ジャパンカップ2019

 

2019 /11/10  更新

目指せプロスタ・全国制覇! 2019年度 全国4000チームの総本山! ジャパンカップ2019
 

[TOP] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

エスエスケイ ナガセケンコー スポンサー様募集
 
 

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会JCトーナメント表と大会日程  試合速報&最新情報はストロングリーグTwitter

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会出場チーム/ 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会重要ルール 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会出場メンバー

 

前回大会

 

【速報】ジャパンカップ2018全国大会!優勝はRUSH(大阪)、準優勝はT-Five(東京)

優 勝 準優勝

RUSH(大阪)

T-Five(東京)

 

ジャパンカップ2018全国大会/関西V3  
・優勝 RUSH(大阪) ・準優勝 T-Five(東京)

横浜スタジアムでの決勝「T-Five vs RUSH」は7年前の2011年大会と同一カード。
3回表にRUSHが1点を先制もその裏T-Fiveが正岡選手のタイムリー等で一挙4点を奪い逆転に成功。しかし4回表にRUSH高橋選手のバットで4-4同点。
7回表、西井選手のタイムリーなど一挙4点を勝ち越したRUSHがスコア8-4で勝利し優勝!2011年大会のリベンジを果たした。貴重なタイムリーの高橋選手がMVP!

RUSH本岡監督「とにかく、T-Fiveさんという7年前に敗れた偉大なチーム様との対戦とあり一同、気合が入っていました。この試合では良い所で1本が出る形で効果的に得点を重ねることができました。T-Five様の強力な打線を抑え込むのは不可能だとわかったので今日は攻撃陣が頑張りが光りましたね。ジャパンカップでは2015年まで関西勢がずっと勝てない時代が続いていて、関西代表というのは特別な思いがあります。ここ2年、新田クラブさん、京北カイザースさんと関西が2連覇中でしたので、途切れるわけにはいかないという思いで臨みました。素晴らしい舞台で最高のチーム様と試合をさせていただき本当にありがとうございました。2019年がはじまっていますので、連覇を目指して頑張ります!」

 

 

参加チームの皆様、シーズン中使用しますので念のためご確認ください

 


Copyright(C) BASEABLL JAPAN All light reserved.

運営: 株式会社ベースボールジャパン