スペシャルコラム 

 

 

〜 あの日 あの時 青春野郎 〜

 

 

第18回 「 挫折の果て」

 

 

馬アドベンチャーズ斉藤さん、第18回あの日あの時青春野郎のご指名、ありがとうございます。
お世話になっております。クルーズの中瀬と申します。

は、せっかく頂いた機会なので、恐縮ながら自分の現在までの野球人生を振り返ってみようと思います。 ストロングリーグに参加されてる皆様の中にも、おそらく過去に大小問わず野球に対する挫折を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

も現在までの中で、ちょっとしたポイントであろう時期がありました。私は子供の頃は絵に書いたような鼻タレ野球小僧でしてエースで4番、打たれるとマウンドを蹴飛ばすような小僧でした。 そして、中学に入学するや、そこは公立学校にもかかわらず、代によっては越境入学をしてまで野球しにくるのまでいるほどの、東京の中学軟式野球レベルではそこそこ名の知れた学校でした。 夏の成績も悪くても毎年大体都大会までは勝ち進んでおり、そしてその後の進路も毎年平均して2〜3名くらいは推薦で野球名門校に進学している感じでした。 自分は主軸を打ち、都大会ベスト4でそこでの野球を終了し、何しろ野球部は学業は二の次でしたから、『推薦で名門校へ進学し、いざ甲子園!』なんて希望を抱いていました。

かし、どこからかの情報で「今年の推薦は1人か2人」と聞き、自信満々だった私は『絶対俺は入っている!』と思っていたのですが、結果、推薦は違う一人だけでした。 当時は若さも手伝い、ひどくショックでした。野球はもう辞めようとも、その時は決めました。でもその推薦の”1人”は高3時に東東京大会の決勝で修徳の高橋尚成投手(現巨人軍)と投げ合うほどの選手になったので、 結果的には当時の顧問の判断はとりあえず正解だったのでしょう。

球との絶縁を決めた私は都立高校へ進学し、”バスケ部兼帰宅部”として高校生活を楽しんでいたのですが、 放課後に野球部の金属音が聞こえると、どこか自然に反応している自分がいました。

そして、あっけなく高2時に野球部入部を果たしてしまいました。自分なんて結局そんなもんでした。そこでは、顧問と衝突もありましたが、ガツガツせず、素直に野球を楽しんでました。でも、今考えるとそこで自分の気持ちに正直になっておいて良かったなと思います。ちなみに、その時の野球部のメンバーがクルーズの約半数を占めております。結局、野球を辞めることなんぞは私には出来ないんです。

現在も野球バカまっしぐらです。”第二次青春期”として、真剣に野球をさせてもらっております。大げさかも知れませんが、自分には野球は1つの財産ですね。やっぱり楽しいです。

次は、セニョールの伊藤副将をご指名させていただきます。先日交流戦をさせていただき、緊迫した内容のとても充実したゲームをさせていただきました。特に渡辺投手の投球はほんとに素晴らしかった・・・。では、よろしくお願いいたします。

クルーズ 主 将 中瀬 淳一 

2002/11/19

 

 

→ →

  大会参加申込み 、各種キャンペーンは「部室」 から

 

 

→ →

  まだチームIDを持っていない場合はまず「チ-ム登録(無料)

 


大会に関するお問い合わせ: ストロングリーグ本部事務局


STRONG LEAGUEへ戻る

 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.