スペシャルコラム 

 

 

〜 あの日 あの時 青春野郎 〜

 

 

第19回 「 二度の涙」

 

 

ルーズの中瀬様ご指名ありがとうございます。 ストロングリーグ会長の高橋様、ストロングリーグに参加されておりますチームの皆様大変お世話になっております。セニョールの伊藤でございます。今回の件正直言って驚いておりますが、中瀬様からの折角のご指名ですので末筆ながら書かせていただきたいと思います。

回”あの日あの時青春野郎”を書くにあたり、今まで影響を与えられた人物や出来事について考えてみたのですが、余りにも多すぎて的が絞れない為自分が本格的に野球をやろうと思ったきっかけと今でも野球を続けている理由でもある”自分が流した2度の涙”というテーマで書かせていただきたいと思います。

分が最初に野球で流した涙は、小学2年生のときでした。当時の自分は、身体も大きく、野球をすることが楽しく、また野球に自信を持ち始めた時期でした。野球と言っても、近所の公園や空き地に集まってやるお遊び程度のものですが、同級生とやるのでは物足りず、よく小学5,6年生たちに交じって野球をしておりました。今思うと幼いながら、自分は”同級生たちとは違うんだ”という優越感に浸りたかったのかもしれません。そしてある時、隣の小学校と対外試合をすることになったのです。当時野球に自信のあった自分は、当然ながらスタメンで試合に出させてもらえるものと思っておりました。
しかし、スタメンはおろか試合にさえ出してもらえず悔し泣きをしながら家に帰ったのを今でもよく覚えています。いくら野球に自信があるとはいえ、非力な小学2年生がパワーのある先輩たちに太刀打ち出来るわけがなく、負けられない試合でもあったので当然のことだとは
思いますが、当時の自分にとってはかなりショックな出来事でした。

その日から自分は、”もっとうまくなってやる””いつか先輩たちをみかえしてやる”という負けん気の強さが芽生え、その悔し涙が今に続いているのだと思います。再び野球に自信のついた自分は、満を持して小学5年生の時少年野球チームに入団し本格的な野球を始めることになり、チームの4番を打つまでに成長し、チームを準優勝・県大会出場に導くまでに至りました。中学校でも野球部に所属し優勝を経験し勝つことの喜びを経験することが出来たのだと思います。そのきっかけを作ってくれた先輩たちに、今では感謝しています。

して2度目に流した涙は、高校3年夏の最後の大会で負けた時でした。高校野球をしていた皆さんも涙を流したかと思いますが、自分は”怪我からやっと開放される安堵感’と”モチベーションの低さに対する罪悪感”で涙を流しました。当時自分はピッチャーをしておりましたが、高校2年の夏合宿で肘に電気が走り、それ以来まともにボールを投げられない状態にありました。最後の夏の大会チームは、初戦を難なく突破し第3シード校と対戦することとなったのですが、その試合が始まるまで自分は”早く負けて楽になりたい”と考えて臨みました。
いざ試合が始まれば、負けたいとう気持ちはなかったのですが、チームにとって大事な試合、一丸となって戦わなければいけない時に、1人でもそのようなモチベーションでいたら勝てるわけがありません。結果チームは善戦したものの負けてしまいました。あとから後悔してもしょうがないことですが、スポーツマンとして、いち人間として自己中心で最低であったと今でも後悔しています。きっとこの涙はそのような罪悪感のほうが強かったのだと思います。2度とこのような気持ちでプレーしたくないという反省が今でも野球を続けている理由なのだと思います。

”自分が流した2度の涙”のことは、今まで誰にも話したことがないのですが、この場で書くことによって、自分の心の中にあったつかえが取れ、どことなくスッキリしたような気がします。 今現在、自分の身体は怪我だらけで満身創痍の状態ですが、野球に対する気持ちと
モチベーションだけは誰にも負けず、高く持っているつもりです。これからも、身体の許す限り”野球馬鹿”で暴れまりたいと思います。

次回の”あの日あの時青春野郎”は、構研バッカスの関根様にお願いしたいと思います。チーム代表者として登録されてはおりませんが、関根様は高校野球部の同期であり、私の知る限り、野球に対する思い入れは”かなり熱い”ものを持っていると思います。高橋会長! チーム代表者以外でもよろしいですよネ!!”いとちんからわたる”にバトンタッチします。

セニョール 副将 伊藤雅彦 

2003/06/ 8

 

 

→ →

  大会参加申込み 、各種キャンペーンは「部室」 から

 

 

→ →

  まだチームIDを持っていない場合はまず「チ-ム登録(無料)

 


大会に関するお問い合わせ: ストロングリーグ本部事務局


STRONG LEAGUEへ戻る

 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.