全国軟式野球ストロングリーグ

第17回夏季選抜交流トーナメントSS2017東日本

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

第17回夏季選抜交流トーナメントSS2017東日本

 


試合日程/結果


 

 
 

SS2017東日本の試合日程・結果一覧です
優勝チームはジャパンカップ2017に進出します

 
 

 

1回戦 (対戦期限:7/23(日)滝が原野球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  クローン   -   Naughty 7/23(日)9:00-11:00 滝が原野球場8面

 

 

  Tommys Baseball Club   -   ユニティー 7/23(日)11:15-13:15 滝が原野球場7面

 

 


2回戦 (対戦期限:7/23(日)滝が原野球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  Naughty 2 - 3 ANAフライヤーズ 2017/7/23(日)13:30-15:30 滝が原野球場8面

 

 

ゲーム内容 ANAフライヤーズは藤原投手、Naughtyは秋澤投手の先発マウンド。Naughtyは初回、先頭の按田選手が左中間を破る本塁打で1点先制。ANAフライヤーズはその裏、連続四球で一死一二塁とすると、4番大坪選手がレフト線を破るタイムリー三塁打で2点を返し2-1と逆転する。Naughtyは続く二回表、一死一三塁から9番柳田選手のテキサスタイムリーヒットで2-2の同点。ANAフライヤーズは三回裏、二死から4番大坪選手が内野安打で出塁後、盗塁に成功すると、5番赤城選手がライトへのタイムリー二塁打で、3-2と勝ち越す。Naughtyは四回に二死満塁、六回にも一死一二塁のチャンスを作るも、藤原投手が粘りのピッチングで無失点に抑えて、六回終了時間切れでANAフライヤーズが3-2で勝利した。
佐々木雄司渉 外コメント Naughty様、初めての対戦どうもありがとうございました。また、機会がありましたら対戦どうぞ宜しくお願い致します。

 

 


決勝 (対戦期限:8/27(日)ドカベンスタジアム)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  TABOO 5 - 4 ANAフライヤーズ 2017/8/27(日)19:00-21:00 大和スタジアム

 

 

ゲーム内容 TABOO先発は17才の吉澤、ANAフライヤーズは51才の広橋の先発マウンド。TABOOは初回、先頭の田中がセンター前に弾き返し出塁する。2番夏目が内野ゴロで二塁フォースアウトとなるが、夏目がすぐさま盗塁を決め一死二塁。二死後、4番山本昌がレフト前タイムリーで一点を先取。その裏、ANAも二死から3番赤城がライト前ヒットで出塁。4番大坪を迎えたところでバッテリーエラーから二塁を陥れる。しかしここは吉澤が二塁フライにうちとり無得点。2回裏ANAは先頭の5番森がヒット、藤崎が送って一死二塁。7番の佐々木が倒れるが八番広橋がレフト前に運び二死二三塁とするが吉澤が9番林をピッチャーゴロにうちとり得点入らず。TABOOは3回表、二死から2番夏目がセンター前ヒットで出塁。3番藤崎がライト前に運び二死ながら一三塁のチャンスとし4番の山本昌。藤崎が盗塁し二死二三塁。山本が四球で5番の指名打者相田。大きなあたりとなるがセンターフライに倒れ無得点。3回裏、打者二順目のANAは1番荒谷から。レフトフライが相手失策を誘い無死二塁とする。2番の根井がレフトフェンス直撃の二塁打を放ち1-1同点に追い付く。3番赤城への初球がワイルドピッチで無死三塁。直後、赤城が叩いてANAが2-1勝ち越しに成功。4回表、一点を追うTABOOは一死後、7番の浦田がサードゴロエラーを誘い出塁。8番平野が大きなバウンドで三塁手の頭を越すレフト前ヒットでつないで一死一二塁。9番渡橋ピッチャーゴロで二死二三塁。先頭にかえって田中が左中間タイムリー2塁打を放ち3-2逆転。4回裏、二死後、8番広橋がライト方向へおっつけ、三塁打を放つが、吉澤が踏ん張って無得点。5回表、TABOOは四番の山本昌が相手エラーで出塁し一死二塁。つづく相田がレフトへあわやスタンドインというフェンス直撃の三塁打を放ち4-2。一死三塁からさらに六番高野が叩いた打球がセンターへ抜けて5-2。つづく浦田がライト前でつないで一死二三塁。9番渡橋のところで代打内海。倒れるがこの回貴重な追加点。5回裏からTABOOは投手永富にスイッチ。四球から牽制死。2番根井に左中間へ二塁打を運ばれ赤城を死球。一死一二塁で4番大坪はセンターフライ。二死となり五番森。内野ゴロが相手ミスを誘い二死ながら満塁。6番藤崎がレフトオーバーのエンタイトルツーベースで4-5。6回表からANAは投手荒谷にスイッチする。6回裏永富は八番広橋、九番代打の藤原、二者連続三振を奪う。一番荒谷が粘ってフルカウントから四球を選ぶ。2番根井の際に牽制死でゲームセット。TABOOが4年ぶりの優勝を飾った。
永富洋輔監 督コメント 対戦ありがとうございました!また機会があれば対戦よろしくお願い致します

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.