても楽しかったです。また試合終了後のハプニングの際には加藤監督を初めメンバーの皆様、マネージャーさんにまでご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。この場をかりてお礼申し上げます。また対戦の機会はたくさんあると思いますのでこれからも長いお付き合いよろしくお願いします。

 

 

  RED HILL 3 - 2 ARUYO東海 2007/9/9(日)9:30-11:30 織物健保

 

 

力投のREDHILL松沢投手 流れを呼び込んだ杉村(友)選手のスイング ARUYO東海ヒットエンドランはREDHILLに外される 気迫漲るREDHILLベンチ ゲーム内容 先行ARUYO東海の先発は浅野投手、後攻REDHILLの先発は松沢投手で試合開始。1回ウラREDHILLの攻撃は1番八木選手が左中間を破る先頭打者ホームランで1点先制。2回表ARUYO東海の攻撃は2本のヒットで二死二三塁としたところでREDHILLバッテリーは痛恨のパスボール1-1同点。ARUYO東海浅野投手は2回から5回まで被安打1と好投を見せる。REDHILL松沢投手もヒットを許すものの要所を抑える好投。6回ウラREDHILLの攻撃は二死から3番山口選手がサードへの強襲ヒットで二死一塁。続く4番平城選手が右中間への二塁打で1点追加。5番御代川選手も遊内野安打で二死一三塁。6番杉村(友)選手の振り逃げ三振の時に三塁走者が生還し3-1。7回表ARUYO東海の攻撃は6番佐藤選手がレフト前ヒットで出塁。その後二人倒れ二死一塁となるも9番大鹿選手が左中間への三塁打を放ち1点を返す。しかし松沢投手は最後の打者をセカンドフライに打ち取りゲームセット。REDHILLの勝利。
平城 正雄渉 外コメント 茂手木さん、選手の皆様ありがとうございました。緊迫した好ゲームだったと思います。今後ともよろしくお願い致します。

 

 


決勝 (対戦期限:11月までの日曜日(本部主催))

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  RED HILL 1 - 0 TEAM ByBLOS 2007/10/28(日)18:00-20:00 八王子市民球場

 

 

ゲーム内容 先行TEAM ByBLOSの先発は永富投手、後攻REDHILLの先発は松沢投手で試合開始。初回からREDHILL松沢投手が2三振を奪うとその裏TEAM ByBLOS永富投手も2三振を奪い投手戦の幕開け。2回表TEAM ByBLOSの攻撃は四球で出たランナーを一塁に置き6番横倉選手がレフト前ヒットで一二塁とするも後続が倒れ得点できず。その後両投手が好投し得点を許さない。しかし最終回REDHILLの攻撃は一死から3番山口選手が死球で出塁すると4番平城選手の時にエンドランを敢行、打球は左中間を破るヒットとなり一塁走者が一気にホームイン。REDHILLのサヨナラ勝ち。この試合TEAM ByBLOS永富投手は6回まで無安打ピッチング、REDHILL松沢投手も2安打ピッチングと決勝戦に相応しい投手戦となった。
平城 正雄渉 外コメント 菊地様、小林様、選手の皆様対戦ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.