全国軟式野球ストロングリーグ

第12回全国統一王座決定戦「ジャパンカップ'2012(全国大会/1部)」

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ    ストロングリーグ公式Twitterアカウント   ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代- 

【特割】 ストロングカップ2019(秋)
 
 

第12回全国統一王座決定戦「ジャパンカップ'2012(全国大会/1部)」

 


試合日程/結果


 

 
 

ャパンカップ2012(1部/東日本)の日程、結果一覧です。7回裏終了時同点の場合は一死満塁延長サドンデス。打順は常に継続となります。1,2回戦は自主対戦。全国準決勝・決勝は2013年1月以降プロスタで本部主催(2チームが進出)!

 
 

 

準決勝 第1試合 (対戦期限:1/27(日)明治神宮野球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  TABOO 5 - 1 ストロング浪速 2013/1/27(日)10:00-12:00 明治神宮野球場

 

 

ゲーム内容 TABOOは日名田投手が先発。二回にピンチを背負い、サード強襲の当たりを滝脇が弾き、ストロング浪速に1点を先制される。しかしTABOOは越間選手が出塁し二番一色も繋ぎノーアウト一塁、三塁。三番百瀬がセンターフライで三塁ランナーの越間が激走、間一髪セーフ。さらにチャンスは続き四番高橋選手がしぶとくレフト前に弾き返し、2対1の逆転に成功する。さらにTABOOは長岡選手のタイムリーなどで小刻みに点を重ね、途中交代でマウンドに上がった土屋投手を攻略。先発日名田選手は1点を失ったものの、最速137キロの直球と変化球を駆使し相手の攻めいる隙を与えず完投勝利。試合はTABOOが5-1で勝利し決勝進出を決めた。
永富洋輔監 督コメント ストロング浪速の皆様、対戦ありがとうございました。西日本代表チーム様と神宮球場でいい試合ができました。また機会がございましたら宜しくお願いします。

 

 


準決勝 第2試合 (対戦期限:1/27(日)明治神宮野球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  Y.Sクラブ 3 - 5 RUSH 2013/1/27(日)12:00-14:00 明治神宮野球場

 

 

ゲーム内容 RUSHは初回、先頭が安打で出塁しその走者を犠打で2塁に送る手堅い野球を見せる。3番が四球を選び、1死2塁1塁。ここで、2塁走者が圧巻の盗塁!そして4番のタイムリーで1点先制。続く5番が内野飛球で2死3塁1塁。ここで1塁ランナーがおとりの飛び出しをし3塁ランナーが生還、2点目を奪取。ワイルドピッチもあり、2死3塁。6番DH宮島がダメ押しのタイムリーで3点目を奪って初回だったが試合がほぼ決定的かと思っていた。先発した妙見に関してはRUSH加入後、負けなしであり、防御率はなんと0.30であるからだ。が、しかしストロングリーグ界ナンバー1のチーム、いや日本軟式界のトップチームはそんな簡単に終わるチームではなかった。喜びもつかの間の3回、四球2つで出たランナーを4番宮代選手が超驚きのレフトスタンドに消えていく100m弾で同点スリーラン。目を疑って、夢かと思った。軟式であれだけ飛ぶとは考えられない。これが軟式界のトップに君臨するチームの4番の実力?!恐ろしかった。RUSH選手一同、関西では見れなかった恐怖を感じた。しかし、まだ同点。なんとか気持ちを取り戻して初心に返ろうと円陣を組む。6回裏、RUSHの攻撃。1死から3番山崎がセンター前に運ぶ。1死1塁から4番が四球で1死3塁2塁を演出する。ここでYS捕手が3塁へ悪送球の間に2人帰り、2点を奪取。最終回も妙見が3人で抑え、7回をYS打線をHRだけの1安打に抑え勝利投手になった。不敗神話はまだ続く。
本岡大造監 督コメント 本日はありがとうございました。また関東のチーム様とジャパンカップファイナルで対戦させていただけるようチームを作って行きたいと思います。

 

 


決勝戦 (対戦期限:1/27(日)明治神宮野球場)

 

 

  Home - Visitor 実施日 試合会場

 

  TABOO 7 - 6 RUSH 2013/1/27(日)14:00-17:00 明治神宮野球場

 

 

ゲーム内容 タブー先発は肩を壊しながら永富が先発。動きは初回からあった。相手の一番を三振に取るも。二番にヒット、二つの四球で満塁、内野安打で一点が入り、ラッシュが先制。タイムリーもでて初回からまさかの四失点。少し諦めムードかと思いきやベンチに帰っても誰一人諦めてはいなかった。先頭越間が倒れるも。二番に一色が出塁し、二盗、三盗、相手の捕手の暴投ですかさず一点を返す。三番百瀬が四球で、エンドランが成功して1、3塁五番木村のサードゴロの間にサードランナー百瀬が生還。タブーも負けじと二点を返す。タブーは三回に岡田のタイムリーで同点、一塁ランナーの木村が激走、ホーム間一髪アウト!逆転にはならなかった。永富も安定をとりもどし。五回まで無失点。しかし6回にスクイズとパスボールで二点を失う。誰もがもはやこれまでかと思った。でもベンチに帰ると途中交代させられた岡田が僕のせいでと涙をながし、謝った。そしてみんながまた一つになった。先頭寺田が何が何でも塁に出ますと言って打席に、平凡なセカンドフライなのに寺田の気迫で相手のエラーを誘って、出塁、八番長岡もポテンヒットで繋ぎ、九番滝脇が誰もが送りバントかと思ったがまさかの強行ヒッティング、初球をフルスイングまさかのライトオーバー二塁打。(首位打者の俺が打たなきゃ誰が打つんですか!by滝脇)一点を返し一点差。一番にかえって、越間が死球、二番一色が四球を選びやっと同点に追い付く。チャンスはまだ続くノーアウト満塁。三番百瀬が凄まじい選球眼で押し出し、ついにこの試合初めての勝ち越し、逆転する。(一色、百瀬、焦ることなくボールが止まって見えたby最年長コンビ)四番高橋五番木村が倒れ七回の表に移る。投手は永富に代わり一試合目に先発した日名田が抑えで登場。四球でランナーを出しツーアウト二塁。最後の最後まで気が抜けない試合。しかし最後は136qのストレートでねじ伏せ見事優勝を果たした。
永富洋輔監 督コメント RUSH様、ありがとうございました。また来年、ジャパンカップの全国大会で対戦の機会がありましたら宜しくお願いします。

 

 



 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.