全国軟式野球ストロングリーグ(軟式野球&草野球)

全国軟式野球選抜交流トーナメント SummerSuspicion ――

 
 
 
 

2010 / 2/ 15  更新

草野球選抜大会「SS2010」(東日本/西日本)   東日本は東京都内グラウンドで実施   西日本は「京セラドーム大阪」にて実施
 

 

【限定】グラブ /【限定】 ミットエアロック熱闘 SWBC 草野球動画祭 チームブック 球場板:関東関西SC Masters

 

 

 

 

   大会詳細
   大会日程
   試合結果速報  up
   トーナメント表 up
   試合日程・結果 up
   出場チーム
   大会ルール確認
   優勝予想投票結果
   プロスタ史
   INプロスタ詳細
   プロスタ参戦希望
   公式戦日程

   全国ランク

   応援メッセ

   部 室

草野球の殿堂 -月間高橋-
全国軟式野球ランキング
公式戦カレンダー
一般のチームも利用される掲示板群です
部室機能利用OK〜☆STRONG Mobile
プロスタ戦史
SWBC-JAPAN
[要チェック]2009年大会開幕直前スペシャル!草野球ドーガ祭り開催!
 
 
 

      

 

 

  最新情報

 

 

 
 
   
【大阪】2010年4月10日(土)に、第10回選抜大会「SS2010」(西日本)京セラドーム (2/25〆)
   いち早く全国大会出場を決めろ!先着8チーム様限定。申し込み順に出場時間帯を選べます!
   大会詳細をご覧になり、SS2010(東日本)へご出場希望チーム様は事務局まで !!
   昨年の結果; [映像] 大阪府:アド毎広(大阪府)SS2009(西日本)制覇!ジャパンカップ'09一番乗り
 
   
【東京】2010年8月に、第10回夏季選抜「SS2010」(東日本)開催予定です!
   今春、推薦がおこなわれます。ご出場希望チーム様は事務局までお問い合わせください。

 SS2009(東日本)閉幕!!   トーナメント表 new   試合結果速報 new  試合結果一覧
  Y.Sクラブが初出場初優勝飾りJC09進出!! 参加の皆様ありがとうございましたm(__)m
 
優勝 Y.Sクラブ 準優勝 すがクラブ 第三位

淵野辺オリオンズ

マミーズ
  シリーズ最多出場の古豪コンビVS2009神奈川県優勝コンビ(ファイナル開催前)
   
お約束!メンバー編成 !打者・走者ヘルメット着用、捕手防具一式着用
  ストロングリーグは、マナー重視!ゲームルール、安全、各チーム様、必ず徹底して下さ い。ご協力ください。ヤジ厳禁。
  グランドマナーもご徹底下さい。試合終了後は、整列して気持よく挨拶、その後必ず両チームでグラウンド整備をおこなってください。
   
 
 

 

 

 

  試合結果速報    9 / 7 (月) 号  〔  9/ 6(日) 開催分 〕

 

 
 
 

 

全国統一王座決定戦 ジャパンカップ'09

SS2009(東日本)  

トーナメント

  Y.Sクラブ(神奈川県)が初出場初優勝飾る.. MVPは柵越え2発の高橋選手
 

初出場初優勝 Y.Sクラブ(神奈川県川崎市)00年代ラストサマー。圧倒的な破壊力で頂点に立ったのはY.Sクラブ(神奈川県)だった。昨年のJSCに続いて2年連続して神奈川県勢による優勝劇。準決勝を延長サドンデスの果て勝利すると、決勝戦は大会史上初となるコールド勝ち。この日も、ワイエスの投打のバランスが抜群に噛み合った。

大会MVPには、最終日に2本の柵越え本塁打を放つなど、投打で優勝に貢献した高橋選手が選ばれた。終わってみれば1回戦から、5-1、8-0、9-5、10-0という猛攻ぶり。今月おこなわれる高松宮賜杯全国大会目前に、完全に仕上がった。

 
準決勝 淵野辺オリオンズクラブ 2-2 (延長8回 5-11)  ○ Y.Sクラブ

まずは準決勝。Y.Sクラブ淵野辺オリオンズクラブと対戦。SS史に残る死闘を演じた。ゲームは、YSクラブ片岡投手、淵野辺オリオンズクラブ高岡投手の投げ合いで開始された。いずれもジャパンカップ関東BEST4経験者である。YSクラブの2回の攻撃。先頭の向山選手がセンターオーバーの2塁打を放ち、小野寺選手の犠打で一死三塁のチャンスを作る。その後、二死一三塁から、伊与田選手がライト前ヒットを放ち、先制点を奪う。Y.Sクラブは、4回にも高橋選手がレフトに柵越えソロ本塁打を放ち2-0とリードを広げる。投げては先発の片岡投手が5回までノーヒットピッチング。完封ペースで進むが淵野辺オリオンズクラブも意地を見せる。6回、3つの四球を選び、ノーヒットのまま片岡投手を降板させる。Y.Sクラブは、高橋投手にスイッチし2死とすると、さらに八筬投手にスイッチ。しかし、連続四球を許しノーヒットのまま2-2同点に追いつかれる。ゲームはそのまま延長サドンデスに突入。延長8回表、YSクラブの攻撃はファーストエラー、四球、センター前ヒット、レフト前ヒット、三振、四球とたたみかけ、最後は市川選手の満塁本塁打で一挙9点を奪い、「猛打のワイエス」を象徴するような攻撃力をみせる。その後、淵野辺オリオンズクラブも3点を返すが反撃もここまで。延長8回、11-5でY.Sクラブが勝利し決勝戦へ駒を進めた。

 
準決勝 ○すがクラブ 3-1  マミーズ

続いて準決勝第二試合。第一試合の激闘の余韻さめやまぬまま「すがクラブ」VS「マミーズ」の好カードが幕を開けた。すがクラブ挽野投手、マミーズ竹尾投手が先発マウンドに登る。「今日も、全力で投げます」圧巻のピッチングで今大会を賑わした挽野投手。例によってこの日も会場に一番乗りし、気持ちを整え、バディーを温め臨戦しており、好調マミーズ打線との対決に注目が集まった。先制したのはマミーズだった。ヒットや四球で満塁のチャンスを作ると挽野投手のワイルドピッチで1点を先取する。1点を追うすがクラブは3回、1番菊池選手がレフトへの柵超え本塁打を放ち1-1同点とする。その後は、両投手の粘り強いピッチングがゲームを支配し、0行進がつづく。迎えた最終回、すがクラブの攻撃。無死一塁から、3番鈴木選手が打った瞬間それと分かる勝ち越し2ラン本塁打を放ちで3-1とする。その裏、マミーズもヒットなどでチャンスを作るも、挽野投手が気迫の投球で後続を抑えて3-1ですがクラブが勝利し決勝進出を決めた。わずか2本の快心の本塁打が両チームの明暗を分けた。

 
決勝 すがクラブ 0-10 (6回コールド)  ○ Y.Sクラブ

SS2009(東日本)決勝戦は、「すがクラブ」VS「Y.Sクラブ」に決定した。大会史上初の神奈川県同士の決勝戦となった。開幕前から取沙汰されるように、両チームは、今春の高松宮賜杯1,2部全国大会:神奈川県予選チャンピオンチームである。互いに、決勝で対戦することを予測していた。ゲーム前、Y.Sクラブ由良監督は「すがさんは強いですが、神奈川県を勝ち抜いたチーム同士なので、しっかりとした試合をしたいですね」と語れば、すがクラブ菅野主将は「うち、決勝は10-0で負けちゃうんじゃないですかね」と冗談を口にした。だが、菅野主将のジョークが現実のものとなってしまった。

ゲームは、YSクラブ八筬投手、すがクラブ高橋投手の先発マウンド。神奈川県大会でも大活躍した両名の激突である。準決勝終了後、ゆっくりとおにぎりを食べて過ごしたYSクラブが初回から打線が爆発。相手エラーと四球のランナーをおいて、片岡選手がライトオーバーの2点タイムリーを放つ。二死後、高橋選手がレフト前に2点タイムリーを放つ。3回には由良選手のタイムリー、相手エラーのあと、再び片岡選手がタイムリーを放ち、猛打で得点を量産する。圧巻は4回、高橋選手が自身この日2本目となる柵越え本塁打を放つ。投げては先発の八筬投手がすがクラブ打線を3安打に抑え完封。10-0で6回コールドでY・Sクラブの勝利。決勝戦コールドという派手なカタチでY.Sクラブが初出場初優勝を飾った。MVPには、このシリーズ投打に活躍し最終日に2本の本塁打を放った高橋選手が文句なしで選ばれた。

結果的に、初戦から猛打で押し切ったY.Sクラブであったが、中身をのぞいてみると豊富な投手陣をフル稼働させゆとりある試合運び、ベンチワークが光った。優勝投手に輝いた八筬投手は、準決勝に遅れて登場し、ピンチの場面で準備不足のまま突如マウンドに送り込まれた。普段、フォアボールすらほぼ与えない男がまさかの連続押し出しを記録した。あわやという名場面であった。それでもニコニコと笑っていた。「肩が温まってきました」決勝戦を完封したのはその数時間後であった。Y.Sクラブは、こうした精神的怪物が増えてきた。このシリーズでも本塁打を量産している小野寺選手はカメラを意識する余り、不発に終わった。由良監督は値千金のライト前を放ったあと、一塁ベース上で嬉しそうにしていた。前田前監督は、会場の往復で風邪をひいてしまった。猛打猛打といっても、Y.Sも人間。そうした、ヒューマンドラマなくして、強くて、楽しい野球なんてできない。

こうして、SS2009(東日本)はY.Sクラブが初出場優勝を飾った。
仕上がりは満点。2年前に成しえなかった高松宮賜杯全国大会優勝、3年前に果たせなかったジャパンカップ優勝に向けて、最後の最後まで、チームワークに磨きをかけていく。

--

SS2009(東日本)参加チームの皆様、関係者の皆様、今年も熱い夏を本当にありがとうございました。
 

 

 
 

 

 

 

   SS2009(西日本) IN 京セラドーム大阪  <終了>

 

 
 
 
   
SS2009(西日本/京セラドーム大阪杯)は終了!アド毎広が優勝!!ジャパンカップ'09進出決定!!
  [映像] 大阪府:アド毎広(大阪府)SS2009(西日本)制覇!ジャパンカップ'09一番乗り
 
   ※次回のプロスタトーナメント(京セラ、神宮など)参戦希望チームは事務局まで
 
 

 

 

 

   今月分登録選手公開中 

 

 
 
 

必ず自チームを検索しお確かめ下さい。「部室」で変更していてもチーム情報ページで公開中の選手以外の出場は不可。登録選手以外の出場があった場合や背番号の異なる選手の出場は、試合時、相手チーム様による指摘で不戦敗になります。 翌月分の登録・編集は毎月25日まで!! (「部室」から)。

 
 
 
 

→ →

  大会参加申込み 、各種キャンペーンは「部室」 から

 

 

→ →

  チームIDを持っていない場合まず「チ-ム登録(無料)

 


大会に関するお問い合わせ: ストロングリーグ本部事務局


STRONG LEAGUEへ戻る

 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.