全国軟式野球ストロングリーグ(軟式野球&草野球)

ジャパンカップ2012 全国大会 総集編

 

 

[TOP] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

ストロングリーグ公式フェイスブックページ  ストロングリーグ公式Twitterアカウント  ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画  ストロングリーグ公式ブログ - 草野球の殿堂 -  エスエスケイ    

 

 

閉幕!ストロングリーガー 3,800チームの皆様、関係者の皆様、1シーズンありがとうございました!!

 
 
 

スポンサードリンク

 

 

☆☆☆ オススメ ☆☆☆

- 書籍・DVD・ゲーム -
プロ野球スピリッツ2012 特典 『プロ野球ドリームナイン』ドリームパックガチャ2回分シリアルコード付き
プロ野球スピリッツ2012特典付
 

- Goods -

 
全日本プロレス
 
全国軟式野球ストロングリーグ 草野球大会

 

 

ジャパンカップ2012 全国大会速報    

 

 

 

 
 
 
   

 

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

第12回全国統一王座決定戦 ジャパンカップ2012

リーグ戦

   
  熱闘! - 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 -[1部] 逆転劇!TABOO(埼玉)初優勝飾る!RUSH(大阪)が2年連続の準優勝!
  熱闘! - 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 -[2部] 完封劇!CENTRAL(東京)初優勝!ミスターフットサル(埼玉)大健闘準優勝!
   
 

の全国制覇 ― 登録3,800チームの頂点は誰だ。レベルが高騰し"本命不在の真っ向勝負"と称された2012年大会。

1.27明治神宮野球場、全国の頂点に立ったのは、TABOO(埼玉)だった。創部わずか3年、ショートレンジの快挙達成。独立BCリーグでも活躍した日名田投手と監督を兼任する永富投手の力投が死闘を呼び、
衝撃の結末が待ち受けていた。
 

一方、未来の1部スター候補が集う2部大会では、CENTRAL(東京)が参戦2年目にして初優勝を達成した。監督である江川高投手の先発にはじまり、エース・井上投手ら4枚の投手をリレーでつなぎ、見事な完封勝ちを収めた。最後までこだわったのは「全員野球」。この日も集まった全員が出場し、栄冠を勝ち取ってみせた。
 
涙あり、笑顔あり― 近年稀にみる大混戦は、最終日のラストイニング、最後の一球まで及んだ。各チームが、己の持ち味を最大限発揮したかと言えばそうではない。ファイナルを制してきた者同士が迎えた全国大会の舞台は、想像を絶する爽快感と緊張感。互いに苦しい戦いを強いられ、簡単には勝たせてくれなかった。

ファイナリストは最後の最後まであきらめず、代表チームに相応しい戦いを披露し劇的なクライマックスを飾った。今大会のテーマであったゲームマナーの面でも約束を果たしてくれた。「運命の1.27」を振り返ってみたい。

 
第12回全国軟式野球統一王座決定戦 ジャパンカップ2012(1部)
   

優 勝 準優勝 第三位
TABOO(埼玉) RUSH(大阪) Y.Sクラブ(神奈川) ストロング浪速(大阪)
全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会最優秀選手: 日名田城宏選手(TABOO) 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会優秀選手: 妙見憲彦選手(RUSH

TABOO(埼玉)はストロングカップ2011秋,2012優勝チーム。史上初のSC秋春連覇の実績から本命の一角として今大会に臨んだ。夢に見た神宮球場での全国大会。進出を決めた昨秋、ナインは抱き合って喜んだ。本番へ向け、戦前から「全国優勝」だけにこだわりオフなしで調整を続け頂点に立った。

そもそもチーム運営の右も左もわからないところからスタートし、部員が少しずつ集まり、実戦を重ね、自分たちの野球が形になってきた。そして創部わずか3年、ジャパンカップ2012(1部)全国大会を優勝する。勝因は、チームワーク。短気がいれば、楽天家がいる。のんびり屋がいれば、せっかちがいる。一歩間違えれば、バラバラのチームになりかねない個性派メンバーを束ねたのは永富洋輔監督。これに応えたナイン。監督専任すなわち世代交代の時を迎えたかに思われたが、今年1年、彼がプレイングマネージャーとしてグラウンドの中心に居続けたこともナインを勇気づけた。監督が先頭に立ってリードした。特に年末年始は、自主トレの日々でろくに取材が進まなかったほどだ。「一応、(東日本)代表チームですからね。だらしない試合はしたくないじゃないですか。」神宮球場では、一連の監督と選手の信頼関係が証明されるような劇的なドラマが生まれた。
  
ストロング浪速(大阪)との準決勝では1点を先制されながら、打線が奮起し逆転勝ちした。リリーフした土屋投手からも得点を重ね、打ち勝つ野球で決勝進出を果たした。
RUSHとの決勝戦では、初回に4点を先制されながら、執念で追いつき、その後引き離され万事休すかと思われたが、再び追いつき、劇的な逆転終章を飾った。互いにミスも生まれた。死闘だった。
 
こんな決勝戦みたことない ―  最後はもう、気持ちだけだった。決勝戦に先発した永富投手は初回大量失点を献上する。すると、その裏、ベンチ裏でうずくまる姿があった。涙を流していた。7年間彼を取材してきたが、こんな姿は初めてみた。それも試合中にだ。
気持ちの強さだけでここまで戦ってきた男が、大舞台の序盤で崩れ落ちた。そこへ日名田投手が駆け寄る。「なに言ってるんだ。大丈夫だよ。」初めてみる両エースのその姿にナインが奮起し、ここから両チームが壮絶な戦いを繰り広げ、追いつけ追い越せの大激戦が展開される。ここまで投手陣をまとめてきた女房役の岡田選手は、終盤、自らのミスでベンチへ下がると、ずっと涙を流しながら声援を送り続けた。なんども諦めかけたこの試合。観ている者にとっても明らかな、敗色ムードだった。

だが、TABOOナインは試合を捨てなかった。中でも高橋選手は、異次元の精神力をみせた。どのような状況でも、先頭に立ち声を出し続け、ナインを諦めさせなかった。彼
甲子園出場、大学野球のプロ注目左腕だったあの男が、草野球で本気になった。
のヴォイスとジェスチャーは、ナインのあらゆるマイナス思考を打消し、ただ前を向かせた。そして、奇跡の大逆転優勝。試合後、永富監督とナインは抱き合って喜んだ。

「このメンバーに感謝したい」― 永富監督は人目をはばからず、涙した。1年間、チームをまとめてきた永富監督。
やってきたことが報われた。野球人生ではじめて諦めかけた試合だった。
最後に救ってくれたのは、チームメイトだった。執念の逆転優勝。名部員なくして名将なし。創部わずか3年、ストロングカップ秋春2連覇に続いて、ジャパンカップ1部全国制覇を達成した。


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会準決勝 第1試合  TABOO(埼玉) 5-1 ストロング浪速(大阪)
 

TEAM 1 2 3 4 5 6 7
TABOO 0 0 2 1 2 0 0 5
ST浪速 0 1 0 0 0 0 0 1
 

まずは準決勝:第1試合。TABOOは日名田投手が先発。独立リーグで怪腕を振るったスーパー右腕だ。永富投手の後継者として期待される逸材。
ゲームは序盤から、
今大会もっともブレイクしたチームと言えるストロング浪速が日名田投手を責め立てる。2回、ストロング浪速は走者を置いて、サード強襲の当たり。これをTABOO滝脇選手が弾き、ストロング浪速は1点を先制する。日名田投手の失点シーンは今大会はじめて。
しかし、1点を追うTABOOも反撃に出る。越間選手が出塁し二番一色も繋ぎノーアウト一塁、三塁。三番百瀬がセンターフライで三塁ランナーの越間が激走、間一髪セーフ。さらにチャンスは続き四番高橋選手がしぶとくレフト前に弾き返し、2対1の逆転に成功する。さらにTABOOは長岡選手のタイムリーなどで小刻みに点を重ね、途中交代でマウンドに上がった土屋投手を攻略。先発日名田選手は1点を失ったものの、最速137キロの直球と変化球を駆使し相手の攻めいる隙を与えず完投勝利。試合はTABOOが5-1で勝利し決勝進出を決めた。

 永富洋輔監督コメント ストロング浪速の皆様、対戦ありがとうございました。西日本代表チーム様と神宮球場でいい試合ができました。また機会がございましたら宜しくお願いします。
 


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会準決勝 第2試合 Y.Sクラブ(神奈川) 3-5 RUSH(大阪)
 

TEAM 1 2 3 4 5 6 7
Y.Sクラブ 0 0 3 0 0 0 0 3
RUSH 3 0 0 0 0 2 x 5
 

準決勝第二試合は、大会屈指の好カード。Y.Sクラブ(神奈川)VSRUSH(大阪)。RUSHは初回、先頭が安打で出塁しその走者を犠打で2塁に送る手堅い野球を見せる。3番が四球を選び、1死2塁1塁。ここで、2塁走者が圧巻の盗塁を決める。主砲のタイムリーで1点先制。続く5番が内野飛球で2死3塁1塁。ここで1塁ランナーがおとりの飛び出しをし3塁ランナーが生還、2点目を奪取。ワイルドピッチもあり、2死3塁。

6番DH宮島選手がダメ押しのタイムリーで3点目を奪って初回だったが試合がほぼ決定的かと思っていた。先発した妙見投手に関してはRUSH加入後、負けなしであり、防御率はなんと0.30であるからだ。が、しかしストロングリーグ界ナンバー1のチーム、いや日本軟式界のトップチームはそんな簡単に終わるチームではなかった。喜びもつかの間、3回、Y.Sクラブは四球で出たランナーを2人置いて、打席には今大会屈指のバットマンとして取り上げられた宮代選手
。ここでレフトスタンドへ運ぶ100m弾で同点スリーラン。

「前の打席は三振をしていたので... 点差もありましたのであの打席に関しては長打を狙ってました。」宮代選手が振り返る。
RUSH陣営は目を疑い「夢かと思った」さすがに絶句した。RUSH本岡監督は「軟式であれだけ飛ぶとは考えられない。これが軟式界のトップに君臨するチームの4番の実力?恐ろしかった。RUSH選手一同、関西では見れなかった恐怖を感じた。」とコメントしている。
3-3たちまち同点。なんとか気持ちを取り戻して初心に返ろうと円陣を組むRUSH。6回裏、RUSHの攻撃。1死から3番山崎がセンター前に運ぶ。1死1塁から4番が四球で1死3塁2塁を演出する。ここでYS捕手が3塁へ悪送球の間に2人帰り、2点を奪取。最終回も妙見が3人で抑え、7回をYS打線をHRだけの1安打に抑え勝利投手になった。不敗神話は続くのか。

本岡大造監 督コメント 本日はありがとうございました。また関東のチーム様とジャパンカップファイナルで対戦させていただけるようチームを作って行きたいと思います。
 


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会決勝戦  TABOO(埼玉) 7-6 RUSH(大阪)
 

TEAM 1 2 3 4 5 6 7
RUSH 4 0 0 0 0 2 0 6
TABOO 2 0 2 0 0 3 x 7
 

迎えた決勝戦。誰もが、ハイピッチなゼロ行進。すなわち音速の投手戦を予想した。タブー先発は肩を壊しながら永富が先発。動きは初回からあった。相手の一番を三振に取るも。二番にヒット、二つの四球で満塁、内野安打で一点が入り、ラッシュが先制。タイムリーもでて初回からまさかの四失点。少し諦めムードかと思いきやベンチに帰っても誰一人諦めてはいなかった。先頭越間が倒れるも。二番に一色が出塁し、二盗、三盗、相手の捕手の暴投ですかさず一点を返す。三番百瀬が四球で、エンドランが成功して1、3塁五番木村のサードゴロの間にサードランナー百瀬が生還。タブーも負けじと二点を返す。タブーは三回に岡田のタイムリーで同点、一塁ランナーの木村が激走、ホーム間一髪アウト!逆転にはならなかった。永富投手も安定感をとりもどし五回まで無失点。しかし6回にスクイズとパスボールで二点を失う。誰もがもはやこれまでかと思った。

でもベンチに帰ると途中交代させられた岡田が僕のせいでと涙をながし、謝った。そしてみんながまた一つになった。先頭寺田が何が何でも塁に出ますと言って打席に、平凡なセカンドフライなのに寺田の気迫で相手のエラーを誘って、出塁、八番長岡もポテンヒットで繋ぎ、九番滝脇が誰もが送りバントかと思ったがまさかの強行ヒッティング、初球をフルスイングまさかのライトオーバー二塁打。(首位打者の俺が打たなきゃ誰が打つんですか!by滝脇)一点を返し一点差。一番にかえって、越間が死球、二番一色が四球を選びやっと同点に追い付く。チャンスはまだ続くノーアウト満塁。三番百瀬が凄まじい選球眼で押し出し、ついにこの試合初めての勝ち越し、逆転する。(一色、百瀬、焦ることなくボールが止まって見えたby最年長コンビ)四番高橋五番木村が倒れ七回の表に移る。投手は永富に代わり一試合目に先発した日名田が抑えで登場。四球でランナーを出しツーアウト二塁。最後の最後まで気が抜けない試合。しかし最後は136qのストレートでねじ伏せ見事優勝を果たした。
 

永富洋輔監 督コメント RUSH様、ありがとうございました。また来年、ジャパンカップの全国大会で対戦の機会がありましたら宜しくお願いします。

 

TABOOチームにはおめでとう、そう伝えたい。まだSC1部に所属していた昨年は、同決勝戦で自らマウンドに登り、痛恨の柵越えホームランを浴び敗戦投手となり、ジャパンカップ出場を逃した。あれから1年、SC特別部に昇格すると、秋春連覇、初出場のジャパンカップで全国制覇を達成した。文句なしのストロングリーグ全国王者だ。トリプルエースの存在(右、右、左)、鉄壁のセンターライン、アグレッシブな振りと足。執念が実る資質が揃っていたのかもしれない。だが思えば、シーズン開幕当初、壁にぶつかっていた。近況を問われると「まったくだめ。機能しない」永富監督は嘆いていた。彼はゲームでの失敗は攻めない。だが、野球(チーム)に対する緩慢な姿勢には厳しい。その分、自身もトレーニングを怠らない。日々、走り、筋トレ。春以降は真夜中しか電話がつながらなかった。根っからの負けず嫌いだから、努力しないと自分が悔しい思いをするだけだということを知っていた。

惜しくも敗れたRUSH。彼らにも最大級の拍手を贈りたい。昨年の横浜スタジアムに続き、こんどは神宮球場で躍動。2年連続のジャパンカップ全国大会準優勝という好成績を残した。勿論、本岡監督以下メンバー一同、リベンジの思いで乗り込んだ分、銀メダルに満足はしていない。「関西初のJC制覇」目前で敗れた。だが、今大会でも見せ場を作ったし、なにしろJC西日本のエースとしてのチカラを証明した。これまで2度のJC全国制覇を達成しているY.Sクラブとの対戦は多くの野球人が注目した大一番。これを制した。よーいドンのファーストゲームで、Y.Sクラブが5失点するというのは初めての事。本岡監督とナインが1年間かけて築いてきた"秘策"が炸裂した。投げてはY.Sクラブ打線を1安打に抑えた。RUSH陣営は、決戦前夜に東京入りし、RUSHの戦闘服を身にまとい、ディズニーランドで楽しく過ごした。「WBCメキシコ代表かよ!」と突っ込むことを忘れてしまうくらいいつもエレガンスな連中だ。ありがとう。

ストロング浪速は創部6年目で大躍進を遂げた。この日も、TABOO(優勝)から先取点を奪い"浪速旋風第2章"を予感させた。RUSHととあわせ西日本勢はこの日おこなわれた全3試合先取点を奪っている。RUSHと同じく、前泊。初の全国大会に燃えた。宮下監督、西原氏らベテラン勢が若手プレイヤーと共に頂点を目指す。世代を超えたチームワークは、アットホームな風合いを醸し出す。次回大会でも台風の目となること必至だ。圧巻はこの日、全国大会の大舞台で、新調のユニフォームで登場し我々を驚かせた。ナニワトモアレ、ストロング浪速のユニフォームのかっこよさは異常だ。宮下監督のデザインはグラウンド内外で光る。この日、試合後には「みんなのおかげでここまでこれた!ありがとう!」との宮下監督からナインへのサプライズメッセージがビジョンに映し出されている。ところで、ジャパンカップは今年も、熱い選手紹介セレモニーで各チームが入場していったが、この賑やかなシステムは実はストロング浪速・土屋選手の提案で、8年前から採用されている。

Y.Sクラブは第三位に終わった。4年連続のジャパンカップ全国大会ベスト8進出(うち全国優勝:2回、第三位:1回)は立派だが、彼らに対し「惜しかった」「良くやった」という言葉はきっとふさわしくない。RUSHとの準決勝では、宮代選手の起死回生の同点3ラン本塁打が生まれた時点で、Y.Sクラブに勢いが傾きかけたかと思われた。だが、この日は自慢の打線が不発に終わり、攻撃が機能しなかった。のちに語り継がれる伝説の失速である。すべき野球を相手にやられた。2009年、2010年と全国大会に君臨したY.Sクラブが2年連続して全国優勝を逃した。このことは、これから開幕する2013年大会の重要度を示唆している。あの豪快かつ緻密なワイクラ野球で圧倒的な復活Vをお披露目できるか。新体制で勝負の年を迎える。
 
 
第12回全国軟式野球統一王座決定戦 ジャパンカップ2012(2部)
   

優 勝 準優勝 第三位

CENTRAL(東京)

ミスターフットサル(埼玉)

常盤鳩(埼玉)

蒼 天(東京)

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会最優秀選手: 井上裕次郎選手(CENTRALO) 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会優秀選手: 高原健太選手ミスターフットサル

2部大会では、CENTRALが初優勝を飾った。元々は地元のスポーツクラブの仲間で構成されたクラブ。結成9年目の快挙だった。この日は、監督である江川高投手が先発マウンドに登った。早々に若手プレイヤーらにマウンドを譲ったが、この日もチームの信条である「全員出場」を貫き、自らスターターとして一役買った。1点を巡る緊迫の展開にも、常に笑顔を忘れず、応援してくれる家族や友人への心配りを忘れず全力プレイした。
 

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会 CENTRAL(東京)1-0 ミスターフットサル(埼玉)
 

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8
Mr.Futsal 0 0 0 0 0 0 0 0 0
CENTRAL 0 0 0 0 0 0 0 1x 1
 

1.27〜2.3明治神宮野球大会のオープニングゲームとしておこなわれたジャパンカップ20122部大会決勝戦。CENTRALは、江川高‐堀口‐井上‐村田‐井上の4人の投手リレーで完封勝利。特に井上は、7回、8回に5者連続三振を奪いチームに大きな流れを呼び込む圧巻のピッチングを披露した。

打線の方はチャンスは作るがなかなか繋がらず 延長サドンデスにもつれこんだ。一死満塁形式の特別ルール。8回表を無失点で切り抜けると、その裏、鈴木選手がファーストエラーを誘う絶妙な打球を放ちサヨナラ打。劇的な勝利でみごと初優勝を飾った。

試合終了後には「江川監督いつもありがとう!これからも宜しくお願いします」との部員からのサプライズメッセージがビジョンに表示される演出。男・江川、感極まる。CENTRAL2012完結だ。

「このメンバーで野球できること自体幸せ。全員出場の使命を果たせました。」江川監督。人間、つい欲が出るものだ。決勝戦ともなれば、全員出場の約束が果たせないことも充分考えられるものだが、彼らは違った。CENTRALが最高のカタチで優勝を飾った。

地元瑞穂町でも最高峰のクラスに所属するがこれまで一度も「優勝」を経験していなかったCENTRAL。昨秋のストロングカップ2部制覇がチーム初の「優勝」だった。ジャパンカップが開幕してもスタンスを変えることなく臨んだことは江川監督らしいファインプレイだった。これに答え続けたナインは立派だ。

江川高之監 督コメント ストロングリーグ本部の皆様、ミスターフットサル様、ありがとうございました。念願の全員出場での日本一が達成できてとても嬉しく思っています。今後は、CENTRALの特徴である、「全員出場!」を常目指して、ストロングリーグ最高のチームを目指して行きます。これからもCENTRALをよろしくお願いします

一方、敗れはしたが、「恥ずかしくない試合はできる」との池田監督の言葉通り、引き締まった投手戦を展開してみせたミスターフットサル。この日も、神宮球場進出を決めた試合のような"ミラクル"があるのでは?最後まで目の離せない展開となった。あと一歩のところでJC制覇は逃したが、1年を通して彼ららしい真っ向勝負を魅せていただいたことに感謝したい。池田氏のギャグが西日本に通用するか否かは、2013年大会で証明される。
 
 

 
 

御礼 ストロングリーグ2012年大会閉幕!

 
時間 会 場 大会区分 一塁側 - 三塁側
8:00 明治神宮野球場 JC2部 決勝

優勝 CENTRAL

1-0

Mr,フットサル

10:00 明治神宮野球場 JC1部 準決勝A

TABOO

5-1

ストロング浪速

12:00 明治神宮野球場 JC1部 準決勝B

Y.Sクラブ

3-5

RUSH

14:00 明治神宮野球場 JC1部 決勝

優勝 TABOO

7-6

RUSH

16:00 明治神宮野球場 ジャパンカップ2012 表彰式・閉会式
 

ストロングリーガーの皆様、関係者の皆様、1シーズンありがとうございました!

 
 

代表チーム燃えた!1.27ジャパンカップ2012全国大会アルバム!

 
 

   
 

【速報】 1.27 ジャパンカップ2012 全国大会スーパーファイナル

   
   
 
 

プレイバック!ジャパンカップ2012 <これ以前の記事>

 
   
 

 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会1.27明治神宮野球場 ジャパンカップ2012全国大会 開催!

-出場チーム・チェック-

 
時間 会 場 大会区分 一塁側 - 三塁側
8:00 明治神宮野球場 JC2部 決勝

優勝 CENTRAL

1-0

Mr,フットサル

10:00 明治神宮野球場 JC1部 準決勝A

TABOO

5-1

ストロング浪速

12:00 明治神宮野球場 JC1部 準決勝B

Y.Sクラブ

3-5

RUSH

14:00 明治神宮野球場 JC1部 決勝

優勝 TABOO

7-6

RUSH

16:00 明治神宮野球場 ジャパンカップ2012 表彰式・閉会式

 

 
YouTubeで観る → ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画http://youtu.be/D5jEKLlrpgcストロングリーグ公式フェイスブックページ記事詳細
YouTubeで観る → ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画http://youtu.be/sgE_PJB6sPoストロングリーグ公式フェイスブックページ記事詳細
YouTubeで観る → ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画http://youtu.be/OCK-Nq-u7KIストロングリーグ公式フェイスブックページ記事詳細
YouTubeで観る → ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画http://youtu.be/V_9PN-Dx2fwストロングリーグ公式フェイスブックページ記事詳細
YouTubeで観る → ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画http://youtu.be/JF-wzyB4AhAストロングリーグ公式フェイスブックページ記事詳細
YouTubeで観る → ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画http://youtu.be/0wNktM8IJ6k
YouTubeで観る → ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画http://youtu.be/42YXOTQq3nUストロングリーグ公式フェイスブックページ記事詳細
 
大阪から登場だ!ストロング浪速 1.27(日)明治神宮野球場
ジャパンカップ2012 (2部) 決勝進出 ミスターフットサル(埼玉)
[1部] RUSH(大阪)リヴェンジなるか!? ジャパンカップ2012(1部)全国大会
ジャパンカップ2012(1部)全国大会 もうひとりのキーマン 片岡茂治プレイヤー (Y.Sクラブ)
TABOO ジャパンカップ2012(1部)全国大会進出 キーマンは誰だ!?
【動画】 ジャパンカップ2012(1部) Y.Sクラブ 3度目のVなるか!? キーマンを探せ!
[速報] ジャパンカップ2012 全国大会組み合わせ決まる
   
   
 

 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会東日本大会  代表チーム決定!

【1部】Y.Sクラブ (神奈川) 、TABOO (埼玉)

【2部】 CENTRAL (東京)、ミスターフットサル (埼玉)

   
 
ジャパンカップ2012(1部)東日本 2,3回戦 Y.Sクラブ、REDSOX、アスレチックス倶楽部 ジャパンカップ2012(1部)東日本 2,3回戦 TABOO、HOLLYWOOD、東京ドナルドダック、SCO
[速報] TABOO(埼玉)、Y.Sクラブ(神奈川)が東日本代表に|ジャパンカップ2012(1部) 決戦!12.9 ジャパンカップ2012(1部)東日本 2,3回戦
速報 ジャパンカップ(1部)東日本 RED SOX、アスレチックス倶楽部、東京ドナルドダックが初戦突破 8強出揃う VTR ジャパンカップ2012(1部)東日本 東京ドナルドダックがベスト8進出!
東日本大会開幕!2部決勝進出はCETRALとミスタフットサル!12.2から1部大会開催!

 

アルバム 2部:CENTRAL(東京)が決勝進出!1.27明治神宮野球場へ

 

2部 決勝進出(1.27明治神宮野球場)! ミスターフットサル(埼玉)

 

 

第12回東京審判協会杯 優勝 東京ドナルドダック ジャパンカップ2012(1部)進出!

 

蒼天が3連覇達成!ジャパンカップ2部進出 SCマスターズ2012 関東(日曜大会)

 

ストロングカップ2012(春)関東 日曜特別部 TABOO初優勝! REDSOX準優勝!

 

ストロングカップ2012(春)関東 日曜1部 マリナーズ初優勝! Breakers準優勝!

 

ストロングカップ2012(春)関東 日曜2部 ミスターフットサル初優勝! YB Setters準優勝!

 

[速報] エアロックカップ2012 関東 日曜1部 プリンズが初出場初優勝飾る

 

[速報] SCマスターズ2012(土曜) シェイカーズが優勝! JC2連覇なるか..

 

[速報] エアロックカップ2012 関東 日曜2部  常盤鳩が5年ぶり優勝飾る

 

SCO(神奈川)初優勝飾る! SC2012春 土曜1部 決勝 アルバム

 

TOUCH OUT(東京)初優勝飾る! SC2012春 土曜2部 決勝 アルバム

 

   
 

 [抽選会終了] ご協力ありがとうございました!組合せ抽選結果 (VTR) 

 

10.27 組み合わせ抽選会の模様

 

組み合わせ抽選が完了しました

 

 

参考VTR 【1部】 東京ドナルドダック VS BUSTERS  (大会初日/1回戦より)

 

YouTubeで観る → http://youtu.be/B259nEPI8AI

【1部】 アスレチックス倶楽部(埼玉)

【2部】 CENTRAL(東京)

ジャパンカップ2012 1部 アスレチックス倶楽部(埼玉)

ジャパンカップ2012 2部 CENTRAL(東京)

YouTubeで観る → http://youtu.be/NbyGJJ105PE

YouTubeで観る → http://youtu.be/0wNktM8IJ6k

   
   
   
 

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会西日本大会: 代表チーム決定!

 【1部】ストロング浪速(大阪)、RUSH(大阪)

 

   
 
 

 

 

2012年各種大会;参加申込みは「部室」から

 

 

→ 

まだチームIDを持っていない場合は「チ-ム登録(無料)

 


大会に関するお問い合わせ: ストロングリーグ本部事務局


ジャパンカップ2012に戻る | ストロングリーグTOP



Copyright(C) StrongLeague All light reserved.